メルマガ登録LINE登録

高リターンにご用心!海外リート投資の落とし穴と賢い代替案

高リターンにご用心!海外リート投資の落とし穴と賢い代替案

海外リートに興味はあるんだけど、リスクも心配なのよねえ。投資をはじめるようか迷ってるのよ。

たしかに海外リートは利回りがいいって聞くけど、安全面が気になるよね。どうなんでしょう?


海外リートを知っている方は、「海外リートの高リターンって魅力的だけど、実はちょっと怖いよね?」というのが、多くの人の本音じゃないかと思います。

それに海外リートって、なんとなく複雑そうってイメージもあります。

そこで今回は、海外リートの学習とそこに隠れている落とし穴、もっと安心できる賢い投資法について、わかりやすく解説していきます。

投資の初心者さんからベテランさんまで、一緒に海外リートについて学んでいきましょう。

こちらの記事を読んだ後は、海外リートのリスクをきちんと理解して、もっと安全な投資戦略を立てられるようになります。

こちらの記事がおすすめの方
  • リートってなに?…って気になる方
  • 海外リートが気になっている方
  • 海外リートってよく聞くけど、リスクが心配…って思ってる方
  • もっと資産運用の選択肢を広げたい!と考えてる投資家の方

投資の知識を増やして、マネーリテラシーを一段階上げましょう。

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

そもそもリートってなんだったっけ?

そもそもリートってなんだったけ?

「リートってよく耳にするけど、実際どんなものなの?」と思っている人も多いかもしれませんね。リート、これは実はとっても身近な投資方法なんですよ。まずはリートの基本から解説していきましょう。

リートの基本概念

リートの基本概念

リート(REIT)って、正式には「Real Estate Investment Trust」の略称で、要は不動産投資信託のことなんです。

これはどういうものかというと、みんなからお金を集めて、その資金で不動産に投資するんです。オフィスビルや商業施設、アパートメントなど、色々な不動産にですね。

それで、その不動産から得られる家賃や売却益、そういう収益を、投資してくれた人たちに分配するわけです。面白いのは、この仕組みを使えば、少額からでも不動産投資ができちゃうんですよ。

専門家が管理してくれるから、個人では難しいような大きなプロジェクトにも参加できるんですね。

リートの利点

リートの利点

そんなリートの利点について掘り下げていきましょう。ふつうに個人で不動産投資をするのって大変そう…っておそらく誰でも思いますよね。そこがリートのポイントなのです!

自分で物件を選んで、買って、管理する…そんな手間は一切なし。プロにお任せして、手軽に不動産市場に参入できるんです。

しかも、リートでは色んな不動産に投資するから、分散投資効果があります。これがまたいいんですよね。たとえ1つの物件で問題があっても、他の物件でカバーできる可能性があるわけです。

だから、全体としては安定した収益を見込むことができるんです。リートは、そんな賢い投資戦略を可能にしてくれるんですよ。

私のクライアントの中には、リートでコツコツと資産を増やしている方も多いんです。少額から始められる手軽さが、特に初心者の方には好評ですよ。

リートって少額から始められるんだ。私にもできそうよ!

専門家に任せられるのは安心だね。リートいいね、考えてみようかな。

国内リートと海外リートの違い

国内リートと海外リートの違い


では続いて、国内リートと海外リートのちがいについて見ていきましょう。リート投資って国内にもあるし海外でもあります。日本のリート(J-REIT)と海外リートでは、ちょっとした違いがあるんですよ。

それを知ると、投資の幅がグッと広がります。ということで、こちらでは日本のリートと海外のリートのちがいについてご紹介します。

J-REITとは

J-REITとは

まずはJ-REITから。J-REITは、日本国内の不動産に投資するリートのこと。私たちの身近なオフィスビルや商業施設、マンションなどが投資の対象になっています。

「えっ、あの大きなビルも?」って感じだと思います。J-REITは日本国内に特化しているので、国内の市場動向がわかりやすいし、情報も手に入りやすいんです。

日本の不動産市場なら、身近に感じられるし、投資先としての安心感もありますよね。

海外REITの特性

海外REITの特性

では、海外REITはどうでしょう?こちらはもっと多様性に富んでいます。例えば、アメリカやヨーロッパのリートに投資すれば、居住用の住宅だけでなく、農場や刑務所までが投資対象になることも!

