メルマガ登録LINE登録

58歳で退職する場合のデメリットは?メリットや退職時の注意点も解説!

58歳で退職する場合のデメリットは?メリットや退職時の注意点も解説!

主人が、58歳で早期退職する予定なんだけどちょっと今後のことが心配…!

貯金がないけど、足りるか不安だから、少しでも資産を増やせる方法があればためしたいけど、リスクが大きいのは怖いよね。

そうですよね〜。早期退職するのは、プラスのことあるけどもちろん不安なこともあるよね。ここでは、プライベートバンカーとしての考えや、早期退職して奥さんと旅行とかもしつつ、弟さんのカフェ経営を手伝っている知人の話の例を出しながら、早期退職のメリット・デメリットなどを詳しく解説していくね!

勤めいていた会社を退職するのは、人生の大きな転換点です!特に58歳での早期退職は、これからの人生設計に大きな影響を与えますよね。

この記事では、58歳で退職する場合のデメリットとメリット、そして退職時の注意点について詳しく解説していきます。

私のプライベートバンカーとしての資産を増やす観点からの知見だったり、58歳で早期退職をした私の知人の実例を出しながら、わかりやすく解説していきます!ぜひ、参考にしてみてください。

この記事で分かること
  • 58歳で退職するデメリット
  • 58歳退職のメリット
  • 退職時の経済的準備
  • 退職後の生活設計・注意しておきたいこと

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

58歳で退職するデメリット

58歳で退職するデメリット

58歳で早期退職する、一般的なデメリットって収入が減りそうっていうざっくりしたイメージで不安になっているんだけど….

実際60歳まで働いて退職した時より、2年分の給与だけがマイナスっていう感じなの?

58歳で早期退職をした場合は、2年分の給与分だけがマイナスになる単純な問題ではないんです!

年金だったり、社会保障の内容が変わってくるなど多くの変更点があるので、しっかり見ていきましょう!

58歳で、早期退職をするデメリットは、収入が60歳までとの差分2年分減るだけではありません!

もらえる年金の金額が変わったり、社会保障の内容も変わってくるので、しっかりと理解をした上で早期退職に備えておきましょう!ここから、58歳で早期退職するときのデメリットを紹介していきます。

経済的な不安定性さ

経済的な不安定性さ

早期退職は、定年まで働いた場合よりも、年金とかも少なくなる場合が多いんだよね。

58歳での早期退職は、経済的な不安定性を招く可能性があります。特に、十分な貯金がない場合や、定年まで働き続けることで得られるはずだった退職金や年金の受給額が減少することが予想されるんです。

厚生労働省が出している公的年金シミュレーター使い方ホームページも活用してみると、自分の家庭の実際に近い金額が出せるので、試してもいいと思いますよ!

私の知人だと、年金は予定していた金額よりも1/10分ぐらいは、減ったかなと言っていましたね!

社会保障の問題

社会保障の問題

今の日本では、60歳から公的年金の受給が開始されますが、58歳で早期退職した場合は、年金受給までの2年間の生活資金をどのように確保するかが問題になる場合は多いですよね。

それに伴って、健康保険や雇用保険などの、社会保障の内容が少し変わることがあるので、しっかりと理解しておきましょう!

例えば、会社に所属していたら、健康保険や雇用保険は自動的に入るようなパターンが多いですが、退職するとそれが有効期限が切れてしまうので、自分で入り直す、もしくは保険を使わない!というような選択になるんですね!

入り直すのか、どういう対応するのかを早期退職する事前に考えておくといいでしょう!

入り直すのか、どういう対応するのかを早期退職する事前に考えておくといいね!

58歳退職のメリット

58歳退職のメリット

逆に、早期退職するメリットはなんなの?私としては、子供も家を出て、主人と2人で暮らせる時間が60歳手前でできることは、まだ身体的に動けるし意外と嬉しいことでもあるんだけど…。

もちろん!早期退職のメリットもたくさんあります!そのうちの1つが「時間」を自由に使えることがありますよね。ここからは、早期退職のメリットを紹介していきますね!

ここからは、58歳で早期退職するメリットを紹介していきますね!もちろん、早期退職することはマイナスなことだけではなく、時間的な余裕ができることだけではないメリットもたくさんあるんです。

また、早期退職について会社側があまり伝えていない会社も多いので、自分から確認してみることもおすすめです!

退職金が多く支給される

退職金が多く支給される

会社によっては、早期退職を促すために、通常の退職金にプラスアルファで特別なインセンティブを付けてくれるんですよね。定年まで待たずに退職することで、予想以上の金額を手に入れるかもしれないんです。

もちろん、これは会社の制度によるので、早めに自分の会社の人事部などに確認してみることもおすすめですね!

知人も人事部に確認して、初めて自分の会社に早期退職のメリットがあるのを知ったみたいだから、とりあえず確認してみるもの大事ですね!

プライベートバンカーとして、早期退職以外にも会社に確認すれば答えてくれるという事例は多いですね。

ええ!そんなことあるんですね。それは確認しておきたいな。人生の選択肢、広がるよね!

自由な時間ができる

自由な時間ができる

早期退職の1番のメリットと言っても過言ではないのは、自由に使える時間が増えることですよね。

身体的に、まだ60歳手前の頃に時間を自由に使えるようになるので、趣味だったり旅行、また新しいスキルの習得など、次のキャリアに踏み出す人もいるんです!

自己実現のための活動により多くの時間を割くのは、早期退職の特権ですよ!

