メルマガ登録LINE登録

今がチャンス?米国債券投資バーゲンセールで見るべき金利動向

今がチャンス?米国債券投資バーゲンセールで見るべき金利動向

ここだけの話だけど、利回り5%超えの債券があるんだってね、聞いたことある?

それは魅力的だね!でも本当に投資して大丈夫なの?リスクはない?

おいしい話にはリスクがつきものよ。投資するのならしっかり学んでからじゃないと!

こんな疑問や不安を抱えているあなたは、決して一人じゃありませんよ。

高い利回りは魅力的だけれど、手を出す前に、潜在的なリスクや自分の投資スタイルに合った方法をしっかり理解しておきたいですよね。

そこでちらの記事では、今の債券市場のお得情報をガッチリ解説。さらに、投資を考えてるあなたが気をつけるべきポイントと賢い投資戦略について、プロの目線でアドバイスします。

最後まで読んだら、あなたも高利回り債券を上手に取り入れる方法をバッチリ把握できて、投資の未来がグッとクリアになるはず。

リスクを怖がらずに、でも盲目的にならないで、自分の投資に自信を持ちたい方、ぜひこの記事をチェックしてみてくださいね。

この記事はこんな方にピッタリ
  • 利回り5%超えの債券に目をつけているけど、リスクが気になる方
  • 債券投資のイロハから学び直したい方
  • 自分の投資ポートフォリオにちょっとスパイスを加えたい方
  • 定年後も安心、安定収入を得たいと考えている方

下記の記事では、米国債券投資について学べますよ。併せて読んでくださいね。

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

はじめに:債券投資の基礎知識

はじめに:債券投資の基礎知識

節約しながら米国株や債券に投資しているではプライベートバンカーである私から、今回は債券投資の魅力について話していきたいと思います。

債券って聞くとなんだか難しそう…と思うかもしれませんが、実はとってもシンプルなんですよ。

債券とは何か?

債券とは何か?

債券って聞くと、ちょっと眠くなっちゃうかもしれないけど、でも実はそんなに複雑なものではないんですよ。

債券というのは、要するに企業や政府が「ちょっとお金を貸してくださいな」と市場に向けて出す借金のお願い状みたいなものです。

私たち投資家がそのお願いに応えて債券を買うと、それは企業や政府にお金を貸しているのと同じ状況です。

そして、お金を貸したお礼として、発行者からは定期的に利息(これをクーポンって呼びます)がもらえて、最後には貸したお金の元本も戻ってきます。

プライベートバンカーとして長年働いてきた私から見ると、債券投資は「安定した収入を求める人」や「大きなリスクを避けたい人」にピッタリの選択肢です。

それ、私よ!!

例えば、私のクライアントの中には、定年退職後の収入源として債券に投資している人もいます。なぜなら、債券は株式と比べて価格の変動が少なく、定期的な利息収入を期待できるからです。

もちろん、すべての債券が同じように「安全」というわけではありません。発行する企業や政府の信用状態によってリスクは変わってきますし、市場の金利が変われば債券の価値も変動します。

債権は安全なのかと思っていたけど、注意も必要なんだね!

でも、その辺のリスク管理も踏まえてうまく投資プランを立てれば、債券は非常に魅力的な投資先になるんですよ。

プライベートバンカーとしての私の経験から言うと、債券投資は「地味だけど堅実」というイメージがあります。

また、投資する債券を選ぶ際には、その債券がどのような条件で、どんな利息を提供しているのかをしっかりチェックすることも忘れずに。

債券投資の魅力

債券投資の魅力

債券投資って、実はかなり魅力的なんですよね。

債権投資は、そんなに魅力的なの?

