メルマガ登録LINE登録

ソーシャルレンディングって何?初心者でもわかる様に解説!

ソーシャルレンディングって何?初心者でもわかる様に解説!

ソーシャルレンディングをご存知でしょうか?

この記事では、ソーシャルレンディングって一体何なのか、そしてなぜこんなにも人気があるのかについて、初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

ソーシャルレンディングって最近よく耳にするけど、実際どういうものなの?

銀行融資とは違うの?

本記事を読んでわかる事
  • ソーシャルレンディングによって、他の投資方法とは異なる形で収入を得るチャンスがある
  • ソーシャルレンディングについて学ぶことで、リスク管理や投資判断のスキルが向上する
  • 投資を通じて社会的なプロジェクトや中小企業を支援できるため、社会貢献を実感できる
  • ソーシャルレンディングを学ぶことで、金融市場に関する全般的な知識が深まる

ぜひ、この記事を最後まで読んであなたもソーシャルレンディングの知識をつけてみて下さい。

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

ソーシャルレンディングの基本

通常の資金調達との違い

まず初めにソーシャルレンディングの基本についてご説明していきます。

ソーシャルレンディングとは何か?

ソーシャルレンディングって聞いたことありますか?これはインターネットを通じて、個人間でお金を貸し借りする革新的な方法なんです。

考えてみてください。通常、お金が必要な時は銀行に行くのが一般的ですが、ソーシャルレンディングでは、銀行を介さずに直接、他の人から資金を調達できるんです。

例えば、私の友人がこの方法で彼のカフェを開業しました。彼はインターネット上で資金提供者を見つけ、夢を実現させることができたんです。

では、お金を貸す側のメリットは何でしょう?それは、銀行に預けるよりも高いリターンを期待できることです。

実際、私も少額ですがソーシャルレンディングに参加して、銀行の利息よりも良いリターンを得ています。

通常の資金調達との違い

ただし、この方法にはリスクも伴います。貸したお金が期待通りのリターンをもたらさないこともあれば、最悪の場合、元本が戻ってこないこともあり得ます。

私の知り合いは、残念ながら投資した金額の一部を失う経験をしました。

ですから、ソーシャルレンディングに参加する際は、どのプロジェクトに投資するか慎重に選ぶことが重要です。

インターネット上で様々なプロジェクトを見ることができるので、自分の興味や信念に合ったものを選ぶこともできます。

結局のところ、ソーシャルレンディングは資金を必要とする人々にとっては大きなチャンスですが、お金を貸す側にとっては、そのリスクを理解し、賢明な判断が求められるのです。

自分の思い描く夢に資金提供してくれる人がインターネットで見つけられるんだね!

そうです。提供する側はインターネットで様々なプロジェクトを探す事が出来ます!

なぜ人気が高まっているのか?

人気の理由

ソーシャルレンディングは今ではとても人気のシステムとなっています。なぜこんなに人気なのか、考えたことはありますか?

まず、その人気の理由には、コンピューター技術の進化があります。今や、小さな会社でも複雑な金融計算や分析が手軽にできる時代。

これが、借り手と貸し手をスムーズに結びつけるソーシャルレンディングの会社にとって大きな助けになっています。

私の友人がこの技術を使って、自分のプロジェクトに必要な資金を集めた経験があります。

彼は、伝統的な銀行ではなく、ソーシャルレンディングを選び、必要な資金を比較的短期間で調達することができました。

そして、もう一つの理由は、銀行の規制が厳しくなったことです。金融危機後、銀行は貸し出しのルールを強化しました。

結果として、特に小規模な事業者や個人が資金を得にくくなっています。これが、新しい資金調達の方法としてソーシャルレンディングに目を向けるきっかけになっているんです。

市場の成長

実際、2014年から2020年にかけて、この市場は年平均で51%の成長を遂げています。これは何を意味するのでしょうか?

それは、貸し手にとってはより高いリターンの可能性が、借り手にとっては銀行より低い利息で資金を得られる可能性があるということです。

つまり、ソーシャルレンディングは、新しい技術の恩恵を受け、銀行からの資金調達が難しい人々に新たな希望を与えています。

投資家にとっても、お金を借りたい人たちにとっても、魅力的な選択肢になっているのです。

ただ、この分野はまだ発展途上です。だからこそ、貸し手も借り手も、リスクをしっかりと理解し、慎重な判断が求められるのです。

銀行よりも簡単に融資してくれる人が見つかって大丈夫なの?

