メルマガ登録LINE登録

ゼウスこと、米国REITのリスクを正しく理解していますか?

ゼウスこと、米国REITのリスクを正しく理解していますか?

みんな、こんにちは!今日は「知らないと危険!ゼウスこと、米国REITのリスクを正しく理解しよう」って話をしようと思います。小学生でもわかるように、楽しく簡単に説明するね!

そもそも、REITって何?って話からしていくよ!

REITって何?

REITってなに?レイト?聞いたことないわ。

「リート」って読むらしいよ。自分もそれ以上は知らないけど。

不動産に関する投資だってのは、聞いたことがあるな。

それじゃあ、REITがなにかをちょっと見ていこうか。

REIT(リート)っていうのは、Real Estate Investment Trust(不動産投資信託)の略で、簡単に言うと不動産に投資できる商品のこと。

テレビでよく見るあの高いビルや大きなショッピングモールに、お小遣いからちょっとずつお金を出して投資できるんだよ。まるで、お金を出し合ってビルの一部を持つような感じかな。

お小遣いでもできる不動産投資かあ!やってみようかな。

自分が不動産オーナーになれるなんて、ちょっと夢みたいだよね!

題名にあげた「ゼウス」っていうのは米国の不動産を扱うREITなんだ!

ゼウスっていうのは、米国不動産を扱うREITの一種なのね。

そうだね。ここではREIT全般の一般的な話をしていくよ。

この記事を読んでわかること
  • REITのいいところ
  • REIT投資のリスク
  • REITの裏側
  • REIT投資の隠れたリスク
  • REIT投資のワナ

REIT投資については、以下も役に立ちます。

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

REITのいいところ

REITのいいところ

REITのイイところはね、ビル王やショッピングモールのオーナー気分が味わえること。お小遣い程度から始められて、配当金もポチポチ入るから、なんか得した気分になれるよ!

少額で始められて、配当金がもらえるなんて、なんか夢みたい!

不動産王気分が味わえるってこと!?

REITのいいところ
  • 小額から始められる: 本当に1万円からでもOK!お小遣いを貯めて、大きなビルやショッピングモールに投資できるんだ。
  • 配当金がもらえる: 投資している不動産から得られる家賃収入のようなものが、配当金として手に入るよ。まるで、自分が不動産王になったみたい!

でも、デメリットもあるんだ

でも、デメリットもあるんだ

REITって、本当に簡単に始められて、ちょっとしたお小遣いで不動産投資ができちゃうから魅力的に思えるけど、注意が必要なポイントもあるんだよ。

え?デメリット…?一体なにがあるの?

注意が必要って、いったいどうしたの?

REITのデメリット
  • 市場の変動: 株式市場みたいに、価格が上がったり下がったりするから、投資したお金が減ることもあるんだ。
  • 特定の業種に依存: 例えば、ホテルやショッピングモールだけに投資していると、その業種が不況になったら収入が減っちゃう可能性も。
  • 配当金の変動: 不動産からの収入が安定しないと、もらえる配当金の額も変わってくるから、毎回同じ額がもらえるとは限らないんだ。

上のように、高い手数料や市場の動向に左右されて元本割れを起こす危険もある。よく注意しておこうね。

小さな投資家でも大丈夫?

小さな投資家でも大丈夫?

「でも、本当に小さな投資で大丈夫なの?」って思うかもしれないけど、REITは本当に小額からでも始められるよ。ただ、ちょっとしたお金で始められるからって、全部のお小遣いをREITに回すのは危険!

バランスを考えながら、他の投資と組み合わせるのが賢い選択かな。

私の知り合いが、ひとつのREITに全力で投資してしまったことで、コロナ禍の影響で不動産価格が下がって、大損してしまった話があるから、投資先は複数えらんで、リスクを分散することが大事なんだ。

不動産王気分になれるのは魅力的だけど、全ツッパはダメなのか…

REITは不動産分野だけへの投資だからね。ちゃんと複数のポートフォリオを持って、リスクを分散するのが賢いやり方なんだ。


REITに投資するって、本当に簡単で面白そうだけど、リスクもあるから気をつけよう。

配当金をもらって、ちょっとした不動産王になる夢を見るのもいいけど、どんな投資にもデメリットはあるから、しっかりと理解してから始めることが大切だね!

