メルマガ登録LINE登録

リタイアメント前後の資産運用戦略:60代の多様な選択肢

リタイアメント前後の資産運用戦略:60代の多様な選択肢

最近、老後の資金について心配なのよね…

老後資金か必ず考えないといけない問題だよね…

皆さん老後資金について心配されているようですね!お気づきの通り、この問題は誰しもが何歳になったとしても考えないといけない問題ですね!

やっぱりそうですよね!この問題について皆んなはどのような状況で、どう向き合って行くべきなのか知りたいわ…

でも60代とかになってからでも間に合うものなんですか?

もちろん!60代で遅いから間に合わないなんてことは無いですよ!では今回は60代からの資産運用について解説していきますので一緒に考えていきましょう!

リタイアメントを迎える60代の皆さん、これからの資産運用についてどのように計画していますか?退職後の生活は長く、充実したものにしたいものです。しかし、資産運用と一口に言っても、その方法は人それぞれ、選択肢は無数に広がっています。本ブログでは、リタイアメント前後における60代の方々が直面する資産運用の課題と、それに対応する多様な選択肢を紹介します。退職金の運用から投資、不動産活用まで、安全性と成長性をバランス良く取り入れた運用戦略について掘り下げていきます。安心して老後を迎えるための、賢い資産運用術を一緒に考えてみましょう!

この記事で分かること

・60代-資産の現状
・60歳からの資産運用事情
・60代から始めるおすすめの資産運用5つ
・老後資金を守り増やす投資のコツ

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

60代-資産の現状

まず初めに60代の現状と今後どのように考え行動していくべきかの基本方針について解説しますね!

確かにいまの日本の現状が把握しておきたいわ!是非宜しくお願い致します!

60代に差し掛かると多くの方がリタイアメントを迎える時期となり、これまでの勤労生活を通じて蓄えた資産の運用方法について真剣に考え始めます。しかし、日本における60代の資産状況は、一言で言うと「多様性に富んでいるが、同時に不安を抱えている」状態と言えるでしょう。

やはり皆んな不安を感じてるんだ…

60代の人々の資産状況は大きく異なります。退職金をはじめ、投資や不動産など、蓄えた資産の形態も多岐にわたります。一部の人々は豊富な資産を持つ一方で、多くの人々が老後資金の不足に悩んでいます。多くの60代は退職金をどのように運用するかに頭を悩ませています。インフレや金利の低下の影響を受けやすく、安全な運用方法を求めています。少子高齢化の影響で年金制度への信頼が低下しており、年金受給開始年齢の後ろ倒しや受給額の減少が懸念されている方も少なく無いですね。

昔ほど年金に頼っていれば良いってことじゃ無いんですね…

プライベートバンカーとして数多くの60代のお客様をサポートしてきた経験から言えるのは、60代の資産運用においては「安全性」と「成長性」のバランスが非常に重要であるということです。多くの60代は、資産を守ることを最優先に考えがちです。そのため、元本保証のある定期預金や国債などに資産を振り向ける傾向がありますが、これではインフレ率を上回るリターンを期待することは難しく、資産の実質的な価値の減少に繋がりかねません。

60代になると安パイを取りたくなる気持ち分かるな…

一方で、資産を増やすためにはある程度のリスクを取る必要があります。株式投資や投資信託など、適度なリスクを伴う運用方法への関心も高まっています。適切なリスク管理のもとで、ポートフォリオの一部を成長性の高い資産に振り向けることが、賢明な戦略と言えるでしょう。60代の資産運用では、現状の資産規模や老後のライフプランに合わせた運用戦略の立案が求められます。

自分の思い描いた老後を過ごせるように潤沢な資産が欲しいな…

プライベートバンカーとして、お客様一人ひとりのニーズに合わせたパーソナライズされた資産運用計画の提案が重要だと常々感じています。重要なのは、適切な情報に基づいた意思決定と、老後の資金不足に対する備えを怠らないことです!

老後になって仕事を辞めても安心出来る状況とは限らないですね…

60代からでも資産運用について考えるべきですね!

そうですね!60代になっても人生は続きます。老後になっても資産運用とは賢く向き合っていく必要がありますね!それでは次に60代からの資産運用について触れてみましょう!

60歳からの資産運用事情

60歳からの資産運用事情

日本において、60歳を迎える多くの高齢者は、退職後の生活をどのように賄うか、という重大な問題に直面しています。退職金や年金に頼る時代は終わりを告げ、自らの手で資産運用を行うことが、快適な老後生活への鍵となっています!

