メルマガ登録LINE登録

長期金利の急低下に対応!米国債投資で賢く資産を増やす方法

長期金利の急低下に対応!米国債投資で賢く資産を増やす方法

最近、アメリカの金利が低くなったって投資仲間が盛り上がってたんだけど、どういうことか分からなかったんだよね…

私も聞いたことあるな。けど、どういうことなのかサッパリなんだよな…

おや?皆さんアメリカの金利低下についてご存知のようですね!その情報をキャッチ出来る能力素晴らしいですよ!でも惜しい!そこまで来てるのに情報を理解して活かさないのは凄く勿体ないですよ!!

わぁ!嬉しい!けどチャンスを逃しているのかな…

どいうことですか?今回のこのアメリカの金利が下がったことについて基本から教えて欲しいです!!

勿論です!それでは今回はアメリカの金利低下について基礎からお話していこうと思います!!

しっかり学んでアメリカの長期金利急低下のチャンスを掴むぞ!

こんにちは、あなたのプライベートバンカーとして日々の投資戦略をサポートさせていただいております。今日は、最近の金融市場で特に注目を集めている、米国長期金利の急低下とその背景について、お話ししましょう。私がこれまでのキャリアで経験してきた中で、金利の動きは常に投資家にとって重要な意味を持ちます。

私たちがこれから話を進めていく中で、皆さんには市場の変動を恐れるのではなく、それをどう自分の利益につなげられるか、という視点を持っていただきたいと思います。金利の動向一つ取っても、様々な学びがあり、投資戦略に役立てることが可能です。これまでの私の経験を踏まえながら、皆さんがより賢明な投資判断を下せるよう、一緒に考え、学んでいきましょう!

この記事で分かること
  • 金利の基本
  • 米国長期金利の急低下:背景と現状
  • 金利急低下が投資家に与える影響
  • 将来の見通しと投資家へのアドバイス

投資に関して分かりやすくまとめられている、ファイナンシャルプランナーみたおさんのブログ「mitao blog」が分かりやすくてオススメです。

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

金利の基本

金利の基本

さて皆さん本題に入る前に、金利って聞くと、なんだか難しそう…と思うかもしれませんね。でも、実は私たちの日常生活や投資にとってすごく大事な役割を果たしているんです。

ここでは、「金利って一体何?」から始めて、金利が上がったり下がったりすることが、私たちにどんな影響を与えるのかを、わかりやすくお話ししてみたいと思います!

有難いです!お願いします!

金利とは、お金を貸し借りするときの料金のことです。銀行にお金を預けるとき、銀行はお礼として利息をくれます。その利息の率が金利です。

逆に、銀行からお金を借りるときは、私たちが銀行に支払う料金の率も金利となります!金利が上がるというのは、その料金が高くなるということです。

銀行にお金を預けている人はもっと多くの利息をもらえるようになりますが、お金を借りるときはもっと多くの料金を支払わなければなりません。

投資の世界では、金利が上がると、安全な銀行預金が魅力的になり、リスクのある株式投資を減らす人が増えます。

これは、お金を借りて事業をする企業にとっても、借入コストが高くなるので、大きな影響がありますね。

逆に金利が下がると、預金の利息が減りますから、銀行にお金を預けているだけではあまりお得感がなくなります。

その結果、より高い利益を求めて株式市場にお金が流れやすくなったり、人々がお金を借りやすくなるので、消費や投資が活発になります。

金利が下がるということは、経済を活発にしようとする政府や中央銀行の意向が反映されていることが多く、消費や投資のチャンスとして見ることができるんですよ!

なるほど!これが金利の基本ですね!!

さて、日本とアメリカの金利がどうやって決まるかというと、日本では日本銀行が、アメリカでは連邦準備制度(FRB)が政策金利を設定して、市場に出回るお金の量を調整し、経済の加減速をコントロールしています。

金利を下げる主な意図は、経済活動を刺激することにありますが、逆に金利を上げるときは、経済が過熱しインフレが高まっている状態を抑える目的がありますね。

それで金利を上げたり下げたりしてるのか!

例えばコロナ禍で世界中の経済が大きな影響を受けたとき、多くの中央銀行が金利を大幅に下げました。

例えば、FRBはほぼゼロに近い水準に政策金利を下げ、経済に流れるお金の量を増やし、企業や個人が安価に資金を調達できるようにしました。

日本銀行もマイナス金利政策を続け、経済活動の支援とデフレからの脱却を目指しています。

金利の操作は、経済の状況に応じて行われ、経済活動の促進やインフレの抑制など、さまざまな政策的意図があります。

金利の動向を追うことは、その国の経済状況を理解する上で非常に重要なポイントですよ。

金利が経済を大きく動かすってことなんですね!