特に、毎日株価の上下に一喜一憂したくない人、もしくはもう少し落ち着いた投資をしたいって方にはぴったりです。

まず、債券投資のいいところって、定期的にお金が入ってくるところですね。債券からもらえるクーポン(利息)のおかげで、定期的にキャッシュが手に入ります。

これ、実は退職後の収入源としてもバッチリなんですよ。毎月の収入みたいに、安定してキャッシュを得られるので、安定志向の方には本当におすすめです。

さらに最後に元本が戻ってくるのは、やっぱり安心材料だよね。

それから、債券投資は比較的リスクが低いというのも大きな魅力です。政府や信用力のある企業が発行する債券は、基本的にお金を返してくれないってことが少ないんです。

だから、お金を失うリスクが低く、安心して投資できます。

まったく、リスクが低い投資って考えると、これ以上ないよね。

さらに、債券投資は、分散投資にも役立ちます。株と債券は価格が連動しないことが多いので、市場が荒れて株価が下がっても、債券の価値が保たれることがあります。

これによって、全体の投資リスクを下げることもできるんですよ。

債券市場にはいろいろな商品があるので、短期間で利益を出したい人から、じっくり長期投資をしたい人まで、自分に合った投資が見つかります。

また、外国の債券に投資することで、ポートフォリオの多様性をさらに高められますよ。最後に、今の低金利環境の中でも、利回りが5%を超える債券があるんです。

これは高いリターンを目指す人にとっては、かなり魅力的な選択肢ですよね。

でも、実際には安定した収入を得ながら、リスクを抑えつつ投資ポートフォリオのバランスを取る上で、非常に重要な役割を果たしています。

投資は、市場の波に乗ることも大切ですが、落ち着いて着実に資産を増やすのも同じくらい大切です。

私がプライベートバンカーとして初めて債券投資を勧めたクライアントは、最初はリスクを恐れていましたが、しっかりとリスク管理をした結果、安定した収益を得られました。

だから、自分のリスク許容度や投資目標をしっかり見極めて、債券投資を上手に活用してみてくださいね。

債券バーゲンセールの理由

債券バーゲンセールの理由

最近、ドル建ての債券がバーゲンセール状態になっているって聞きましたか?例えば、インテルやスターバックス、ウェルスファーゴなど。

こちらのセクションで債権のバーゲンセールについて、さらに詳しく見ていきましょう。

現在の市場状況

現在の市場状況

債券市場って、結構なんでもありの場所ですよね。経済がどう動いて、中央銀行がどんな策を打って、世界がどんなにザワついているか。これら全てが、債券の世界にダイレクトに響いてきます。

債権は、どんな影響を受けちゃうの?

たとえばですが、最近の低金利の状況を見てみましょう。数年前までは、「金利なんてずっと低いままだよ」と言われていましたよね。でも、今は話が違います。

インフレが顔を出し始めて、経済が回復の兆しを見せているから、中央銀行も「そろそろ金利を上げてもいいかな」と考えているわけです。

そうやって、中央銀行がバランスをとるんだよね。

金利が上がると、新しく発行される債券の利回りは魅力的になりますが、すでに市場に出回っている債券の価値は下がってしまうんですよ。

インフレの話も面白いですよね。全世界でインフレ率が上がっています。インフレが進むと、実質的な利回りが下がるので、投資家は「もっと利回りのいい債券はないの?」と探し始めます。

特に、インフレに弱い長期債の利回りは大きく影響を受けやすいです。

長期債はインフレに弱いのよね。

地政学的なリスクも、債券市場には無視できない要素です。世界のどこかで緊張が高まると、人々は安全な資産を求めて国債などに走ります。

その結果、そうした債券の価値が上がり、利回りは下がるわけです。そして、利回り5%を超える債券が出てくるなど、市場にはまだまだチャンスが転がっています。

リスクを取ることを恐れない投資家にとっては、これらの債券は狙い目の存在です。

プライベートバンカーとして何年も働いてきた私からすると、今の市場は特に戦略的に動く必要がありますね。インフレに強い資産を選んだり、金利上昇に備えて短期債に目を向けたり。

しかし、どんな戦略を立てるにしても、自分のリスク許容度と投資目標をしっかりと見極めてくださいね。そして、市場の変動に柔軟に対応できるようにしておくこと。これが成へのポイントです。

私たちのようなプロでも、市場のすべてを予測するのは不可能です。でも、しっかりとした戦略と冷静な判断で、市場の波を乗りこなしていくことはできます。

だから、債券投資をするなら、今がチャンスかもしれませんよ。

利回りが5%超える債券の例

利回りが5%超える債券の例

こちらでは、実際利回りが5%を超える債権の例を見ていきましょう。大手企業の債券が利回り5%を超えるなんて、ちょっと前では考えられなかったことです。

大手企業の債権の利回りが5%を超えるのは、珍しいのね!