REIT投資のリスクって?

REIT投資のリスクって?

リスクの種類が案外多いわね…

対策も働きながらだとちょっと大変そう。

初心者にできるREITリスクの管理は、REITに全力投資しないで複数の分野に投資することかな。REITは不動産だけだからね。

REITって、不動産に間接的に投資することができるけど、その背後にはいくつかのリスクが潜んでいるんだ。

REIT投資のリスク
  • 市場の波: 株式市場と同じく、REITも市場の波に乗るから、経済が下降すると価値も一緒に下がる。つまり、投資したお金が減るリスクがあるってこと。
  • 利回りの誤解: 配当が魅力に聞こえるけど、その配当金の源泉が安定していないと、思ったほどの収益は得られないことも多いんだ。
  • 運用の質: REITを管理している運用会社の質によって、成果が大きく変わる。悪い運用戦略は、投資家にとって損失を意味する。

あとは、手数料にも要注意だ。不動産のプロがやるから、その分手数料は高くつくよ。

投資における手数料は大事って、中村先生いつも言ってるもんね!

慎重になるべき理由

慎重になるべき理由

確かに、REITの運用会社の運用先までは情報が入ってこないわ…

手数料が高いのもなにげに痛いよね…

あとは、コロナ禍がまた再燃しつつあるのも注意ポイントだ。経済が不安定になりかねないからね。

REIT投資って、手数料も高いし、市場の波や金利の変動に左右されやすいから、急に価値が下がることも。配当が安定しないリスクもあるから、投資する前にしっかり考えた方がいいよ。

私の知り合いも、配当金だけに目がくらんで投資会社の選択を見誤ったことで、手数料で大きな損害を出してしまったことがあるから、本当に要注意だよ!

REIT投資をやるなら、しっかり長い目でみないといけないね。

目先の配当金に目がくらむのは本当に危険!手数料や、長期的な経済動向に目を光らせないとやけどするよ!

慎重になるべき理由
  • 不透明な情報: REITの内部運用や不動産の質について、詳細な情報が不足していることが多い。そのため、リスクを正確に把握するのが難しいんだ。
  • 高い手数料: REITには管理手数料や運用手数料がかかることがある。これが収益を圧迫して、実際に手元に残る利益を減らしてしまう可能性がある。
  • 経済状況への依存: 不動産市場は経済全体の状況に左右されるから、経済が不安定な時期はREITの価値も下がりやすい。つまり、リスクが高まるってこと。

賢い投資家の対策

賢い投資家の対策

REIT投資する前には、ちゃんと宿題しなきゃダメだよ。キラキラした配当率にだまされずに、しっかり運用会社や物件のこと調べてね。

全部のお金をREITに突っ込むのはNG、他の投資とミックスしてリスク減らそう。あと、一攫千金狙いは危険!長い目でじっくりやるのがコツだよ。

一攫千金!なんて甘い話はなかなかないか。

それはそうだね。宝くじだってそうそう当たるものじゃないし。

もしREITをやるなら、本当に長期戦でやることを覚悟するんだ。配当金目当てにすばやく手を引いてしまうと、手数料で損をすることだってあるからね!

賢い投資家の対策
  • 徹底的なリサーチ: 投資前に、REITのポートフォリオや運用会社の実績をしっかり調べること。見た目の配当率だけで判断しない。
  • 分散投資の重要性: 全ての資産をREITに依存させないこと。他の投資商品と組み合わせることでリスクを分散させよう。
  • 長期的な視野: 短期間での大きなリターンを狙うのではなく、長期的な視野を持って投資すること。市場の変動に左右されにくい戦略を立てる。

REIT投資は、表面的には魅力的に見えるけど、裏を返せばリスクも大きい。特に、不動産市場の不確実性や運用会社の質、経済状況の変動は、慎重に考慮すべきポイント。

利回りの高さに目がくらむ前に、リスク管理と分散投資の重要性をしっかり理解しておくことが大事なんだ。

不動産神話の時代とちがって、REITに全力投資はまずいのか…

そうだね。投資をするなら、リスク分散の概念は必要不可欠なんだ。お金をドブに捨てたいのでなければね。

先生こわい…

さてさて、REIT投資についてちょっと目を向けてみると、実はピンク色の夢ばかりじゃないんだよね。今回は「REIT投資、本当にお得?リスクを知って賢く避けよう!」って話をしていこう。

REITの裏側って?