プライベートバンカーとしては、早期退職を機に投資を始めたクライアントさんが、投資を楽しみながら老後にも海外旅行にたくさん行ったりしているのをみると、教えてよかったな!と思うね。

退職時の経済的準備

退職時の経済的準備

早期退職する場合に、できるだけ資金を増やして起きたいんだけど、おすすめな方法あれば教えてほしい!

私も!ただ、リスクが本当に少ない方法がいいです!

わかりました!任せてください!プライベートバンカーとしてのこれまでの知見を活用して、早期退職の時におすすめな資産を増やす方法を紹介していきますね!

58歳での早期退職は、メリット・デメリットそれぞれありますが、資産を十分貯金しておくことは重要になります!

つまり、退職時の経済的準備は早期退職後どれぐらい自由に暮らせるか!に関係してくることが多いです。退職時の経済的準備のおすすめな方法を2つ紹介していくので、参考にしてみてください!

国債または債券投資

国債または債券投資

国債や企業債は、比較的低リスクで安定した収益を期待できる投資商品です!特に政府が発行する国債は、リスクが非常に低いので、早期退職後からでも始められると思いますよ。

利息収入を少しずつ得ながらも、資産の安全性をしっかりと守れる方法なのでおすすめですね。

知人はこの「債券投資」と、定期預金・高金利の貯金口座をダブでやっていましたね!高金利の貯金口座は、投資までとはいかないものの、リスクは無しで普通貯金しているよりも何倍も利子がつくので、おすすめ!

たしかに。投資とあと貯金を組み合わせると安心だな!参考にしてみよう!

インデックスファンドへの投資

インデックスファンドへの投資

もう1つ、早期退職の人におすすめな投資が、インデックスファンドです!特定の株価指数に連動するように設計された投資信託の種類のことです。

管理費用が非常に安く、分散投資によって個別銘柄のリスクを抑えられます。初期費用も少なく、リスクも少ないので、早期退職を検討している人はやっておいた方がいい!とおすすめの投資です。

長期的な視点で投資することで、市場の平均的なリターンを目指すため、リスクが少ない投資方法なので、58歳からでも十分ですが早期退職を少しでも検討した段階から、インデックスファンドへの投資も検討しておくと、資産での心配事が減るかもしれません!

初期費用がかからないのも、大事なポイントですよね!

退職後の生活設計・注意しておきたいこと

退職後の生活設計・注意しておきたいこと

ここからは、早期退職して奥さんと旅行とかもしつつ、弟さんのカフェ経営を手伝っている知人の話から、「退職後の生活設計で注意しておいた方がいいこと」を聞いていたから、それを紹介していきますね!

ここからは、退職後の生活設計・注意しておきたいことを、プライベートバンカーとしての資産面での視線と、知人からのアドバイスの2点を踏まえて、お話をしていきますね!

1つ目、健康保険を変更しておく!

1つ目、健康保険の変更しておく!

会社を退職すると、企業が提供する健康保険の恩恵を受けられなくなるので、国民健康保険への加入だったり、健康保険に加入することを検討した方が良いでしょう!

年齢を重ねた方が、健康保険は使用することが多くなるので、「保険に、入っているつもりだったけど、切れていた」ということにならないように注意しておくことが大切ですね!

感覚が入っているままに、なりがちになりそう!気をつけておこう。

2つ目、社会的なつながりを意識的に作ること

2つ目、社会的なつながりを意識的に作ること

会社に勤務していると、意識しなくても社会的な繋がりができるけれど、知人曰くいざ退職すると意外と孤立してしまうのが早いそう。

意識的に、社会的なコミュニティに参加してみたりと!つながりを意識的に作っておくことが大切ですね。健康寿命を伸ばすためにも、重要なポイントなので覚えておこう!

ツアーの旅行に行くとかもでいいもんね!

3つ目、財務計画をしっかり立てること

3つ目、財務計画をしっかり立てること

早期退職する前には、あらかじめ長期的な財務計画を立てることが重要!

退職後の生活費や、健康保険、税金、そして老後の年金受給額など、さまざまな要素を考慮に入れて、資産を増やす方法を取りいつつ、準備しておこう!

リスクが少なくて、資産を増やせる方法を教えてもらえたし、ちゃんと行動しなくちゃね!

プライベートバンカーとして、老後や早期退職時での投資の相談をされたら、まずは財務計画をしっかり立てることを勧めていますね。それぐらいここは大事なポイントです。

まとめ

まとめ

58歳で早期退職するのは、メリットもデメリットもあると思うけれど、まずは理解しておくことが大切です。

年金がどのぐらい減るのか、だからどのぐらい資産を増やしておきたいのか、など逆算で目標を出すこともできるのでおすすめですよ!

それと同時に資産をいかにリスクを低くしつつ増やしていくのか!という問題もありますね。

今回紹介した「国債または債券投資」と「インデックスファンドへの投資」をぜひはじめてみて資産運用をしてみてください!

早期退職を検討しているなら、ぜひリスクが非常に低い投資を継続的にやっておくのがとてもおすすめなので、参考にしてみてくださいね!

  • 58歳で早期退職にはメリットもデメリットもある
  • 退職後の財政をしっかりと考えておく
  • リスクの低い投資でできるだけ資産を増やしておこう

以下こちらの記事では、55歳で早期退職を実現するためにいくら必要?についてを解説しているので、ぜひ読んでみてくださいね!

目次