メルマガ登録LINE登録

サラリーマンしながらの企業は最強の節税手段なのか徹底解説!

サラリーマンしながらの企業は最強の節税手段なのか徹底解説!

私、節税対策のために起業しようかと思ってるんだ!

ええ!起業!すごい!私もいつかはしてみたいな!でも会社勤めしながら起業できるの?

できるらしいんだけど、そのあたりがまだまだ分からないんだよな…

皆さん起業に興味をお持ちのようですね!確かにサラリーマン・OLの方でも起業することによって大幅な節税対策が見込めることがありますよ!

やはり、そうですか!起業について詳しく教えてください!!

私も起業ってどうしたら出来るのかから教えてほしいです!

もちろんです!それでは起業について詳しくお話ししていきましょう!

サラリーマンが起業し、会社設立する道は、一見複雑で手続きが多いように思えますが、正しい知識と少しの準備で、誰でも可能な節税という金銭的利益を享受できます。

私はプライベートバンカーとして多くのクライアントを支援してきましたが、その中には起業を考えるサラリーマンも少なくありませんでした。

この記事では、私の経験をもとに、会社設立のプロセス、節税の秘訣、そしてその過程での注意点を解説します。

節税や会社設立を考えているあなたにとって、この記事が光となり、未知の道をナビゲートする一助となれば幸いです。

この記事で分かること
  • サラリーマンが起業して会社設立する方法とは?
  • サラリーマンの起業・会社設立で節税するには?
  • サラリーマンが起業して会社設立する際の注意点
  • 起業して会社設立するメリット・デメリット

Webマーケティングに興味がある場合は、「WEBMARKS」が参考になります。

快適なコワーキングスペースやレンタルオフィスに関しての情報を知りたい場合は、「ハブスペ」がオススメですよ。

またWebコンテンツやマーケティングに関しての情報を知りたい場合は、「HubWorks」がオススメです。

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

サラリーマンが起業して会社設立する方法とは?

サラリーマンが起業し会社設立する方法を考える時、最初に直面するのは「どのように始めればいいのか」という疑問です。

私はプライベートバンカーとして、副業から起業へと舵を切るクライアントを数多く見てきました。彼らの経験から学んだことは、成功への第一歩は副業の選択から始まるということです。

副業にはさまざまなパターンがありますが、どんな副業でも大丈夫です!副業で得た収益を基に会社を設立することは十分可能です!

そういうことか!副業の収益から起業するのか!

私がやってるような誰でも出来るような副業でも起業可能なのね!

会社設立を考える理由の多くは、節税という経済的メリットにあります。サラリーマンとしての収入に加え、副業からの収入が一定の規模に達した時、税負担の軽減を図るために法人化を検討するのは自然な流れです。

私のクライアントの一人は、フリーランスとしてのウェブデザインの仕事で年間数百万円の利益を上げていました。彼は税金の負担を感じ始め、会社設立を決意。その選択が彼の事業にとって大きな転換点となりました。

起業って全く縁のない話だと思ってたけど身近なことなのかな

しかし、会社設立にはいくつかの手続きが必要です。まずは、事業の概要を明確にし、定款を作成することから始めます。次に、公証役場での定款認証と、法務局での登記申請が続きます。

これらの手続きは一見煩雑に思えるかもしれませんが、一歩一歩進めていくことで、確実に会社設立へと進んでいけます。

そういった手続きが必要なのか!

こういった手続きのためにも副業でも事業内容を固めておくってことね!

私の経験から言うと、会社設立の過程は単なる手続き以上の意味を持ちます。それは自分のビジネスに対するコミットメントを表明し、法的な枠組みの中で正式に事業を展開していくという大きな一歩です。

副業からの収入を基に会社設立を検討するというのは、単に税負担を軽減するだけでなく、あなたの事業を次のレベルへと押し上げるチャンスでもあります!

大まかな流れは分かりました!

副業で収益を得て起業そして節税しようってことですね!

その通りです。少し難易度が高いと感じてしまうかもしれませんが一つ一つ解決していけば、きっとクリア可能です!

サラリーマンの起業・会社設立で節税するには?

サラリーマンの起業で節税

さて、サラリーマンが副業から始めたビジネスで会社設立を決めたら、次に考えるべきは「どうやって賢く節税するか」ですよね。

税金の話はちょっと眠くなりがちですが、実はここにビジネスを加速させるチャンスが隠れています。私がこれまでに会ったクライアントたちも、最初は税金のことを聞くと苦笑いを浮かべていました。

でも、節税がどれだけビジネスにとってプラスになるかを知ると、みんな目を輝かせて興味を持ち始めるんですよ!

