メルマガ登録LINE登録

税金を払ってない!?パーマネントトラベラーの実態を教えます

税金を払わずに世界を巡る!

あなたは、税金を払わずに世界中を旅するなんて夢を見たことはありませんか?

そんな夢を叶えられるのが、パーマネントトラベラーという生き方です。

パーマネントトラベラーってそのまま訳すと、永遠の旅行者だけど、そんなことができるんですか?

パーマネットトラベラーになったら、どんなメリットがあるのですか?

パーマネットトラベラーになることは可能です。究極の節税といわれているんですよ。しかし誰にもできるわけではありません。
プライベートバンカーの私中村が、詳しく解説していきますね。

本記事では、パーマネントトラベラーとはどのようなものか、概要と注意点についても詳しく解説します。

本記事を読むと分かること
  • パーマネントトラベラーについて理解し、節税の方法がわかる
  • パーマネントトラベラーの注意点とどんな人に向いているかがわかる

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

パーマネントトラベラーとは?

パーマネントトラベラーの概要

パーマネントトラベラー(Permanent Traveler)またはパーペッチュアルトラベラー(Perpetual Traveler)と呼ばれることもありますが、直訳すると永遠の旅人という意味ですね。

ここではパーマネントトラベラーとはどのような人か、パーマネントトラベラーにはどんなメリットがあるのかをお伝えします。

パーマネントトラベラーになるメリット・方法

非居住者の滞在期間

パーマネントトラベラーとは、各国で非居住者として扱われる滞在期間だけ滞在し、税金を合法的に払わない、もしくは納税する税金を最小に抑えるライフスタイルです。

非居住者ってどれくらいの期間ですか?

国によって違うのですが、だいたい3か月ぐらいです。

パーマネントトラベラーは究極の節税方法であり、世界中を自由に旅できる魅力的なライフスタイと思われるでしょう。しかし各国の法律や制度を理解し、住所や国籍の切り替えに手間や費用がかかることを覚悟して取り組む必要がありますね。

究極の節税方法

究極の節税方法

パーマネントトラベラーは非居住者ですから、色々な税金を納付する義務から逃れられます。

具体的には、住所や国籍の切り替えなどを行い、3カ月以内の滞在期間内に各国を出入りすることで、税金の課税対象から外れるようにします。

具体的には、どのような節税ができるのですか?

パーマネントトラベラーになると、所得税、住民税、相続税、固定資産税、社会保険料などの税金を大幅に節税できるんです。

日本は外国に比べて税率が高いので、税率の低い国に移住する方がいますが、究極はパーマネントトラベラーになることだといえます。

ファイブフラッグ理論とは

ファイブフラッグ理論

パーマネントトラベラーの生き方にはファイブフラッグ理論があります。それは5つの国を使い分けることで税金を合法的に払わない、もしくは納税する税金を最小に抑えることを可能にする考え方です。

