メルマガ登録LINE登録

NISAでどれくらい儲かる?NISAを理解するための初心者向け徹底ガイド

NISAがもうかるって本当なのかな?

どうやって始めればいいのか、どんなポイントに気を付けるべきか教えてください。

投資をはじめるのは不安ですよね!

特にNISAについての情報が多すぎて、何を信じていいのか分からないと感じる方も多いでしょう。このまま悩みを持ち続けると、将来の資産形成が遅れてしまい、老後の不安が増してしまうかもしれません。

私のこれまでの経験からNISAについて基本から具体例まで紹介しますね!

NISAを活用することで、初心者でも効果的に資産運用を始められます!

この記事で理解できること
  • NISAの基本とは?初めての人でも分かる解説:NISAの仕組みや種類、初心者でも安心して始められる理由をプライベートバンカーの経験をもとにわかりやすく解説します。
  • NISAでどれくらいもうかる?実際の利益計算と事例:NISAでどれくらいの利益が得られるのか、具体的な事例を交えながら解説します。
  • NISAを最大限に活用するためのコツ:NISAを効果的に活用するためのコツを紹介します。

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

NISAの基本とは?

NISAの基本とは?初めての人でも分かる解説

NISAって何ですか?聞いたことはあるけど、具体的には全然分からなくて…。

NISAは、日本政府が導入した少額投資非課税制度です。投資から得られる利益が非課税になるので、初心者にはぴったりの制度ですよ。

税金を払わずに利益を得られるのは、大きなメリットです!

NISAとは何か?

NISAとは何か?

具体的にどういう仕組みなんでしょうか?本当にそんなにいい制度なんですか?

NISAは日本の国が利用を推進する制度ですよ!

通常、投資から得られる利益には税金がかかりますが、NISAを利用するとその税金が免除されます。

私のクライアントの林さん(仮名)の実際の経験で、月1万円の積立NISAを始めて5年間でじわじわと資産を増やしています。

これはNISAの非課税枠をうまく活用した結果です。

林さんは、過去に資産運用で私に相談にいらした時、投資経験はありませんでした。
そのため月に1万円の投資は最初、勇気が必要だったと思いますが今ではとても満足されていますよ!

それはすごいですね。でも、私は投資に関して全然知識がないので、ちょっと不安…。

初心者の方でも安心して始められるのがNISAの良いところなんですよ。林さんも最初は不安だったそうですが、少額から始めて、徐々に慣れていきました。投資は一歩ずつ進めていけば大丈夫です。

新NISAの特徴と従来の違い

新NISAの特徴と従来の違い

新NISAと従来のNISAにはどんな違いがあるんですか?

新NISAの特徴としては、まず非課税期間が恒久化されている点です。これにより、長期間にわたって非課税の恩恵を受けられます。

また、年間の投資可能額が360万円、累計で1800万円まで拡大されました。私のクライアントの中谷さん(仮名)は新NISAを利用して2年間で資産が2割増加しました。

投資額も増やせるんですね。でも、どうしてそんなに大きく変わったんですか?

新NISAは、より多くの人が投資に参加しやすくするために制度が改善されました。

積立NISAと一般NISAの両方のメリットを兼ね備えており、投資家は自分のスタイルや目的に応じて柔軟に投資できるようになっています。

NISAの種類と選び方

NISAの種類と選び方

NISAにはいろいろな種類があるんですね。どれを選べばいいのか迷ってしまいます。

NISAには一般NISA、積立NISA、ジュニアNISAの3種類があります。

一般NISAは幅広い金融商品に投資でき、リスク分散がしやすいと言えます。一方、積立NISAは低リスクの投資信託に特化しており、少額からコツコツと積み立てできます。

どれが自分に合っているのか分からない…。

プライベートバンカーの観点からもそれぞれの特徴を理解し、自分の投資目的に合ったものを選ぶことが大切ですよ!

