メルマガ登録LINE登録

ベイリーギフォードの”やばい”パフォーマンス?!その実態を解説!

ベイリーギフォードの"やばい"パフォーマンス?!その実態を解説!

長期投資できるファンドを探してるんだけど、どこかいいファンド知らない?

長期といえば、ベイリーギフォードかなあ。詳しくは知らないけど。

外国のファンドだね。投資内容が知りたいね。投資先のこととか。

そうだね。自分のニーズをファンドの方針を確かめないとね!

皆さんは、ベイリーギフォードというファンドを聞いたことはあるでしょうか?ベイリーギフォードはスコットランドに本拠を置き、長期的な運用を行うことで知られる世界的ファンドです。

しかしそのベイリーギフォードのパフォーマンスが最近やばい?!とウワサになっているようです。そこでこちらの記事では、ベイリーギフォードの基本情報から、運用方針、実績などを解説。

またプライベートバンカーであるわたくしの、見解なども述べさせていただきます。この記事を通じて、ベイリーギフォードがどのようなファンドか、どのような方針で長期投資をしているのか。

また主なポートフォリオ内容など、様々な角度から学んでいただければと思います。

こちらの記事がおすすめの方
  • ベイリーギフォードのファンドのパフォーマンスについて詳しく知りたい方
  • 長期的な投資戦略の意義を理解したい方
  • 市場変動に対する効果的な対応方法を学びたい方
  • 自身の投資ポートフォリオを見直したい投資家

やばいとウワサされる内容についても触れますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

ベイリーギフォードってなに?

ベイリーギフォードってなに?

はじめに、ベイリーギフォードの歴史や成立ち、事業範囲などについてご紹介します。

ベイリーギフォードの歴史と成立

 ベイリーギフォードの歴史と成立ち

ベイリーギフォードは、スコットランドに本拠を置く資産運用会社です。長期的な目線で運用を行い世界各国の年金基金を任されるなど、アクティブな運用に特化している運用会社と言われています。

そんなベイリーギフォードですが、面白いことに始めから資産運用会社ではなかったようです。

1908年、イギリスのエディンバラで、ふたりの弁護士、オーガスタス・ベイリーとカーライル・ギフォードが出会って、法律事務所を始めたんです。

でもね、その後すぐに彼らは投資管理の方に舵を切ったんですよ。特に1920年代のアメリカ経済の盛り上がりを見てね。

1927年には、新しいパートナーを迎え入れるために、ベイリーギフォードを設立しました。そして、1929年のウォール街の大暴落もあったんですが、彼らはそんな大変な時でもビジネスを広げ続けたんです。

それで1931年には、ロンドンに初めてのオフィスを開設しているんですよ。

ベイリーギフォード、ずいぶんと長い歴史がある会社なんだね

そうだね、長く続けてる会社はやっぱり安心感があるよね。

経済の波にもまれながらも、いろんな危機も乗り越えてきたわけですからね。私のクライアントの中にも、そういう歴史を重視して投資先として選ぶ方もいますよ。

私もプライベートバンカーとしてこういう歴史を持つ企業には特別な価値を感じますよ。

事業範囲とグローバルな影響

事業範囲とグローバルな影響

つづいて、ベイリーギフォードの事業について解説していきます。ベイリーギフォードの事業って、すごく多彩でグローバルに広がっているんです。

長期的な持続可能性に焦点を当てて、企業の成長ポテンシャルを見極めるのが彼らの特徴なんですね。

テスラのような電気自動車の企業や、メルカドリブレのようにラテンアメリカで金融包摂を推進する企業に投資しています。

金融包摂とは・・・

手頃なコストですべての人に対し、信用や貯蓄、保険、決済、送金などの基本的な金融サービスへのアクセスや利用をできるようにするシステムのこと

クールセラのように、教育へのアクセスを改善する企業にも注目しているんです。

そしてベイリーギフォードは、従業員を大事にすること、法律の精神を尊重すること、そして行動の間接的な影響を慎重に考慮することを重視しているんです。

これらのことを実践すると、長期的にはかなりの成果が出るんですね。

さらにベイリーギフォードは、ESG(環境・社会・ガバナンス)を重視することで、持続可能な成長を目指す企業への投資を強化しています。

これは投資家としても、とても魅力的なアプローチだと思いますよ。

ベイリーギフォードの投資戦略、すごく先進的なんだね

持続可能な未来に貢献しながら成長を目指す企業に投資するのは、これからの時代ますます大切だよね。

プライベートバンカーである私の視点から見ても、ベイリーギフォードのこのようなアプローチは、クライアントのポートフォリオにおいて持続可能な成長を実現する重要な要素なんです。

ベイリーギフォードの投資戦略は?

ベイリーギフォードの投資戦略は?

