メルマガ登録LINE登録

シンガポールでのタックスヘイブン対策税制について

シンガポールでのタックスヘイブン対策税制について

ねえ、海外移住で節税できるって聞いたことがあるけれど、それってホントなの?

実は、これ、事実なんだよ!日本と比べて税率が低い国はたくさんあるので節税対策として海外で事業をしている人も多いんだ!

私のシンガポールでのプライベートバンク経験から言うとね、実際に節税効果を感じるお客さんが多いんだよね~

海外移住って聞くとさ、大きな人生の節目になると思うなぁ…どういう人にとって海外移住が向いているとかもありそうだからしりたいな…!

そうですよね!かなり大きな岐路だよね!私がプライベートバンカーとしてみてきて、実際向いている人や、特に日本人が移住するのにおすすめな国もあるので紹介していくね。

こんにちは、皆さん!今日はちょっとした節税の秘訣についてお話ししたいと思います。特に、海外移住を考えている方や、税金に頭を悩ませている方には、目からウロコの情報かもしれませんよ!

この記事で分かること
  • 海外移住で節税できるって本当?
  • 節税に最適な国はどこ?
  • タックスヘイブン対策税制って知ってる?
  • タックスヘイブン対策税制の活用例
  • 海外移住の際の注意点
  • 成功するためのステップ

以下の記事でもタックスヘイブンについて詳しく説明しているので、ぜひご覧頂けると幸いです。

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

海外移住で節税できるって本当

海外移住で節税できるって本当?

実は、友達がシンガポールに移住したんだけど、最初は税金のことで頭がいっぱいだったよ。でもね、移住してみたら、税金だけじゃなくて生活の質も変わって、すごく満足してるって!

お!身近にいると、わかりやすくていいね!でも実際に、海外移住の中でのシンガポールは日本人にかなり人気なエリアだね!

「海外移住で節税できるって聞いたけど、本当?」と疑問に思っている方も多いはずですよね。でも実は、これ、真実なんです。日本と比べて税率が低い国はたくさんあります。

例えば、シンガポールやマレーシア、ドバイなどは、法人税や所得税が日本よりもずっと低い国なんですよ。

海外移住での「節税」に対して少しでも興味がある方や、実際の対象になるルールが分かっていない!という方に向けて、分かりやすく解説していくのでぜひ参考にしてみて下さい。

節税に最適な国はどこ?

節税に最適な国はどこ?

じゃぁ、どの国に移住するのがおすすめなの??
日本から移住がしやすい国とかあれば教えて欲しいな。

いいよ!
国を選ぶときのポイントと一緒に教えていくね。

「じゃあ、どの国に移住すればいいの?」と思いますよね。節税を考えるなら、税率が低い国を選ぶのが基本です!

しかし、税率だけでなく、私生活にかかるコストや日本からのビザの取得条件、治安問題なども考慮する必要がもちろんあります!

タックスヘイブン対策税制って知ってる?

タックスヘイブン対策税制って知ってる?

タックスヘイブン対策税制って聞いたことある?

見たことある字ずらではあるかもしれない。だけど、全然内容を理解はしていな…!

なるほどね!今回は友達がシンガポールに会社を立ち上げた時に活用していた、タックスヘイブン対策っていう方法を教えていくね!

私の友達がシンガポールに会社を立ち上げた時、税率の低さにビックリしたって話してたよ。

その時に活用していたのが、タックスヘイブン対策って方法で、税率が低い国(タックスヘイブン)につくった子会社からの収益に対して、その収益が実際に配当されていなくても、親会社が所在する国で税金を課すことを可能にする税制の仕組みなんだけど、ざっくり説明すると、この仕組みを活用することで、企業が多額の税負担から回避し利益をより残す方法が成り立つんだよね。

タックスヘイブン対策税制の活用例

タックスヘイブン対策税制の活用例

タックスヘイブン対策税制を活用して成功している事例をいくつか紹介していくね。事例をみると、今後のヒントになるかもしれないから、確認してみてほしい!

事例①:ITサービスをシンガポールで設立。利益が多く、成長スピードUP

事例①:ITサービスをシンガポールで設立。利益が多く、成長スピードUP

シンガポールにITサービス会社を設立し、グループ内でこれらのサービスを提供することで、利益をシンガポールで発生することができ、日本で設立するよりも税率の低さを実現した事例。

結果的に、利益が多く残って、会社が大きくなるスピードが早くなっているともいえる事例の1つ。

事例②:貿易会社の設立を低税率の国で起業

事例②:貿易会社の設立を低税率の国で起業

シンガポールで低税率で運営される貿易会社を設立し、高税率国の親会社から見て、利益をシンガポールの会社に移転させることで、全体の税負担を減らす戦略方法をとった事例!

だけどこの場合、親会社を高税率国でもっていることは、親会社のある国で税金が課される可能性があるので、制度の詳細を理解して適切に対応する必要があるので、注意をしておこう!

タックスヘイブン対策税制に向いている人

タックスヘイブン対策税制に向いている人

事例からみても、できる事業の人とかってある程度限られているのかなって思えてきた…。どういう人におすすめとかあるの?

うん!事業内容はもちろん、日本での状況に関しても特に向いていておすすめしたい方と、難しい業種だなという例もあるよ。

タックスヘイブン対策税制に向いている人は、下記の3つにあてはまるような人になります!

タックスヘイブン対策税制に向いている人
  • 不動産を日本に持っていない人
  • 仕事がインターネットさえあればどこでもできる人
  • 家族が海外移住に対してオープンな人

いまは、インターネットのネット環境があればどこでも仕事ができる人も多くなってきているから、活用できる人はどんどん増えてくると思うよ!

