メルマガ登録LINE登録

FXデイトレード鉄板手法ベスト3を発表します!

FXデイトレード鉄板手法ベスト3を発表します!

みんなが知りたい、FXデイトレで勝つための秘密のテクニックを大公開します。知り合いがいてね、シンガポールのプライベートバンクで働いてるんだ。

その人からFXの裏ワザとか、自分のトレードでのドジと当たりの話、聞いちゃったんだよね。で、思ったんだけど、今回はそんなFXデイトレの確実な方法をバラしちゃおうかなって。

この人、実際にお客さんにも同じアドバイスしてて、おかげでみんなお金増えてるらしい。この記事で、そんなウラ話や実際のコツ、みんなに教えちゃうよ。

デイトレって言葉は聞いたことあるけど、具体的にどうやるの?って思ってる初心者の方も多いと思うので、分かりやすく解説していこうね。

FXってよく聞くけど、有り金とかした例の画像のイメージしかないな……。

「デイ」トレードってのも、なんか毎日忙しそう……。

確かにデイトレードは毎日の取引が重要ですが「有り金を溶かす」なんてのは悪イメージですよ!コツさえつかめばしっかり利益を得られます!

この記事を読んでわかること
  • デイトレって何?
  • FXデイトレードの鉄板手法ベスト3

FXデイトレードについては、こちらも役に立ちます。

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

デイトレって何?

デイトレって何?

まず、デイトレードってのは、株やFXなどの金融商品を1日のうちに売買して、その差額で利益を出すこと。簡単に言うと、朝買って夕方売る、その逆もあり。このスピード感がたまらないんだよね。

今回は、そんなデイトレードの中でもFXに絞ってランキング形式でお話していくよ!私のお客さんの一人も、これから述べるFXデイトレードやり方だけで食べてるくらいなんだ!

そのくらい重要なお約束を3つ話していくよ!

朝と夕方だけなら、働きながらでもできそうね!

スピード感ってことは、こまめにチェックしないといけないんじゃないかな。

働きながらなら、昼休みにもチェックするのがいいかもね。ともあれ、FXデイトレードの鉄板手法3つを紹介していくよ!

第3位:4時間足の押し目戻りでエントリー

第3位:4時間足の押し目戻りでエントリー

4時間単位でよければ、自分にもできそうだな!

安く買って、高く売るなら私にもできそう!

そうだね。押し目(下がったとき)に買って、戻り目(上がったとき)に売る。これは基本にして奥義なんだ!

デイトレの世界でよく使われる「4時間足」というのは、チャート上の一つ一つのバーが4時間分の値動きを表してるってこと。

この4時間足を見て、値段がちょっと下がってきたな~ってところで買って、また上がったら売る。これが押し目戻り戦略。

日足(1日分の値動き)がトレンド(上がりか下がりの方向性)がある時でもない時でも、この4時間足を使うと、うまくいくことが多いんだ。

例えば、チャートを見てみるとね、トレンドレス(方向性がない)状態でも、4時間足の小さな波を見つけて、そこで入ったり出たりすることで、ちょっとずつでも利益を積み重ねることができるんだよ。

私の知り合いでも、この方法で副業っぽく稼いでいる人がいるよ。4時間足で見ることで、働きながらでも無理なくFXの押し目戻り目を見極められるんだ!堅実に利益を固めていくやり方だね。

なぜ4時間足がいいの?

なぜ4時間足がいいの?

4時間足は、短すぎず長すぎずなのね。

これなら、私みたいな初心者でもできそうね!

4時間足でのトレードは、良いとこどりの手堅い選択肢だね。あとで言う1時間足よりも気軽なトレードが鉄板の理由だ。

4時間足の良さは、日足に比べて細かい動きが捉えやすいこと。でも、あまりに短い時間足だと(例えば1時間足や5分足)、ノイズ(ランダムな価格変動)が多くて、本当のトレンドを見極めにくいんだ。

だから、4時間足はその中間で、トレンドの転換点や継続点を見つけやすいというわけ。

初心者でもできる?

初心者でもできる?

FXは、初心者には難しいイメージがあるわ……。

証拠金取引って、正直こわいよね……。

大丈夫!いきなり本番じゃなくて、紙トレードでまずは勉強するんだ。いきなり本番で大やけどしたら大変だからね!

