メルマガ登録LINE登録

【購入ガイド】米国長期債の投資メリットとデメリット

【購入ガイド】米国長期債の投資メリットとデメリット

投資初心者は、米国長期債がおすすめって話があるみたいだけど、どうなのかしら?

海外に投資するって、なんだか不安も大きいよね。

わたしも米国長期債について知りたいけど、怖さもあるのよねえ!どんな感じなのかとても気になるわ。

米国長期債のメリットとデメリット、わかりやすく知りたいね!

こんな不安定なご時世だから、国内の投資だけではなく国外にも目を向けるのはとても大切なことです。米国長期債も国内の債券と同じく、堅実なリターンを期待できる投資と言われています。

しかし、いきなり国外の債権と言われてもなんだか怖さもありますよね。国内の債券となにがちがうのかも、気になるところです。

そこでこちらの記事では、米国長期債の魅力と注意点を理解するために、米国長期債の投資メリットとデメリットについてをわかりやすく解説していきます。

この記事を読めば、あなたの投資の選択肢に、米国長期債が加わるかもですよ。あなたに少しでも投資のヒントが見つかるように、わかりやすく説明していきますね。

こちらの記事がおすすめの方
  • 安定した投資収益を求めている方
  • 米国長期債の購入方法を知りたい方
  • 投資のリスク管理に興味がある方
  • 長期的な投資戦略を立てたい方
  • 賢い投資家になるための知識を深めたい方

米国債ETF活用法についての下記記事も、併せて読んでくださいね。

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

米国長期債とは何か?

米国長期債とは何か?

まずは米国長期債の基本情報と、なぜ米国長期債が現在注目されているのかを説明していきます。

米国長期債の基本

定義と基本概念

米国長期債について、わかりやすく説明します。これはね、アメリカ政府がお金を借りるために発行する債券のこと。満期が10年以上あるものを指すんですよ。

投資家としては満期までの間、政府から定期的に利息をもらえるわけです。

ほおお、長期債だけあって長いねえ。10年かあ!

なんといっても、アメリカ政府が背景にあるので、信頼性が高く、安心してお金を預けられるってわけです。特に、リスクを避けたい方には、もってこいの投資対象というものですね。

そして面白いのは、ただ利息をもらうだけじゃないところ。金利の上下動によって、債券の価格も変わるので、上手くいけば、売買による利益、つまりキャピタルゲインを狙うこともできるんです。

利息ももらえて、さらに利益も出たら最高よねえ!

特に、信用度が高くて金利が下がりそうな長期債は、価格が上がるチャンスがあるから、投資としての魅力がとても高いとも言えますね。

ただ、金利が上がっちゃうと、価格は下がるリスクもあるので、ここが投資の難しいところ。だから、市場をしっかり見て、自分の投資戦略に合ったタイミングで動くことが大切なんです。

私としては、米国長期債は「安全な港」みたいなものだと思っています。波が高いときも、ここに投資しておけば、比較的安心できる。

でもね、完全にリスクがないわけじゃないから、市場の動きをよく見て、賢く舵取りすることが必要だと感じています。投資は、やっぱり冷静な判断が求められるんですよ。

米国長期債はなぜ注目されているのか?

なぜ注目されているのか?

実は最近の金融市場でちょっとした話題になっているのが、米国長期債なんですよ。なぜかって?それは、安定した収益と、比較的リスクが低いという大きなメリットがあるからです。

金融市場を見渡すと、株よりも債券の方が全体の価値が大きいんです。これって、投資家にとってはめちゃくちゃ大事なポイントなんですよね。

株よりも債権の方が評判が良いってことかしら?

特に信用度が高い長期債は、安定した利息収入を期待できる上、市場がうまく回っていれば価格が上がって、その差額で儲けることも夢じゃない。だから、多くの人がこぞって投資したがるわけです。

でも、正直言って、債券投資って株に比べるとちょっとわかりにくい面もあります。だからこそ、このブログを通じて、米国長期債のいろはをしっかりお伝えしていきたいと思っています。

こちらこそ、よろしくお願いします!

高い信用評価を持つ米国長期債に目を向けて、安定した収益を求めるあなたにピッタリの投資戦略を見つけてもらえたら嬉しいですね。

でも、だからといって何も考えずに飛び込むわけにはいきません。市場の動きをしっかりチェックして、自分に合った戦略を練ることも大切ですよ。

米国長期債のメリットとデメリット

米国長期債のメリットとデメリット

ではつづいて、米国長期債のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット:安定した収益性と低リスク

メリット:安定した収益性と低リスク

これまでお伝えしたとおり米国長期債は、安定した収益と低リスクを求める人には、もう最高の選択肢なんです。

なんといっても、アメリカ政府がバックにいるわけですから、その信用度っていうのがもうピカイチ。債務不履行になる心配なんて、ほとんどないんですよ。

信用度が高いのは、なにより良いね!

