メルマガ登録LINE登録

税金節約の裏技!海外オフショア法人で賢くお金を”貯める”おすすめ方法解説

税金が多すぎるよ〜!このままじゃ全然利益が出ない!

どうにか節税できる方法ないかな?

最近、税金対策に悩んでいない?実は、海外オフショア法人・口座を活用することで、賢くお金を”貯める”方法があるんだよ!今回は、その裏技について詳しく解説するね。さっそく見ていこう!

この記事を読むとわかること

・税金対策の基本

・海外法人を使う理由

・海外口座の活用方法

・リスクとコスパのバランス

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

税金対策の基本

税金対策の基本

まずは、税金対策の基本から!しっかり見ていってね!

税金から逃れられるって本当?

税金から逃れられるって本当?

海外法人を使えば節税できるの?

オーケー、みんな!海外法人で節税って気になるよね?正直に言うと、できるんだけど、ちょっとリスクもあるんだよ。

基本的には、海外で法人設立して、そこに売上を振り込むことで、日本の税金を抑えるって仕組みなんだ。でもさ、合法的な節税って大事だから、正しいやり方でやらないとダメだよ。

節税目的でやりすぎちゃうと、脱税ってことになっちゃうから要注意!

あと、海外口座って言ったら、通貨の変動や法的なリスクもあるんだ。それに、コスパとのバランスも考えないとね。一回成功しても、誰にでも合うわけじゃないからね。

経営者は特に、リスクとリターンをよく考えてほしいな。

簡単に言うと、節税いいけど、無理にやるよりも自分に合った方法を見つけて、慎重に進めていくのがベストだよ!

日本の課税所得とは?

日本の課税所得とは?

そもそも、日本の税金の仕組みがわからないよ〜

おっす、みんな!日本の課税所得って何か気になるよな?ざっくり言うと、給料やビジネスで得た収入から、経費や控除を引いた金額が課税所得だぜ。

給料生活のサラリーマンは、給料から必要な経費を引いて、それが課税所得さ。一方で、ビジネスのやつらは、売上から経費を引いて、それが課税所得ってわけ。

だけどな、サラリーマンはあまり自分で調整できる余地がないんだ。でも、ビジネスの人は売上や経費の調整ができる。

これがビジネスで節税がしやすい理由だね。

海外法人や口座を使うと、この課税所得を減らせるってワザもあるんだ。でもさ、やりすぎはダメってことを忘れずに!節税は合法的にやるのが大事だよ。

海外法人・口座の活用

海外法人・口座の活用

やっぱり日本だと税金たくさん取られちゃって、将来が不安・・・

海外法人・口座をフル活用して節税する方法、チェックしようぜ!まず、海外に法人を作って、そこに売上を振り込むと、なんと課税所得が減って、税金も少なくなるんだ。これが節税の基本だよ!

経費も大事なポイント。海外の法人に経費を振り込むことで、また課税所得を減らせちゃうんだ。ただし、経費の使い方は慎重にね。

無駄に大それた経費を使うと、税務調査のリスクも上がるから気をつけてね。

あとは海外口座の駆使だ!そこに売上を振り込むと、日本での税金逃れが成功するかも。ただし、通貨の変動や法的な制約もあるから、リスクは忘れずに考えよう。節税はオシャレだけど、合法的にね!

なぜ海外法人を使うのか?

なぜ海外法人を使うのか?

どうして海外法人を使いたがるのか、気になるよね?解説しちゃうよ!

合法的な節税

合法的な節税

でも、悪いことをして逮捕されたりするのは嫌だな〜

海外法人なら合法的に節税できるぞ!なんでかって?要は、日本国内じゃ難しい税金逃れが、海外法人ならば合法的にできるってことだ。日本では税金が高いのはみんな知ってるよね。

でもさ、それに対抗するために海外法人を駆使するってのはアリなんだ。

ちゃんと法に則った方法でやれば、税金節約のプロだぜ!

ただし、あんまりムキになりすぎるのも要注意。節税は合法的にしないとダメだから、正しいやり方でやるのが大事。で、リスクもあるから、自分の事情に合った範囲でやり過ぎないように気をつけてな!

ただし、注意が必要

ただし、注意が必要

簡単そう!でも気をつけなくちゃいけないこともあるの?

海外法人ってのは税金節約のツールとしてイケるぜ!合法的に節税できちゃうってヤツだ。日本だと税金高過ぎて、もっとお金残したいって時に使えるんだ。

でも気をつけてくれよな。節税はいいけど、あんまり興奮しすぎちゃダメだ。やりすぎると脱税になっちゃう可能性もあるし、法律の縛りもあるからな。

正しいやり方で、リーガルな方法で節税するのが肝心だ。

それに、リスクもあるってことを理解しておかないとな。通貨の変動や法的な制約なんかもあるから、焦らず慎重に行動することが大切だ。

節税はサイコーだけど、合法的にやるのがマストだから、用心してな!

海外口座の活用方法

海外口座の活用方法

海外口座の作り方と活用方法について、簡単に解説するよ。

海外法人を設立

海外法人を設立

海外法人ってどうやって作ったらいいの?