REITの裏側って?

みんながREITに夢中になってるけど、実はちょっと考えものなんだよね。

「誰でも不動産王!」なんて言われたら夢も見ちゃうよね!

だからこそ、裏側を知っておかないと怖いわね。

そうだね。とくに運用会社のスキルに大きく左右されてしまうのは重大なリスクだ。やるなら実績のある会社をちゃんと選ばないとね。

REITの裏側って?
  • 市場の乱高下: 株みたいに価格がバタバタするから、今日は儲かってる!と思っても明日には泣いてるかもしれないんだ。
  • 収入が不安定: 配当金って聞くと嬉しそうだけど、実はその額、めっちゃ不安定。物件が空いてたりすると、収入ガタ落ちだよ。
  • 運用会社に左右される: うまい話には裏がある。運用会社のスキルによって、全然違う結果になっちゃうこともしばしば。

REITって実は不安定なのね…

人口が先細りになってるからね。借り手がいないと不動産が儲からないのはわかるよね。

じゃあ、リスクはどう避ける?

じゃあ、リスクはどう避ける?

全ツッパしない、短期では考えない。かあ。

そうだね。ここでは、リスクの避け方を見ていくよ。

「REITってリスクがあるけど、どうすればいいの?」って思うよね。ここでちょっと立ち止まって考えてみよう。

リスクはどう避ける?
  • 全部を賭けない: 一つの投資に全財産を突っ込むのは超危険。REITに手を出すなら、他の投資とバランスを取ること。
  • 短期間で結果を求めない: 急がば回れ。短期間で大儲けしようとすると、失敗する可能性大だからね。
  • 自分で勉強する: 運用会社の言うことだけを鵜呑みにしないで、自分で市場のことを理解する努力が必要だよ。

自分で勉強かあ…これができれば自分で投資するわよね。

「全部を賭けない」ってのはわかりやすいけどね!

REITをやるなら、長期戦をしっかり覚悟するんだ。上にあげたとおり、急がば回れだよ。

REIT投資の落とし穴

REIT投資の落とし穴

実は、REIT投資ってそんなに甘くないんだよね。いくつかの落とし穴があるから注意が必要。

不動産王の落とし穴か…正直こわいわね。

運用が人任せな分、手数料が高いのとかね。

特定の物件に依存するっていうリスクは見えにくい。調べるのも難しいから、要注意ポイントだね。

REIT投資の落とし穴
  • 経済全体の影響を受けやすい: 経済が悪くなると、不動産市場もダメージを受ける。そうなると、REITの価値も一緒に下がるんだ。
  • 高い運用費用: これ、意外と知られてないけど、REITの運用費用って高め。その分、利益が減っちゃうことも。
  • リスクの見えにくさ: 不動産に投資してるから安心って思いがちだけど、実はそうでもない。市場の変動や特定の物件に依存するリスクもあるからね。

この、経済全体の影響を受けやすいというのが本当にネックで、絶えない市場の動向チェックが不可欠になってしまうんだ。

私の知り合いが、入院で市場動向をつかみ損ねたせいで損してしまった事例があるから、自己管理も大切にね!


REIT投資、表面的には輝いて見えるけど、裏を返せばリスクもいっぱい。配当金をもらう夢を見るのもいいけど、しっかりリスクを理解して、賢く避ける方法を考えることが大切。

不動産投資の王道とはいえ、全てが全てうまくいくわけじゃないから、自分でしっかり勉強して、賢い選択をしようね!

賢い選択といっても、勉強が必要じゃあなあ…

正直、めんどくさいよね。

REITで利益を出したいなら、ちゃんと実績のある運用会社に預けるのが無難かな。くれぐれも、目先の配当金にだまされないように!

REIT投資の隠れたリスク

REIT投資の隠れたリスク

REITを通じた不動産投資は手軽で魅力的に感じられるけど、実はその裏にはいくつかの潜在的リスクがあるんだ。

こうもリスクを連発されると、さすがにたじろぐわね。

でも、リスクを知っておけば損も防げるんじゃないかな?