「えっ、刑務所にも投資できるの?」と驚かれるかもしれませんが、海外ではそういう珍しい投資対象もあるんです。国によってリートのルールが違うので、投資の選択肢もグンと広がるわけです。

これって、投資の世界をもっと広げたい人にとっては、すごく魅力的なんですよ。ただし、国ごとの市場や法律、リスクを理解する必要があるので、ちょっと勉強が必要ですけどね。

海外リートは魅力的ですが、国内リートの方がリスク管理がしやすいです。特に日本市場に精通している方には、J-REITがおすすめですね。

J-REITなら、日本の市場だし情報もわかりやすいかも。

海外リートは面白そうだけど、まずはJ-REITから始めてみるのがいいかな。

海外リートをおすすめしない理由

海外リートをおすすめしない理由


これまでの説明で、「海外リート、興味がわきました!!」と思っているあなた、海外リートには、ちょっと見えにくいけれど、意外と大きな落とし穴があるんです。

それを知らずに飛び込むのは、ちょっと危険かもしれませんよ。こちらで、そんな海外リートをおすすめしない理由について説明していきます。

リスクと情報収集の難しさ

リスクと情報収集の難しさ

海外リートの最初のリスクは、「情報収集」です。海外の不動産市場って、なかなか複雑で、政治的な動きや自然災害のリスクも考えなくちゃいけません。

これらの情報をリアルタイムでキャッチするのは、正直言って結構大変。

日本にいながら海外の最新情報を得るのは、思っている以上に時間がかかるし、時差もあるからタイムリーな情報が手に入りにくいんです。

「今、この国の不動産市場は大丈夫?」って確認するだけでも、実は一苦労なんですよ。

購入の手間と複雑さ

購入の手間と複雑さ

そして、次に直面するのが「購入の手間と複雑さ」。海外リートを直接買うって、実はそう簡単ではありません。

どうやって買うのか、どんな手続きが必要なのか、初めての人にはちょっとハードルが高いんです。しかも、異なる国の法律や税制、手続きの複雑さもあって、頭を悩ませることも。

これらをクリアするには、かなりの労力と時間、そして時には専門家の助けも必要になるんです。だから、海外リートは「簡単に始められる投資」とはちょっと言い難いんですよね。

海外リートの情報収集はなかなか大変です。わたしも日本にいながらの情報収集だと、なかなかむずかしいですね。

情報が取りづらいのは心配だな。リスクをちゃんと考えないと。

やっぱり安全に投資したいから、海外リートはちょっと考え直そうかな。

おすすめの投資法 やっぱりジャパンか?!

おすすめの投資法


「じゃあ、海外リートじゃなくて何を選べばいいの?」って、頭を悩ませているあなたに、ちょっとおすすめの投資法をご紹介。

海外リートのリスクを避けて、でもしっかりと資産を増やす方法、知りたくないですか?最後にプライベートバンカーおすすめの投資法を伝授しましょう。

J-REITへの投資

J-REITへの投資

まず、お手軽で安心なのが、国内リート、つまりJ-REITですね。なんだ結局ジャパンかよ!って言われそうですがJ-REITなら、日本国内の市場なので、情報収集もラクラク。

それに、日本の不動産市場を知っているっていう安心感もあります。

運用も比較的安定しているので、初心者さんにもピッタリ。手軽に始められて、しっかりと収益も見込める、そんな一石二鳥な投資法なんですよ。

分散投資の重要性

分散投資の重要性

それから、「卵全部を1つのカゴに入れちゃダメ」とよく言いますよね。それが、分散投資の大切さです。株や債券、あるいは他の投資商品にも目を向けてみましょう。

色んな資産クラスにちょっとずつ投資することで、1つの市場が下がったとしても、他でカバーできる可能性があるんです。これでリスクを減らしつつ、より安定した収益を目指すことができますよ。

さあ、あなたも分散投資で、より賢い投資家になりましょう!

J-REITや分散投資は、安定した収益を目指す上で非常に有効です。実際わたしも、初心者の投資家さんにはおすすめしています。

分散投資ってリスクを減らせるのね。わたしも、いろいろな投資を組み合わせてみようかな。

J-REIT、安心して始められそう。投資の選択肢が増えて嬉しい!

まとめ

まとめ

さて、今回の記事をまとめてみましょう。海外リートって、確かに高利回りやいろんな投資先があって魅力的。でも、その裏にはちょっとした落とし穴も…。

情報を集めるのが大変だったり、思わぬリスクがあったり、手に入れるのが難しかったり。だから、海外リートはすべての人におすすめってわけじゃないんですよね。

投資って、やっぱりリスクとリターンのせめぎ合い。高いリターンを狙うのもいいけど、リスクには目を向けないといけません。自分でしっかりと情報を集めて、慎重に判断する。

これが、賢い投資家になるための大切なポイントです。海外リートの代わりに、J-REITや分散投資を検討してみるのもいいかもしれませんね。

これらはリスクを抑えつつ、安定した収益を目指せる方法なんです。投資の世界って、色々な選択肢があるから、自分に合った方法を見つけるのが1番ですよ。

投資はリスクとリターンのバランスが大事。自分に合った投資法を見つけるのが、資産運用成功のポイントです。

なるほど。投資って、自分に合った方法を見つけることが大切なんだね。

みんな、リスクとリターンを考えて慎重に投資していこうね。

目次