海外移住の際の注意点

海外移住の際の注意点

でもさ、海外で生活するって大変じゃない?何に気をつければいいの?

そうだよね、海外での生活は色々気をつけなきゃいけないことがあるよ。特に節税しようと思ったらね!

海外移住で節税するには、いくつかの注意点があります。細かいルールや規則はあるものの、ざっくりと理解すると、日本から完全に脱出することがどの注意点でも共通して求められているんです。

例えば、日本に本住所があったりすると、日本の税法上、日本の居住者とみなされ、海外での得た所得も日本で課税されてしまう仕組みなので注意が必要なんですよ。

ここからは、海外移住の際の注意点を詳しく解説してきますね!

出国税について理解しよう!

出国税について理解しよう!

え、出国税って何?移住するだけで税金取られるの?

そうなんだよ。日本はまさに出税国!だから、日本から海外に移住するにはいろいろと規則だったりルールがあるんだ!

まず最初に知っておくべきは「出国税」についてです!これは、日本を離れてシンガポールに移住する方が対象となります。

日本では、過去10年以内に5年以上住んでいた人が、出国する際に1億円以上の株式の価値を持っている場合、その売却益に対して所得税を納税する必要があります。

これは、大きな資産を持って海外に移住する方に課される税金で、海外移住を考える際の大きなポイントです。

移転価格税制に注意!

移転価格税制に注意!

そして、移転価格税制にも注意が必要です。これは、グループ内で国境を越えた取引を行う際に、適正な価格で取引が行われているかをチェックする税制です。

例えば、日本の親会社がシンガポールの子会社に対して、実際のサービスの提供なしに高額の業務委託費を支払うなどして利益を移転させると、この税制の対象になり場合があります。

適正な価格でないと判断されると、税務調整を受けることになるので、注意しておきましょう!

税務上のルールを正しく理解しておこう

税務上のルールを正しく理解しておこう

税務ルールは非常に複雑で、それぞれ個々のビジネスモデルや状況によって変わってくるので、専門家の意見を聞くことをおすすめします!

税務上の問題は、事業運営に大きな影響を与える可能性があるため、しっかりとした理解と対策が必要です!

シンガポールでプライベートバンクをやってる私が見ても、節税で笑顔になるクライアントがいっぱいいるんだ!頑張っても税金にばかり取られていると、嫌だもんね。!

成功するためのステップ

成功するためのステップ

だんだんと、タックスヘイブン対策税制への理解が深まってきた!

実際にいざ行動するとなると、どういう流れになるの?

いい感じ!OK!ここからはじゃぁ実際にどうやって行動するのかを説明していくね。

ここからは、日本からの海外移住をし、節税を実際に成功させるためのステップを順に紹介していきますね。

また、それぞれのステップで注意しておきたいポイントや実体験に基づくヒントも合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

移住先の国を選ぶ

移住先の国を選ぶ

まずは、移住先の国を選ぶことが最初に必要だね。「じゃあ、どの国に移住すればいいの?」と思うのが普通ですよね。節税を考えるなら、税率が低い国を選ぶのが必須!

だけど、税率の低さだけで、国を選ぶことは危険で、生活にかかるコストや日本からのビザの取得条件、その国の治安なども考慮して選ぶことがとっても重要なんだよ。

実は、友達がシンガポールに移住した時も、実際に、自分が暮らすこともしっかりイメージしておくことが大事!って言ってたので、大切なポイントだね。

たしかに!税率だけで選ぶと後悔しちゃいそう…!

非居住者としての条件をクリアする

非居住者としての条件をクリアする

移住先の国を選んだあとは、その国の非居住者の条件を調べておく必要があります!

シンガポールの場合、非居住者とみなされるための条件は主に以下をクリアする必要があるので、参考にしてみて下さいね!

非居住者とみなされるための条件

1.滞在日数: シンガポールでの滞在が1年間に183日未満である個人は、非居住者とみなされます。

2.永続的な居住地: シンガポールに永続的な居住地(住所)がない場合、非居住者とみなされることがあります。

3.経済的結びつき: シンガポールにおける経済的な結びつきがない、または限定的である場合(例:シンガポール国内での収入がない、シンガポール国内に資産を持っていないなど)も非居住者とみなされます。

非居住者の条件は国によって異なるので、しっかりと確認するようにしようね!

生活の基盤を海外に移す

生活の基盤を海外に移す

タックスヘイブン対策税制の活用の成功ステップまでにはいくつかの規定や条件がありますが、基本的には生活の基盤を海外に移すことができているのか?という規定になっていると理解しておこう!

つまり「日本から完全に脱出すること」が条件の意味となるんです。

その条件の例として、日本国内に資産を持たないことだったり、海外での生活を10年以上続けることなどがあるという理解の仕方だとすんなりと理解しやすいかもしれないですね。

まとめ

まとめ

この記事の内容をおさらいしていきましょう。

私のプライベートバンカーとしての経験からも、タックスヘイブン対策税制を活用するのに日本人に対しておすすめする国は、シンガポールかな!と周りの話を聞いていても思いますね!

  • 日本人には、シンガポールでのタックスヘイブン対策税制活用がおすすめ
  • 税率だけではなく、生活拠点として考慮しよう
  • 非居住者としての条件を理解しておこう

この記事を通じて、タックスヘイブン対策税制の基本から実際にどう行動をしていく必要があるか!などを学び、人生の生き方の手段を増やすことができたと思います。

これからの人生を賢く楽しみながらに、一歩ずつ確実に挑戦していきましょう。

目次