どの投資にも言えることだけど、リスク管理は本当に重要。特にREIT投資では情報収集がカギになるんだ。

REIT投資の隠れたリスク
  • 不動産市場の波: 不動産市場は景気の影響を大きく受ける。つまり、経済が下り坂になればREITの価値も下がり、投資した資金が目減りするリスクがあるんだ。
  • 運用会社の手数料: REITはプロによる運用が売りだけど、その分、手数料がかかる。これが意外と高くつくこともあって、利益を圧迫することになりかねない。
  • 流動性の問題: 人気がないREITだと、売りたい時になかなか売れないことがある。これが投資資金を固定化し、資金の回収が難しくなる原因にもなるよ。

私の知り合いのひとりが、コロナ禍中に底値だと思ってREITに投資して、予想以上にコロナ禍が長引いたことで大損してしまった例もあるから、流動性の問題というのはREIT投資では特に難しいんだ。

REIT自体あまりおすすめはしかねるけど、やるなら本当に長期戦になることは覚悟するんだ。

プライベートバンカーの中村さんの視点から見たREIT投資のリスクとは?

プライベートバンカーの視点から見たREIT投資のリスクとは?

プライベートバンカーである私の立場から言えば、REIT投資は小口投資であること、レバレッジ(借金して投資すること)ができないなどのデメリットが挙げられる。

実物の不動産なら、手持ちのお金を頭金にしてローンを組むことでレバレッジをかけられるからね。

借金してまで投資をするのも怖いけどね…

でも、リターンが小さいのはデメリットよね。

プライベートバンカーのお客さんは富裕層が多いから、レバレッジをかけて直接不動産を買ってしまうことが多いんだ。リスク管理を自分でできるのと、リターンが大きいのがメリットだね。

私のお客さんは富裕層の人が中心だから、そうやって実物の不動産を買ってしまう人が多いんだ。

REIT投資はそういう意味でも大きな投資になれないリスクを抱えているから、なんともおすすめはしかねるね。

直接不動産を買えるリッチな人ならいいけど、普通の人はそうもいかないよね。

かといって、REITに頼りっきりもおすすめできないからね。やるなら他の投資もして、リスクを分散するんだ。

では、どうすればいいのか?

では、どうすればいいのか?

とはいえ、REIT投資のリスクを理解した上で、賢く対処する方法を考えてみよう。

リスク対策か!これで安心!かな?

REIT投資で一番重要なのは「REITに全力投資しない」ってのは皮肉だけどね。リスクの分散は初歩にして奥義なんだ!

どうすればいいのか?
  • 過度な期待は禁物: 高い利回りに目がくらむことなく、リスクとリターンのバランスを常に考えることが大切。不動産市場の不確実性を念頭に置き、冷静に判断しよう。
  • 分散投資を心がける: REITだけに偏った投資は危険。他の資産クラス(株式、債券など)にも分散して投資し、リスクを軽減することが賢明だ。
  • 長期的な視点を持つ: 不動産市場は短期的な変動が激しい。REITに投資する際は、長期的な視点で市場の成長を見極める姿勢が必要だ。

REIT投資のワナ

REIT投資のワナ

今度はワナか…

でも、情報が不透明なのは事実なのよね。

実績は大事なんだけど、それだけで過信しすぎるのも禁物なんだよね。不動産って、借り手がいないと成り立たないから、世界的な情勢に耳を傾けないとね。

REITに手を出す前に、もう一度考えてみよう。本当にその投資が自分の投資目的やリスク許容度に合っているのか、そして、市場の変動に耐えられるだけの準備ができているのか。

REIT投資のワナ
  • 運用結果の過信: 過去の実績が良かったからといって、未来も同じように良いとは限らない。市場環境の変化には常に注意が必要。
  • 情報の非透明性: REITの内部情報は一般の株式ほど透明ではない場合が多い。投資決定前には、できる限り多くの情報を集めることが大切だ。

