メルマガ登録LINE登録

【実際どうなの?】金融資産7000万円の割合とリアルな道のり

【実際どうなの?】7000万円貯蓄のリアルな道のり

資産が7000万円以上ある世帯の割合をご存知ですか?

7000万円貯めるって実際どうなの?

どれぐらいの人が7000万円を貯蓄してるの?

と疑問に思ったことはありませんか?今回は7000万円貯蓄している割合や実際に貯蓄をする為のコツなどをご説明していきます。

この記事を読むメリット

・7000万円を貯めるための具体的な方法が分かります。
・賢い節約方法や資産運用のアイデアが得られます。
・長期的な財務計画を立てるためのヒントが得られます。
・貯蓄がもたらす安心感や生活の質の向上について理解できます。

ぜひ、この記事を最後まで読んであなたも7000万円貯蓄を目指して下さいね。

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/ken.spj/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

7000万円貯蓄への道

7000万円という大きな目標に到達するための基本的なステップを解説します。

7000万円貯蓄への道

貯蓄の壁を突破する

貯蓄の壁を突破する

貯蓄の壁という言葉をご存知ですか?多くの人にとって、最初の100万円を貯めるのは一つの大きな挑戦です。

しかし、実際にこの壁を超えると、次の目標である500万円や1000万円がずっと手の届きやすいものに感じられるようになります。この現象は、貯蓄における心理的な「壁」の存在を示しています。

たとえば、私の友人は最初、100万円を貯めるのが非常に難しいと感じていました。しかし、彼は小さな節約から始め、無理のない範囲でコツコツと貯金を続けました。

すると、最初の100万円を達成した後、彼の貯蓄に対する考え方が大きく変わりました。

次の目標である500万円に向けてのモチベーションが高まり、実際にそれを達成するのにかかった時間は最初の100万円を貯めるのに要した時間よりもずっと短かったのです。

このように、貯蓄の目標を段階的に設定することは非常に重要です。小さな成功体験を積み重ねることで、最終的には7000万円という大きな目標にも近づくことができるのです。

最初の100万円がとっても難しくないの?

貯める方法についてこれから詳しくご説明していきますね。

7000万円の壁とは?

7000万円の壁とは?

7000万円の貯蓄というと、皆さんはどのように感じますか?この金額は多くの人にとって非常に大きな額であり、一見手の届かない目標のように思えるかもしれません。

では、7000万円を貯めることの意義は何でしょうか?この金額を貯めることに成功すれば、経済的な自由や安心感を得ることができます。

たとえば、私の知り合いには、早期リタイアを実現した人がいます。彼は若い頃から賢くお金を管理し、投資や節約を通じて着実に資産を増やしていきました。

彼の場合、7000万円という貯蓄があったことで、50代でのリタイアが可能になり、現在は趣味やボランティア活動に時間を費やしています。

このように、7000万円を目指すことは、将来の経済的な安定や自由を実現するための重要なステップです。しかし、この目標に到達するためには、適切な心構えが必要です。

日本の6%

2023年のデータによると、実は全体の約6%の人々がこの「7000万円」という貯蓄の壁を突破しています。

これは、「準富裕層」とされる層に到達していることを意味し、決して不可能な目標ではないのです。まずは、現実的で段階的な貯蓄計画を立てること、そして長期的な視点を持ち続けることが重要です。

また、投資や節約など、さまざまな方法を駆使して資産を増やす努力も欠かせません。

約6%もいるのですね!

そうなんです。2023年では約6%7000万円貯蓄がある人達がいます。

7000万円貯蓄への第一歩

7000万円への道のりは一歩から始まります。ここでは、そのスタートラインに立つためのポイントを紹介します。

7000万円貯蓄への第一歩

家庭の事情とタイミング

家庭の事情は、貯蓄計画にどのように影響を与えると思いますか?特に、子育てをしている家庭では、教育費や日々の生活費が家計に大きな影響を及ぼします。

しかし、賢い選択とタイミングを見極めることで、これらの費用を抑えながらも貯蓄を増やすことは十分に可能です。

家庭の事情とタイミング

たとえば、私の友人家族のケースを見てみましょう。彼らは、子供の教育費用に関して、公立学校を選択しました。私立学校に比べて学費が大幅に低いため、教育費の負担を減らすことができたのです。

さらに、奨学金制度や教育に関する補助金を積極的に利用することで、費用をさらに抑えることができました。

また、日々の生活費に関しても、彼らは食費を節約するために、週に一度のまとめ買いを実践しています。これにより、無駄な出費を減らし、貯蓄に回せる金額を増やすことができています。