金融庁が公表した「老後2000万円問題」として知られるレポートは、日本の多くの高齢者世帯が直面する老後資金の不足問題を浮き彫りにしました。このレポートは、平均的な老後生活に必要な資金と、公的年金からの受給額との間に生じるギャップを詳細に分析し、その差額が約2000万円にも上ると試算しています。これは、多くの高齢者にとって衝撃的な事実であり、現役世代でも老後資金に関する不安を抱えるきっかけとなりました。

このニュースは衝撃的だったわ…

のんびりとしてはいられないと思ったよね

老後資金の不足を補うためには、60代からでも遅くはない資産運用を開始することが推奨されます。実際に、定年退職後も健康で活動的な高齢者が増えている現代では、退職後の20年から30年間を資金面で支えるための計画が必要です。

退職後も人生は長いもんなぁ…

ではここで、この老後2000万円問題のニュースをきっかけに、「私もやってみよう!」と立ち上がった60代のクライアントの話をシェアしたいと思います。本当に勇気がある方で、リスクを恐れず、でも賢くヘッジしながら投資にチャレンジしたんですよ。

おお!まさしくな方ですね!

どうなったんですか!?少しドキドキするな!

彼が私のもとにやってきたとき、まずは彼の資産と老後の夢に必要なお金をピックアップしました。リスク許容度についてもじっくり話し合い投資の計画を練り始めました。

最初は債券で安定収益を目指し、少しずつ株式への投資も開始。勉強会に参加したり、書籍を読んだりして、彼は投資の世界にどんどん興味を持ち始めました。

60代から勉強も始めたんだ!尊敬するわ!

彼は分散投資を心掛け、外貨や不動産投資も少し取り入れることで、リスクをうまく分散。定期的なチェックで、市場の波にもしっかり対応していきました。

数年後、彼の資産は目に見えて増え、老後2000万円問題もクリア。彼の夢だった安定した老後を実現できる資金を確保できたんです。「リスクを恐れず、でも賢く!」が彼の成功の秘訣でした。

おおお!すごい!おめでとう!!

この話、リスクにビビらずに賢く行動することの大切さを教えてくれますよね。老後2000万円問題に直面しても、「できることからコツコツと」が鍵です。誰にでも始められる、資産運用のチャンスはあるんです。勇気を出して一歩を踏み出してみませんか?

このクライアントの方のように私も何歳からでも頑張るぞ!!

60代からでも遅くないってことも良く分かったわ!

そうですね。金融庁からのニュースは私も面喰ってしまいましたが資産運用の意識を向上させる良いキッカケだったのかなと私はいまでは思っています。60代からでも遅いことは無いので賢く行動していきましょうね!

60代から始めるおすすめの資産運用5つ

60代から始めるおすすめの資産運用5つ

60代からでも遅くないことと考えるべきことについては良く分かったんですけどもう少し具体的にどのように資産運用すべきなのかも知りたいです!

それもそうですね!では、さらに具体的に60代の資産運用について深堀っていきましょう!!

それではプライベートバンカーとして数多くの60代の方々の資産運用についてアドバイスをしてきて成果が出たものを5つ紹介しましょう!

まずは投資信託です!投資信託は多様な資産クラス(株式、債券、不動産など)に分散投資することが可能で、プロのファンドマネージャーによる運用を通じて資産形成を目指せる金融商品です。特に、つみたてNISAを活用することで、長期間にわたる非課税運用が可能となり、積立投資を通じて資産を着実に増やすことができます。プライベートバンカーとしては、リスク許容度や投資期間に応じた適切なファンド選択のアドバイスが重要となりますね!

なるほど!ある程度はプロに任せてみるのも手ということですね!

元本保証と定期的な利息収入が特徴の個人向け国債は、安定した運用を求める60代に適しています。インフレリスクへの対策としても有効で、特に変動金利型ならば、将来の利率上昇に伴い利息収入が増加する可能性があります。

私の経験上、安全資産としてのポートフォリオ内での割り当てには最適です。外貨建て保険は、海外の高い利率環境を背景にした運用が可能で、老後資金計画に余裕のある方に適しています。ただし、為替リスクを伴うため、長期的な視野での運用が求められます。プライベートバンカーとしては、客の資産状況とリスク許容度を総合的に評価し、為替変動のリスク管理についてのアドバイスも重要です!

外貨か…何だか少し難しそうだわ…

投資の種類によってそれぞれの特徴があって、それを活かすべきなんですね!