ベイリーギフォードの情報をご紹介したところで、つづいてベイリーギフォードの投資戦略について解説していきます。ベイリーギフォードの投資戦略は、長期視点と成長への集中です。

ベイリーギフォードの投資戦略のポイント

ベイリーギフォードの投資戦略のポイント

ベイリーギフォードの投資戦略って、実はすごくシンプルで明確なんです。彼らは、長期的な成長に目を向けています。

つまり、マクロ経済の動向よりも、それぞれの投資先が持続的な成長を遂げるポテンシャルを持っているかどうかを重視しているんです。

特に、未公開の投資先や、まだ市場で十分に評価されていないような企業にも注目しているんですね。

ベイリーギフォードは、将来の市場リーダーになり得る企業を早い段階で見つけ出すことに長けています。

テクノロジー、ヘルスケア、消費者向け製品などのセクターに焦点を当てていて、これらの分野でAIやデータ分析などを活用している企業に投資し、長期的な市場のリーダーシップを目指していいるんです。

プライベートバンカーとしての見解でも、未来のリーダー企業への投資はとても重要だと考えています。

これは成長ポテンシャルが高いのにまだ市場に認知されていない企業への投資チャンスを得るという意味でもとても有効なんです。

ベイリーギフォードの投資戦略、将来性のある企業を見つけるのが得意なんだね。

長期的な成長を見極める力って、投資の世界では本当に大事だよね。

投資選択の基準とプロセス

投資選択の基準とプロセス

ベイリーギフォードの投資選択の基準とプロセスについて、さらに解説していきます。ベイリーギフォードの投資選択って、わたしもとても興味深いんですよ。

彼らの方法は、市場を上回る成長を見せる企業を見つけ出すことに重点を置いているんです。

特に、イノベーションに焦点を当てた企業や、変革的なリーダーシップを持つ企業、強固な企業市民意識を有する企業に注目しています。

投資選択プロセスは、まず市場平均を上回る成長が見込まれる企業を探すことから始まります。

そして、特定の業界(例えば武器やタバコ)からの収入が大きい企業は除外して、社会への価値提供やバランスの取れたステークホルダーの考慮、責任ある企業文化を持つ企業を選びます。

最後に、ESGリスクと機会を評価して、持続可能な成長機会を反映するポートフォリオを構築するのです。

ESGを重視する投資家にとって、このような総合的なアプローチは非常に魅力的ですよ。

ベイリーギフォードの投資選択プロセス、本当にきちんとしているね。

うん、長期的な成長と持続可能性を考えると、このアプローチはすごく大切よね。

ベイリーギフォードのやばい理由

ベイリーギフォードのやばい理由

しかしそんなベイリーギフォードも、さすがに良いリターンばかりではありません。2022年のベイリーギフォードは、市場変動の中で苦戦しました。こちらのセクションではその原因を探ります。

パフォーマンスの分析

パフォーマンスの分析

ベイリーギフォードのパフォーマンスを分析してみましょう。ベイリーギフォードの2022年のパフォーマンスは、市場の変動により厳しい状況でした。

特に低金利環境からの変化が、成長志向の投資スタイルにデメリットに出ました。しかし、ベイリーギフォードの中国ファンドは、過去10年間で163.2%のリターンを記録。

これは、IA中国/大中華セクターの同業他社よりも66.9パーセンテージポイント高い成績です。このようになかには、素晴らしい成績を収めているファンドもあるんですよ。

ただ、短期的に見ると、彼らのスタイルは必ずしも適していないかもしれません。3〜5年という長い目で見れば、彼らの株式選定の能力とトータルリターンはかなり頼りになると言われています。

ベイリーギフォードの2022年の成績、良くなかったのね。

うん、でも彼らは長期的なアプローチで株式選定しているからね。

私の見解も、ベイリーギフォードのような投資スタイルは短期的には波があるかもしれませんが、長期的な視点で見れば信頼できると考えています。

特に長期で成長志向の投資家には、彼らのようなファンドが適していますね。

投資家と市場の反応

投資家と市場の反応

2022年の投資家や市場の反応をさらに詳しく見ていきましょう。2022年、ベイリーギフォードはプラスのリターンを達成できなかったため、一部の長期保有者が投資を解消しました。

特に、「低金利が長期間続く」状況が終わりを迎え、多くの株式がその恩恵を受けなくなったため、複数のベイリーギフォードファンドがポートフォリオから外されるという動きも起こってしましました。

しかし見方を変えると、ベイリーギフォードのポジティブチェンジファンドは、2017年の設立以来209.5%のリターンを達成し、IAグローバルセクターを大きく上回りました。

2022年は少し下がりましたが、2023年に入ってからは少しずつ回復したようです。

ベイリーギフォードのポジティブチェンジファンドとは・・・

ベイリーギフォード社が運用するインパクト投資ファンドの1つで、好ましい社会的インパクトをもたらす製品やサービスへの投資をしている

一般的に、ベイリーギフォードのファンドは、高成長戦略に付随するボラティリティを受け入れることを前提としています。

長期的な基本的分析に基づいて、長期保有と低いポートフォリオの回転率を目指しています。

投資スタイルは短期間では適していない場合がありますが、適切なタイムホライズンでは長期保有に適していると考えられています。

ポラティリティとは・・・

ある商品の価格変動の幅を示す指標のこと。価格変動が大きい場合をポラティリティが高いと表現する

タイムホライズンとは・・・

事業計画などの、その計画対象期間の最も長い期間のこと

2023年はベイリーギフォードのファンドを手放す投資家もいたのね。

うん、でも長期的に見ればまだチャンスはあるかもね。

私のプライベートバンカーとしての経験からも、投資は常に長期的な視点が重要です。短期的な市場の変動に左右されず、しっかりとした戦略に基づいて投資を続けることが大切です。