これは、市場の変動や経済状況によって債券の価格が変わるため。利回りが高くなるってことは、それだけ安く買えるってこと。つまり、お得に投資ができるチャンスなんです。

今の市場って、利回り5%を超える債券がちらほら見え始めて本当に面白いですよね。これ、投資家にとってはかなり魅力的な話です。ただし、こういう債券には高いリスクが伴うことも忘れちゃいけません。

でも、リスクを上手く管理できれば、それ相応のリターンを期待できるんですよね。

どんなのがあるか、早く聞きたいです!お願いします。

たとえば、テクノロジーの巨人インテルの社債が利回り5.2%で提供されているなんて、テク業界の成長に賭けたい人にはうってつけですよね。

あるいは、日常生活でお馴染みのスターバックスの社債が5%の利回りで、ブランドへの信頼と共に投資のチャンスを提供しています。

スタバ、私よく行くわよお!

銀行債に目を向けると、ウェルズ・ファーゴやシティグループ、JPモルガン・チェースなどの大手銀行からも、5%を超える利回りの債券が出ています。

金融セクターへの投資が好きな人にとっては、これ以上ないチャンスかもしれませんね。

しかし、プライベートバンカーとして私がクライアントにいつも言っているのは、「高利回り=高リスク」を忘れないことです。

特に、企業の財務状況や経済全体の動きが、予想した利回りに影響を及ぼすことがありますからね。

だから、投資する前には、しっかりとリサーチをして、自分の投資目標やリスク許容度と照らし合わせてください。

また、リスク管理の一環として、ポートフォリオに分散投資を取り入れることをお勧めします。すべての卵を1つのかごに入れない、ってやつですね。

債券を購入する際の注意点

債券を購入する際の注意点

でも、債券を買う前に知っておくべきことがあります。まずは、為替リスク。ドル建て債券を買うときは、為替の変動にも注意が必要なんです。

また、利率と利回りの違いを理解するのも大切。こちらのセクションで詳しく解説していきますね。

為替リスク

為替リスク

為替リスクって、海外の債券に投資するときには避けては通れない道なんです。特に、自分の国の通貨じゃない債券に手を出すときは、為替の波に乗ることになります。

例えば、ドル建ての債券に日本円で投資した場合、ドルの価値が上がれば儲けが増えるけど、逆に下がれば損をすることになるわけです。

ということは、ドルに頑張ってもらわないといけないわね!

長期投資を考えていると、この為替の変動がどう影響するか、結構頭を悩ませるポイントですね。でも、安心してください。為替リスクにはちゃんと対策があります。

1番ポピュラーなのが、通貨ヘッジをすること。これは、為替の変動から自分の投資を守るために、先物取引などを使う手法です。

先物取引とは…

将来のある日にあらかじめ決められた価格で商品を売買する取引のこと

ただ、このヘッジにはコストがかかるので、その分、利益が減ることも考えないといけません。

プライベートバンカーとしてクライアントにアドバイスするとき、僕はよく「ポートフォリオの中で、異なる通貨の資産をバランス良く持つことも大事だよ」と言います。

ちがう通貨を持って、リスク分散するのね!