貸し手は相手を見つけやすくなった分、しっかりと理解し選ぶ必要があります。

ソーシャルレンディングのメリットとデメリット

メリットデメリット

次に、このシステムのメリットとデメリットについて、詳しくご説明していきます。

投資家と借り手の双方にとってのメリット

メリットには主に以下の3つがあります。

  • 高いリターン
  • 多様な投資機会
  • 社会的影響

高いリターン

高いリターン

ソーシャルレンディングで高いリターンを得ることは可能だと思いますか?

実は、これが可能なんです。なぜかというと、ソーシャルレンディングは銀行の普通預金や他の投資方法と比べて、中間コストが少ないため、より高いリターンを期待できるのです。

でも、高いリターンには高いリスクも伴うこと、忘れてはいけませんよね。

私の友人がソーシャルレンディングで投資をした時、最初は大きなリターンを得ていましたが、あるプロジェクトがうまくいかず、予想外の損失を経験しました。

なので、リスクの理解と管理が本当に重要なんです。

多様な投資機会

多様な投資機会

ソーシャルレンディングの魅力は、高いリターンだけではありません。世界中の様々なプロジェクトに投資できることも大きな魅力です。

新しいスタートアップ、社会的プロジェクト、個人の資金調達など、選択肢は無限大です。自分の関心や目的に合わせて投資先を選べるのは、とても魅力的なメリットです。

社会的影響

社会的影響

ソーシャルレンディングはただお金を増やすだけではありません。社会的な良い影響を与えることもできるんです。

例えば、私は以前、発展途上国の小規模事業に投資しました。その事業が地域社会に良い影響を与えているのを見ると、投資が単に金銭的なリターン以上の価値を持っていることを実感します。

投資する側でソーシャルレンディングのリスクをどうやって減らせますか?

リスクを減らすには、いくつかのプロジェクトに分散して投資し、一つのプロジェクトに集中しないこと。また、投資する前にプロジェクトをよく調べる事も大切です。

潜在的なリスクと注意点

リスクと注意点

リスクと注意点には以下の3つがあります。

  • 信用リスク
  • 流動性の問題
  • 情報の非対称性

信用リスク

これは、借り手が返済できなくなるリスクのことです。特に、個人や小規模事業者が多いソーシャルレンディングでは、経済的な困難により返済が滞ることがあります。

これは、投資家にとって、元本や利息を失う可能性があるということです。なので、借り手の信用状況やプロジェクトの実現可能性をしっかり評価することが重要です。

流動性の問題

ソーシャルレンディングに投資した資金は、契約期間中は基本的に固定されてしまいます。急な出費や他の投資機会があったとしても、簡単には引き出せないんです。

これは、投資する際に、その資金が一定期間手元に戻らないことを理解し、計画的に行動する必要がありますね。

情報の非対称性

情報の非対称性も問題です。ソーシャルレンディングのプラットフォームでは、多くの投資案件がありますが、常に十分な情報が提供されているわけではありません。

私自身、過去に投資したプロジェクトの情報が不十分で、後悔することがありました。

投資家としては、プロジェクトの詳細や借り手の財務状況、リスク要因など、できるだけ多くの情報を集め、慎重にリスクを評価することが不可欠です。

プロジェクトの情報を得るにはどうしたら良いのですか?

少しでも気になった事などはしっかりと借り手に質問しましょう。

ソーシャルレンディングの市場動向

ソーシャルレンディングの市場動向

ソーシャルレンディング市場の成長について、どれほど驚くべきことが起きているかご存知ですか?