株式投資は、成長企業への投資を通じて高いリターンを目指すことができます。特に、NISA制度を利用すれば、得られた利益に対する税制メリットが得られます。ただし、市場の変動リスクが高いため、分散投資や長期保有を基本とした戦略が必要です。

リスクヘッジしながら株式で高いリターンを私は目指したいな!

私の経験からも、特に成長性の高い分野への投資は、資産増加の大きなチャンスとなり得ます。退職金定期預金プランは、高金利が特徴の定期預金プランで、短期間での運用を考えている方に適しています。退職金を一時的に高い金利で運用し、その後の資産再配分の機会を待つ戦略が可能です。ただし、運用期間が短いため、利息収入による資産の大幅な増加は期待できない点に注意が必要です。

へぇ!そんなプランもあるんだ!

プライベートバンカーの経験から言えるのは、60代の資産運用では、個人のライフスタイル、資産状況、リスク許容度を総合的に考慮した上で、これらの運用方法を組み合わせることが重要です。また、市場の変動や経済環境の変化に柔軟に対応できるよう、定期的なポートフォリオの見直しを行うことも、成功への鍵となりますよ!

具体的な資産運用方法について分かりました!

上手く組み合わせて活用してみたいな!

その調子です!60代からでも若い子に負けずに賢く生きて行こう!

老後資金を守り増やす投資のコツ

老後資金を守り増やす投資のコツ

老後資金を増やすことは重要ですが、それ以上に、長期間にわたって資産を維持し、生活資金としての役割を果たし続けることが重要です!これを実現するためには、インフレや市場変動を考慮した資産運用が必要です。

それはそうだわ。生活資金が尽きてしまったらアウトだわ…

プライベートバンカーとして、私はクライアントに対し、定期的な収入を生成する金融商品(例:配当金を支払う株式、利息収入が得られる債券)への投資や、資産を現金化せずに済む戦略を推奨してきました。また、長期的な視野での投資を心掛けることで、市場の短期的な変動に一喜一憂することなく、資産の寿命を延ばすことが可能になります。

仕事を辞めても定期的な収入があることは凄く魅力的だな!

私の経験上、多くのクライアントは自身のリスク許容度を過大評価しがちです。リスク許容度を適切に設定し、それに合った投資ポートフォリオを構築することで、不測の市場変動があった場合でも安心して対応できるんですよ!

全ての資産を一つの投資先に集中させることは、高いリスクを伴います。分散投資を行うことで、特定の市場や業種の変動リスクを軽減し、資産全体の安定性を高めることができます。プライベートバンカーとして、私は常にクライアントに対して、地域、業種、資産クラス(株式、債券、不動産など)をまたがる分散投資の重要性を説いてきました。また、時間にも分散投資すること(つまり、異なる時期に投資を行うこと)も有効です。これにより、市場のピーク時に全ての資金を投じるリスクを避けることができます。

60代で投資で大失敗してしまったら取り返しがつかないもんな…

リスクを洗い出して対策をしておかないとですね…

プライベートバンカーとしての経験を活かし、老後資金を守り、増やすためには資産の寿命を考慮した運用、適切なリスク管理、そして分散投資の3つが鍵となると強く信じています。これらの原則に従うことで、安定した老後の資金計画を実現することが可能になります。常に市場と自身の資産状況を見直し、必要に応じて適切な調整を行うことが成功への道です。

60代からでも遅くはないけど働き盛りの頃のように仕事からの収入は期待出来ないということを念頭に置いて、守りも固めながら資産運用していくことが大切ということです!

そのことはしっかりと頭に入れておく必要があるってことですね!

まとめ

60代からの資産運用

今回は最後まで話を聞いて頂きありがとうございました!60代からでも遅くない資産運用で、安定した老後を目指しましょう!投資はリスクを伴いますが、適切な知識と戦略に基づけば、老後の生活資金を守り、増やすことが可能です。自分に合った投資方法を選び、賢く運用を始めてみてはいかがでしょうか?老後の資産の不安としっかりと向き合って行動して、自分が思い描く生き生きとした老後を迎えましょうね!

ありがとうございました!老後の漠然とした不安がクリアになって考えるべきことが分かりました!

60代からでも遅くない!ってことも知れて良かったです!

老後2000万円問題など不安なことは色々あると思いますが賢く行動していれば十分にクリア出来る問題です。これかも皆さんとともに頑張っていきましょう!

目次