メルマガ登録LINE登録

NISAを利用した海外ETF投資のメリットと注意点を徹底解説

NISAを利用した海外ETF投資のメリットと注意点を徹底解説

こんにちは、皆さん!今日は「NISAで海外ETFを買うメリットとデメリットってなに?」について、ゆる~くお話ししようと思います。NISAって聞いたことありますよね?

あの、税金が優遇されるアレです。でも、海外ETFに投資するって聞くとちょっと「え?どうなの?」ってなるかもしれません。大丈夫、一緒にわかりやすく見ていきましょう!

NISAで海外ETFって聞くけど、本当に良いの?リスクとか怖くない?

ETFってなんだろう?しかも海外?

ETFというのは「上場投資信託」のこと。海外ETFは海外の上場投資信託を取り扱うことだよ。今回はそのメリットの注意点について、しっかり解説していくよ!

この記事を読んでわかること
  • 海外ETFのキホン
  • 海外ETF投資のデメリット
  • じゃあ、どうする?
  • 海外ETF選びのコツ
  • 海外ETF投資、スタートダッシュ!

海外ETFについては、以下も役に立ちます。

またNISAで米国S&P500やNASDAQ100に投資しているペイさんのブログも参考になりますよ。

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

海外ETFのキホンって?

海外ETFのキホンって?

海外ETFって、海外で売買される投資信託なんだ!

でも海外っていうと、敷居が高そうだわ…。

ここでは、そんな海外ETFのメリットを紹介していくよ。もちろんデメリットもあるけど、それは後で説明するからね。

プライベートバンキングって何ですか?それで投資の判断って変わんですか?

プライベートバンキングというのは高額資産者向けに、資産運用や相続計画などの個別最適化された金融サービスを提供するサービスです。そんな立場から、初心者のみなさんに情報提供をするのがこのブログというわけですね。

さて、まずは基本から。海外ETFって言葉、聞いたことありますか?ETFは「Exchange Traded Fund」の略で、日本語でいうと「上場投資信託」です。

これ、株式市場で売買されてるんですが、海外のものを指すときは「海外ETF」と呼びます。主にアメリカ市場のものが人気で、色んな種類がありますよ。

プライベートバンカーの私の経験から言っても、海外ETFに投資することの利点はかなりあるんだ。まず、世界中の市場に手軽にアクセスできるってこと。

これで、日本だけじゃなく、世界中の成長をポートフォリオに取り込める。さらに、分散投資が簡単にできて、リスクを抑えつつ、幅広いチャンスを狙えるのも大きなメリット。

それに、運用コストが低いETFも多いから、コスト効率もバッチリ。つまり、少ない手間とコストで、グローバルな投資が可能になるってわけ。

メリット1: いろいろ選べる!

メリット1: いろいろ選べる!

数千種類!なにを選べばいいのかまよっちゃうわね!

でも、自分の考えに適したETFが選べるのはでかいな!

投資において「自分の興味がある分野」っていうのは非常に重要だ。選択肢の多いアメリカETFは、そういう意味では超オススメだね。

海外のETFのいいところは、その選択肢の多さ。日本の市場もいいんですけど、海外、特にアメリカはその規模が桁違い。なんと数千種類ものETFがあります。

テクノロジーからヘルスケア、環境関連まで、興味のある分野にピンポイントで投資できるんです。これは、選択肢が多いっていう大きなメリットですね。

個人的な経験でも、海外ETF投資は、世界中の市場にアクセスできて、分散投資もバッチリ。ドルやユーロなど、外貨での儲けも狙えるよ。グローバルな成長をその手にしよう!

メリット2: コストがお得?

メリット2: コストがお得?

次に、コスト。海外ETFの運用コスト、これが結構低いんです。特にアメリカの大手ETFは、低コストで有名。長期投資を考えている人にとっては、コストが低いっていうのはすごく大事。

なぜなら、長い間投資していると、そのコストが大きな差になってくるからです。だから、コスト面でも海外ETFは魅力的なんです。

コストの重要性は、先生もいつも言ってるよね!

コストが安くすむっていうのは、本当にいい話だな!

