メルマガ登録LINE登録

【驚異の7割減】エンジェル投資の節税について解説します!

せっかく頑張って働いても、たくさん税金が取られちゃうよね…

NISAやiDeCo以外にも節税制度ないかな〜?

今日は、「エンジェル投資の節税」についてお話しするよ!「エンジェル税制」とも呼ばれているんだ!

投資によって税金を最大7割も削減できる驚きの制度なんだよ!

この記事を読んでわかること
  • エンジェル税制の概要と歴史
  • エンジェル税制の仕組み
  • エンジェル税制のメリットとデメリット
  • エンジェル税制の適用条件と手続き

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

エンジェル税制の概要と歴史

エンジェル税制の概要と歴史

エンジェル税制って、ベンチャー企業にお金を出してちょっとお得になるあの制度のことだよね。この制度は、ベンチャー企業の成長を支援するために導入されたんだ。

エンジェル税制の仕組み

エンジェル税制の仕組み

エンジェル節税ってなに?仕組みについて教えて〜!

おっけー!エンジェル税制の仕組みを説明するぞ。

まず、エンジェル税制ってのは、ベンチャー企業に投資するときに、税金を節約できるっていう仕組みなんだ。じゃあ、どうやって節税するのかって?まずは、ベンチャー企業に投資しないとね。

投資家がベンチャー企業にお金を出すと、そのお金を使って会社が成長するでしょ?その成長が利益につながれば、投資家も儲かるわけ。

で、この利益が出るときに、普通は税金がかかるんだけど、エンジェル税制を使えばその税金が軽減されるってわけ。

具体的には、投資した金額に応じて、所得税が減額されるんだ。投資したお金が多ければ多いほど、減額される税金も大きくなるってこと。

それに、投資した企業が利益を出した場合、その利益に対しても税金を相殺できるんだ。

つまり、投資家が得た利益からベンチャー企業への投資金額を引いて、その分の税金を払わなくていいってわけ。要するに、エンジェル税制はベンチャー企業に投資することで税金を節約できるって仕組みなんだ。

投資家もベンチャー企業も得するっていう、ウィンウィンの制度なんだね!

エンジェル税制の歴史

エンジェル税制の歴史

どんな背景や歴史があるのか知りたいな〜!

まず、1997年に始まったんだけど、最初はあんまり注目されてなかったんだ。なんでって?それは、ベンチャー企業ってのはリスクが高いからね。

新しいアイデアや技術を持った会社にお金を出すのは、勇気がいることだし、そもそも利益が出るかどうかも分からないんだから、当然かもね。

それに、エンジェル税制を利用するためには、手続きが面倒だったんだ。税金のことって、誰もが慎重になるでしょ?特に、ちゃんとした手続きをするとなると、ますます敬遠しちゃうよね。

エンジェル税制の歴史って、結構面白いんだよ!

でも、2020年に大きな改正があって、エンジェル税制が一気に使いやすくなったんだ。そのきっかけは、株式投資型クラウドファンディング業者が手続きを代行してくれるようになったこと。

これで、投資家が手続きをする必要がなくなったんだ。そうすると、投資家も気軽にベンチャー企業に投資しやすくなったわけさ。

その結果、エンジェル税制を利用する人が増えて、ベンチャー企業も活気づいてきたんだ。政府もこの流れを応援してて、さらなる改善策を考えてるみたい。

まだまだこれからの制度だけど、注目度は上がりそうだね!

エンジェル税制のメリットとデメリット

エンジェル税制のメリットとデメリット

エンジェル税制には、さまざまなメリットとデメリットがあります。それぞれを理解して、自分に合った投資戦略を考えることが重要です。

メリット

メリット

エンジェル税制はどんないいことがあるの?

おっ、エンジェル税制のメリットについて教えてくれってことか!わかった、ちょっとカジュアルに解説するね。

プライベートバンカーの私も、実際に、将来が有望そうなベンチャー企業を見つけて投資をし、エンジェル投資のメリットを味わっているんだ!

まず、エンジェル税制の最大のメリットは、税金が減るってこと!投資家がベンチャー企業にお金を出すときに、そのお金を使って会社が成長するでしょ?

その成長が利益につながると、投資家も儲かるわけ。そんなときには、利益に対して税金がかかるんだけど、エンジェル税制を使えばその税金が軽減されるんだ。

具体的には、投資した金額に応じて、所得税が減額されるんだ。投資したお金が多ければ多いほど、減額される税金も大きくなるってこと。

それに、投資した企業が利益を出した場合、その利益に対しても税金を相殺できるんだ。

つまり、投資家が得た利益からベンチャー企業への投資金額を引いて、その分の税金を払わなくていいってわけ。

実は、私の友人もこれで結構お得になったんだって!すごく喜んでたよ。

さらに、エンジェル税制を利用することで、ベンチャー企業の成長を支援できるっていうメリットもあるんだ。

新しいアイデアや技術を持った会社が育ってくれれば、経済全体が活性化するし、みんなが得するってわけさ。

それから、エンジェル税制を利用すると、投資家とベンチャー企業の関係が深まるっていう面もあるんだ。

投資家がベンチャー企業にお金を出すことで、その会社の成長を支援できるし、その成長が利益につながると、投資家も儲かる。だから、お互いに利益を共有できるっていうわけ。

まあ、こんな感じでエンジェル税制にはたくさんのメリットがあるんだ。投資家もベンチャー企業も得する、ウィンウィンの制度ってわけさ!