安心してお金を預けられるってわけですね。それにね、長期債っていうのは、名前の通り満期が長いから、短期債に比べて利率も高めに設定されています。

これって、長い目で見たときに、より多くの収益を期待できるってわけです。市場が不安定な時でも、この安定した収益源があれば、投資ポートフォリオにとって大きな支えですよ。

さらに、金利が下がった時の話をすると、長期債の価格が上がるんです。これはつまり、資本利得を狙えるってこと。なんとも言えない魅力があるでしょう?

金利が下がった方が、お得なのね!

米国長期債って、ただのインカムゲインじゃなくて、市場がうまく回ればキャピタルゲインも狙えるんですよ。この双方向からの収益の可能性が、多くの投資家にとって、ものすごく魅力的に映るわけです。

インカムゲインとは…

資産を保有中に得られる利益のこと。債権の場合は利子。

キャピタルゲインとは…

資産を売却したときに出る利益(売買差額)のこと

また私の得意な例えでいうと、米国長期債っていうのは、投資界の「安全な避難所」みたいなものですね。

でもね、いくら安全とはいえ、市場の流れをしっかり見て、自分の戦略に合わせて動くことが大切だと思うんです。だって、投資ってのは、常に変わるものですから。

デメリット:金利変動リスクとインフレリスク

デメリット:金利変動リスクとインフレリスク

米国長期債を考えている方々には、ちょっと注意して欲しいポイントがあるんです。それが、金利変動リスクとインフレリスクです。

金利が上がると、既に市場にある低金利の債券は魅力を失ってしまうんですよ。そうなると、債券の価格が下がって、結局は損をしてしまう可能性がある。

これは、特に長期債に顕著で、金利が上がった時のダメージは結構大きいんです。

金利が上がると、損をしてしまうのね!

そして、インフレリスクも見逃せません。インフレ率が債券の利率を上回っちゃうと、実質的な収益が下がって損をすることになるんです。

インフレ率が債権の利率を上回るとは…

インフレとは、物価が上がること。例えば、債券の利率が2%である場合、インフレ率が3%になると、実質的な利率は実際には-1%(実質的な利益が減少)となる。

これは長く債券を持っている戦略では、特に深刻な問題になり得ます。インフレが急に上がったりすると、予測が難しい上に長期債投資の収益性が大きく損なわれることもあるんですよ。

そうなると、長期債はよけいに損をするということね!

これらのリスクをちゃんと理解して、適切な対策を立てることも大切ですね。

米国長期債を保有している私の友人は、その信頼性の高さに基本的には安心感を持っていますが、金利変動リスクとインフレリスクのことを考えると、少し不安になることがあるようですね。

米国長期債の購入方法

米国長期債について、だいたい把握できたでしょうか。ここからのセクションでは、米国長期債の購入方法について解説していきますよ。

具体的な購入オプション

具体的な購入オプション

米国長期債を購入する方法って、実はいくつかあって、自分の好みやスタイルに合わせて選べるんですよ。

直球で行くなら、アメリカ政府が運営しているTreasuryDirectっていうサイトから直接買う方法があります。これで債券を直接手に入れて、満期まで持っていれば、約束された利息をゲットできます。

手数料がかからないのが魅力ですが、売りたい時にちょっと面倒かもしれないし、購入のプロセスも少し難しいかなって点はデメリットですね。

もっと手軽に、って思うなら、証券会社やオンラインブローカーを使う方法もありますよ。

直接買うのと証券会社を通じて買うの、どっちがいいんだろう?

証券会社はいろんな債券をパパっと売買できて、必要な情報もサクサク入手できます。ただ、取引するたびに手数料がかかっちゃうのと、扱ってる債券の種類に限りがあるかもしれないですね。

もう1つの選択肢としては、投資信託やETFを通じて間接的に投資する方法があります。これは、いろんな債券に分散投資できるからリスクを減らせるし、少額からスタートできるのがいいところ。

でも、運用にはコストがかかるので、その辺をちゃんと考えないといけませんね。

どの方法を選ぶにしても、自分の目的やリスクの取り方、投資期間をしっかり考えて、コストも意識しながら選んでください。

そしてね、市場がコロコロ変わるものだから、柔軟に対応できるようにしておくのも大事ですよ。米国長期債投資、賢くやればかなりいい味方ですから、ぜひ上手に活用してみてくださいね。

どのプラットフォームを使うべきか?

どのプラットフォームを使うべきか?

そして、米国長期債を買おうと思ったら、どこで買うかってめちゃくちゃ大事なんですよ。証券会社やオンラインブローカー選びには、特に見ておきたいポイントがあるんです。まずは、手数料です。

これは大きいですよね。取引のたびにかかる手数料や、保有してるだけでかかる年間費用とか、投資の収益にダイレクトに影響するから、できるだけ低い方がいいに決まってます。

長期的に見れば、手数料が少ないほうが、ずっとお得ですからね。

手数料は、安いにこしたことはないわ!

