メルマガ登録LINE登録

不動産投資のキホン!利回りの目安と計算方法をわかりやすく解説

不動産投資のキホン! 利回りの目安と計算方法をわかりやすく解説

不動産投資で成功したいわ!

不動産投資で安定した収入があれば最高だよね!

でも不動産投資で具体的にいくら利回りがあるのかすら分からないわ・・・

いちから丁寧に説明して欲しいよね・・・

それでは今回はプライベートバンカーの私が不動産投資の利回りなど基本から解説しますね!

ありがとうございます!本当に初心者なので優しくお願いします!

もちろんですよ!誰もが初めは初心者です。一緒に学んでいきましょう!

プライベートバンカーの私がお届けする、不動産投資の基本!今回のテーマは、「利回りの目安と計算方法」をわかりやすく解説します。

不動産投資って、聞くだけで少し難しそうなイメージかもしれませんが、安心してください。この記事では、初心者の皆さんにも分かりやすく、カジュアルにお伝えします。

利回りって、何かと不動産投資で重要なキーワードなんですよ。でも、難しそうに聞こえても大丈夫。私が噛み砕いて説明します。

これから不動産投資の世界に足を踏み入れる皆さん、一緒に楽しく学んでいきましょう!

この記事で分かること

・不動産投資と利回りの基本
・利回りの計算方法 表面利回りと実質利回り
・不動産投資の平均利回りと相場感
・利回りだけでないチェックポイント

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

不動産投資と利回りの基本

不動産投資と利回りの基本

こんにちは、不動産投資に興味を持つみなさん!プライベートバンカーの私から、今日は不動産投資の大切なキーポイントである「利回り」について、わかりやすくお話ししたいと思います。

不動産投資、これは本当に魅力的な投資手段なんですよ。適切な物件を見つけることができれば、長期にわたって安定した収益源となり得るんですから。

安定した収益源、喉から手が出るほど欲しいです!

さて、利回りって聞くとちょっと難しそうに思えるかもしれませんが、実はとってもシンプル。簡単に言えば、それは物件価格に対して、1年間でどれくらいの収入や利益が得られるかを表す割合のこと。

この利回りをしっかりと理解することは、不動産投資で成功するために非常に大切なんですよ。

確かにシンプルだ!

でも、ここでひとつ注意点があります。それは、利回りだけを追い求めるのは少し危険だということ。なぜかというと、利回りが高い物件が必ずしも最適な投資先とは限らないからです。

高利回りは魅力的に見えますが、それにはそれなりの理由やリスクが隠れていることもあるんです。

この記事では、そんな不動産投資の利回りについて、基礎から計算方法、そしてどうやって良い物件を選べばいいのか、そのコツまで、初心者の方にも分かりやすく丁寧に説明していきたいと思います。

それでは、一緒に不動産投資の世界へと飛び込んでいきましょう!楽しい旅になること間違いなしですよ!

楽しい旅になりそうです!

利回りの計算方法 表面利回りと実質利回り

利回りの計算方法 表面利回りと実質利回り

利回りって、実際どうやって計算するのでしょうか?

表面利回りと実質利回りって何か違いがあるんでしょうか?

それでは初心者の皆様にも分かるように解説しますね!!

それではプライベートバンカーの私から、不動産投資のちょっとしたコツについてお話ししましょう。「利回り」の計算についてです。不動産投資では、この利回りを理解することがとても重要なんですよ。

さて、利回りには「表面利回り」と「実質利回り」という2つのタイプがあるんです。これらの違いを把握することが、賢い投資のスタートラインに立つための第一歩なんですよ。

まず、「表面利回り」について話しましょう。これは、物件の購入価格に対する年間の家賃収入の割合で計算されます。ここでポイントは、管理費や税金などの経費は計算に入れないこと。

たとえばね、物件価格が2000万円で、月額家賃が8万円だった場合、表面利回りは年間の家賃収入(8万円 × 12ヶ月)を物件価格で割って、おおよそ4.8%になるんです。

なるほど!!