その通り!長期的な投資では、特にコストは馬鹿にならないからね。そういう意味でも、アメリカのETFはお得な選択といえるかな。

プライベートバンカーから見ても、海外ETFのコストの安さは大きな魅力だよ。低い運用コストで幅広い市場にアクセスできるから、長期的に見ても資産が増やしやすいんだ。

メリット3: 市場が大きいってどういうこと?

メリット3: 市場が大きいってどういうこと?

流動性が高いって、どういうこと?

売りたいときに売れて、買いたいときに買えるってこと?

正解!それに加えて、アメリカの市場は世界最大級なんだ!取引量も多いから、多額の取引になってもへっちゃらだよ!

海外ETF、特にアメリカの市場は世界最大級。なので、取引量も多く、流動性が高いんです。これがどういうことかというと、売りたいときにすぐ売れるし、買いたいときにもすぐ買える。

これ、投資をする上ですごく大事なんですよ。価格の不利が少ないってことは、投資家にとっては大きなメリットなんですよ。

私の経験でも明らかだけど、海外ETFへの投資はコストの低さが大きなメリットだよ。管理費用や取引手数料が比較的安いから、投資家にとってはその分、手元に残る利益が多くなるんだ。

特に長期投資を考えている人にとっては、この低コストは非常に魅力的。時間が経つにつれて、コストの差が大きな差となって利益に反映されるから、賢い選択肢の一つだね。


さて、ここまで海外ETFのメリットをざっくりとお話ししました。選択肢の豊富さ、コストの低さ、市場の大きさ、これらが海外ETFをNISAで買う大きなメリットと言えるでしょう。

でも、もちろんデメリットもあります。それをこれから解説しますね。

海外ETF投資のデメリットって?

海外ETF投資のデメリットって?

デメリット!?いいことばかりじゃないのね……。

為替とか税金とか、正直ややこしそうだな。

光があれば闇もある。海外ETFのデメリットを見ていくよ。特に税金に関しては、プロにお任せするのが一番だと思うな!

海外ETFに投資するとき、気をつけなきゃいけないことがいくつかあります。これらを知っておくことで、賢く投資を進めることができますよ。

プライベートバンカーから見て、海外ETFへの投資のデメリットは為替リスクと情報入手の難しさだね。為替が変動すると収益に影響するし、海外の市場情報は追いにくいこともあるよ。

デメリット1: 為替リスクって何?

デメリット1: 為替リスクって何?

為替って、しょっちゅう変動するアレでしょ?大丈夫なの?

今の時点では円安傾向だけど、将来どうなるやら…。

細かい為替の動きに一喜一憂せず、長い目で見るのがコツかな。全体的にドル安相場になってきたら、アメリカ以外のETFにも目を向けてみよう!

まず大きいのが「為替リスク」。海外ETFに投資するときは、円をドルやユーロに変えて投資するわけですが、この為替の変動がリスクになるんです。

例えば、ドル高/円安であれば嬉しいですが、逆に円高/ドル安になった日には、がっくり。為替の変動で利益が減っちゃうこともあるんですよ。

デメリット2: 税金、複雑すぎ問題

デメリット2: 税金、複雑すぎ問題

会社の他にも源泉徴収があるの!?正直めんどうそう…。

確定申告とか、会社員にはサッパリだよ…。

こればっかりは、税務のプロにお任せするのが鉄板かな。よかったら私も相談に乗るよ!

次に、「税金」の問題。海外ETFの配当には、源泉徴収税がかかることがあります。これがまた、ちょっと複雑。

米国ETFなら、日米税制条約のおかげで税率を低くできるんですが、そのための手続きがちょっと大変。

さらに、日本の税金も考えないといけないので、税金のことをしっかり理解しておかないと、後で「えっ、こんなに税金取られるの?」って驚くことになります。

プライベートバンキングの視点でも、海外ETF投資での税金はデメリット。配当金にかかる二重課税の問題や、複雑な申告が必要になることがあるよ。

あまりにも複雑だから、この点については税金にプロに相談するのがオススメかな!もちろん私も相談に乗るよ!

デメリット3: 情報が取りにくいかも?

デメリット3: 情報が取りにくいかも?

英語の情報!?そんなの手に入らないわ!

よっぽどアンテナ高くしないと、厳しくない!?