絶対にできるよ!でも、チャートの見方を少し勉強する必要があるかな。最初はチャートとにらめっこして、「これは押し目かな?戻りかな?」って考えながら練習してみて。

実際にお金を使わずに、紙トレード(取引を記録するだけで実際には売買しない)から始めるのがオススメ。徐々に感覚が掴めてくるから、焦らずじっくりね。

紙でやるのが面倒って人には、スマホでデモトレードを行える会社もあるよ!


デイトレはスピード感が魅力だけど、ちゃんとした戦略が必要。その中でも「4時間足の押し目戻りでエントリー」は、特に初心者にとって取り組みやすい戦略の一つ。

この方法をマスターすれば、デイトレの世界で少しずつ結果を出していくことができるようになるよ。

第2位:1時間足の押し目・戻り目でエントリー

第2位:1時間足の押し目・戻り目でエントリー

押し目とか戻り目って、なに?

専門用語だわ……。

押し目は価格が少し下がってきていること、戻り目は価格が再び上がり始めてきていることを言うよ。用語だけど、しっかり押さえておこうね。

「え、1時間足も使うの?」って思うかもしれないけど、実はこの1時間足、デイトレにはめちゃくちゃ役立つんだよ。特に、日足がしっかりとしたトレンドを示している時にね。

この手法の美味しいところは、日足がアップトレンドを示しているときに、1時間足での押し目(価格が少し下がったところ)や戻り目(価格が再び上がり始めるところ)を狙ってエントリーすること。

これがもう、デイトレーダーにとっては「ごちそう」みたいなものなんだ。

なぜ1時間足が良いの?

なぜ1時間足が良いの?

1時間足で細かく見ることが、勝利の秘訣なのか!

でも働きながらでは大変よね……。

確かに細かく介入することは大事かもしれないけど、それよりも1時間足という間隔でトレンドを確認することが大事なんだ。大局を見て売り買いすることが大事だね。

1時間足は、デイトレードにおいて、とても細かい動きを捉えやすいから。日足でトレンドが見えているときに、1時間足でそのトレンドに沿った小さな波を見つけることができるんだ。

これができると、日足の大きな流れを逃さずに、より精度高くエントリー&エグジットができるようになる。つまり、大きな流れを見失わずに、小さな利益もしっかりと拾っていけるってわけ。

実際にどうやって使うの?

実際にどうやって使うの?

まずは日足でアップダウンのトレンドを見極めるんだね!

これなら自分にもできるかな。

まずは、日足でトレンドがはっきりしているかを確認することから始めよう。アップトレンドかダウントレンドか、はっきりしている時が狙い目。

次に、1時間足のチャートを開いて、押し目や戻り目を見つけるんだ。この時、もちろん、トレンドに逆らうエントリーは避けるようにね。

トレンドがアップトレンドなら、価格がちょっと下がったところで買い、ダウントレンドなら、ちょっと上がったところで売り。この繰り返しが、1時間足での戦略のキモ。

アップトレンドなら下がったところで買い、ダウントレンドなら上がったところで売る。基本に忠実ね!

そうだね。基本を押さえつつ、トレンドの潮目を見極めるんだ。

効果は?

効果は?

日足の大局的なトレンドを見ながら、1時間足で細かく見ていくことで潮目がわかるのか!

低リスクで利益を積めるのはお得ね!

そうだね。こまめなチェックが必要だけど、その分リスクをおさえられるんだ。働いてる人は、トイレ休憩なんかにもチェックを入れてみよう。

この手法、実はかなり高い確率で利益を出すことができるんだ。もちろん、デイトレはいつもリスクを伴うけど、1時間足を使ったこの方法は、日足のトレンドを基にしているから、比較的安全な方に入る。

短期間の価格変動を利用して、賢く小さな利益を積み重ねていく戦略なんだ。


というわけで、デイトレの鉄板手法、第2位は「1時間足の押し目・戻り目でエントリー」。この戦略を使えば、トレードがもっと楽しく、そして利益が出やすくなるはず。

でも忘れちゃいけないのは、どんな戦略も完璧ではないってこと。常にリスク管理をしっかりと行うことが大切だよ。

リスク管理と聞くと難しそうに思えるかもしれないけど、要は「大損しないように気をつける」ってこと。自分がどれくらいの損失なら受け入れられるか、事前に決めておくといいね。

そして、その範囲内でエントリー(売り買い)とエグジット(取引終了)を計画するのがコツ。これができれば、デイトレードでの成功率はグッと上がるからね。

自分のリスク許容量を考えて、売り買いを考えるのがコツだね。

でも、どうやってトレンドを判断するの?