デメリット

デメリット

なにかデメリットもあるのかしら?

ちょっとした落とし穴もあるエンジェル税制のデメリットについて教えてみよう!

まずね、エンジェル税制を利用すると、投資家がベンチャー企業にお金を出すことになるでしょ?でも、ベンチャー企業ってのはリスクが高いんだ。新

しいアイデアや技術を持った会社にお金を出すってのは、その成長が保証されてるわけじゃないから、失敗する可能性もあるんだよね。

そうなった場合、投資家は投資したお金を失うリスクもあるってこと。

それから、エンジェル税制を利用するためには、ちゃんとした手続きが必要なんだ。

税金のことって、誰もが慎重になるでしょ?

特に、ちゃんとした手続きをするとなると、ますます敬遠しちゃうよね。だから、エンジェル税制を利用する人は、手続きに手間取ることもあるかもしれないんだ。

それに、エンジェル税制を利用すると、投資家とベンチャー企業の関係が深まるっていうメリットがあるけど、その逆に、関係が悪化することもあるんだよね。

投資家がベンチャー企業にお金を出すと、その会社の経営方針に口を出すこともあるかもしれないし、それが原因で意見の対立が起きることもある。

そうなると、投資家とベンチャー企業の関係が悪化してしまう可能性もあるってこと。

まあ、こんな感じでエンジェル税制にはちょっとしたデメリットもあるんだ。投資家とベンチャー企業が良い関係を築けるように、お互いにコミュニケーションを取りながら進めることが大切だね!

エンジェル税制の適用条件と手続き

エンジェル税制の適用条件と手続き

エンジェル税制を利用するためには、いくつかの条件を満たす必要があります。また、手続きも必要ですが、代行サービスを利用すれば簡単に行えます。

適用条件

適用条件

どうすればエンジェル税制が適用できるのかな?

エンジェル税制ってやつ、適用条件があるんだよ!まずね、投資家がベンチャー企業にお金を出すときには、ちゃんとその会社がエンジェル税制の対象になってるかどうかを確認するんだ。

どんな条件があるのかって?簡単に言うと、ベンチャー企業が新しくて、特定の業種に属していて、ある一定のお金以上を投資することが条件になってるんだ。

その認定を受けたベンチャー企業に投資すると、投資家がエンジェル税制を使えるんだ。

でもさ、この適用条件って結構厳しいんだよ。例えば、ベンチャー企業が設立してから5年未満であったり、その企業が特定の業種に属していたり、投資額が一定以上の必要があるんだ。

だから、エンジェル税制を利用するには、ちょっとした条件をクリアするんだ。

それから、投資家がエンジェル税制を適用するには、ちゃんと確定申告をするんだ。

つまり、投資家が投資した金額とその利益をちゃんと申告して、税金を払うってこと。手続きが面倒くさいけど、これを怠ると税務署に怒られちゃうから気をつけないとね。

まあ、要するにエンジェル税制を使うには、ちょっとした条件をクリアして、ちゃんと確定申告する必要があるってこと。

でもそのおかげで税金を節約できるし、ベンチャー企業の成長を支援できるってわけさ!

手続き

手続き

どうやって手続きをするの?

エンジェル税制の手続きってのは、ちょっとした面倒くさい部分もあるけど、そこまで難しいわけじゃないんだよ!

まず、投資家がエンジェル税制を利用するには、まず投資先のベンチャー企業がエンジェル税制の対象になってるかを確認するんだ。

これは、その企業が都道府県に手続きをして、エンジェル税制の適用を受けられる認定を受けているかどうかを確認するってこと。

その認定を受けたベンチャー企業に投資すると、投資家がエンジェル税制を使えるんだ。

次に、投資家はちゃんと確定申告するんだ。投資した金額や得た利益をちゃんと申告して、その分の税金を払うってこと。

これはちょっとした手間だけど、税務署に怒られちゃうから気をつけないとね。

そして、エンジェル税制の対象になるベンチャー企業に投資する場合、その企業との投資契約書や書類をちゃんと準備しておくことも大事だよ。

投資の条件やリスクをしっかり把握して、トラブルを避けるためにも、契約書はきちんと確認しておこう!

まあ、要するにエンジェル税制の手続きは、投資先のベンチャー企業が認定を受けているかを確認して、投資家自身が確定申告して、投資契約書などの書類を準備して、それを税務署に提出するって感じだね。

手続きはちょっとだけ面倒くさいけど、その分税金を節約できるから頑張ろう!

まとめ

まとめ

エンジェル投資の節税は、投資家がベンチャー企業にお金を出すときに、その投資金額や利益を確定申告することで税金を減らす仕組みだよ。

プライベートバンカーの私から見ても、エンジェル税制はめちゃくちゃ有益な制度だと思うよ。だって、投資しながら税金を節約できるんだから、一石二鳥じゃない?

投資先の企業がエンジェル税制の対象になっているかをチェックして、必要な書類を用意して手続きを進めるといいね!

面倒かもしれないけど、しっかりやれば節税できるから、がんばろう!

目次