ファイブフラッグとは、世界5つの国の旗を意味し、それぞれの国の制度を活用することで、最小限の税金しか払わない生活スタイルを目指すものです。

パーマネントトラベラーは滞在国を以下の考えで決めている場合が多いですね。

  • 国籍のある国
  • 住所のある国
  • ビジネスをおこなう国
  • 資産運用をおこなう国
  • 余暇を過ごす国

国籍のある国

国籍のある国

自分のパスポートを取得できる国ですね。国籍は個人が国家の権利と義務を受ける資格を与えられるものです。

国籍は、出生、帰化、国籍選択などの方法で取得できます。

住所のある国

住所のある国

住所は所在地のことで、必ずしも国籍と同じとは限りません。たとえば国籍が日本のままでオーストラリアに移住したら住所はオーストラリアになります。

私の知人は日本国籍のままで、アメリカに移住して暮らしています。住所はアメリカにあるので郵便物はアメリカの住所に送りますよ。

そういえば、私の友人も仕事でシンガポールに行っているけど住所はシンガポールになっているわ。

ビジネスをおこなう国

ビジネスをおこなう国

インターネットで世界がつながっている今、日本でビジネスをする必要はありません。ビジネス環境が整っていれば、自分の好きな国でビジネスをおこなえます。

またビジネスをおこなうには、以下の点に注意が必要ですね。

  • 法人税率
  • 外国人投資家に対する優遇制度
  • 言語
  • 文化

法人税率は法人の収益を大きく左右しますし、外国人投資家に対する優遇制度があれば、ビジネスをおこないやすくなりますね。

言葉、文化は海外で生活する際に重要なため、自分に合っていることが大切です。

資産運用をおこなう国

資産運用をおこなう国

ファイブフラッグ理論において、資産を運用する国は、資産運用に有利な税制や制度を持つ国のことを言うんですね。具体的には、次のような国です。

  • 株式や債券などの投資収益に対する税率が低い
  • 不動産投資に有利な税制度である
  • ヘッジファンドや投資信託などの金融商品に有利な税制度である

たとえば、どちらの国ですか?

そうですね。よく挙げられるのはスイスやシンガポール、バーレーンですね。

これらの国々では、株式や債券などの投資収益に低い税率が課される場合が多く、また、不動産投資やヘッジファンドなどの金融商品への投資も有利な税制で取り扱われる場合があるんです。

バーレーン在住の私の知人は、日本で株式投資や不動産投資をおこなっていましたが、税金の負担が大きかったため、バーレーンに移住したんですね。バーレーンでは、株式や債券などの投資収益にかかる税率は10%なので、日本での20%の税率と比べて大幅に軽減されました。

知人は、バーレーンへの移住をきっかけに、資産運用の収益が大幅に向上したと言っていましたよ。またバーレーンは治安が良く、生活費も安いため、生活の質も向上したそうです。

余暇を過ごす国

余暇を過ごす国

遊びや余暇を過ごす国とは、自分が好きなことを自由に楽しみ、リラックスできる国です。

具体的には、以下の条件を満たす国が考えられますね。

  • 治安が良く、安全な国
  • 物価が安く、生活コストを抑えられる国
  • 自然や文化が豊かな国

それぞれの国の特徴を比較検討し、自分に合った国を選ぶといいでしょう。

税金の仕組み

税金の仕組み

パーマネントトラベラーは複数の国に居住する可能性があるため、その国々における税金の仕組みを理解しておくことが重要です。

税金の仕組みを知ることで、以下のメリットがありますよ。

  • 税金の負担を軽減できる。
  • 脱税や税金逃れを防ぐことができる。
  • トラブルを回避できる。

税金の申告を忘れたり、誤った申告をしたりした場合、延滞税や重加算税などの追徴が発生します。

トラブルを回避するために税理士など専門家に相談したり、本で調べたりして税の仕組みを学びましょう。

属地主義と属人主義の違い

属地主義と属人主義の違い

属地主義と属人主義は、法律を適用する範囲についての考え方をいいます。

属地主義は、行為が行われた場所の法律を適用する考え方です。例えば、日本国内で犯された犯罪は、日本国の法律で処罰されます。

それに対して属人主義は、行為を行った人の国籍や居住地の法律を適用する考え方です。例えば、日本国籍を有する者が国外で犯した犯罪は、日本国の法律で処罰される場合があるんですね。

どちらの考え方も一長一短があるため、どの考え方を採用するかは、その国の国情や政策によって異なります。

日本の税金の仕組み

日本の税法の基本

属地主義と属人主義の違いはわかりましたが、日本はどちらですか?

