メルマガ登録LINE登録

年金制度解説!あなたの20年後の年金は減少してるかも!?

年金制度解説! あなたの20年後の年金は減少してるかも!?

年金って最近話題になってるけどよく分かってないんだよね

私もよく分かってないな

皆さん年金について興味をお持ちのようですね!

年金について詳しく分かりたいんですよね!

ぜひ年金について詳しく教えてください!

それでは年金について詳しくお話ししていきますね!

こんにちは、プライベートバンカーの私から、あなたの未来の財布に関するヒントを一つ。今日は、多くの人が気になっているけれど、ちょっと先のことすぎて後回しにしがちな「年金」について話そうと思います。

特に、「20年後の年金がどうなっているのか」という、ちょっと気になるけど、なかなか深掘りしないその話題を取り上げます。

「え、年金ってそんなに重要?」と思われるかもしれませんが、少子高齢化が進む私たちの国では、20年後の年金受取額は今と大きく変わる予測がされています。

実は政府も、私たちも、ちょっとした行動を起こす必要があるんです。

この記事では、20年後の年金減少の予測から、政府の取り組み、そして最も大切な「私たちにできること」について、わかりやすく、そしてフレンドリーに解説していきます。

あなたの未来のために、少しだけ今の時間を使って、この話を一緒に考えてみませんか?さぁ、一緒に未来のための第一歩を踏み出しましょう!

この記事で分かること
  • 年金制度の基本理解
  • 年金の未来予測とその影響
  • 政府の取り組みと個人の対応策
  • 年金減少を乗り越えるための戦略

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

年金制度の基本理解

年金制度の基本理解

さて、私たちの話のスタート地点は「年金制度の基本理解」です。

私がプライベートバンカーとして長年培ってきた経験から言えるのは、年金制度への理解は、あなたの財務計画において、まさに土台となる部分だということです。

ここをしっかりと固めておくことが、安定した未来への第一歩なんですよ!

たしかに老後は年金が土台となるな!しっかり学んでおこう!

年金制度がなぜ必要か、これはもう、たくさんのクライアントと話をしてきた中でいつも心に留めていることです。日本における年金制度は、基本的に20歳から60歳までの働ける世代全員が加入するシステム。

この保険料を基に、高齢者や保障が必要な人たちに給付されるわけです。この「世代間で支え合う」制度がなければ、老後や障害を負った場合、私たちは自己資金だけでこれらのリスクに対応しなければなりません。

実際に、プライベートバンカーとして相談を受ける中で、年金制度の恩恵について深く感じる瞬間は数知れず。特に、資産形成の段階でこの保障の大切さを説明する際には、年金の知識が役立っているんですよ!

いままで何となくしか年金のことを考えてなかったな

そして年金の種類、これも重要なポイントです。私たちの制度では、大きく分けて国民年金と厚生年金があります。国民年金は全国民が加入する基礎年金で、厚生年金は企業に勤める人が加入する年金です。

実はこの違いを知らないと、将来受け取る年金額に大きな差が生まれる可能性があるんです。

私が過去に手がけたクライアントの中には、この差を知らずに不安を感じていた方も多く、彼らにこの制度の仕組みを説明し、計画的な資産管理をアドバイスした経験があります。

その結果、彼らはより安心して未来を見越せられました。

年金って2種類あるんだ。知らなかった…

日本の年金制度では、国民年金と厚生年金が基本となりますが、それぞれの支払いと受取りについて具体的な数字をお話しすることが大切ですね!

まず、国民年金について。国民年金の2023年度の保険料は月額16,520円です。これは年間で約198,240円の支払いとなります。

もし40年間この金額を支払ったと仮定すると、満額で受け取れる年金額は、2023年度の基準で年間約780,000円となります。これは月額約65,000円に換算できます。

ただし、これは基本的な数字であり、加算される給付や減少する要因によって実際の受取額は変動します。

なるほど!国民年金で最低限の老後の資金はあるけど、これだけだとまだまだ不安だな

次に、厚生年金に目を向けると、こちらは所得に応じて保険料が変わります。

例えば、年収が300万円の場合、およそ年間で保険料は約324,000円(月額約27,000円)となり、その半額は会社が負担してくれます。

厚生年金の場合、受け取れる年金額は加入期間とその期間中の給与に応じて計算されます。40年間の加入で平均的な給与をもらっていた場合、年金額は年間でおよそ200万円前後になるケースが多いです。

これは国民年金の基礎年金額に厚生年金が上乗せされた額です。

厚生年金も上乗せされてくると大きな金額になってくるな!