実際に、私の友人の竹内さん(仮名)は東京の大学に通う学生ですが、新NISA制度に興味を持ち、S&P500やオールカントリーといった投資信託を検討されていますよ。

S&P500(エスアンドピー500)は、アメリカの主要な企業500社の株価を集めた指数です。これに投資することで、アメリカ経済全体の成長を享受できると言われています。有名な企業でいうと、アップルやマイクロソフトが含まれています。

オールカントリーは、世界中の株式市場に幅広く分散投資することを目的とした投資信託です。これは、アメリカだけでなく、日本やヨーロッパ、新興国など、全世界の企業に投資することで、地域ごとのリスクを分散し、安定した成長を目指すものです。

彼はまだ具体的な投資を始めていませんが、投資のメリットとリスクについて理解し、長期的な視点で資産を形成する計画を立てています。

子供の将来のためにジュニアNISAも考えた方がいいですね。

ジュニアNISAは未成年者向けの非課税投資口座で、将来の教育資金や結婚資金を準備するのに最適ですよ。

親や祖父母が子供名義で口座を開設できるので、早い段階から資産形成を始められます!

私もプライベートバンカーの観点からクライアントにはジュニアNISAの利用を勧め、多くの方が子供の将来のために賢く資産を増やしていますよ!

NISAでどれくらいもうかる?実際の利益計算と事例

NISAでどれくらい儲かる?実際の利益計算と事例

NISAでどれくらいもうかるのかが、気になります。具体的にどれくらいの利益が出るものなんでしょうか?

NISAでの利益は、投資元本や投資期間、リターンによって変わります。

例えば、年間5%のリターンで10年間運用すると、元本100万円が約162万円に増えます。

この利益に対して税金がかからないのがNISAの大きなメリットですよね!

利益計算の基本

利益計算の基本

年間5%のリターンって、現実的なんですか?具体的な事例を教えていただけますか?

はい、実際に現実的な数字です。例えば、私のクライアントである中谷さん(仮名)の例を紹介しましょう!

彼は66歳の時に新NISAを始め、月5万円の投資を続けました。なんと、10年間で元本600万円が約1.5倍に増加したんです!これは年間利回り8.1%を基にした計算です。

彼は投資信託を利用して、安定した成長を実現しました!

なるほど、具体的な数字を聞くと安心しますね。でも、初心者がそんなにうまくいくか不安です…。

中谷さんはお仕事を退職後の老後資金にとても不安に思われていたため私の元へ相談にいらっしゃいました。当時は中谷さんも投資経験はありませんでしたよ。

プライベートバンカーの観点からアドバイスをするなら、少しずつ少額投資から始めて投資に慣れていきましょう!

初心者の不安はよくわかります。私も最初は不安でしたが、少額から始めて徐々に慣れていきました。

NISAの非課税枠をうまく活用すれば、長期的に見て大きなリターンを得ることが可能です。私のプライベートバンカーとしての観点から言えば、まずは少額から始めてみることが重要です。

そうですね、まずは少額から始めてみます。でも、具体的に何に投資すればいいのかがわかりません…。

まずは投資信託から始めるのが良いでしょう。投資信託はプロが運用しているので、初心者でも安心して始められます。NISAの非課税枠を使うことで、手軽に投資を始められますよ。

NISAでよくある失敗

NISAでよくある失敗

NISAって便利そうだけど、失敗することもあるんですね。具体的にはどんな失敗が多いんでしょうか?

NISAを利用するにはいくつかの落とし穴があります。私のプライベートバンカーとして見てきた、よくある失敗を紹介しますね。

高い手数料の投資信託を選んでしまう

手数料はとても重要です。高い手数料の投資信託を選ぶと、長期的に見て大きなコスト差が生じます。

例えば、ひふみプラスの信託報酬は1.078%ですが、低いものと比べると20年で229万円以上の差が出ます。私のクライアントの一人も、初めは手数料の高い商品を選んでしまい、思ったように利益が出なかったという実際の事例があります。

目先のリターンに惑わされる

短期的なリターンに惑わされて投資商品を選ぶと、長期的にはリターンが悪化する可能性が高いと考えられます。

私の経験でも、ひふみプラスが一時的に高リターンでしたが、その後はインデックスファンドに劣る悔しい結果となりました。私の経験からも長期的な視点で投資商品を選ぶことが大切です。

アクティブファンドを選んでしまう

アクティブファンドは、ファンドマネージャーが市場平均を上回るリターンを目指して運用するファンドです。運用手数料が高く、長期的にはインデックスファンドに劣る場合があります。