おお!私もがんばって節税したいから学びます!

節税の話になると、数字を使った具体例が理解を助けるんです。例えば、副業から年間500万円の収益があるとします。

個人事業主としてこの収益を申告した場合、所得税や住民税などを合わせた税率がおおよそ20%だとすると、約100万円の税金を支払うことになります。

改めて数字を見ると、やっぱり税金って高いな…

しかし、会社を設立し、法人として同じ500万円を収益として申告する場合の話をしてみましょう。法人税の実効税率が約30%であったとしても、会社運営に必要な経費を差し引けます。

例えば、オフィスの賃貸料、従業員への給与、事業に必要な機材の購入など、これらを経費として100万円使ったとします。

安心してください!例えば自宅で副業をしているのであれば、そこがオフィスですし、ご家族など身近な人が少しでも副業の手助けとなっているのであれば従業員と見なすことも可能です!

なるほど!それって今もう既に支払っている金額が経費に変わるってことなのか!

そうすると、実際に税金を支払う前の利益は400万円になり、この金額に対して約30%の法人税を支払うことになります。つまり、約120万円の税金が発生しますが、経費を通じて100万円の支出があったため、実質的な税負担は20万円増加しただけで済みます。しかも、経費を通じて事業の成長に投資しているので、長期的に見ればその投資がさらなる収益を生み出す可能性があります。

すごい!そんなに節税出来るんだ!!

経費って魅力的に思えちゃったわ!

ここで重要なのは、経費を適切に管理し、税務上認められる範囲で最大限活用することです。実際に私がサポートしたクライアントの中には、こうした節税戦略を用いて事業をさらに拡大し、最終的には副業を本業とすることに成功した例もあります!

わぁ!素晴らしいですね!

また、役員報酬の戦略を利用もできます。例えば、自分自身に対して役員報酬として年間300万円を支払うとしましょう。

この役員報酬は給与として扱われるため、所得税の計算において給与所得控除が適用されます。結果として、個人の税負担をさらに軽減できます。

そんなところでも節税出来るのか!

このように、節税策は数字をしっかりと把握し、戦略的に活用することで、サラリーマンが副業から始めたビジネスの成長に大きく貢献する可能性があります。

重要なのは、単に税金を払わない方法を探すのではなく、支払う税金を事業の成長に賢く再投資することです!

なんだか起業することで大きなメリットがありそうですね!

こんなにも節税出来るなんて魅力的だな!

その通りですね!起業することは少しハードルかもしれませんが、その分の大きなメリットが待っているということですね!

サラリーマンが起業して会社設立する際の注意点

サラリーマンが起業して会社設立する際の注意点

でも皆さん、そんな節税対策として凄く魅力的な起業でも必ず注意すべき点はあるんです。

ええ!そうなんですか!?ぜひ教えてください!

そうですね!では数々の起業のお手伝いをしてきたプライベートバンカーの私の中でも皆さんの参考になりそうなエピソードをもとにお話ししましょう!

ある日、私のクライアントである東さんが、副業から得た年間500万円の収入に関して相談に来ました。東さんは、これまで個人事業主として活動しており、法人化のメリットを模索していました。

私たちは、コーヒーを片手に、東さんの会社設立に向けた計画を練り始めました。最初に、東さんが個人事業主のままでいる場合の税金の支払いについて考えました。

年間収入500万円全額が所得税の対象となり、仮に所得税率が10%だとすると50万円、住民税がさらに50万円、合計で100万円の税金を支払う必要があります。次に、法人化した場合のシナリオに移りました。

会社運営に必要な経費として年間200万円を計上できると仮定し、法人税率25%を適用すると、税前利益は300万円、法人税は75万円です。しかし、東さんは、法人化に伴う追加の経費について懸念を示しました。

社会保険料や事務管理費などで年間50万円、さらに会社設立の初期費用や専門家への相談料で最初に数十万円かかり、年間の追加コストが225万円にもなることに、彼は目を丸くしました。

そっか。法人税だったり今までは考えてこなかった税金も支払うのか…

これは注意しないとな…

私たちは、東さんが自分のビジネスで直面するであろうリアルなシナリオについて数字を使って一緒に検討しました。

法人化の決断は、税金の節約だけでなく、増える運営コストや手続きの複雑さ、そして必要な専門知識を考慮して行う必要があるということを、東さんは理解し始めました。

労力が増えることも考慮しないとな…

私たちの会話を通じて、東さんは会社設立の決断に必要な情報と、専門家としてのサポートがどれほど価値があるかを実感しました。

最終的に、東さんは自身のビジネスを法人化することを選択し、成功への新たな一歩を踏み出しました。

そして、彼は私に感謝の言葉を述べ、今後もプライベートバンカーとしての私のサポートを受けながら、ビジネスを成長させていくことを楽しみにしていると言いました!