日本の税金は、原則として、属地主義にもとづいて課税されます。日本国内で収入を得た場合や、日本国内で資産を保有した場合は、原則として、日本の税法に従って税金を納めることになりますね。

ただし、日本国籍を有する者が国外で収入を得た場合や、日本国籍を有する者が国外で資産を保有した場合は、条件によっては、日本の税法に基づいて税金を納める場合があります。

日本の税金の特徴として、以下の点が挙げられます。

  • 累進課税制度を採用している
  • 控除や免税措置が充実している
  • 社会保障費の財源として税金が利用されている

パーマネントトラベラーに向いている人

パーマネントトラベラーに向いている人

世界中を旅して様々な文化や人々と触れ合う、自由で豊かなライフスタイルを夢見る人は多いと思います。

そのような夢を叶えられるのがパーマネントトラベラーですが、誰でもなれるわけではありませんね。パーマネントトラベラーになるためには、ある程度の条件を満たす必要があります。

具体的には以下のような人に向いているといえます。

  • FXや株など投資で稼いでいる人
  • 権利収入がある人
  • ネットビジネスで稼ぐ人

FXや株など投資で稼いでいる人

FXや株で稼ぐ人

FXや株などの投資は、インターネット環境があればどこでもできます。そのためパーマネントトラベラーとして、世界中を旅しながら、投資で収入を得られます。

投資はある程度の知識や経験が必要ですが、投資で稼いでいる人は、すでに必要な知識や経験を身につけているのでパーマネントトラベラーとして成功する可能性が高いと言えるでしょう。

権利収入がある人

権利収入がある人

権利収入とは、労働せずに得られる収入のことです。具体的には以下のような収入をいいます。

  • 不動産賃貸収入
  • 配当収入
  • 著作権使用料
  • 特許使用料

このような収入は働く必要がないため、パーマネントトラベラーとして世界中を旅しながら、収入を得られるでしょう。

ネットビジネスで稼ぐ人

ネットビジネスの例

ネットビジネスは、インターネット環境があればどこでもできるため、必ずしもオフィスで働く必要はありません。

ある程度の英語力や、海外生活に必要なスキルや知識があれば、パーマネントトラベラーとして収入を得られるでしょう。

ネットビジネスとは具体的にどのようなものがありますか?

たくさんありますよ!Webデザインやプログラミング、ライティング、翻訳など、自分のスキルや経験を活かして、収入を得られます。

他にもブログやSNSで、自分の得意なことや興味のあることについて発信することで、広告収入を得て収益化ができますよ。

副業から初めて、成功している人はたくさんいます。ユーチューバーがいい例ですね。

パーマネントトラベラーの注意点

パーマネントトラベラーの注意点

パーマネントトラベラーは自由で豊かなライフスタイルを夢見る人にとって、憧れの存在です。

しかし、パーマネントトラベラーになるためには、ある程度の準備と覚悟が必要です。ここでは、パーマネントトラベラーになる際に注意すべきポイントをご紹介します。

英語と各国の知識の必要性

パーマネントトラベラーに必要な知識

パーマネントトラベラーとして、世界中を旅する際には、語学力を身につけることが重要です。英語は、世界共通語として広く使われており、英語を話せれば、世界中の人と交流できるでしょう。

現地の言葉を話せれば、より充実した旅を楽しめますね。

また複数の国を旅する際には、文化の違いを理解することが重要です。食事や宗教、マナーなど、国によって異なる文化があります。

文化の違いを理解することで、トラブルを避け、より豊かな旅を楽しめるでしょう。

自己管理の必要性

自己管理の必要性

時差や環境の変化などで、体調を崩しやすくなります。具体的には、以下のことに注意しましょう。

十分な睡眠をとる
バランスの良い食事を心がける
適度な運動をする
現地の医療事情を把握する

睡眠不足は、免疫力の低下やストレスの増加など、さまざまな健康問題を引き起こす可能性がありますし、栄養バランスの悪い食事は、体調不良の原因となります。

また適度な運動は、免疫力の向上やストレスの解消に役立つので、毎日少しずつでも運動を心がけましょう。

海外では医療事情が日本と異なる場合があります。現地の医療事情を調べ、万が一の際に備えておくと安心ですね。

まとめ

まとめ

「究極の自由人」と呼ばれるパーマネントトラベラーの生き方を解説しました。税金を払わずに国を転々とするライフスタイルには、ファイブフラッグ理論や税金回避の極意が隠されています。

自由な生き方を追求するなら、本記事で紹介した知識を身につけてから挑戦してくださいね。

目次