私のプライベートバンカーとしての経験からも、長期的にはインデックスファンドの方が安定したリターンを得やすい傾向にあります。

すぐに売却してしまう

積立NISAは長期的に保有することが前提です。短期間で売却すると非課税枠が復活せず、長期の資産形成が難しくなります。

実際に私のクライアントの一人も、短期的な市場変動に不安を感じて売却してしまい、その後の成長を逃してしまいました。長期保有を心がけることが重要です。

毎年増えると誤解する

市場には波があり、必ずしも毎年プラスのリターンが得られるわけではありません。リーマンショックやコロナショックのように、短期的には大きな下落もありえます。

リスクを理解し、長期的な視点を持つことが重要です。長期的には安定した成長が見込めますよ。

生活防衛費がない状態で始める

生活防衛費は、最低でも3カ月分の生活費を確保しておくことを指します。これがない状態で投資を始めると、値動きに対するストレスが大きくなります。

生活防衛費を確保することで、安心して投資に臨めます。私もまず生活防衛費を確保してから投資を始めました。

これから投資を始める方は、しっかりポイントを押さえましょう!

NISAのメリットとデメリットを比較

NISAのメリットとデメリットを比較

NISAのメリットとデメリットを知りたいんですが、本当にお得なんですか?デメリットも結構あるんでしょうか?

NISAには確かに多くのメリットがありますが、デメリットも理解しておくことが重要です。私のプライベートバンカーとしての観点から、具体的にお伝えしますね。

NISAのメリット

NISAのメリット

メリットから教えてください。どうしてNISAを始めた方がいいんですか?

プライベートバンカーの観点から、NISAの最大のメリットは、投資から得られる利益が非課税になることです。

これにより、通常の投資よりも多くのリターンを得られるのです。前述の林さん(仮名)は実際に、積立NISAを利用して5年間で資産を築きました。非課税枠を活用することで、効率的に資産を増やしています。

他にもメリットはありますか?

もう一つの大きなメリットは、投資の選択肢が広がることです。

NISAでは、株式や投資信託などさまざまな金融商品に投資できます。

これにより、リスク分散を図りながら、自分に合った投資先を選べるのです。私も多くのクライアントにこの柔軟性を活用するようにアドバイスしています。

NISAのデメリット

NISAのデメリット

デメリットも気になります。何か注意すべき点はありますか?

NISAにはいくつかのデメリットもあります。

まず、非課税枠が限られているため、高額投資する場合には限界があります。

年間の投資上限が決まっているので、一度に大きな金額を投資したい場合には不向きです。

他にもデメリットはありますか?

NISAで購入した金融商品は途中で売却すると非課税枠が復活しません。

プライベートバンカーの観点から、長期的な資産形成を目指す場合には問題となることがあります。急な資金需要が生じた場合、NISAで保有する金融商品を売却すると、その分の非課税枠が失われてしまうのです。

それは少し不便ですね。他にもデメリットがあるんですか?

NISAは一度設定すると変更が難しい点もデメリットです。

例えば、積立NISAから一般NISAへの変更は簡単にはできません。

最初に選ぶ際には慎重に検討する必要がありますよ!

他の投資手段との比較

他の投資手段との比較

NISA以外の投資手段とも比較してみたいんですが、どうでしょうか?

NISAは通常の課税口座やiDeCo(個人型確定拠出年金)と比較しても優れた点があります。

例えば、iDeCoは老後資金を準備するための制度ですが、NISAはより柔軟に資金を運用できる点が魅力です。

具体的にどんなふうに使い分けるんですか?

実際私や、私の友人、竹田さん(仮名)はiDeCoとNISAを併用しています。老後資金に不安を感じ、彼はiDeCoを活用しつつ、短期的な資産形成のためにNISAを利用しています。

私も老後資金のためにNISAに加入していますよ!

クライアントの実体験からも、異なる投資手段を組み合わせることで、リスクを分散しながら効率的に資産を増やしているのです。

私自身、竹田さんと同じように他の商品と併用して投資して安心材料としていますよ!