このように、家庭の状況に応じた賢い選択とタイミングを見極めることは、貯蓄を増やす上で非常に重要です。

無駄な出費が見つけられないです。

ご家族の方などと一緒に出費について考えるのも一つの方法です。

資産運用の重要性

節約だけでなく、資産運用の重要性について考えたことはありますか?節約は貯蓄を増やす一つの方法ですが、資産を効率的に増やすためには、運用も欠かせません。

株式、投資信託、不動産投資など、多様な運用方法が存在します。重要なのは、リスクとリターンを理解し、自分に合った投資戦略を立てることです。

資産運用の重要性

例えば、私の同僚は数年前に株式投資を始めました。彼は最初、市場の動きや投資の基本について学ぶことから始め、小額の投資で経験を積みました。

彼はリスクを適切に管理しながら、長期的な視点で投資を行い、徐々に資産を増やしていきました。彼の経験から、私たちは投資において教訓を得ることができます。

それは、急激な利益を追求するのではなく、長期的な視点を持ち、自分のリスク許容度に合った戦略を立てることの重要性です。

また、投資信託は、多くの異なる資産に分散投資することでリスクを分散させる方法としても知られています。

不動産投資もまた、長期的なキャッシュフローを生み出す可能性がありますが、市場の変動や物件管理の側面を考慮する必要があります。

このように、資産運用は多様な選択肢があり、それぞれにリスクとリターンが存在します。

自分の財務状況、リスク許容度、投資目標を考慮して、最適な投資戦略を立てることが、貯蓄をより効率的に増やすための鍵となります。

投資は怖いイメージだけど…

最初は少額の投資でしっかり経験を積みましょう。

貯蓄を加速させるコツ

貯蓄を加速させるコツ

貯蓄をより効率的に増やすための具体的な方法を探ります。

費用の削減

費用の削減

日々の生活費をどのように管理していますか?実は、日常の小さな節約が、貯蓄を加速させる上で非常に重要な役割を果たします。

例えば、不要な定期購読を見直すことは、月々の出費を減らす簡単な方法です。また、節水や節電を心がけることで、光熱費を削減できます。

さらに、格安スマホへの切り替えも、通信費を大幅に下げる効果的な手段です。私の経験をお話しすると、昨年、私は自分の家計を見直しました。

その際、気づいたのは、毎月の小さな出費が積み重なって大きな金額になっていることでした。特に、使っていない雑誌の定期購読や、高額な携帯電話プランなどが目立ちました。

これらを見直し、不要なサービスを解約し、格安スマホに切り替えたところ、年間で数十万円の節約に成功しました。また、年間の支出を見直すことも重要です。

例えば、年に一度の大きな買い物や、特定の時期にかかる費用を事前に計画することで、無駄な出費を減らすことができます。

見ていない動画サイトなども解約すれば節約につながるんですね!

一度、定期支払いなどを見てみると使っていないサービスなどが見つかるかもしれません。

投資の効果

投資の効果

投資を通じて貯蓄を増やす方法について、どのように考えていますか?投資は、貯蓄を増やすための非常に強力なツールです。

株式市場や不動産市場など、多様な投資先が存在しますが、それぞれの特性を理解し、自分のリスク許容度に合った投資を選ぶことが重要です。

たとえば、私の知人は株式投資で大きな成功を収めました。彼は最初、市場の動きや投資の基本を学び、小額から始めました。

彼の場合、長期的な視点を持ち、短期的な市場の変動に惑わされずに投資を続けたことが、資産を安定的に増やす鍵となりました。

彼はまた、自分のリスク許容度を常に意識し、過度なリスクを避けるようにしていました。

これらの例からわかるように、投資は確かにリスクを伴いますが、適切な知識と戦略を持って行えば、貯蓄を効果的に増やすことが可能です。

重要なのは、自分自身の投資目標とリスク許容度を理解し、長期的な視点を持つことです。

どうやって勉強すればいいのかわからない…

成功している投資家の情報などをしっかり読むのも知識と戦略を得る為の一つの方法です。

7000万円貯蓄の生活への影響

7000万円貯蓄の生活への影響

7000万円を貯めた後の生活にどのような変化があるのか、具体的な例を挙げて説明します。

安心感の獲得

安心感の獲得

7000万円という貯蓄があれば、どのような経済的な安心感を感じると思いますか?このような大きな貯蓄は、将来に対する不安を大きく軽減し、さまざまな面で余裕をもたらします。

例えば、私の叔父は若い頃からコツコツと貯金を続け、7000万円を貯めることに成功しました。彼はこの貯蓄のおかげで、予期せぬ健康問題や家族の緊急事態にも、金銭的な心配なく対応できました。

また、彼は老後の生活についても、経済的な不安を感じることなく、趣味や旅行を楽しむことができています。

さらに、子供の教育に関しても、十分な貯蓄があれば、より多くの選択肢を考慮することができます。

例えば、子供が希望する大学や留学など、教育に関するさまざまな機会を提供することが可能になります。

急を要する事態にも対応できるのは安心ですね!