いまは翻訳サイトも翻訳AIもあるからね。昔よりかはずっと楽になったよ。やるなら情報収集はしっかりとね。

そして、「情報の入手」。海外ETFの情報って、意外と日本語で探すのが難しいんです。英語が得意な人はいいかもしれませんが、そうでない人は情報収集に苦労するかもしれません。

最新の市場動向や企業のニュースなど、投資判断に必要な情報を集めるのが一苦労。これも、海外ETF投資のデメリットの一つですね。

だけど、最近は翻訳サイトや翻訳AIがあるから、文字情報に対しては昔よりずっと情報収集がラクになっているのも事実かな。英語が苦手な人は、そういったツールも有効活用してみてね!

じゃあ、どうする?

じゃあ、どうする?

本当どうしよう……。こうもデメリットだらけじゃ、手を出しにくいよ。

先生の言ってる対策をして、投資するのがいいってことかな。

そうだね。デメリットにも対策がちゃんとある。そこを見ていくよ。

さて、これらが海外ETF投資の主なデメリットですが、じゃあどうすればいいのでしょうか?

海外ETFデメリットへの対策
  • 為替リスクについては、長期的な視点で見ること。短期的な為替の変動に一喜一憂せず、投資目的に合わせた戦略を立てましょう。
  • 税金の問題に関しては、事前にしっかりと調べておくことが大切。必要なら専門家に相談するのも一つの手です。
  • 情報の入手が難しい場合は、英語の情報源にもチャレンジしてみるか、信頼できる日本語の情報サイトを見つけてフォローすることが大事です。翻訳機能も活用しましょう。

為替には長期で!

税金はプロに!

情報は翻訳を使って!

対策はちゃんとある!問題としっかり向き合って、対策を立てていけば大丈夫だよ!

まとめると、海外ETFに投資するときは、メリットだけじゃなく、デメリットもしっかり把握しておくことが超重要です。為替のジェットコースターに乗る覚悟はできてる?

税金の計算、得意?情報収集、英語でバリバリできちゃう?って感じで、ちょっと準備が必要かもしれませんね。でも、心配しないで!

ちゃんと理解して計画を立てれば、海外ETFもめちゃくちゃ魅力的な投資先になります。賢く、楽しく投資しましょう!

海外ETF選びのコツって?

海外ETF選びのコツって?

特にアメリカのETFには選択肢がいっぱいあるっていうけど、多すぎても正直なにを選べばいいのか…。

自分に合ったETFって、好きな分野のETFでいいのかな?

それで大丈夫!好きこそものの上手なれ!興味のある分野なら、自然とアンテナも高くなるだろう?それを利用するんだ。

海外ETFを選ぶとき、何を基準に選べばいいのか。ポイントはいくつかありますが、大事なのは「自分の投資目的に合っているか」です。それでは、ポイントをいくつか見ていきましょう。

私の経験から言うと、海外ETFの銘柄選びは、まず投資目的をはっきりさせること。そして、リスクの分散、手数料の低さ、資産規模をチェックするのが大事だよ。

ポイント1: 投資目的をはっきりさせよう

ポイント1: 投資目的をはっきりさせよう

投資の目的と言ったら、当然お金儲けよね!

それはそうだけど、資産を増やすのか、配当をもらうのかでずいぶん違うみたいだよ。

そうだね。投資の収益の方法はいろいろある。どんな形で収益を受け取りたいか、はっきりさせよう。

まずは、自分が何のために投資をするのか、目的を明確にしましょう。資産増加を目指すのか、配当金を重視するのか。目的によって選ぶべきETFは変わってきます。

海外ETF投資では、資産増加を狙うか配当金を重視するかは目標次第。成長を求めるなら増加型、収入が欲しいなら配当重視で選ぼう。

ポイント2: 分散投資って聞いたことある?

ポイント2: 分散投資って聞いたことある?

リスクを分散して対策するのは、先生もよく言っているね。

さっき言ってた為替のリスクなんかも、国を変えれば回避できそうね!

そうだね。リスクがあるなら分散してしまうのが定石だ。すべての卵をひとつのバスケットに入れないのは、大事なことだよ。

次に、リスクを分散させるために、どのセクターや地域に投資するかを考えましょう。全部を一つのバスケットに入れないように、さまざまな業種や国に分散投資することで、リスクを軽減できます。

プライベートバンキングで考えるとね、分散投資っていうのは、お客様の資産を色んなバスケットに分けて入れること。これで、一つがダメでも他でカバーできるから、リスク減!