2014年から2020年にかけて、年平均成長率が51%にも達しているんです。本当に驚異的な数字ですよね。

世界中でどうなっていると思いますか?特にアメリカや中国などの大市場では、ソーシャルレンディングの成長が非常に顕著です。

日本市場に目を向けると、ソーシャルレンディングはまだ徐々に認知されつつありますが、着実に成長しています。これからの市場拡大に、大きな期待を寄せられています。

私の友人が最近、日本のソーシャルレンディングプラットフォームに投資を始めたんですが、彼は新しい投資の形としての可能性に大きく魅了されています。

彼のように、多くの人々がソーシャルレンディングに注目し、新しい投資の道を探求しているのです。

では、これからのソーシャルレンディング市場はどうなると思いますか?私たちにとって、新しい投資の機会がどんどん広がっていくことは間違いないでしょう。

ただし、市場の変動やリスクも忘れずに、賢い投資を心がけることが大切です。

これからソーシャルレンディングの市場は伸びていきますか?

日本でもどんどん認知度も高まっているので、ソーシャルレンディングの市場は伸びていくでしょう。

ソーシャルレンディングを始める前に

ソーシャルレンディングを始める前に

最後に、ソーシャルレンディングに投資を始める前に知っておくべきことをいくつか紹介します。

  • リスクを理解する
  • 分散投資を心がける
  • 情報収集を怠らない

リスクを理解する

リスクを理解する

ソーシャルレンディングは比較的新しい分野で、従来の投資方法とは異なるリスクがあることを知っていますか?

例えば、借り手が返済できなくなるリスク、これはソーシャルレンディング特有のものです。また、投資した資金が一定期間固定される流動性の問題もあります。

これらのリスクを理解し、自分がどの程度のリスクを受け入れられるかを考えることは、投資において非常に重要です。

私の経験では、リスクを完全に避けることは不可能ですが、それを理解し受け入れることで、より賢い投資判断ができるようになりました。

実際、私はソーシャルレンディングに少額から始め、徐々に自分の快適ゾーンを見つけていきました。

リスクを理解し、それに基づいて賢い選択をすることが、成功への鍵となるでしょう。

分散投資を心がける

分散投資を心がける

分散投資の重要性について考えたことはありますか?一つの案件にすべての資金を投じるのではなく、複数の異なる案件に分散して投資することで、リスクをどのように分散できると思いますか?

実際、異なる業種や地域のプロジェクトに投資することで、特定の市場や業界の不振が全体の投資に与える影響を減らすことができます。

これは、私自身の経験からも言えることです。私は以前、一つのプロジェクトに大きな額を投資しましたが、その市場が急激に変動し、大きな損失を被りました。

それ以来、私は分散投資の価値を深く理解し、異なるタイプのプロジェクトに投資するようにしています。

分散投資はリスクを減らし、一つの案件がうまくいかなかった場合の影響を軽減する上で非常に有効な戦略です。

情報収集を怠らない

情報収集を怠らない

市場の動向を定期的にチェックすることの重要性を感じたことはありますか?投資する案件に関する最新の情報を得ることで、より良い投資判断が可能になるんです。

私自身、市場のトレンドを追いかけ、最新の情報を常に手に入れるようにしています。これにより、過去には見逃していた投資機会を捉えたり、リスクを避けることができました。

情報の価値をどう思いますか?投資の世界では、情報は非常に価値があり、リスクを回避し、機会を捉える鍵となることが多いです。

情報収集はどのタイミングですれば良いのですか?

私は常にアンテナを高く保ち、最新の情報を得るために努力しています。

まとめ

まとめ

ソーシャルレンディングはインターネットを使って個人間で資金を貸し借りする、新しいタイプの融資システムです。

IT技術の進化と銀行規制の強化が、このシステムの急成長を後押ししました。投資家には魅力的な高リターンが期待でき、借り手には比較的低い金利での資金調達が可能なんです。

しかし、忘れてはいけないのは、信用リスクや流動性の問題などのデメリットもあることです。経験から言うと、これらのリスクを理解し、分散投資や情報収集に努めることが、賢い投資の鍵です。

世界的に見ると、ソーシャルレンディングは特にアメリカや中国で急成長を遂げています。日本市場でも、徐々にその存在が認知され、成長しているのが見て取れます。

投資を始める前に、リスクをしっかり理解し、適切な準備をすることが大切です。私の友人は、ソーシャルレンディングでの投資を始める前に徹底的に市場を研究し、成功を収めています。

これらのポイントを踏まえて、新しい投資のチャンスを探求してみませんか?ソーシャルレンディングは、ただの投資以上のものを提供してくれるかもしれません。

目次