いつ何が起こるか分かりませんからね。しっかりと安心できる貯蓄をしておきましょう。

資産の見える化

資産の見える化

大きな貯蓄を効果的に管理するために、資産の「見える化」の重要性をご存知ですか?

「見える化」とは、具体的に自分の資産がどのように分配されているか、どの投資がどれだけのリターンをもたらしているかを明確に把握することを意味します。

たとえば、私の友人は、自分の資産を管理するために資産管理ツールを使用しています。彼女はこのツールを使って、株式、債券、不動産など、様々な資産クラスにわたる投資の分布を一目で確認できます。

また、それぞれの投資からのリターンや、全体の資産バランスを定期的にチェックしています。このように、資産の「見える化」は、資産管理の効率化とリスク管理に非常に役立ちます。

実際にどれぐらいのリターンがあるのかしっかり確認できたら安心ですね!

スプレッドシートなどを活用して確認できるようにするのも一つの手段です。

7000万円貯蓄後の計画性

7000万円貯蓄後の計画性

大きな貯蓄を達成した後、どのように計画的に生活を送るかについて考えます。

計画的な生活

計画的な生活

7000万円を貯めた後、どのように生活を計画的に送ることが、財務的な安定を維持する上で重要だと思いますか?

このような大きな貯蓄を達成した後、多くの人は将来の大きな支出に備えて、具体的な財務計画を立てる必要があります。

例えば、子供の大学教育、自分のリタイアメント、あるいは大きな旅行などの計画です。

私の叔母は、7000万円を貯めた後、彼女の財務計画を見直しました。彼女は子供たちの大学教育資金を確保するために、特定の金額を別の口座に確保しました。

また、彼女自身のリタイアメントに向けて、定期的な収入を生み出す投資を選びました。さらに、彼女は毎年の旅行計画に必要な予算を計算し、それを貯蓄計画に組み込んでいます。

日々の生活費や緊急時の資金についても、計画的な管理が重要です。例えば、叔母は毎月の支出を詳細に記録し、不必要な出費を削減することで、日々の生活費を効率的に管理しています。

このように、大きな貯蓄を達成した後でも、計画的な生活を送ることは、財務的な安定を維持するために非常に重要です。

貯めた後の計画をすることも重要なんですね!

しっかりと日々の計画を立てることが重要です。

資産の加速

資産の加速

一定の貯蓄があると、その後の資産の増加速度はどのように変化すると思いますか?実は、ある程度の貯蓄があると、その資産の増加速度は加速する傾向にあります。

これは、複利の効果や投資収益の再投資によるものです。

例えば、私の友人は、初期の貯蓄から得た投資収益を再投資し続けました。彼は最初は小さな投資から始めましたが、時間が経つにつれて、複利の効果でその資産は着実に増加しました。

また、彼は資産が増えるにつれて、よりリスクが高いがリターンも大きい投資に挑戦するようになりました。

例えば、新興市場への投資や、テクノロジー関連の株式への投資などです。これにより、彼の資産はさらに加速度的に増えていきました。

このように、一定の貯蓄があると、資産の増加速度を加速させるためのさまざまな戦略が可能になります。資産が増えるにつれて、より大胆かつ戦略的な投資が可能になり、経済的な自由度が高まるのです。

貯蓄があるとどんどんお金が増えていくんですね!

増えた貯蓄で新しい分野への投資などが可能となり、貯蓄を増やすことができますね。

まとめ

まとめ

この記事では、7000万円という大きな貯蓄を達成した人々、つまり全体のわずか6%がどのようにしてその金額に到達したかに焦点を当てました。

彼らの成功には共通の要素があります。まず、貯蓄の「壁」を一つ一つ乗り越えることの重要性が挙げられます。

100万円、500万円、1000万円といった節目を超えるごとに、次の目標が現実的になり、最終的には7000万円という大きな壁も越えられるようになります。

成功者たちは、家庭の事情や市場のタイミングを見極め、資産運用に積極的に取り組んでいます。

彼らはただ節約するだけでなく、株式、投資信託、不動産など、さまざまな運用方法を駆使して資産を増やしてきました。

また、日々の生活費用を見直し、無駄を省くことで、貯蓄をさらに加速させています。

7000万円を貯めた後の生活では、経済的な安心感と資産の「見える化」が重要です。これにより、将来の不測の事態に対しても余裕を持って対応できるようになり、資産の健全な成長を維持できます。

また、計画的な生活を送ることで、貯蓄をさらに増やすことが可能になります。最後に、資産が一定の水準に達すると、その増加速度が加速します。

これは、複利の効果や投資収益の再投資によるもので、経済的な自由度を高める大きな要因となります。

目次