そういうことです!何か大きく経済を動かす為には、その分の資金が必ず必要になります。その元手をコントロールするんですから、金利が経済の基礎といっても過言じゃありませんね!

金利からは目が離せないってことですね!

米国長期金利の急低下:背景と現状

米国長期金利の急低下

その金利をいまアメリカが急低下させたってことは分かったのですが、それってそんなに驚くことなんですか?

プライベートバンカーとして様々な経済の世界を長年見てきましたが、こんなにも驚いたことは初めてでしたね!

中村さんがそんなに驚くことなんですね!是非詳しく教えて欲しいです!

さて、それでは本題に入りましょうか!2023年10月、私たちが目撃したのは、米国10年債の利回りが、その年のピークである5%を超えた後、顕著な低下を見せ始めた瞬間でした。

この急速な変化は、多くの市場参加者にとって、予期せぬ出来事であり、同時に新たな投資環境への適応を迫るものでした。

私の投資仲間の友人はアメリカに長年住んで市場を見守ってきたつもりだが、金利が短期間でここまで大きく動いたのは記憶にないと驚いている様子でしたよ!

凄い大きな事態だったんですね!!

さて、金利が下がっている背景には、アメリカ経済のインフレのペースが遅くなっていることがあります。インフレとは、要するに物価が上がる速度のこと。

この速度が遅くなると、お金を借りるコスト、つまり金利が下がる可能性があるんです。

そして、こうした状況は、将来、お金を借りるときのコストがさらに下がるかもしれないという期待を市場に与えるんですね!

また、最近出た経済のデータが予想よりも悪かったことも、金利を押し下げる一因となりましたね。

なかなか複雑だな…

仰る通り経済の世界は様々な要素が絡みあっているので、それを紐解くのは凄く困難ですね。ただ今回は「アメリカの金利が急低下したこと」ここに焦点を当ててお話するので安心して下さいね!

私の経験から言うと、金利の動きは特に長期投資において重要なポイントです。金利が下がると、以前に高い金利で発行された債券の価値が上がりますし、新しい投資先を探す良い機会にもなります。

この時期、私はクライアントに対して、今あるポートフォリオを見直し、新しい低金利の環境でどのように利益を出せるかを考えることを勧めてきましたよ!!

なるほど!現在アメリカで何が起こっているのかは理解出来ました!

こういった特殊な状況だからこそチャンスを見出すんですね!

その通りです!普段と違う動きがあった時こそピンチと捉えるのでは無くチャンスと捉えて賢く行動することが重要ですよ!

金利急低下が投資家に与える影響

金利急低下が投資家に与える影響

いま起こってることは良く分かりました!でも具体的にこの状況にどう対応したら良いんですか?

そうですね!いまの状況が理解出来たところで具体的に何を考えて行動すべきか話していきますね!

2023年10月に金利が下がったことは結構なサプライズでしたね。このサプライズに振り回されるのではなく、私たちが考えるべきは、このような変化はいつも投資の新しいチャンスを運んできてくれるってことです!

おおお!そのチャンス掴みたいわ!

まず、金利が下がると、今まで持っていた債券が急に価値を増します。なんだか、突然宝くじに当たったみたいな感じですよね。

私の経験から言うと、このタイミングでちょっと資産のバランスを見直すのもいいかもしれません。たとえば、高くなった債券を少し売って、他の場所に投資を広げるとかね。

なるほど!債券を持っていた人達は高値で売るチャンスってことですね!

また金利が下がるというのは、要するにお金を借りるのにかかるコストが低くなるってことです。これが投資家にとってどう重要かというと、特定の投資先がより魅力的になるんですよ。

今回のケースでいうと、超短期米国債、米国優先証券、そして米国REIT(不動産投資信託)が注目すべきだと私の経験からは推測出来ますね!

これらは、金利の変動によって、特に利益を出しやすくなる資産なんです。

例えば、米国の株式市場の利回りが1.5%だとすると、REITの利回りは約4.1%、超短期国債は5.2%、優先証券ならなんと5.6%もあるんです。

これって、結構大きな差ですよね。つまり、金利が下がっている今、これらに投資すると、良い利回りを期待できるというわけです!

えええ!そんなにも違うのか!詳しく教えて欲しいです!

超短期米国債は、償還期限が1年以内のもので、政策金利との連動性が高いため、比較的安全に高い利回りを狙えます。

米国優先証券は、企業が資金調達のために発行する証券で、株式と債券のいいとこ取りをしているんです。定期的に配当が出るし、株式に比べると価格の変動も少なめですね!