どうやってトレンドを判断するの?

デイトレードにはトレンドが重要っていうけど、どうやって見極めるの?

日足チャートで全体像を見るのがコツかな。

日足チャートでトレンドを確認するのが基本。長い期間にわたる価格の動きを見て、「上向きか」「下向きか」、それとも「横ばいか」を判断するんだ。

アップトレンドやダウントレンドがはっきりしている時は、その流れに沿ってトレードするのが基本戦略。トレンドが友だちって言うでしょ?これは本当にその通り。

トレンドに逆らうトレードはリスクが高いから、なるべく避けた方がいいよ。

1時間足のポイントを捉えるコツは?

1時間足のポイントを捉えるコツは?

エントリーのタイミング、見極めが難しいよね……。

大丈夫。「直近の高値安値からどのくらい離れているか」を見ればいいんだ。

トレンドが確認できたら、次は1時間足でエントリーポイントを見つけるんだ。

押し目や戻り目を見つけるには、少しの練習が必要だけど、基本的には「直近の高値や安値からどれくらい離れているか」を見るといい。

また、サポートライン(これ以上は下落しないだろうというライン)やレジスタンスライン(これ以上は上昇しないだろうというライン)を使って判断する方法もあるよ。

これらのポイントが近くにあれば、そこが反転する可能性が高いってこと。だから、そのポイントを狙ってエントリーすると、成功率が上がるんだ。

反転上昇、反転下落の可能性が高いラインを決めて。そこから判断するのがおすすめだね。慣れないうちは紙やデモトレードで練習だ!

実際にトレードする時の心構えは?

実際にトレードする時の心構えは?

どんなにいい戦略を持っていても、市場は予測不可能な動きをすることがあるから、いつも慎重に。そして、負けトレードが続いても、めげずに自分の戦略を信じて、冷静に次のチャンスを待つこと。

注意しなきゃいけないのは、負けてしまったらちゃんと「損切りライン」をしっかり定めておくこと。私の知り合いが初心者のころ、引き際を間違えて損切りラインを越えて買い注文を入れて大やけどしたことがあるからね!

でも、長期的に見れば、堅実な戦略が結果を出すからね。

自分を信じて、しっかりエントリーポイントを待つのが大事なのね!

とはいえ、負けるのはやっぱ嫌だな……。

だからこそ、こういう場でちゃんと学んで実践に出るんだ。紙やデモトレードで練習するのも手だし、私もアドバイスに乗るよ!

デイトレの鉄板手法、第2位「1時間足の押し目・戻り目でエントリー」は、日足のトレンドを基に、短期的な価格変動を利用して利益を出す戦略。

この方法をマスターすれば、デイトレでの成績を大きく改善することができるよ。でも、大事なのは常にリスク管理を忘れずに、冷静に市場と向き合うこと。それが、最終的に成功への鍵を握るんだ。

投資にはリスクが常につくこと、これはプライベートバンカーである私もいつも肝に銘じていることだよ。

第1位:トレンドレス時の逆張りエントリー

第1位:トレンドレス時の逆張りエントリー

トレンドレスってなに?逆張り?なんかこわいわ。

……大穴狙いのギャンブルかな?

そんな危ない橋じゃないよ。多くのトレーダーが動きをうかがっている中で、先手を打って利益を得るんだ。

「え、トレンドレス?逆張り?」ってなるかもしれないけど、実はこれがデイトレで最もおいしいポイントなんだよ。トレンドがない時って、多くのトレーダーが次の動きを伺っているような状態。

でも、ここで賢く逆張りを仕掛けることで、他の人が動く前に利益を掴むチャンスがあるんだ。

トレンドレスってどういう状態?

トレンドレスってどういう状態?

トレンドレスって、値動きがはっきりしない状態のことなのね。

チャートの波がたゆたってるような感じなのかな。

そうだね。細かい波の上限と下限を見切って、その逆に投資するんだ。リスクはあるけど、リターンは大きいよ。

簡単に言うと、価格がはっきりとした方向に動いていない状態のこと。上にも下にも行かず、一定の範囲内で動いている時を指すよ。この時、市場は次の大きな動きを待っているような静けさがある。

そんな時に、価格が範囲の上限や下限に近づいたら、その逆の動きに賭けるわけ。これが逆張り戦略。

逆張りってリスクはないの?

