メルマガ登録LINE登録

貯金10億円あったらどこに預ける?初心者でも安心な投資法

もし10億円の資産があったら、どう運用すればいいの?

10億円の資産があったら、「どこに預ければいいか」「どう運用すればいいか」など、さまざまな疑問が生まれますよね。

この記事ではプライベートバンカーとして資産家の相談に乗ってきた知識を活かし、これから投資を始める方に、初心者でも理解できるよう簡単に解説していきます!

まず、10億円の運用で目指すべき利回りについて、初心者にも理解できるよう説明します。

この記事を読めば、高額な資産運用に対する疑問を解決することができるはずです!初心者でもわかるよう、丁寧に解説していきます。

この記事を読んでわかること
  • 資産運用の重要性が理解できる
  • 正しい投資手法が理解できる
  • プライベートバンクの活用法がわかる
  • リスクとリターンについて知れる
  • 資産運用のシミュレーションから学べる

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

10億円の運用で目指すべき利回りとその理由

目指すべき利回りとその理由

私はプライベートバンカーとして、10億円の運用において、リスクを避けつつ安定した利益を得ることをおすすめしています。

資産の幅広い分散投資が推奨されており、GPIF(日本の政府年金基金)の基本ポートフォリオ(国内株式25%、海外株式25%、国内債券25%、外国債券25%)を参考にしましょう!

ただし、運用の目標利回りは個々のリスク許容度や資産状況、目標とする生活水準などによって変わります。私たちのような専門家に依頼する資産家も多いです。

プロフェッショナルに相談することで、大きな資産を持つ個人がリスクを適切に管理できるでしょう!私の顧客は、長期的に安定した収益を得ることに成功しています。

10億円を運用する際の投資手法は?

10億円を運用する際の投資手法

私は今までプライベートバンカーとして、10億円を超える資産の運用を何度も経験しました。そこで得た知識から、10億円を運用する際の投資手法を4つ紹介します。

分散投資

分散投資

分散投資とは、投資リスクを軽減するために、複数の異なる資産に投資する手法です。

株式、債券、不動産など、さまざまな資産クラスに投資を分散することで、一部の資産が価値を失っても、他の資産のパフォーマンスにより損失を補填できます。

私の顧客の中に「時間の分散」に注目をした投資家の方がいます。金融商品を一度に全て購入するのではなく、複数回に分けて購入する手法を使いました。

市場の変動リスクを分散することで、長期的なリターンを得ることに成功しています。

長期投資

長期投資

長期投資は、一定の資産を長期間保有し続ける投資手法です。例えば、米国株式の長期投資は、日本株式に比べて高いパフォーマンスを示すことがあります。

私は、顧客に対し、長期的な米国株式の保有をおすすめしています。全世界的な価格下落時にパニック売りを避ける助けになり、一時的な変動を長期的な視点から捉えることに成功しました。

不動産投資

不動産投資

不動産投資は高いリターンを期待できる一方で、リスクも伴って知ってましたか?成功するためには、物件の選択、購入価格、賃料設定、管理費用など、多くの要素を慎重に考慮しましょう。

投資総額が大きいからといって、必ずしも良い結果を意味するわけではありません!物件の保有数や投資総額と、実際に手元に残るお金(キャッシュフロー)のバランスを考慮することが重要です。

適切なタイミングでの投資が、不動産投資を成功に導く鍵です。

レバレッジ運用

レバレッジ運用

「レバレッジ運用」とは、元手以上の資金を投資に用いて大きな利益を目指す運用方法です。

私の友人は、10億円を運用する際にレバレッジを効かせることで、数倍の資金を動かすことに成功しています。

しかし、この方法はハイリスク・ハイリターンの性質を持ち、失敗した場合には元手以上の損失を被るリスクがあります。

プライベートバンカーとして、自己の資産状況に合ったリスクを取ることが重要だとアドバイスしています。

不動産投資などでは、融資を受けてレバレッジ効果を得ることが一般的です。

これにより、元手を超える大きな資産形成が可能になりますが、レバレッジ運用は、大きな利益を得るチャンスがある一方で、同様に大きなリスクも伴います。

投資を行う際は、慎重な判断ができる専門的にアドバイスを求めましょう。

プライベートバンクがおすすめ?メリットデメリットを紹介

プライベートバンク

プライベートバンクにはメリットとデメリットがあります。今まで担当した顧客のケースを例に、具体的に解説します。

プライベートバンクのメリット

プライベートバンクのメリット

プライベートバンクでは、顧客一人ひとりのニーズに合わせたオーダーメイドの資産運用が可能です。10億円を超える貯金がある場合、資産を効率的に運用し、保全することが重視されます。

私はプライベートバンカーとして、金融サービスに限らず、プライベートに関する様々な相談にも対応してきました。

10億円を超える資産を持っている方は日本では非常に少なく、悩みを解決できるアイデアを持っているバンカーも少ないことが理由です。

プライベートバンクは、相談相手が少ない富裕層にとって非常に有益なサービスだと言えるでしょう。

プライベートバンクのデメリット

プライベートバンクのデメリット

プライベートバンクの利用コストは他のサービスと比較すると高額に感じるかもしれません。10億円をコストを抑えて運用したい方にとって、大きな出費になってしまいますよね?