そして、米国REITは不動産投資信託で、オフィスや住宅、物流施設などに投資します。金利が下がると、不動産価値が上がりやすく、REITの収益も上がる傾向があります。

そういう風に金利が下がったからこそチャンスな投資先があるんですね!!

それで、これらの投資をもっと手軽に始められる方法があるんです。それがETF、つまり上場投資信託です。

東京証券取引所には、これらの資産に投資するETFが上場していて、新NISAの枠内で購入できるんですよ。

これなら、手数料も低く抑えられますし、分散投資も簡単にできるので、投資初心者にもおすすめです。

おおお!新NISAにも適用してるのか!一気に馴染み深くなったな

私たちが普段生活している中で、経済や金利の動きを意識することってあまりないかもしれませんが、このように少し知識を持つだけで、賢い投資のチャンスをつかむことができるんです。

金利が下がった今、ぜひこの機会に投資を考えてみてはいかがでしょうか!

結構チャンスって転がってるんですね!

身近なところにもチャンスがあるんですね!早速チェックしてみます!

そうですね!しっかりとチャンスを見極めて良いタイミングで行動しましょう!

投資家へのアドバイス

将来の見通しと投資家へのアドバイス

今回のアメリカでの金利急低下について対応方法まで良く分かりました!けど金利の低下って日本含めて様々な国、様々なタイミングで起こることですよね?その時に備えて金利が低下した時に考えるべきことを知っておきたいです!

良い考えですね!今回のアメリカでの出来事も知識がある人はいち早く行動して一番利益を確保してるはずですよ!

知識は武器ですね!是非、今後に備えて金利が低下についてもっと詳しく知りたいです!

それでは、まず会社の立場から見てみましょう。金利が下がると、会社がお金を借りるコスト、つまり借り入れの利子が安くなります。これって、結構大きなメリットなんです。

なぜなら、会社はこの機会を利用して、新しい機械を買ったり、事業を拡大したりしやすくなるからです。要は、安い金利でお金を借りて、そのお金で会社を大きくできるわけです。

確かにこのタイミングは逃せないなぁ!

個人に目を向けると、この状況はもっと面白いですよ。金利が下がると、私たちが銀行からローンを組むときの金利も下がります。つまり、家や車を買いやすくなるんです。

さらに、預金金利も下がるので、貯金よりも株や他の投資にお金を回したくなりますよね。結局、これら全てが消費の増加につながり、経済全体が活性化するんです。

大きな消費をするならこのタイミングってことね!

そして、金融緩和のおかげで金利が下がると、企業の業績が向上し、私たち個人も投資により高い収益を期待できるようになります。

企業の業績が良くなると、その企業の株を持っている人は嬉しいですよね。つまり、株価が上がるんです。

個人も、預金よりも投資にシフトすると、より多くの人が株を買い、それがまた株価を押し上げる要因になります。

このように、金利の下がり幅は、企業にとっても私たちにとっても、実は大きなチャンスなんです。もちろん、金融緩和が直接すべての株価を上げるわけではありません。

企業ごとの状況や、世界情勢、自然災害など、株価に影響する要素は他にもたくさんあります。でも、この大枠の流れを理解しておくと、投資の時に役立つヒントが得られるはずですよ!

金利の低下についてよく分かりました!

今回のアメリカの金利急低下をきっかけに、次の金利低下にも備えられたわ!次はいち早く行動するわよ!

良かったです!1つの出来事にしっかり対応することで、次の波も乗り越えることが出来ますね!

まとめ

金利低下のチャンスを掴む

皆さんと一緒に、金利の世界を少し覗いてみた時間、いかがでしたか?

米国長期金利の急低下をめぐる話から、金利の基本、そしてそれが私たちの投資戦略にどう影響するのかについて、カジュアルにお話ししました!

金利の動きは時に予測不可能で、市場は常に新しいサインを送ってきます。しかし、その変動をチャンスと捉え、知識を深め、柔軟な戦略で臨むことが、賢明な投資家への道。

私たちの旅はまだまだ続きますが、この話が皆さんの投資の参考になれば幸いです。では、また次の話でお会いしましょう。安全な投資を心がけて、賢い選択をしていきましょうね!

いまアメリカで何が起こっているのか良く分かりました!早速この状況でチャンスを掴みにいきます!

金利の世界が分かって経済のことがより親しみやすくなりました!次の変化にも敏感に反応し対応していきます!

その調子ですね!皆さんがどんな波にも負けずに、波を乗りこなす姿を見れることを楽しみにしています!

目次