海外法人の設立って気になるよな?まず最初に、どの国に法人を作るか考えなきゃいけない。シンガポールや無税の国もアリだし、自分のビジネスにマッチする場所を選ぼう。

設立手順はざっくり3つ。まず、その国の法的な手続きをクリアするんだ。

現地の法律に従って、必要な書類や手続きをキッチリこなすのが大事だぜ。

次は、ビジネスの種類や目的によって、どんな形態の法人にするか選ぶ。LLCや株式会社など、色んな形態があるから、自分のプランにベストな選択を。

最後は、現地の銀行に行って法人用の口座をオープン!これでビジネスを回すための土台が整ったってわけだ。

でもね、ここで一つ注意だ。国によっては設立に時間がかかったり、特定の条件をクリアしなきゃならない場合もあるから、焦らず慎重に進めよう。

設立の際には地元のプロのサポートを得ることもオススメだ。ローカルの知識やノウハウはかなり役立つし、不安なことも解決してくれるかもしれない。

総括すると、海外法人の設立は国選び、法的手続き、法人形態の選定、銀行口座開設の4ステップ。

慎重に、かつ冒険心を忘れずに、自分のビジネスの未来を切り拓いていこうぜ!

売上を海外口座に振り込み

売上を海外口座に振り込み

稼いだお金はどうすればいいの?

売上を海外口座に振り込む方法、キャッチしてくれよ。まず最初に、海外の銀行に自分の法人用の口座を作るんだ。これが大事な第一歩だぜ。

次に、取引先やお得意様に「よろしくー、これからはこっちに振り込んでくれ!」って伝える。通常の日本の口座じゃなく、しっかりと海外の口座情報を教えてやるんだ。

で、これがスマートなやり方だ。取引先がちゃんと協力してくれるなら、彼らが海外の口座に振り込んでくれる。

それで、売上が直接海外の口座に入るってわけだ。

ただし、相手によってはちょっと手間がかかることもあるから、最初はしっかりと説明しておくのが良いぜ。それでもやり方を理解してくれるビジネスパートナーなら、スムーズに進められるぞ!

簡単に言えば、自分の法人用の海外口座を作って、取引先にそっちに振り込んでもらうってのが鉄板だ。これで日本の税金対策がバッチリだ!

経費の活用

経費の活用

かかったお金は経費にできるのかな?

海外法人の口座に振り込むと、経費の使い道もバンバン広がるんだ。まず、自分の法人用の海外口座を開設して、取引先やお得意様に「こっちに振り込んでくれー!」ってお知らせしよう。

ここでポイントだ!振り込み先が海外口座だと、日本の法人から経費を振り込むことができる。これで、経費をアップできちゃうってワザさ。

経費って言っても慎重にね。なんでもかんでも経費にしようとすると、税務調査のリスクも上がっちゃうから注意が必要だぜ。ちゃんとルールを守って、ビジネスをスマートに進めていこう!

簡単に言えば、海外の口座に振り込めば、経費の使い道も広がり、節税効果も期待できるってワザだ。

みんなも賢く使って、お金をうまく活用していこうぜ!

リスクとコスパのバランス

リスクとコスパのバランス

もちろんリスクや、他にお金がかかることもあるんだ!そのバランスが大事だよ。

リスクを理解する

リスクを理解する

やっぱり海外だとリスクもありそうで不安だ・・・

海外口座の活用って超便利だけど、リスクも忘れずに考えておかないとダメだぜ。まず、通貨の変動がヤバいことがある。円高・円安に振り回されて、思った以上に損する可能性があるんだ。

それに法的な制約もあるから、海外のルールをしっかり守らないとトラブルのもとになっちゃう。

ビジネスにはリスクがつきものだけど、ちゃんとルールを守って行動しないと大変なことになるぜ。

あとは、銀行のポリシーや政治的な変化も影響を与えることがある。いい加減な選択で海外口座を使うと、後でトラブることもあるから、慎重に検討しよう。

簡単に言えば、便利な海外口座の裏にはリスクも潜んでいるってことだ。だからこそ、使い方やルールを守ることが大切だ。

リスクヘッジして、安全に使っていこうぜ!

コスパとのバランス

コスパとのバランス

他にはどんなリスクを考えなくちゃいけないの?

海外口座って使いたい気持ちもわかるけど、コスパのバランスも大事だぜ。まず、手数料や為替レートには気をつけて。手数料高かったり、為替のワナにハマると、意外に損しちゃうからな。

それに、口座維持費や取引にかかるコストも要注意。

使いっぱなしで放置すると、案外維持費がバンバンかかっちゃうこともあるんだ。

あとは、海外口座を開く国によっては、税金の問題もあるから、それも確認しておくのがいいね。シンプルに言うと、海外口座の使い方はコスパ次第ってこと。

安易に使いたくなる気持ちはわかるけど、冷静にバランスを考えて、得する使い方を見つけようぜ!

まとめ

まとめ

海外オフショア法人でお金を”貯める”方法のまとめだよ。まず、海外で法人を作って、そこに売上を振り込むと、課税所得が減って税金が軽くなる。これが基本テクだ!

経費も駆使しよう。海外法人に経費を振り込んで、課税所得を減らして節税するのがスマートなやり方。ただし、経費の使いすぎはリスクなので、慎重に選ぼう。

最後は海外の口座を上手に使うこと。そこに売上を振り込むと、日本での税金逃れが成功する可能性もある。ただし、通貨の変動や法的な制約もあるから、用心深く進めよう。

まとめると、海外法人での税金節約は、法人作り、経費の活用、海外口座の賢い使い方の3ステップ。

合法的にお金を”貯める”方法だから、安心して挑戦してみてくれ!

目次