メルマガ登録LINE登録

富裕層のみ開設できるプライベートバンク|実態を暴露!

今日は「プライベートバンク」の魅力とリスクについて、わかりやすくお伝えしていくよ!
これから富裕層を目指す方も、すでにその一員の方も、この記事は必見ですね!

最近よく聞くプライベートバンクって何?

私も気になっていて、大手金融機関のサービスってことは知ってるんだけど…どんなメリットがあるの?

こんな疑問を持っているあなたに、この記事が明確な答えを提供します!

この記事のポイント
  • プライベートバンクがわかる
  • プライベートバンクの種類・選び方がわかる
  • プライベートバンクの対象者
  • プライベートバンクのメリット・デメリット

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

プライベートバンクとは?

プライベートバンクとは?

プライベートバンクって全く知らないんだけどなんなの?

プライベートバンクの基本知識

対象となる人々

こんなに資産持ってないけど誰が使うの?

世の中にはとんでもないお金持ちがいて、お金の運用を外注したい人たちがいるんです。

プライベートバンクっていうのはね、ものすごくお金持ちの人たちだけが使える特別な銀行のこと。この銀行を使うためには、だいたい1億円から10億円くらいの資産がないとダメなんだって。それぞれの銀行で基準が違うけど、とにかくお金持ち限定! そして、この銀行のいいところは、資産運用を全部銀行任せにできること。つまり、お金の管理を全部お任せできちゃうんだよ。

プライベートバンカー開設の対象となる人々

プライベートバンカーの対象者

プライベートバンクって、実はすごいお金持ち専用のサービスなんだよ。個人や家族、企業でも、かなりのお金を持っていないと利用できないんだ。日本にもね、大きな証券会社のプライベートバンキング部門とか、外国の金融機関があって、どこを使うかは自分で選べるんだ。それぞれに特色があるから、自分に合ったサービスを見つけるのも一つのポイントだね。

選ばれたからと言ってやらなくてはいけないものではないです。

私の経験

私の経験

私は、職業柄、それなりに多くのプライベートバンカーの方と接点があり、私もプライベートバンクを持っています。使っている方の話を聞いていると、とても楽だって話は聞いており、確かに楽に運用をすることができます。ただし各プライベートバンキングでメリットデメリットが異なり、担当者によっても変わるから難しい部分もあります。プライベートバンカーの中村の観点から見ると、プライベートバンクの利用は目的によると思います。どんな理由でプライベートバンカーを利用したいのかを明確にして利用するのがいいでしょう。

プライベートバンクの種類

プライベートバンクの種類

プライベートバンクには様々な種類があります。大きく分けて以下の4つがあります。

  1. 日本の大手銀行のプライベートバンキング部門
  2. 日本の大手証券会社のプライベートバンキング部門
  3. 日本国内に籍を置く外資系プライベートバンク(主にUBSやクレディスイス)
  4. 海外現地のプライベートバンク(例: 香港、シンガポール、スイス)

使うプライベートバンキングでサービスが異なるため、よく考えて比較して使う必要があります。

プライベートバンクのメリット

プライベートバンクのメリット

専門的な資産管理

専門的な資産管理

プライベートバンクを使う一番のいいところって、プロが資産を管理してくれることなんだよね。おかげで、難しい金融市場での投資とかもバッチリできるわけ。それにね、証券を担保にしてお金を借りることもできるんだ。だから、いろんな方法でお金を増やすことができるってわけ。これが、プライベートバンクの利用者にとって、めちゃくちゃ大きなメリットなんです。

専門家に運用してもらえるのは安心だね!

豊富な投資選択肢

プライベートバンクの主要投資商品

通常の個人投資家ではアクセスできない高度な投資商品や資産クラスの大きな投資にも参加できるため、投資の選択肢が大幅に広がります。

個人で扱えない商品を扱えるのはプライベートバンキングの
一番のメリットとも言えるでしょう。

プライベートバンクのデメリット

プライベートバンクのデメリット

高いリスクと可能性

プライベートバンクは高いリターンを求める一方で、リスクも伴います。例えば、クレディスイスのように経営破綻に陥る可能性もあります。また、運用失敗により大きな損失を被るリスクもあるからよく考えて使わないとですね。

プライベートバンクにはメリットだけではなく、デメリットも多くあるので理解をしながら利用していきましょう!

経営破綻の事例

経営破綻の怖さ

2023年にね、クレディスイスが経営に行き詰まってしまって、UBS銀行が助ける形で買収したっていう話があるんだ。これって、大きな銀行だって潰れる可能性があるってことをハッキリさせてるよね。だから、お金を預けるってことは、元本保証がないリスクがあるってこと。つまり、いつもちょっと危ない橋を渡ってるみたいなもんだから、いいことだけじゃないんだよ。

経営破綻は怖いね。。

プライベートバンクの利用は必要?

プライベートバンクの利用は必ずしも必要?

自己責任の投資戦略

自己責任の投資戦略

プライベートバンクを利用することは必ずしも必要ではありません。特に投資に関する知識を持つ方は、自己責任で直接投資を行った方が良い場合もあります。

あくまでも投資は自己責任ってことだね。

他の運用方法との比較

他の運用方法との比較

例えば、直接米国株を購入する、土地や不動産への投資、金元物やビットコインへの投資など、他の運用方法も検討する価値があります。その方が利益が上がり儲けがたくさん出る可能性もあるからです!

投資に詳しい人は自分でやる方が良さそうだね!

まとめ

プライベートバンクは特定の富裕層に向けたサービスですが、その利用は必ずしも全員に適しているわけではありません。リスクとリターンを十分に理解し、自己の資産を自ら管理する意識を持つことが重要です。資産運用は一つの手段に過ぎず、自分に合った最適な方法を見つけることが肝心です。

それでは、今日の記事が皆さんの資産運用に役立つ情報となってもらえると嬉しいです。

目次