逆張りってリスクはないの?

正直、リスクは怖いな……。

リスク管理ってむずかしそう……。

大丈夫。あらかじめしっかり損切りのポイントを定めておくんだ。そうすればもし負けても負けすぎることはないからね。

正直言って、逆張りはリスクを伴う戦略だよ。でも、ここがポイント、リスクを管理しながら賢く進めることで、大きな利益を狙えるんだ。

トレンドレス時には、価格が範囲の端に来たら反転する可能性が高い。だから、その反転を狙ってエントリーするわけ。ただし、しっかりと損切りポイントを設定しておくことが超大事。

これがないと、万が一の時に大きな損失を出しちゃうからね。

重ねて言うけど、私の知り合いが初心者のころ、損切りラインを越えて買い注文をしてしまったせいで大損しているから、損切りラインを越えたら絶対に手を引くこと!

実際のエントリーポイントは?

実際のエントリーポイントは?

トレンドの波がたゆたってる中で、上限や下限を見極めるのね。

少し長期戦になるのかな?それなら社会人でも勝ち目がありそう。

そうだね。トレンドレス状態では少し様子見が必要だ。そういう意味では兼業トレーダーに向いているね。

具体的には、価格が範囲の上限や下限に近づいたら、そこで逆の方向へのポジションを取る。例えば、価格が上限に近づいたら売り、下限に近づいたら買い。

ここで大切なのは、エントリーする前に、価格が本当にその範囲で反転するかどうか、しっかりと分析すること。そして、損切りラインを明確にしておくこと。

これらができれば、逆張り戦略で成功する確率がグッと上がるよ。

さっき話した私の知り合いも、損切りラインをきっちり守るようになったことで、着実に利益を積んでいくことができるようになったからね!

分析なんて、私にできるかしら?

1日の中でも、少し長い目でタイミングを見るから、損切りラインさえしっかりしとけば大丈夫さ!


デイトレの鉄板手法、第1位は「トレンドレス時の逆張りエントリー」。この手法は、市場が静かな時に、賢く利益を掴むための戦略。

リスクはあるけど、しっかりとした分析とリスク管理があれば、大きな利益を狙える可能性があるんだ。そして、トレードする時はいつも、冷静さを保つことが大切。

市場は予測不可能な動きをすることがあるから、損切りラインを設定して、リスクをコントロールすることが最も重要なんだ。

デイトレードは、学ぶべきことがたくさんあるけど、基本的な戦略とリスク管理をマスターすれば、市場で生き残り、利益を出すことができる。

このシリーズで紹介した鉄板手法を活用して、自分だけのトレードスタイルを確立してほしい。

そして、市場がどんな状態であってもチャンスを見つけ出せるようになれば、デイトレーダーとしての腕前は確実にアップしていくからね!

トレンドレス時に逆張りするって本当に大丈夫?

トレンドレス時に逆張りするって本当に大丈夫?

リスクはリスクでも、賢いリスクの取り方ならいいんだ!

予想は外れることもあるから、そこが不安だよね……。

負けてしまった時の損切りラインをしっかり立てておくことで、リスクを最小限にとどめるんだ。

絶対に安全ってわけじゃないけど、デイトレでは「賢いリスクの取り方」が大切。トレンドレス時に逆張りをするのは、市場の静けさの中で小さな波を捉えるみたいなもの。

もちろん、この戦略を使う時は、しっかりとした準備と分析が必要だよ。特に、エントリーする前には、チャートをじっくり見て、「本当にここで反転するのかな?」と自分自身に問いかけること。

そして、もし予想が外れたら、素早く判断して損切りする勇気も必要。これができると、トレードスキルがグッと上がるんだ。

逆張り戦略の心得

逆張り戦略の心得

やっぱり逆張りはリスクがともなうのね……。

でも、様子見の間を見るんだから、損切りラインさえ考えとけば大丈夫じゃない?

そうだね。宮本武蔵の「後の先」を見る感じかな。彼ほどの達人じゃんなくても、負けを感じたらすぐに手を引くのがキモだよ。冷静にね。


FXデイトレでの逆張り戦略って、市場が「今静か…」って時に、ちょっとした波を掴むテクニックだよ。要は、みんながどっちに動くか様子見してる時に、逆の動きを見越して先手を打つってわけ。

でもね、大事なのは「ここぞ!」って時を見極める目と、もし予想が外れたらサッと損切りする冷静さ。リスクはあるけど、上手くいけばウマウマチャンスなんだ!