これによって、為替リスクを分散できるんです。また、市場をしっかり分析して、どの通貨に投資するかを決めるのも1つの手ですが、これはかなりのスキルが必要になります。

為替リスクを完全に無くすことはできないけれど、上手く管理することで、リスクを最小限に抑えるようにします。

プライベートバンカーとして何年も経験してきた中で、為替リスクに振り回されずに済んだ投資家は、みんなこの原則を守っていました。

海外の債券に投資するときは、このリスクを理解して、しっかりと対策を立てましょうね。

利率と利回りの違い

利率と利回りの違い

つづいて、利率と利回りの違いについて見ていきましょう。債券投資の話になると、「利率」と「利回り」の違いって何?ってよく聞かれます。

正直、これらは時々ごっちゃにされがちですが、債券を理解する上で、めちゃくちゃ大事なポイントなんですよ。

たしかに、違いがよくわからないわね。

まず、「利率」。これはクーポン率って呼ばれることもありますけど、債券が発行されたときに決まっている固定の金利のことです。

債券を出している会社や政府が、「ありがとう、お金を貸してくれて。これがお礼ね」と毎年支払ってくれる利息の割合のこと。

たとえば、1,000ドルの債券で利率が5%だったら、毎年50ドルの利息がもらえるってわけです。これは債券を保有しているから、将来の利息収入をある程度見込めるってわけです。

一方「利回り」は、もっと今っぽい収益率を示します。これは債券の市場価格がどうなっているかに基づいて計算されるんです。市場の需給、金利の動き、発行体の信用リスクなどによって変動します。

利回りのほうは、変動リスクがあるってことね!

つまり、債券を割引価格で買ったら利回りは利率より高くなり、逆にプレミアム価格で買ったら利回りは下がるってこと。これが、投資した時点での債券の実際の収益性を教えてくれるんです。

プライベートバンカーとして、クライアントにはいつもこう言っています。

「債券を選ぶときは、利率も大事だけど、利回りにもしっかり目を向けて。市場の動きを見極めて、今が買い時かどうかを判断するのに、利回りはすごく役立つよ」って。

つまり、同じ5%の利率の債券でも、市場価格が変われば実際に手に入る収益は変わってくるわけです。

だから投資をするときは利回りをチェックして、色んな債券を比べてみることも大切。これが、賢い債券投資家になるためのコツなんですよ。

債券の種類:個別債権と投資信託・ETF

債券の種類:個別債権と投資信託・ETF

債券投資って、実はいろんな方法があるんですよ。ここではその中でも、特にポピュラーな「個別債権」と「投資信託・ETF」についてお話ししましょう。

まず個別債権は、直接特定の企業や政府から債券を購入する方法です。これ、ちょっと手間はかかるかもしれませんが、自分でじっくり調べて、自分の納得いく債券を選べるのがいいところ。

自分で納得して選べるのは、いいことよね!

例えば、ある企業が好調で、将来性があると思ったら、その企業の債券を買ってみる、とかね。

満期まで持っておけば、約束された利息をもらいつつ、最後には投資した元本も戻ってきますから、計画的な投資が可能です。

一方で、投資信託やETFは、いろんな債券に少しずつ投資する、っていう方法です。これは、1つの商品を買うだけで、たくさんの債券に分散投資できるから、リスクを減らしたい人にはピッタリ。

1つ買うだけで、分散投資できるのも魅力だよねえ!

ETFなんかは、株式みたいに取引所で売買できるから、手軽に始められますよ。

特にETFは、債券のインデックスに連動するように作られているので、そのインデックスの平均的なパフォーマンスを追求できるんです。

人気の債券ETF紹介

人気の債券ETF紹介

債券投資をもっと手軽に、そして分散して行いたい方には、債券ETFがおすすめです。最後のセクションでは、債券ETFについて解説していきますね。

債券ETFのメリット

債券ETFのメリット

投資信託やETFに投資するっていうのは、実は結構スマートな選択肢なんですよ。なんといっても、1番の魅力はリスク分散。

1つの商品を買うだけで、いろんな債券に手を出せるわけですから、個別の債券をピックアップするよりもリスクをぐっと減らせるんです。そして、この方法のいいところは、その手軽さ。

個別の債券を1つ1つ吟味するのって、結構時間がかかるし、知識も必要ですよね。でも、投資信託やETFなら、プロが運用してくれるので、そういう手間が省けるんです。

特にETFは、市場でサクッと取引できるので、市場の動きに素早く反応できるのもポイント高いです。

個別の債券を選ぶのって、正直言って面倒くさいんですよね。

私も同じよ!専門家に任せられるのは、時間も節約できて助かる!

