メルマガ登録LINE登録

年利10%の投資目標は現実的?基礎からポートフォリオ構築の体験談まで解説

年利10%って聞くと、ちょっと信じられないかもしれませんよね。でも、実はこれ、不可能じゃないんです。

大事なのは、投資っていうのは将来のために今のお金をどう使うか、ってことをちゃんと理解することです。確かにリスクはあるけど、賢く戦略を立てれば大丈夫です。

年利10%なんて実現可能なんですか?

年利10%が達成されると素敵ですけど、達成するためにはどんな準備が必要ですか?

私のシンガポールプライベートバンカーとしての経験をふまえてお話しましょう。

この記事でわかること
  • 年利10%を達成するための基本の知識がわかる
  • 年利10%達成した経験談が読める
  • 年利10%を達成させるための計画の立て方がわかる
  • 年利10%を目指す投資のリスク管理方法がわかる

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

年利10%の目標はどのようにして実現するのか

投資目標とは

銀行に預けていると金利は0.001%なんです。年利10%なんて実現可能なのでしょうか。

例えば世界的に有名なウォーレン・バフェットは運用成績が約21%のリターンを約50年間にわたって出しています。

21%!それはすごいですね!

もちろんウォーレン・バフェットまでとはいきませんが、私もシンガポールのお客様で同じような成績を残している方を知っています。

私がシンガポールのプライベートバンカーとして付き合ってきたお客様から得た知見を元に年利10%を実現する方法をお話していきましょう。

実はシンガポールのプライベートバンカーになると年利10%くらいの超富裕層向けの非公開投資の話はたくさんあります。ただし今日はプライベートバンクをもたないみなさんにできる方法をお話します。

投資初心者が知るべき基本

投資初心者が理解すべき基礎知識

投資を始めるって決めたら、まずは「何のために投資するのか」をはっきりさせましょう。長期的にじっくり資産を増やしたいのか、それとも短期でちょっとした儲けを狙うのか。

これによって、向かうべき方向が全然違ってきます。あと、忘れちゃいけないのがリスクへの備え。シンガポールのプライベートバンカーとしてもよくアドバイスします「計画的に、ね」ってことですよ。

高リターンを目指す投資戦略

高リターンを目指す投資戦略

じゃあ、年利10%を目指すにはどうしたらいいか。大事なのは、市場をちゃんと理解して、タイミングを見極めること。

株とか債券とか、いろんな選択肢があるけど、自分の目標に合ったものを選ぶことが大切。それに、全部を一つに賭けるんじゃなくて、分散投資でリスクをコントロールすることも忘れずに。

私も経験したけど、これが基本中の基本ですよ。

プライベートバンカーの経験から言うと投資で大きな失敗をする人は「基本」を守っていない人です。

例えば、私の知人のAさんの話をします。Aさんはトルコなどの新興国の債券で年利10%超えているものに興味をもち自分の投資資金すべてをトルコリラ建て債券にあてました。3000万円ほどはありました。

トルコは一時期経済は絶好調だったのですが、アメリカとの関係が悪化したことなどによりトルコ経済は失速、トルコリラは急落して、債券の利回りより為替レートで大きな損失を出しました。

結果的に1800万円ほどになり、年利10%どころか1200万円の損失を出しました。カントリーリスクを考えることも大事ですが、何より分散投資でリスクをコントロールすることが基本になります。

 年利10%の目標達成の難易度と成功の条件

年利10%達成のための成功条件

年利10%って聞くと「難しそう」と思うかもしれないけど、不可能じゃないんです。ただ、しっかりと市場を読み、賢い戦略を立てることが大事。成功するためには、ちょっとしたコツが必要なんですよね。

成功する投資家の共通点

年利10%達成への具体的なアプローチ

成功する投資家って、どんな人たちか知ってますか?彼らは、市場の動きを常にチェックして、チャンスを逃さない。感情に流されず、冷静な分析で決断する力があるんです。

シンガポールでバンカーをしてる友人も、冷静な判断が大事っていつも言ってます。

  • 独立した思考
  • クリティカルシンキングの重要性
  • 客観的データと統計を用いた分析

この3つの点は特に重要です。ウォーレン・バフェットは「投資とは良い株を良い時期に買い、それが良い企業である限り持ち続ける事です。」といっています。

リーマンショック直後でも彼は日本株は今買い時だといっていました。10年以上たった今、この10年でもっとも買い時のタイミングでした。

人々が恐怖で阿鼻叫喚しているタイミングがもっとも良い時期なのです。

感情に流されない投資が大事なんですね

長期で成長が見込める企業を見極めているのであれば、含み損があったとしても信じて耐える力も必要になります。

年利10%達成への具体的なステップ

具体的なステップ

年利10%を目指すなら、まずは何に投資するかを決めて、それに合った戦略を練ることから始めましょう。株式投資なら、成長が期待できる業界や企業に注目するのが良いですね。