ベイリーギフォードのようなファンドは、一時的な下落があっても、長期的な成長を見据えた投資スタイルを持っています。

だから、短期的なパフォーマンスに一喜一憂せず、長い目で見ることが大事だと思いますよ。

ベイリーギフォードの今後の見通し

ベイリーギフォードの今後の見通し

では、ベイリーギフォードの今後の見通しはどのような予測が立つのでしょうか?最後にこのセクションでは、ベイリーギフォードの将来予測や市場の変化と新しい投資機会に焦点を当てています。

市場動向と将来予測

市場動向と将来予測

2022年、ベイリーギフォードは苦戦し、多くのファンドでプラスのリターンを達成できませんでした。これは主に、低金利環境の終焉と、成長志向の市場環境が不利に働いたためです。

しかし、2023年にはいくつかのファンドが回復の兆しを見せ始めました。特に2023年は、テクノロジー関連のファンドが良好なパフォーマンスを示しました。

AI関連企業やコンピュータチップ企業に投資するファンドが、特に顕著なリターンを達成しています。これは、技術の進歩や市場の需要が高まっているためと考えられます。

一方で、中国関連のファンドは、中国経済の減速や政治的干渉の影響を受け、パフォーマンスが低迷しました。

ベイリーギフォードのファンドは、高成長戦略によるボラティリティを受け入れ、長期的な基本的分析に基づいています。

短期的な市場の変動よりも、長期的な視点が重要とされており、適切なタイムホライズンで見た場合、長期保有に適していると考えられています。

将来予測については、これからもベイリーギフォードは高成長ポテンシャルを持つ企業への投資を続け、特に技術革新に関連するセクターに重点を置くことが予想されます。

しかし、市場の変動や経済状況の変化に対しては、柔軟に対応する必要があります。

投資家は、ベイリーギフォードの長期的な視点と基本的な分析に基づいた投資アプローチを理解し、短期的な動きに一喜一憂することなく、長期的な目標に焦点を当てることが重要ですね。

市場が変わっても、ベイリーギフォードは頑張っているね。

そうだね。テクノロジー関連のファンドの成績がいいのは好材料だね!

技術革新の領域は、今後も大きな成長が期待されるので、そこに注目するのは賢明な選択だと思いますよ。

投資家にとっての意味

投資家にとっての意味

ベイリーギフォードのファンドをあらためて簡単にまとめると、ベイリーギフォードのファンドは、長い目で見る投資が大事だと教えてくれています。

短期間での上下よりも、ずっと先のことを考えて投資するのが良いんですね。だから、ちょっとした市場の変動には動じないことが大切です。

また、ベイリーギフォードは、成長が期待される企業や技術に投資しています。これは、将来的に価値が上がる可能性が高い分野にお金をかけるということです。

例えば、新しいテクノロジーとか、環境や社会にいいことをしている企業への投資ですね。これは、ただお金を増やすだけじゃなく、社会にも良い影響を与えることができるんです。

つまり、ベイリーギフォードのファンドに投資するというのは、長期的にお金を増やすための戦略を持ち、市場の変動にも強くなるということ。

それに、未来の技術や社会的な責任に関心を持つこともできるんですよ。投資家にとっては、これらのことを考えながら自分の投資プランを立てるのが大事ですね。

ベイリーギフォードの長期戦略、安定感があっていいね。

そうだね、未来の技術に投資するっていうのも、すごくワクワクするよ。

わたしの見解も、テクノロジーの進化や社会的責任を重視する投資は、将来のトレンドを捉える上で重要です。投資家にとって、自分の投資戦略をじっくりと考える良い機会ですね。

まとめ

まとめ

この記事では、ベイリーギフォードに焦点を当て、その歴史、投資手法、パフォーマンス、そして投資家にとっての意味などについて詳しく掘り下げてきました。

  • 2022年、複数のベイリーギフォードのファンドが苦戦。
  • ベイリーギフォードは長期的な視点を持ち、イノベーションと強固な企業市民意識を持つ企業への投資に焦点
  • テクノロジー関連ファンドが2023年に良好なパフォーマンスを示す一方で、中国関連ファンドは低迷。
  • 高成長戦略によるボラティリティを受け入れ、長期的な基本的分析に基づく投資スタイルを推奨

ベイリーギフォードがどういう資産運用会社か、どのような運用をしているか、など幅広くご理解いただけたかと思います。

ベイリーギフォードを運用先として検討中の方、こちらの記事の内容を参考にしてご自身のニーズに合っているか、もう一度しっかり確認してくださいね!

下記の記事も勉強になりますよ。

目次