プライベートバンカーの利用を辞めてしまった方の中には、ワンストップのサービス提供に不満を持つ方もいました。プライベートバンカーの偏った知識で運用するため、顧客はより良いサービスを利用する機会を逸してしまう可能性があったからです。

利用コストは高いはちょっと嫌かな。

最低預入額程度の金融資産しかない場合、運用が長期にわたり塩漬けになるリスクもあります。

【衝撃】バブル期の10億円投資は6000万儲かっていた?

利息率

今回は、バブル期に活躍していたプライベートバンカーの先輩の体験談を紹介します。現在の利息率と日本のバブル期の利息率を比較すると、衝撃の事実が判明しました…!

バブル期に10億円を運用するといくらになるの?

日本のバブル期(1989年から1990年頃)は、定期預金の利息率は最高で6%でした。

10億円を預けた場合、年間6000万円の利息が発生しますね。

現在の普通預金の利息率は非常に低く、0.002%です。日本のバブル期(1989年から1990年頃)では、定期預金の利息率は最高で6%でした。

10億円を預けた場合、年間6000万円の利息が発生します。現在の利息率よりもはるかに高いことがわかりますね。

年間6000万円!?現在の普通預金の利息率だといくらになるの?

しかし、現在の利息率を見てみましょう。普通預金口座に10億円を預けると、年間の利息はわずか1万円です。

税金約20%を差し引くと、実質的には約8000円の利息にしかなりません。

年間の利息はわずか1万円!?

現代では定期預金に預けるのではなく、株や投資をして財産を増やした方が良いでしょう。

10億円の運用で心がけたいポイント

10億円の運用で心がけたいポイント

プライベートバンカーとしての知識から、大きな資産を持つ個人が安定した運用を目指す際に考慮すべきポイントを解説します。10億円の資産形成を目指し、一歩踏み出してみませんか?

分散投資の徹底

分散投資の徹底

分散投資は、リスクを分散し、一部の資産が価値を失っても他の資産のパフォーマンスにより損失を補填する戦略です。

私は10億円の運用をしたいお客様に対し、GPIFの基本ポートフォリオ(国内株式25%、海外株式25%、国内債券25%、外国債券25%)を参考にする方法をおすすめしています。

分散投資をすれば、市場の変動によるリスクを軽減し、長期的な安定したリターンが目指せます。

また、時間の分散、すなわち積立方式での投資もリスクヘッジとして有効であり、下げ相場でも長期積立投資によるプラスリターンが期待できるでしょう。

大きな市場の変動に左右されずに安定した資産運用を目指すことが可能です。

リスクの適切な管理

リスクの適切な管理

資産運用におけるリスク管理は、特に大きな資産を運用する際に非常に重要です。

リスクが高い投資先は避け、ローリスク・ローリターンの金融商品を中心に選択することをおすすめしています。

リスクとリターンのバランスを考慮し、運用の目標利回りを一般的な数値である年率3%程度に設定しています。

この利回りならば、年間で約3000万円の利益が見込めるでしょう。さらに、リスクを分散させることで、特定の資産に依存しないことも大切です。

リスクを理解し、長期的な視野で資産を運用したお客様は、現在も資産を守りながら安定したリターンを得ています。

専門家のアドバイスを活用する

専門家のアドバイスを活用する

10億円の運用では、私たちプライベートバンカーのような専門家のアドバイスを活用することが資産運用の成功に不可欠です。

私は市場の動向や金融商品の特性を深く理解しており、個々の投資家のニーズに合わせた運用戦略を提案できます。

投資家のリスク許容度や投資目標を考慮し、適切なポートフォリオを構築する手助けが可能です。

さらに、税務や相続計画など、資産運用に関連する幅広いアドバイスも提供しています。

知識や経験の不足を補うことで、より効果的な資産運用が叶うでしょう。

資産保全を重視する

資産保全を重視する

資産保全は10億円の運用において重要なポイントです。運用の目的は短期的な利益だけでなく、将来の世代に対する資産の保全も含まれます。

資産保全を重視する手法をに切り替えたことで、インフレや市場の変動による資産の目減りを防ぎ、資産の価値を維持できたユーザー様が数多くいます。

不測の事態や市場の急変に対し、資産を守ることに成功しています。

専門家のアドバイスを活かし、税務や法的な側面から資産保全の戦略を検討することが重要です。

まとめ

まとめ

10億円を運用するとなると、リスクの大きさから、誰しも慎重になりますね。

運用資金が大きい場合、市場の変動による影響も比例して大きくなります。

投資先の価値が下落した場合、損失の絶対額は運用資金の大きさに応じて増加する可能性を考慮しなければなりません。

さらに、高額運用の場合、運用コストも高くなるでしょう。10億円を超える高額運用には、専門的な知識や経験が必要です。

適切な運用を行うためには、私たちのような専門家のアドバイスを求めることは不可欠です。

高額な資金の運用は専門家に相談して慎重に行いましょう。運用のプロフェッショナルにアドバイスを求めるのも良いかもしれません。

目次