次に、「実質利回り」のお話。これは、経費を差し引いた後の家賃収入を基に計算します。つまり、実質利回りは実際の収益性をより正確に示す数値なんですね。

さっきの例で経費を考慮に入れると、実質利回りは表面利回りよりも低くなることがありますよ。

これらの違いをしっかりと理解し、自分の投資目的に合わせて、どちらの利回りを重視するかを決めることが大切です。利回りの計算は、不動産投資で成功するための重要なステップ。

基本は分かったような気がします!

それでは私がプライベートバンカーとして、実際に利回りをどう活用したか、具体的な事例をお話ししますね。数年前のことです。私のクライアントが不動産投資に興味を持ち始めた時の話です。

彼女は初めての投資で、できるだけリスクを抑えたかったんですね。そこで私たちは、表面利回りと実質利回りの両方を検討しました。まず、都心部に位置する小さなアパートを見つけたんです。

物件価格は3000万円、月額家賃は12万円。計算してみると、表面利回りは4.8%になります。一見すると悪くない数字ですが、さらに深堀りしてみました。

経費として、管理費や修繕積立金、税金などを差し引いた後の家賃収入を計算すると、実質利回りは約3.6%に下がることがわかりました。この数値を見て、クライアントは少し考え込みましたね。

でも、この物件の立地が良く、空室リスクが低いことを考えると、長期的な安定収益を見込める良い投資だと結論づけました。

深堀することの重要性が分かりました!

結果として、このアパート投資は成功し、クライアントは安定した収入を得ることができました。

これは、表面利回りだけでなく、実質利回りにも注目し、全体的な投資のリスクとリターンを慎重に評価した良い例です。

このように、私はプライベートバンカーとして利回りの知識を活用して、クライアントが賢い投資判断を下せるようにサポートしています。

不動産投資は数字だけではなく、物件の全体像を見ることが重要ですよ!

羨ましいです、、、!

私もチャレンジするぞ!

まずは基本を理解出来たようですね!
その調子です!

不動産投資の平均利回りと相場感

不動産投資の平均利回りと相場感

それではプライベートバンカーの私から、不動産投資でのちょっとしたアドバイスをお届けします。不動産投資における利回りの相場についてお話ししましょう。

不動産を選ぶ際、この利回りの相場を知っておくことは本当に大切なんですよ。

相場について是非教えて欲しいです!

さて、利回りの相場っていうのは、立地や物件の種類によってかなり変わってくるんです。たとえば、都心部と地方では、利回りの相場にはっきりとした違いがあるんですよね。

都心部と地方、それぞれの利回りの特徴を見てみましょう。地方の物件は、利回りが高め。でも、空室リスクや収益の安定性という点をしっかり考慮する必要があります。

一方で、都心部の物件は利回りが低めかもしれませんが、需要が安定しているため、長期的な投資にはうってつけなんです。

そのような違いがあるのですね!

そして、都心部のマンションを例にとると、築年数によっても利回りの相場が変わってきます。築20年までの物件だと、表面利回りが5.5%前後が一般的な目安です。

築20年を超える物件では、7%から8%以上の利回りがあると、良い投資先と言えるでしょう。

このように利回りの相場を把握しておくと、どの物件が自分の投資目的に合っているか、より明確に判断できるようになります。

不動産投資は数字のゲームでもあるので、この辺りの知識はしっかりと身につけておきましょうね!

分かりました!!