そして、市場が変わったときにすぐ対応できるように、ポートフォリオをこまめにチェックすることも大事。

私のお客様でも私と出会う前はいろいろ失敗したけど、私と出会って徐々に成功に近づいてきたという人がいます。

ウォーレン・バフェットはアップルやバンク・オブ・アメリカ、コカ・コーラなどの株を大量に持っています。これらを真似して持ってみるものいいかもしれませんね。

アップルのiPhoneはみんな使っていますね

ウォーレン・バフェットの投資先は、バークシャー・ハザウェイの保有銘柄報告書で見ることができますよ。

米国株投資なんて考えたことなかったので一度みてみます!

10年計画: 年利10%を目指す長期投資の重要性

長期投資の鍵

年利10%を目指すなら、長期的な目線が必要ですよ。短期間でガッツリ儲けようとすると、市場の変動に振り回されがち。でも、長期投資なら、時間が味方になってくれるんです。

ウォーレン・バフェットも長期投資を前提に投資をしていますね。

長期的な視点で見る投資のメリット

長期投資が資産を増やす

長期投資の一番のいいところは、時間が経つほどに複利の効果が出てくること。小さな利益でも、じっくり時間をかければ、大きな資産に成長するんです。

500万円を元手に年利10%で運用すると10年後には1297万円、30年後は8725万円となります。シンガポールでの友人も、長期投資の効果をよく話してますよ。

シンガポールの友人たちも大きく利益を出せている人たちは長期の視点を必ず持っています。

500万円が8725万円!すごく夢がありますね!

安定した成長を目指す投資計画の作成

投資計画の作成法

長期投資で大事なのは、安定した成長を目指すこと。市場のトレンドをしっかり押さえて、将来性のある分野に目を向けるんです。例えば、テクノロジーや再生可能エネルギーなどね。

そして、市場が揺れても、計画をしっかり守ることが大切です。私も10年という長い目で投資を続けてきました。

ウォーレン・バフェットも「10年間株を持てないなら、10分間すら株を持とうと考えてはいけない。」といっています

投資先をよく考えることが大事ですね。

年利10%達成後の資産管理と計画

達成後の資産管理

年利10%を達成したら、次は資産管理の段階です。増えた資産をどう守り、さらに成長させるかが鍵になります。

成功後のリスク管理

投資成功後のリスク管理

成功した後でも、リスク管理はめちゃくちゃ大事。市場はいつも動いてるから、投資のバランスを見直したり、リスクを再評価したりする必要があります。

シンガポールで学んだことですが、リスク管理を怠ると、せっかくの成功も水の泡になる可能性があるんです。

私のシンガポールのプライベートバンクでのお客様で、仮想通貨で大儲けをして、数億円の資産をもっていたのですが分散投資を忘れ、仮想通貨市場の暴落で大損をした人がいます。

自分の資産がしっかり分散できているのか考えることが大切ですね

資産を保全し成長させる戦略

資産の保全と成長させる戦略

資産を守りながら成長させるには、いろんな手を使うことが大切です。資産の多様化、市場に合わせた投資の調整、税金やインフレ対策など、考えることはいっぱい。

そして、何かあったときのために、いくらかの資金はキープしておくことも忘れないでくださいね。

私の投資経験からも、資産管理は継続的なプロセスで、常に状況に応じて戦略を見直すことが大切だと実感しています。

仮想通貨で大儲けをしたけれど、税金で大量にお金が必要になってせっかくの儲けがほとんどなくなったという人もいます。

まとめ

まとめ年利10%は可能か

この記事を通して、年利10%を実現するための重要なポイントがわかったんじゃないかな。全体のおさらいをしてみよう。

記事のまとめ
  • 年利10%は可能
  • しかし分散投資が重要となるためリスク管理に要注意
  • 長期視点で複利を意識しながら投資先を選ぶことが大切
  • 年利10%を実現した後も税金等資産を守る戦略も重要

この記事を読むことで、賢い投資の方法やリスク管理の重要性、そして長期的な視野を持つことの大切さが理解できたんじゃないかな?

お話を聞いてポートフォリオや分散投資が大切だってわかりました。

成功した投資家の戦略を学び、自分自身の投資方法を考えるきっかけになってよかったよ。プライベートバンカーとしての今後も賢い投資ができるようにサポートしていくね。

目次