ちょうど、全ての卵を一つのカゴに入れないってやつです。市場が荒れたときでも、全体のダメージが少なくて済むんです。

だから、うちではお客様にいろんな種類の投資を組み合わせて、しっかりと資産を守るプランを提案していますよ。

ポイント3: コストもチェック

ポイント3: コストもチェック

コストを抑えるようにって話は、先生いつも話しているよね。

長期的に見たら、大きな差になって帰ってくるからね!

まさにその通り!長期戦では、小さなコストの差も雪だるま式に大きくなっていくんだ。だからコストの削減は非常に重要だよ!

運用コスト(信託報酬)も大事なポイントです。低コストのETFを選ぶことで、長期的に見たときのリターンを改善できます。コストは小さな違いに見えても、長い目で見ると大きな差になりますよ。

プライベートバンカーから見たら、運用コストってマジで大事。なぜかって?それが意外と投資のリターンを食べちゃうから。高いコスト払ってると、その分だけ利益が減っちゃうんですよ。

だから、投資を選ぶときは、コストもしっかりチェックする必要があるんです。長い目で見れば見るほど、低コストの投資がどれだけあなたの資産を助けてくれるか、実感できるはず。

だから、私たちはお客様にコスパのいい運用方法を提案しているんですよ。

ポイント4: パフォーマンスを確認

ポイント4: パフォーマンスを確認

過去のパフォーマンスが将来を保証しないって…。A社とかG社がなくなったら大混乱だわ。

別のA社とかもね…。ホントに大丈夫なの?

ははは。そんな超大手がなくなったら大変だけど、もしをを考えるのは大事なことだ。だから、成長が上向きなETFを選ぶのがコツといえるかな。情報収集をしっかりね!

過去のパフォーマンスも参考にしましょう。過去の成績が将来の成績を保証するわけではありませんが、安定して成長しているETFは、一考の価値ありです。

ポイント5: 為替リスクを考慮

ポイント5: 為替リスクを考慮

1ドル150円なら15万円だけど、1ドル100円になったら10万円になっちゃうってことか…。

いきなりそこまで大きく値動きしないと思うけどね。

とはいえ、海外に投資するからには為替レートは非常に大事だ。海外ETFから手を引くときは、為替に要注意だよ!

最後に、為替リスクを考えましょう。特に長期投資を考えている場合は、為替の変動がリターンにどのような影響を与えるかを理解しておくことが大切です。

プライベートバンカーの視点からしても、海外投資って言うと聞こえはいいけど、為替リスクがつきもの。

要するに、外貨で稼いだけど円に換えたら、為替レートによっては利益が減っちゃう可能性もあるってこと。だから、海外投資する時はその変動をちゃんと計算に入れて考えなきゃいけないんだよ。


さて、海外ETFを選ぶときのポイントをゆる~くお話ししました。投資は自分のお金を使うわけですから、しっかりと自分で考え、情報を集めて、賢い選択をしたいですよね。

目的を明確にし、リスクを分散させ、コストやパフォーマンスを考慮して、最後に為替リスクも忘れずに。これらをバランスよく考えることで、自分にとって最適な海外ETFを見つけることができます。

海外ETF投資、スタートダッシュ!

海外ETF投資、スタートダッシュ!

ここまで色々話を聞いてきたけど、本当に私でもはじめられるのかな?

はじめの一歩って、勇気がいるよね…。

そこで、押さえるべきポイントを見ていくよ。海外ETFへの投資はメリットが大きいから、是非はじめてみよう!

投資を始めるって、なんだか大変そう…と思うかもしれませんが、ポイントを押さえれば意外とスムーズに進められます。では、具体的にどんなステップで進めていけばいいのか、見ていきましょう!

プライベートバンカーから見ても、海外ETFへの投資の利点は大きいよ。まず、世界中の市場にアクセスできるから、ポートフォリオの分散がバッチリ。

それに、米国とかの大きな市場には、成長ポテンシャルの高い企業がゴロゴロしてる。低コストでこれらに投資できるから、長期的に見ると、資産増加のチャンスがグンと上がるんだ。

ステップ1: 自分の投資スタイルを知ろう

ステップ1: 自分の投資スタイルを知ろう

投資スタイル?夢はでっかく!よね!

