メルマガ登録LINE登録

ドル建て保険解約を検討中のあなたへ:後悔しないための最適なタイミングとは?

ドル建て保険解約を検討中のあなたへ:後悔しないための最適なタイミングとは?

ドル建て保険は、円安の時に解約するのがいい!とネットで調べていてよく出てきているんですが、これって本当に今解約をする時期なのかな?

解約するときの注意点とか、デメリットもあるだろうから、先に知っておきたい…!

最近、ドル建て保険を円安になっているから、急いで解約したけど、受け取りの時に税金だったり、手数料とかがかなりかかってもうどうしたら良い?という相談も実際に、来たことがあるんだよね…

今はかなりの円安だし、長期で続いてしまっているからね!ただ、円安だからといって、必ずしも「ドル建て保険はすぐに解約した方がいい」とはなかなか言えないんだよね。今回は、ドル建て保険についての解説と合わせて解約の時に注意した方がいいこととかを話していくね。

今回の記事では、シンガポール在住でプライベートバンカーとして働いている私にも、最近よく相談されることが多い、ドル建て保険解約した方がいいのか?というテーマについて話していきたいと思います!

この記事で分かること
  • ドル建て保険ってなに?
  • なぜ今、解約を検討する人が多いの?
  • 解約前に知っておきたい注意ポイント
  • 解約後のお金の有効的な使い方について

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

ドル建て保険ってそもそも何?

ドル建て保険ってそもそも何?

そもそも、ドル建て保険は「円高」だと収益が増えやすく、「円安」だと収益が低くなる傾向がある投資方法!

前から、それは知っていたけど、ここまで円安がひどいというか、長期にわたってかなりの円安になるなんて…。本当に解約しようか迷う、、、

円安が今後、どうなるか不安だよ…。為替での投資はなかなか怖く感じてしまうよ…

そうだよね!ただ、私のプライベートバンカーの経験上、必ずしも円安・円高だけで運用結果が変わるわけではないんだ!

そもそも「ドル建て保険」とは、保険料や保険金がドルで設定されている保険のこと。

日本国内にいても、ドルやユーロなど、円以外の通貨で運用が行われるため、為替レートの変動によって受け取れる保険金の額が変わるんです!

ドル建て保険の運用は、ドルの運用が同じでも円高だと、報酬が多くなります。逆に円安だとドル自体は同じ運用ができていても、報酬が低くなってしまうという「円高・円安」の影響が非常に出やすい投資方法です。

なぜ今、解約を考える人が多いの?

なぜ今、解約を考える人が多いの?

今、解約を考える人が多い理由って、やっぱり円安だからっていうことなの?

そうだね!加入時の為替の状況は人ぞれにしても、今の円安の状況はかなり円安だし、この先すぐに回復する見込みのなさそう!と考えて、早く解約してしまおう!という人が多いね。

多くの人がドル建て保険の解約をいま考える理由として、為替の変動リスクが大きいからです。

例えば、加入時は「1ドル=100円」だったのに、今は円安がひどく続き「1ドル=150円」になっている状況です。同じドルを購入するために、1.5倍の資金が必要になるなど、といった状況なんです。

為替だけが問題じゃない

なぜ今、解約を考える人が多いの?

為替の問題は、わかった!ドル建て保険ってじゃぁ、儲けていた理由は為替の動きで儲けていたってこと?

いや!為替ももちろん理由の1つだよ。ただ、為替だけが儲ける理由ではなくて、アメリカの金利の変動も大きく関係しているんだ。

円がどうしても安くなってしまうと、「大変だ!解約しないと!」っていう考えになるのも分かるけど、アメリカの金利も見ておきたいポイントだね。

なるほど…そしたら、解約した方がいいかの判断も少し難しくなりそうだ…!

実は、ドル建て保険は為替だけではなく、運用成績も大きく影響するんです。運用成績というのは、ずばりアメリカの金利の動きです。多くのドル建て保険は、アメリカの債券などに投資しています。

つまり、アメリカの金利が上がると債券の価格は下がります。なので、為替の動きだけで解約するかどうかを判断してしまうのは、おすすめしません!

解約前に知っておきたい注意ポイント4つ

解約前に知っておきたい注意ポイント4つ

解約するときに、注意して確認しておくこととかってありますか?

この間、始めたばっかりで解約したいんだけど…

解約するときに注意しておいてほしいポイントが4つあるんだよね!1つずつ説明していくね〜!

解約する時は、いくつかのポイントに注意が必要です。ここでは4つにまとめて解説していきます。解約の手続きをする前に、しっかりと確認しておくようにしましょう!

早期解約期間でないか?

早期解約期間でないか?

1つ目、「早期解約期間ではないか?」っていう内容は、プライベートバンカーとして、以前相談に来た方にあった事例で、結果的に損になってしまっていたから、みんなも注意しておこう〜!!

危ない…!先に知っておいてよかったです!!

ドル建て保険は、商品にもよって異なりますが、基本的には元本保証の仕組みがない種類がほとんどです。

そして、早期解約期間というのは多くの商品にも設けられている仕組みのため、早期解約期間で解約をしてしまうと、結果的に損をしてしまう可能性も高いので、一定の期間を過ぎた方がいいか?などを確認しておくといいでしょう!