NISAと他の投資手段を組み合わせると良いんですね。

NISAは非課税という大きなメリットがある一方で、いくつかのデメリットもあるんです。

自分の投資目的やリスク許容度に応じて、適切な投資手段を選ぶことが重要です。

NISAを最大限に活用するためのコツ

NISAを最大限に活用するためのコツ

NISAを始めたばかりなんですが、どうすれば最大限に活用できるんでしょうか?何か特別なコツがあるんですか?

NISAを最大限に活用するためにはいくつかのポイントがあります。私のプライベートバンカーとしての観点から、具体的なコツをお伝えしますね。

利益を最大化するためのポイント

利益を最大化するためのポイント

利益を最大化したいんですが、どうすればいいんでしょうか?

私のプライベートバンカーの経験からも利益を最大化するためには、長期的な視点で投資することが重要です。

短期的な市場の変動に一喜一憂せず、長期的な成長を見込んで投資を続けることが、安定したリターンを得るための基本です。前述の中谷さん(仮名)も、実際にNISAを利用して10年間投資を続けました。

元本600万円が約1.5倍増えたように、長期的視点での投資が大切です。
それによって中谷さんご自身、とても投資の成果に満足されていますよ!

具体的にどうやって続ければいいんでしょうか?

長期的な視点を持つためには、定期的に投資を続けることが重要です。毎月一定額を積み立てることで、短期的な市場変動に影響されにくくなります。

中谷さんも毎月の積立を続けることで、長期的な成長を実現しました。
彼自身、市場が悪い時はかなり不安を感じたはずですが、それでも結果につなげられていますよ!

資産分散の重要性

資産分散の重要性

資産を分散するってよく聞くんですが、本当に効果があるんですか?

資産を分散することは非常に重要です。

分散投資することで、特定の投資先のリスクを軽減し、安定したリターンを狙えますよ。

前述の友人の竹内さん(仮名)は、実際にS&P500やオールカントリーといった多様な投資信託に投資しています。これにより、特定の企業や業種に依存せず、リスクを分散させています。

具体的にどんな投資信託を選べばいいんでしょうか?

分散投資するためには、異なる業種や地域に投資することが重要ですよ。

実際、竹内さんは米国株や世界全体に分散された投資信託を選んでいます。これにより、一つの市場や業種のリスクに依存せず、安定したリターンを目指しています。

定期的な見直しと調整

定期的な見直しと調整

投資状況を見直すって、どのくらいの頻度でやればいいんですか?

プライベートバンカーの観点から、定期的に投資状況を見直し、必要に応じてポートフォリオを調整することが重要ですよ。

私のクライアントである中谷さん(仮名)はとても慎重に投資している方で、年に一度、自身の投資ポートフォリオを見直しています。

これにより、最新の市場動向に合わせて適切な調整をして、リスクを最小限に抑えています。

具体的に何を見直せばいいんですか?

市場の変動や自身のライフステージの変化に応じて、投資の割合や投資先を調整することが重要です。

中谷さんは退職後の生活費を考慮し、リスクの高い投資先を減らし、安定したリターンを狙う投資信託を増やしました。これにより、リスクを抑えつつ、安定したリターンを得られています。

まとめ

まとめ

この記事では、NISAの基本から利益計算、失敗しがちなポイント、メリットとデメリット、最大限に活用するためのコツについて詳しく解説しました。

私のプライベートバンカーとしての経験から、NISAは資産形成を始めるための非常に優れた制度です。

特に初心者の方には、少額から始められる積立NISAをお勧めします。リスク分散を図りながら、長期的な視点で投資を続けることが成功のカギとなるでしょう。

NISAの非課税枠を活用することで、投資から得られる利益が非課税になるため、通常の投資よりも多くのリターンを得られるのです。

また、長期的な視点での投資は、短期的な市場変動に左右されず、安定した成長を見込んで投資を続けることが重要です。

さらに、資産分散の重要性も忘れてはなりません。異なる業種や地域に投資することで、特定の投資先のリスクを軽減し、安定したリターンを狙えます。

NISAの活用方法について理解を深め、投資の不安を解消できたでしょうか?

NISAを上手に活用することで、将来的な経済的な安心感を得られ、理想的なライフスタイルを実現する第一歩を踏み出せるでしょう。この記事を参考にして、今すぐ実践してみましょう!

目次