なるほど!すごく参考になるエピソードでした!

メリットだけを見て飛びついてしまうと痛い目を見るところでした…

そうですね!ここは注意が必要ですね!こういった注意点に鑑みメリットの方が大きい方、それとも法人化はもう少し先にしたほうが良い方と、自分にあった賢い判断が重要です!

起業して会社設立するメリット・デメリット

起業して会社設立するメリット・デメリット

では最後に、会社設立の明らかな利点として節税がありましたが、実はそれだけではありません!

ええ!まだメリットがあるんですか!?

そうです!まだメリットもありますが、デメリットもあるので最後までしっかりと読んで頂ければと思います!

会社を持つことは、社会的信用を得やすくし、資金調達の道を広げます。法人としての身分は、取引先からの信頼を高め、銀行ローンや助成金の申請においても有利に働くことが多いのです。

なるほど!確かに個人よりも法人のほうが信用を得やすいのか!!

実際、あるクライアントは法人化によって、これまで閉ざされていた大手企業との取引の機会を得られました!

ええ!すごいな!これは法人じゃないとなかなか実現出来ないだろうな!

一方で、法人化は事務的な負担を増やし、社会保険への加入など新たな義務が生じます。会社運営には、経理や税務処理などの知識が必要となり、これらを管理するためには時間とコストがかかります。

多くのクライアントが、この点を特に懸念材料として挙げていました。

確かに法人となったらいろいろと考えるべきことが増えるんだな…

これは義務だもんね…自分にとってどれだけメリットを最大化出来るかが重要ね!

さらに、サラリーマンとして副業からの会社設立を進める場合、本業の会社に知られずに進めたいという要望もよく耳にします。

会社に副業がばれるリスクを避けるためには、特に法人設立時のプライバシー保護が重要です。

たとえば、住民税の申告方法を工夫することや、事業所の登記住所を自宅ではなく、レンタルオフィスやバーチャルオフィスを利用するなどの方法があります。

また、社会保険の手続きや銀行口座の管理においても、副業と本業が交錯しないよう慎重に計画する必要があります!

あ!私もバレたくないんだよな…参考にしよう!

これらの対策を施すことで、副業での起業・会社設立のプロセスをスムーズに進めることが可能です。しかし、何より大切なのは、本業と副業のバランスを保ちながら、双方にとって最良の結果を目指すこと。

このバランスを見つけ出すことが、最終的な成功につながると確信しています!

確かに多くのメリットとデメリットが存在するんですね!

起業して本業がおろそかになってしまってもいけないもんね!

その通りですね!世の中には数え切れないほどの法人があります。その一つ一つの起業全てが成功だったとは決して言えません。しかし起業して成功している方が多くいることも事実です!自分にとって最良な選択は何か全ての要素を加味して判断しましょうね!

まとめ

サラリーマン企業・節税

サラリーマンから起業家への道を歩むことは、節税という具体的なメリットを享受することから始まりますが、それだけではありません。

社会的信用の獲得、資金調達の容易さ、そして自らの事業に対する深いコミットメントを示す機会でもあります。

一方で、増加する事務負担や社会保険への加入、そして何よりも本業とのバランスを保ちながら副業を展開していくことの難しさにも直面します。

また、副業が本業の会社に露見しないよう配慮することも、多くのサラリーマンにとって重要な課題です!

この記事が、サラリーマンが起業し、会社設立する際に直面するであろう挑戦と機会について、あなたにとってのナビゲーターとなり、未知の道を歩む勇気と知識を提供できれば幸いです。

起業は一人の力だけではなく、周りの支援と協力によって成し遂げられます。節税という目的だけでなく、自分自身の夢を実現するための一歩を踏み出してみましょう!

ありがとうございました!サラリーマンが起業することについて良く分かりました!

起業について一度真剣に考えてみます!

良いことですね!起業というのは決して簡単なステップではなく、重要なステップになるでしょう!しっかりと自分に合っているのか、適切なタイミングなのかを検討してから挑戦してくださいね!

目次