解約にかかる手数料

解約にかかる手数料

これも本当は、早期だと多く取られてしまうからもったいないのね・・・

そうだね〜、やっぱり解約をするタイミングによって手数料も変わるから、確認しておきたいポイントだね!

私の経験で、別の投資をされていたクライアントさんが、手数料で思ったより大きく取られしまった!っていうこともあったから、事前に確認しておくと安心だね。

ドル建て保険を解約するときは、「解約返戻金」を受け取ることができるんですが、解約返戻金を計算する際には「解約控除」が差し引かれるものがあります。

この解約控除がいわゆる解約のときにかかる手数料です。解約控除の金額は、ドル建て保険に加入してからの経過期間が長くなるほど少なくなる傾向にあります。

解約返戻金には税金がのっかる

解約返戻金には税金がのっかる

さらに!「解約返戻金」を受け取るためには、税金が発生するんだよね。所得税だったり、贈与税として徴収されちゃうっていうことも忘れずに!!

なるほど…「解約返戻金」が多いと、税金として徴収される金額も大きくなるんだね…!

「解約返戻金」を受取るには、税金が発生するんです。

受けとり方にとって、所得税もしくは贈与税として、後で税徴収が行わるので、ここも理解した上で、解約するか?しないかを選択できるようにしておきましょう!

保険商品によって適用される為替レートが異なる

保険商品によって適用される為替レートが異なる

もう1つ、注意点として解約返戻金を計算される為替レートのタイミングは、商品によって違うから注意してね!

今だ!!と思って、申し込んでもこの時点での為替レートではないこともあるってことだよね?

そう!解約受理日や解約受理日前日とかが多いイメージではあるけれど、しっかりと自分の保険の種類を確認しておこう!

ドル建て保険を解約する際は、解約返戻金を計算する際の為替レートを確認しておきましょう!適用されるレートのタイミングもここでは考える必要があります。

解約を受け付けた日の為替相場ではなく、解約受理日や解約受理日前日などそれぞれの保険種類によって適用されるレートのタイミングが異なるので、自分の商品の規定を確認しておきましょう。

解約後の賢い資金の使い道

解約後の賢い資金の使い道

ここからは、プライベートバンカーとして多くの方のサポートをしてきている私が、解約後に資金を賢く使う方法を3つ紹介するね!

プライベートバンカーとして、多くのクライアントの方と接していると、「賢く使う」といってもその人に合った方法がたくさんあるんですよね!3つのうち、自分がどれに当てはまるかのか?とかも考えてみてね!

私の場合は、そもそも慎重な性格だから、2つ目の「緊急資金の確保」かな??

そうだね!!自分が想像しやすい動き方でいいと思うよ。

解約後は、次のように資金を賢く使う方法を考えるのがおすすめです!3つ紹介するので、参考にしてみてください。

他の投資商品への再投資

他の投資商品への再投資

より透明性が高く、手数料が低い投資商品への再投資を検討してみるのもプライベートバンカーとしては、おすすめな資金運用方法です。

投資は、基本的には長期でトライ&エラーを繰り返しながら資産を増やしていくものですので、ぜひ他の投資商品の再投資を検討することをおすすめします!

緊急資金の確保

緊急資金の確保

プライベートバンカーとして、緊急時のための資金確保は、リスク管理の意味でも精神的な安定の意味でも、とっても重要だと思っているよ!

これは、現状の資産によっても金額は異なりますが、まずは一度「一定額」を、緊急時のために確保しておくと安心です。

リスク管理としても、良い方法ですし精神的にも挑戦がしやすくなり、結果的に大きく運用を成長させることもあるので、おすすめです。

自己投資

自己投資

自分自身の知識が、まだまだ足りない!といったように感じた時は、スキルアップや資格の取得のための自己投資も、将来的な収入アップにつながるのでおすすめです。

投資の常識やトレンドは日々、更新されているので、前に知り得た知識をアップデートする目的で、資格試験などに挑戦してみても良いかと思います!

まとめ

まとめ
  • ドル建て保険とは?
  • 円安なので、解約を考える人が増えている
  • 解約する前に知っておきたいポイント
  • 解約後の賢い資金の使い道をプライベートバンカーが3つ紹介!

ドル建て保険は、円安の状況が続くと利益が出ずらくなり、運用成績も良くなりづらいです。

ただし、解約をそれだけですぐに決定してしまうのはリスクもあるので、解約する前に注意しておいてほしい4つのポイントを確認してから解約に進めるのかを判断できるようにしておきましょう!

プライベートバンカーとして、多くの方の投資の効果をよりよくさせるためのサポートしてきたけど、解約を選択してもそこからどう行動していくか!っていうので、大きく変わってくるから大事にしてほしいな。

確かにだよね。トライ&エラーを繰り返すことが投資では大事だよね!

以下こちらの記事では、ドル建て保険以外も合わせて「外国建て保険」で実際に儲かった、保険の選び方と運用方法を紹介しているので、ぜひ読んでみてくださいね!

目次