これは資産形成していくうえで必ず考慮すべきお金ね!

これらの数字からわかるように、年金制度への理解は、自分の将来を見越す計画を立てる上で欠かせない情報です。

プライベートバンカーとして、私はクライアントにこれらの情報を基に、彼らの将来計画に合わせたアドバイスを行っています。

特に、年金の支払額や受取り額に関する正確な理解は、安心した未来への投資計画を立てる上で非常に重要です。私たちが今、しっかりと計画を立て、行動に移すことが、20年後、30年後の安心につながるのです!

年金の基礎分かりました!

なんだか知らないうちに老後に備えてたんだなって思いました!

まずは年金の基礎について分かって頂けたようで良かったです!皆さんが加入している制度です。ご自身でしっかりと理解しておきましょうね!

年金の未来予測とその影響

さて、次に進む前に、あるクライアントとのエピソードをお話ししましょう。彼は自分の将来の年金額について非常に不安を感じており、私のもとを訪れました。

彼の最大の懸念は、「20年後に本当に自分が受け取れる年金で生活できるのか?」というものでした。この話から、今度は「年金の未来予測とその影響」について、深く掘り下げていきたいと思います。

たしかに先のことはすごい不安だよな…

政府が公表した予測によれば、少子化の進行などで今後徐々に年金の水準が下がり、20年後に厚生年金は約20%、国民年金では約30%年金が減少すると予測されています。

ここでのポイントは、年金の水準を評価する際に「所得代替率」という指標が用いられることです。所得代替率は、現役世代の平均手取り月収に対して、夫婦二人の年金合計額の割合を意味します。

つまり、時代に応じた生活水準に対する年金の比率を示すわけですね。

んん…ちょっと難しいな…

例えば、今年度65歳で年金を受け取り始める夫婦の場合、夫婦二人の一か月の年金額は約22万円で、これは現役世代男性の平均的な手取り収入の62%に相当します。

しかし、20年後に65歳で年金を受け取り始める夫婦になると、一か月の年金額は24万円にはなるものの、その時代の現役世代男性の手取り収入に対する割合は51%に下がる見通しです。

つまり、所得代替率は62%から51%へと大きく下がるのです。

そういうことか!20年後の紙幣価値などを考慮すると減少してしまうってことなのか…

このような現象が起こる主な理由は、2004年の年金制度改正により、働く人の減少に合わせて年金額を徐々に減らす仕組みが導入されたためです。

そして、今の高齢者が受け取る年金も、受け取り始めた後も徐々に減少していく仕組みになっています。

そんな…せっかく支払っているのに受取金額は減少するなんて…

私たちプライベートバンカーの立場からすると、クライアントへのアドバイスではこのような制度の変化を十分に考慮に入れ、資産形成や節約、投資といったさまざまな戦略を組み合わせて提案しています。

なぜなら、年金だけに頼るのではなく、自己資金での準備も同時に進めることが、より安定した未来への鍵となるからです!

いくら国だといっても誰も未来のことは分からないもんね。20年後、税金はどうなっているのか…

年金のことも加味しながら20年後に状況が変わっていることも加味して資産形成していくことが賢明ね!

その通りですね!正直、年金について明るい方向へ進んでいくことを予測することは難しいと言えるでしょう。しっかりと自分の将来について考える必要がありますね。

政府の取り組みと個人の対応策

年金制度の将来に対する不安が高まる中、政府もまた、この問題に対処するためのさまざまな策を講じています。私たち個人にとって重要なのは、これらの政府の取り組みを理解し、自分自身でできる対策を考えることです。

プライベートバンカーとしての私の経験から、このセクションでは、政府の対策と個人が取り組むべき対策について語りたいと思います!

今後の対策か!手遅れになる前に考えておかないとな!