丁半博打じゃないんだから…。

でも、ハイリスクハイリターンか、ローリスクローリターンか、スタイルをしっかり定めておくのは大事だよ。投資の戦略そのものから変わってくるからね!

まずは、自分がどんな投資家になりたいのかを考えましょう。リスクを取ってでも高いリターンを目指すのか、それとも安定を重視するのか。自分の投資スタイルを知ることが大事です。

ステップ2: 口座開設、これ重要!

ステップ2: 口座開設、これ重要!

まずは口座開設。か。これは銀行も同じことよね。

オンライン証券会社なら、手続きもカンタンなのか!

そうだね。口座開設がはじめの一歩だ。オンライン証券会社のほうが、取り扱い商品も多いからそっちがオススメかな。

海外ETFに投資するためには、証券口座が必要です。オンライン証券会社なら、手続きも簡単で手数料もお得なところが多いですよ。証券口座を開設して、投資の準備をしましょう。

ステップ3: 情報収集、しっかりと!

ステップ3: 情報収集、しっかりと!

情報収集かあ…。わたしにできるかしら?

情報は英語なんでしょ?正直不安だな…。

今の時代は翻訳サイトもAIも、それにアンテナの高い日本語情報サイトだってある!サボらなければ大丈夫さ!

サボらないってのが一番大変そうだけど、将来のためだもん!がんばらなきゃね!

次に、投資するETFを選ぶための情報収集です。メリット、デメリット、運用コスト、過去のパフォーマンスなど、しっかりと調べましょう。賢い選択は、しっかりした情報に基づくものです。

プライベートバンキングの視点でも、情報収集の重要性はすごく大事。市場の動きや投資先の最新情報を把握することで、賢い投資判断が可能になるよ。

ステップ4: 少額からスタート

ステップ4: 少額からスタート

最初は少額からか。それもそうよね。

いきなり大やけどは怖すぎるもんな。

そうだね。はじめは少額を預けて、経験値を積むのがコツだよ。千里の道も一歩から!

いきなり大金を投資するのはリスクが高いです。最初は少額から始めて、市場の動きや自分の感覚を掴むことが大切。徐々に投資額を増やしていくのがおすすめです。

少額から始めて、徐々に経験を積んで、投資資産を増やしていきましょう。

ステップ5: 定期的な見直しを忘れずに

ステップ5: 定期的な見直しを忘れずに

一度投資したらほったらかし。ってわけにはいかないのね…。

マメさが重要ってことか。自分にできるかな?

できるできないじゃなくて、やらなきゃいけないところなんだ。期間は自分で定めてもいいけど、定期的な見直しはしっかりとね!

投資はセットして忘れるものではありません。市場の変動に合わせて、定期的にポートフォリオを見直しましょう。時には、投資方針を変更することも大切です。

プライベートバンカーの私から見ても、定期的なポートフォリオの見直しの重要性はめちゃくちゃ大事だよ。なぜかって?市場は常に変わるから。今日イケてる投資も、明日はそうじゃないかもしれない。

定期的に見直すことで、リスクを管理しつつ、目標に合わせて最適なバランスを保てるんだ。それに、新しいチャンスを見つけることもできるしね。

だから、投資はセットして忘れるんじゃなく、常にチェックして動かしていくことが大切なんだよ。


さて、海外ETFへの投資をスタートさせるためのステップをゆる~くお話ししました。

投資って、最初はちょっと難しそうに感じるかもしれませんが、ポイントを押さえて進めれば、とっても楽しいものです。自分の資産が増えていくのを見るのは、なかなかにワクワクしますよ!

まとめ

それじゃあ、今回のおさらいをするよ。

まとめ

海外ETFに投資するって、最初はちょっと「えっ、どうしよう…」って感じだけど、ポイントさえ押さえれば、めちゃくちゃ楽しいんですよ。

自分の投資スタイルを知って、ちゃんと口座開設して、しっかり情報収集。あとは少額からスタートして、定期的に見直し。そうやって、賢く、楽しく進めていけば、海外ETF投資も怖くない!

自分の資産が増えていくのを見るのは、超ワクワクします。投資って、自分の未来をちょっとずつ良くしていく旅みたいなもの。みんなで楽しみながら、賢く投資しましょう!

目次