一方で、個別債権の魅力は、収益性の予測可能性にあります。利率が固定されているので、満期まで保有すればどれくらい儲かるかがわかりやすい。

さらに、自分でどの債券に投資するか選べるので、自分の投資スタイルや目標にぴったり合わせることができるんです。そして、満期まで持っていれば元本が返ってくる安心感もありますね。

満期まで持てば、どれくらい儲かるか分かるのは、計画を立てやすくていいですね。

そうですね、未来の収入が予測できるのは、長期の資産計画には欠かせないです。

じゃあ、どっちを選べばいいのかっていうと、これはもう、自分のスタイルに合わせた選択が必要です。市場をじっくり分析して、自分で債券を選びたいっていう方は、個別債権がいいでしょう。

でも、忙しい人や、リスクを分散して、なるべく手間をかけたくないっていう方は、投資信託やETFの方が向いています。

プライベートバンカーとしての経験から言うと、多くのクライアントは、自分のライフスタイルや投資目標に合わせて、これらの方法を上手く組み合わせています。

例えば、基本はETFで分散投資しつつ、特に興味がある分野の個別債権に少し投資する、とかね。

結局のところ、どの方法を選ぶかは、あなたの投資目標、リスク許容度、そして投資にかけられる時間やエネルギーによって決まります。

どの道を選んでも、リスク管理と分散投資の原則を忘れずに、賢く投資していきましょうね。

おすすめの債券ETF

おすすめの債券ETF

では最後に、さまざまな投資ニーズに応えられるおすすめの債券ETFをいくつか紹介しますね。

中村さんのおすすめが聞けるのね!教えて!!

最近、利回り5%を超える債券が注目を集めていますが、その中でも特にチェックしておきたいのが、債券ETFなんです。

例えば、アメリカの債券市場をガッツリとカバーする「iShares Core U.S. Aggregate Bond ETF(AGG)」や、投資適格債に広く投資する「Vanguard Total Bond Market ETF(BND)」。

リスクをちょっと背負ってでも高い利回りを狙う「iShares iBoxx $ High Yield Corporate Bond ETF(HYG)」、金利の波に左右されにくい短期の企業債に特化した「Vanguard Short-Term Corporate Bond ETF(VCSH)」。

そして長期安全資産を求めるなら「iShares 20+ Year Treasury Bond ETF(TLT)」がオススメですよ。

これらはみんな、アメリカの債券市場に分散投資したい方、安定した収益とリスクのバランスを取りたい方、ちょっとした冒険を楽しみたい方、短期間で利益を上げたい方、長い目で安全資産を増やしたい方にピッタリ。

しかも低コストで、株みたいに証券取引所でサクッと売買できるんですから、使わない手はありませんね。

でもね、この債券ETFを選ぶときにはリスクやコスト、過去の実績をしっかり見ておかないといけません。

世界経済がどう動くか、金融政策がどう変わるか、その辺りも敏感にチェックしておく必要があるんです。

プライベートバンカーとして長年見てきた経験から言うと、自分の投資目標にちゃんと合った債券ETFを選ぶのは、賢い投資への第一歩ですよ。

まとめ

まとめ:債券投資を始める前に

今回は、利回り5%超の債券バーゲンセールと、債券投資における注意点、さらに人気の債券ETFについてご紹介しました

債券投資は、株式投資に比べて安定した収益を期待できる方法だけど、投資する前には、利回り、リスク、投資対象の特性をしっかりと理解するのが大切でしたね。

そして、投資は自分の財務状況やリスク許容度に合わせて行うべきです。情報収集を怠らず、賢い投資判断をしていきましょう。

この記事が、債券投資を考えている方々の参考になったら嬉しいです。投資は計画的に、そして楽しみながら行いましょう!

下記の記事では、債券価格が急落したときの対処法も学べますよ。併せて読んでくださいね。

目次