まず、低所得高齢者に向けた新たな給付金政策です。この政策は、生活に困窮する高齢者に対して、少しでも支援を提供することを目的としています。

具体的には、年収が国民年金の満額以下で、住民税非課税の高齢者に対し、月最大5,000円の給付金が支給されることになります。この施策により、高齢者の生活保護の一助となることが期待されています!

うーん正直あんまり大きく好転出来る策ではないな…

また、パート労働者の厚生年金適用拡大に関しては、これまで国民年金加入者だったパートタイムの労働者が、将来より多くの年金を受け取れるようにするためのものです。

この検討は、非正規雇用の増加とそれに伴う年金受給額の減少問題を解決するための一環として進められています。

これらの政策が具体的に私たちの年金受給にどう影響するかは、今後の政策の詳細とその実施方法によるところが大きいですが、少なくとも政府が年金問題に取り組んでいることの証です。

政府もいろいろと考えてはくれているんだな

政府の取り組みと並行して、私たち個人も自身の未来を守るための対策を講じる必要があります。一つの方法として、私的年金への加入を検討することが挙げられます。

私的年金は、公的年金の受給額が減少しても、追加の収入源として機能するため、老後の生活をより安定させます。

個人で加入する年金か。でもこれ以上にいまの負担額が増えるのもキツイしな…

本当に老後が心配な人には良いのかもね

ちょっと今のままだと年金を十分に受け取れない時に、どうしようもなくなるかもしれないな…

年金を含めて老後資金についていまから検討して行動しておいた方が良いわね!

その通りですね!老後の生活が豊かになるのかどうかは現役時代のいまにかかっているかもしれませんね。しっかりと先のことも考えていきましょう!

年金減少を乗り越えるための戦略

私たちが直面している年金の未来に対する不安は、決して無視できるものではありません。しかし、それをただ心配するだけでは何も解決しません。

私がプライベートバンカーとして学んだことの一つに、「計画は未来への最良の備えである」という真実があります。では、年金減少を乗り越えるために、私たちにはどのような戦略が有効なのでしょうか。

有効な戦略について考えておかないと!

まず基本となるのは、年金以外にも老後資金を確保する方法を模索することです。これにはいくつかの戦略がありますが、主に節約、投資、そして副業という三つの柱を考えてみましょう。

節約は最も基本的な方法ですが、日々の生活費を見直すことで、長期的に大きな貯蓄につながります。小さな節約が積み重なっていくことを忘れないでください。

投資は、資産を増やすためのもう一つの有効な手段です。株式や不動産、投資信託など、さまざまな選択肢がありますが、リスク管理をしっかりと行うことが成功の鍵です。

副業による収入源の確保も考えられます。趣味を生かした副業や、フリーランスとしてのスキルアップなど、自分に合った方法で収入の柱を増やしましょう!

そうだな。いま貯金もできないな。いまの行動を変えていかないと…

三つの柱は全て実践した方が良さそうね!

そうですね!年金制度は私たちの未来を支える大切な柱の一つですが、それに依存するだけでは不十分です。私たち一人ひとりが自己責任を持ち、賢く計画を立てることが、安定した未来への鍵となります。これは、私がプライベートバンカーとして数多くのクライアントを見てきた中で、いつも心に留めていることです!

まとめ

私たちが今日一緒に歩みを進めた年金の未来についての旅は、ただの始まりに過ぎません。

私がプライベートバンカーとして長年にわたり学んできたことの中で、最も大切なのは、未来への準備は早すぎることはないという真実です。

不確かな未来に対する不安を感じることは当然です。その不安を力に変え、行動に移すことが、私たちの明日をより良いものにする鍵となります。

このブログを通じて、年金減少という現実に直面しながらも、それを乗り越えるための知識と戦略を手に入れたことを願っています。政府の対策を理解し、個人としてできることを見つめ直すこと。

そして、未来のための資金計画を立て、社会と自己の役割を再考すること。これらはすべて、私たちが自らの未来をより良いものにするために不可欠なステップです!

ありがとうございました!年金について全然分かっていなかったけど、よく分かりました!

将来のことなんて全然考えていなかったけど、考えはじめる良いきっかけとなりました!

未来のことは誰にも分かりませんが、考えることを放棄してしまってはいけません。明るい未来のために今を大切に生きていきましょう!

目次