それでは私がプライベートバンカーとして、実際に不動産投資の利回りの相場をどう活用したかについてお話ししますね。ある時、私のクライアントが都心部での不動産投資を検討していました。

彼は特に築浅のマンションに興味を持っていたんです。そこで私たちは、都心部の利回り相場を基に、投資計画を立てることにしました。

都心部の物件は利回りが低めですが、需要の安定性が魅力です。築年数別の利回り相場を見て、私たちは築10年のマンションに目をつけました。

この物件の表面利回りは約4.5%で、都心部の平均相場と比較しても標準的な数値でした。しかし、私たちが特に注目したのは、その物件の将来性と立地の良さ。

都心部にあるため、賃貸需要が高く、空室リスクが低いという大きなメリットがありました。また、周辺の開発計画も考慮に入れ、将来的な価値上昇が見込めると判断しました。

利回りの相場を理解したうえで検討することが大切なんですね!

その通りです!利回りの相場が分かれば色々なことの検討に繋がりますね!

結果的に、この投資は大成功。クライアントは安定した賃貸収入を得ることができ、物件価値も徐々に上昇しています。

この事例は、利回りの相場を理解し、それを基に総合的な判断を下すことの重要性を示しています。このようにして、私はクライアントに適切な不動産投資のアドバイスを提供しています。

不動産投資では、単に数字だけを見るのではなく、物件の将来性や立地など、多角的な視点が重要になってくるんですよ。

多角的な視点を持てるよう頑張ります!!

その調子です!それではその多角的な視点について深堀してみましょう!

不動産の新築と中古については、「湾岸女子の気まま日記」の記事もおススメです。

利回りだけでないチェックポイント

利回りだけでないチェックポイント

プライベートバンカーの私から、不動産投資の小ワザを一つ。高利回りの物件が必ずしも良い投資先とは限らないんです。今日は、高利回りだけど避けたほうがいい物件の特徴についてお話ししましょう。

そうなんですね!是非教えてください!

まず、高利回りでも気をつけたい物件の一つが「借地権物件」。これ、将来の売却や権利関係にリスクが伴うんですよ。また、「旧耐震基準の物件」も要注意。

地震リスクが高い上に、ローンの審査も通りにくいんです。次に、「管理状態の悪い物件」。ここでは、将来の修繕費用の増加や資産価値の低下が心配なんですね。

さらに、「管理費や修繕積立金が適切でない物件」も慎重に。高すぎると収益性が落ち、低すぎると大規模修繕が難しくなります。

確かにですね・・・

でも安心してください、安定した投資を目指すためのチェックポイントもありますよ。例えば、人気エリアや駅近物件を選ぶこと。築年数が新しいか、ある程度の広さがある物件がいいですね。

そして、物件の立地や状態、将来性を総合的に評価することが大切です。これらのポイントを押さえることで、リスクを上手に管理しながら、安定した収益を目指すことができるんです。

不動産投資は、数字だけでなく、物件の質もしっかりと見極めることが大事ですよ!

分かりました!!

その調子で力を付けていきましょう!!

まとめ

不動産投資の利回りまとめ

今回はプライベートバンカーの私から、今日は不動産投資の世界を少し楽しく探検してみました。利回りの基本から計算方法、平均利回りの相場、賢い物件選びのヒントまで、一緒に深掘りしてみましたね。

不動産投資で成功するためには、利回りっていう指標を理解することが超重要なんですけど、これだけに頼るのはちょっとリスキーです。

そうでしたよね!!

投資の世界は色々複雑で、利回りを把握することはもちろん大切。でもそれだけじゃなくて、物件の立地や築年数、管理状態など、もっと多角的に物件を見る目が求められるんです。

それにね、将来のことを考えて安定した収益を目指すなら、高利回りに目がくらむだけじゃダメ。リスク管理にもしっかりと目を配る必要があるんですよ。

不動産投資って、適切な知識とちょっとした戦略が必要なんです。この記事が、皆さんの不動産投資への一歩を踏み出すのに役立てば嬉しいです。成功への道、一緒に歩んでいきましょう!

それじゃ、また次回の記事でお会いしましょうね!

利回りについて凄く分かりました!

不動産投資について前向きに捉えることが出来ました!

利回りなどの基本についてご理解頂けたようで良かったです!これからもどんどん知識を付けて不動産投資していきましょう!

目次