私のお客さんの中にも、この見極めがうまくなってしっかり兼業FXで稼いでいる人もいるからね。負けたら手を引く。そこさえ間違わなければ大丈夫なんだ。

逆張り戦略の心得
  1. 分析を怠らない:市場がトレンドレスな時は、特に慎重に。範囲の端での価格の挙動をしっかり分析しよう。
  2. リスク管理は絶対:損切りポイントはエントリー前に決めておくこと。これがないと、大損する可能性も。
  3. 冷静さを保つ:市場はいつも予想通りには動かないから、損切りをする時も、冷静な判断が大切。

でも、逆張りって難しそう…

でも、逆張りって難しそう…

そうは言うけど、やっぱり逆張りって勇気がいるわ……。

そうだね……。人の逆をいくんだもん。

慣れないうちは手堅く、少額の逆張りから始めるのがいいかな。

確かに、逆張り戦略は少し難易度が高いかもしれない。でも、デイトレで成功するためには、いろんな戦略を知っておくことが大切。

そして、実際に試してみることで、自分に合ったトレードスタイルを見つけることができるんだ。

始めは小さな金額から試してみて、徐々に自信がついたら、少しずつポジションを大きくしていくのもいいね。実践あるのみ!


デイトレの鉄板手法、第1位「トレンドレス時の逆張りエントリー」は、リスク管理と分析をしっかり行えば、大きな利益を狙える可能性がある戦略。

市場が静けさを保っている時に、小さな動きを見逃さずに利益に変える技術は、デイトレーダーとしてとても重要なスキルだよ。

そして、どんな戦略を使う時も、冷静さを保ちながら、しっかりとしたリスク管理を行うことが、最終的に成功へとつながるんだ。

リスクをとりつつも、しっかりとリスクを管理する。大きな勝ちは自分の手綱をしっかり握っておくことがコツだね。

自分で自分を信じるって、それが一番むずかしいような……。

だから、慣れないうちは少額で場数を踏んで、歴戦の猛者になるんだ。紙やデモトレードもいいね。

まとめ

それじゃあ、今回のまとめにいこうか。

まとめ
まとめ・FXデイトレード戦略ベスト3!
  1. 第3位「4時間足の押し目・戻り目でエントリー」:日足がどっち向きでも、4時間足を見ればチャンスがあるって話。ちょっとした波を掴むコツをつかめば、デイトレの世界がぐっと広がるよ。
  2. 第2位「1時間足の押し目・戻り目でエントリー」:日足でトレンドが見えたら、1時間足で細かい波を拾う。この組み合わせ、実はかなり強力で、小さな利益をコツコツ積み重ねる秘訣なんだ。
  3. 第1位「トレンドレス時の逆張りエントリー」:これが今回のトップだね。市場が静かな時に、逆張りで利益を狙う。リスクはあるけど、しっかり分析とリスク管理ができれば、大きなチャンスがあるんだ。

分析とリスク管理かあ……。自分にできるかな?

あわてず、冷静に。損切りラインを越えたらすっぱり切る。これができれば一人前だよ。

大切なのは、どの手法を使うにしても「分析とリスク管理」が鍵を握る。そして、何よりも「冷静さ」が必要だよ。市場はいつも予想通りには動かないから、計画通りにいかないこともある。

そんな時でも、慌てず、冷静に、次の一手を考えること。これができるトレーダーが、最終的には勝ち組になれるんだ。

デイトレードは、簡単に儲かる魔法じゃないけど、しっかりと勉強して、実践していけば、絶対に成果は出る。

今回紹介した手法も、全部試す必要はないけど、自分に合ったものを見つけて、徐々にスキルアップしていこう。

そして、いつか「自分だけの鉄板手法」を見つけられたら、もうそれはデイトレの達人の仲間入りだね。みんながデイトレで大成功する日を楽しみにしてるよ!失敗を恐れず、チャレンジし続けること。

それが、最高のトレーダーになるための第一歩。この旅が、みんなのトレードライフに少しでも役立つことを願ってる。では、市場で会おう!チャンスを掴む準備はいいかな?

目次