次に、使いやすさ。毎日使うものだから、ストレスなく使えるプラットフォームがいいですよね。取引の手続きが簡単で、モバイルアプリが使えるかどうかも、チェックポイントの1つです。

そして、情報量も大事。市場の動きや、経済データ、債券のディテールについて、しっかりと情報を提供してくれるプラットフォームを選ぶと、投資判断に役立ちますからね。

投資信託やETFの場合は、ちょっと違った角度から見る必要があります。

違った角度からというと?

運用コストが低い商品を選ぶこと、過去のパフォーマンスがどうだったか、そして自分の投資目的に合った資産配分をしているか、これらをしっかり確認しましょう。

自分に合ったプラットフォームや商品を選ぶことは、投資成功のポイントになりますね。だから、いろいろ比較してみて、デモアカウントで操作感を試してみるのもいいですよ。

米国長期債を購入する方法を考えていた私の友人は、直接TreasuryDirectを利用する方法と、証券会社を通じて購入する方法のどちらが良いか本当に悩んでいました。

最終的には、操作のしやすさと即時性を考慮して、オンラインブローカーを経由することにしました。この決断は、売買の柔軟性を重視する彼のスタイルにぴったりだったようです。

実際に使用してみると、思っていたよりも手数料が低く、取引もスムーズで、非常に満足したようですよ。

金利変動と長期債投資の関係

金利変動と長期債投資の関係

最後のセクションでは、金利変動と長期債投資の関係について解説していきます。わかりやすく、金利上昇時と金利下降時にわけて考えてみましょう。

金利上昇時の長期債影響

金利上昇時の長期債影響

金利が上がる時の話を、まずはしていきますね。金利って上がると、もう既に市場に出てる債券、特に低金利で発行された債権の価値、下がっちゃうんです。

なぜかって?簡単に言うと、新しく出る債券がよりいい条件、つまり高い金利で提供されるから、既存のものが見劣りしちゃうんですよね。

なるほど、金利の上昇は債券投資にとってデメリットなんだね。投資前にちゃんと理解できて良かった…

長期債はなんといっても満期まで長い。だから金利の変動にも敏感で、価格が大きく動きやすいんです。

これが意味するのは、金利が上昇する時期に長期債を持っていると、その価値がぐっと下がってしまうリスクがあるってこと。

つまり、売ろうと思った時に、買った時よりも安くなっていて、損をしてしまう可能性があるんです。

金利が上がったら、私の債券価値が下がるの?どう対策すればいいのかな…

だからこそ、金利が上がりそうな時は、特に長期債に対しては慎重になる必要があるんですよ。キャピタルロス、つまり資本の損失を避けるためにも、市場の動きをよく見て、賢く行動しないといけませんね。

金利低下時の長期債利益

金利低下時の長期債利益

では、金利が下がる時について話してみましょう。金利が下がると、面白いことに、市場に出ている既存の債券、特に長期債の価値が上がるんです。

なぜかというと、低金利の時代には、以前に高い利率で発行された債券が急に魅力的に見え始めるから。結果、これらの債券に対する需要が増え、価格が上がるわけです。

特に長期債は、この金利低下の恩恵をガッツリ受けることができます。なぜなら、その価格の上昇幅が他よりも大きくなりがちだから。

金利が下がると債券が価値を増すなんて、ちょっと期待しちゃう!

このような状況で長期債を持っていると、売る時に高く売れる可能性があるんですよ。つまり、キャピタルゲイン、価格上昇による利益を手に入れるチャンスがあるんです。

金利の上下によって、長期債の価値がどう変わるか、これが投資戦略を練る上でめちゃくちゃ大事なポイントなんです。

金利が下がりそうな予感がしたら、長期債への投資を考えるのも、賢い選択かもしれませんね。

だから、市場の動きには常に目を光らせておくことが大切。金利の動き1つで、投資の世界は大きく変わるんですから。

金利低下はチャンスなんだね!キャピタルゲイン狙いでいかないとね。

友人は、金利が上がるというニュースを聞くたびに、不安でいっぱいになるようです。ですがその一方で金利が下がる時は、まるで宝くじに当たったような興奮を感じるようです。

まとめ

金利低下時の長期債利益

この記事では、安定した収益と低リスクを探している方にとって、米国長期債がどんなに素晴らしい選択かをお伝えしてきました。

金利が変動するリスクやインフレの問題をちゃんと押さえつつ、自分に合った購入方法を見つけること、それに長い目で投資計画を立てることがとても大事でしたね。

米国長期債投資っていうのは、よく考えて、リスクを賢く管理しながら進めれば、とってもいい投資になり得るということですね。

この記事を読んでくれたあなた、これをキッカケもっと学んで、自分だけの投資方法を見つけてくださいね。

無理は禁物だけど、しっかり情報を集めて自分なりの判断ができればまた新しい投資の道が開かれるはずです。勇気を出して一歩踏み出してみてください。きっと、いい投資家になれるはずです。

下記の記事も、併せてお読みください。

目次