自己の投資スタイルやリスク許容度と照らし合わせないと、思わぬワナにはまることがあるんだ。

今回は、そんなREIT投資に対する否定的な立場からの視点で話を進めてみたけど、「REIT投資、本当に安全な選択肢なの?」という疑問を持つのも無理はないよね。

お手軽不動産王!ってわけにもいかないのね。

どの投資でも疑問を持つのは大事だけれど、特にREITは不動産だけだから注意が必要なんだ。

REIT投資のワナについて

REIT投資のワナについて

不動産って手堅く見えるけど、株式と同じくらい波があるのね…

投資先が不透明なのも、ちょっと不安だよね。

そういうリスクを知ってるかどうかだけでも、REITに対する考え方が変わってくるからね。不動産神話を過信してはいけないよ。

みんながREITを絶賛する中、ちょっと立ち止まって考えてみる必要がある。特に以下の点は、REIT投資のワマとなり得るんだ。

REIT投資のワナについて
  • 市場の波: 株式市場同様、REITもまた市場の波に乗る。良い時は本当に良いけど、悪い時は思いもよらないほどのダメージを受ける可能性があるんだ。
  • 配当の不安定性: 配当が魅力の一つとされるけど、これが常に安定しているとは限らない。経済状況や物件の状態によっては、配当が減ることもあるんだよ。
  • 運用の透明性: 運用会社がどのように資産を管理しているか、詳細は一般投資家には見えにくい。運用の透明性が低いことが、不安やリスクを高める原因になりかねない。

REIT投資への懐疑的な視点

REIT投資への懐疑的な視点

人を疑うのは得意よ!

あんまり自慢になってない…

ははは。でも、不動産を過信するのは本当に危険なんだ。疑うべき点はしっかり疑わないとね。

REIT投資に対して懐疑的な視点を持つことは、決して悪いことではない。むしろ、冷静にリスクを評価し、自分に合った投資を選択するためには必要なスタンスだよ。

REIT投資への懐疑的な視点
  • 経済環境の変化への敏感さ: 経済全体の変動や不動産市場の動向に、REITは敏感に反応する。投資前には、現在の経済環境をしっかり分析することが大切。
  • 運用会社への信頼: 投資するREITを選ぶ際には、運用会社の信頼性や実績を重視すること。過去の成功例だけでなく、失敗例にも目を向けることが重要だよ。
  • 長期的な視野: 短期間での大きな利益を期待するのではなく、長期的な視野で投資を考えること。REIT投資は、時間をかけてじっくりと成果を出すタイプの投資だからね。

REIT投資のワナを見極めよう

REIT投資のワナを見極めよう

繰り返されてるけど、不動産ももう株式同様波があるのね。

配当が不安定ってのも、過信は禁物だね。

そうだね。バブルじゃあるまいし、不動産への過信は禁物だ。しっかり、他の投資先も考えておかないとね。

REIT投資は、不動産へのアクセスを容易にする一方で、その魅力に隠されたリスクを見落としがちです。

市場の波に強く影響される性質、配当の不安定さ、そして運用の透明性の欠如は、投資家にとって大きな懸念事項となります。これらのリスクを軽視した投資は、予期せぬ損失を招く可能性があります。

冷静な判断が必要

冷静な判断が必要

冷静な判断かあ。自分にできるのかな?

信頼できるパートナーかあ。やっぱり実績で選ぶべきかな?

長期戦で挑まないといけないのもポイントよね。

REIT投資へのアプローチを考える際は、経済環境の変化に敏感であること、運用会社の信頼性を重視すること、そして長期的な視野を持つことが重要です。

特に経済の不透明な時期には、REITの価格が大きく下落するリスクも高まります。

運用会社の選定では、その過去の実績だけでなく、運用方針の明確さや投資家とのコミュニケーションの質も考慮する必要があります。

だからこそ、REITに投資するなら、しっかり情報を集めてからにしないとね。くれぐれも、過信は禁物だよ!

まとめ

では、今回をまとめてみようか。

まとめ:賢い投資家になるために

REIT投資に対して慎重な立場を取ることは、否定的な見方というよりも、賢い投資家になるための一歩です。

投資はリスクとリターンのバランスを取る行為であり、リスクを正しく理解し、自分の投資スタイルや目的に合わせた適切な戦略を立てることが成功への鍵を握ります。

REITに限らず、どんな投資にも言えることですが、情報収集を怠らず、市場の動向を注視し、冷静な判断力を養うことが大切です。

最終的に、自分自身の投資判断に責任を持つことが、賢い投資家への道を開くことでしょう。

目次