メルマガ登録LINE登録

資産運用について銀行へ相談に行く時、必ず注意すべきリスク!

資産運用について銀行へ相談に行く時、必ず注意すべきリスク!

最近、資産運用について銀行に相談に行こうかなって思ってるんだよね。

そうだねお金のことだもんね。とりあえず銀行に相談で良いんじゃないかな。

ちょっと待ってください!皆さん!とりあえずで気軽に銀行へ資産運用の相談は絶対に行かないでください!

ええ!どうしたんですか!?そんなに慌てて

絶対に行かないでってどういうことなんですか?

銀行へ資産運用の相談に行く時は必ず適切な知識と目的を持って行ってください。そもそも銀行へ行くべきなのかも含めて。そうでないと大変な落とし穴にはまってしまうかもしれませんよ!!

ええ!?そうなんですか?銀行へ資産運用の相談に行くことが一体どういうことなのか詳しく教えてください!

もちろんです!それでは銀行へ資産運用の相談に行くことが一体どういうことなのか詳しくお話ししていきましょう!

皆さん、こんにちは!プライベートバンカーの私が、少しカジュアルに、でも大切なお話をさせていただきますね。資産運用って聞くと、ちょっと堅苦しく、敷居が高いと感じるかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。銀行が提供するさまざまな運用商品、金融機関ごとの微妙な違い、そして相談するメリットとデメリット。これら全てを、楽しく、そして分かりやすく解説していきます。

あなたの資産運用に少しでも役立つ情報を、心を込めてお届けします。それでは、一緒にこの旅を始めましょう!

この記事で分かること
  • 銀行でできる資産運用の紹介
  • 金融機関の違いの説明
  • 銀行で相談するメリット
  • 銀行で相談するデメリット

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

銀行でできる資産運用の紹介

銀行でできる資産運用の紹介

さて、まずは銀行でできる資産運用からお話ししましょう。

私がプライベートバンカーとして数多くの事例を見てきた経験から、銀行での資産運用は想像以上に多様で、各々のニーズに合わせた選択肢が豊富にあることをお伝えしたいです!

銀行と一口に言ってもいろいろあるんですね!

銀行での資産運用といえば、まず思い浮かぶのは公共債かもしれません。

国や地方自治体が発行するこれらの債券は、安定した収益を期待でき、元本割れの心配が少ないため、安心して始められる運用方法としておすすめしています。

私がこれまで見てきた多くのケースでは、特にリスクを避けたいという方々に大変好評でしたね!

安定していることは魅力的だな!

次に、投資信託の世界へと足を踏み入れてみましょう。投資のプロが運用することで、より高い運用成果を目指すこの方法は、少しだけ冒険心を持ちつつ、多様な資産へ分散投資したい方にピッタリです。

投資信託は、リスクとリターンを考慮しながら、幅広い商品から選べる点が魅力です。実は、私がこれまで関わってきた数えきれないほどの成功事例の中で、投資信託は常に中心的な役割を担っていました。

そんな優秀なんですね!

リスクヘッジしつつリターンも狙えることは魅力的だわ!

また、保険商品を購入して資産運用する方法もあります。特に定額保険や変額保険は、保障と運用が一体となった商品で、将来の不確実性に備えつつ、資産増加も目指せるため、非常に有効です。

私自身、保険を通じた資産運用の相談に乗ることは数多くあり、お客様の安心感を得られることが何よりの喜びでした!

保険商品も取り扱ってるんだ!知らなかった!

最後に外貨預金ですが、これは為替の変動リスクを受け入れることで、高い金利収入を狙う方法です。世界各国の通貨に投資することで、日本円のみに預けるよりもチャンスを拡大できます。

私が見てきた中で、特に世界経済に関心が高いお客様に、興味深い選択肢となりましたね。今回の紹介はいったんこれぐらいにしますが、銀行で可能な資産運用はまだまだあります。

もし銀行で資産運用するのであれば自分にあった資産運用方法を探すことが重要になりますよ!

銀行ってそんなに多くの商品を扱ってたんですね!知らなかった!!

資産運用の手段なら全て網羅してるようですね!

そうですね!このあたりはさすがお金を扱うプロといったところですね!

金融機関の違いの説明

次に、金融機関の違いについてお話しします。私の経験から言うと、多くのお客様がこの点を少し見落としがちですが、実は非常に重要なポイントです。

資産運用の世界では、どこに相談するかが結果に大きく影響します。そして、それぞれの金融機関には得意とする領域があり、その違いを理解することが賢い選択への第一歩となります。

ええ!そうなんですか!?どこも一緒だと思ってた!

まずメガバンクをはじめ、都市銀行では商品ラインアップの豊富さが魅力です。私自身も多くのお客様が利用しているのを拝見しましたが、その広い選択肢から最適なものを選んでいただきました。

これらの大手金融機関には、資産運用のプロが多く在籍しており、専門的な知識を求める場合に非常に役立ちますね!

おお!さすが大手って感じですね!

一方、地方銀行や信用金庫では、地域密着型のサービスが特徴です。ここでは、お客様一人ひとりの状況をより深く理解し、地元に根差した提案が可能です。

私の友人が過去に地方銀行で働いていた経験から言うと、地域のお客様との密な関係が、よりパーソナライズされた運用戦略を立てる上で大きな強みになりますね!

自分に寄り添ってくれるような安心感は魅力的だな!

また、信託銀行では、その名の通り信託サービスに特化しており、不動産運用や相続対策など、特定のニーズに応えるサービスが充実しています。

私が聞いた話だと信託銀行には、お客様の資産運用だけでなく、将来の資産承継に関する相談も多く受けるようですね!郵便局や農協なども、資産運用の選択肢の一つとして注目されています。

これらの機関は、特に地域に根ざしたサービスで知られ、安心感を求めるお客様からの信頼も厚いです。

特に、農協は農業関連の資産運用に関する知見が豊富で、その分野に特化した運用を考えている方にはおすすめです!

そういった選び方もあるのか!

こうした金融機関ごとの特徴を理解し、自分の資産運用の目的やニーズに合ったところを選ぶことが、成功への鍵です。

長年プライベートバンカーとして活動してきた私の経験上、正しい金融機関の選択は、資産運用の成果を大きく左右すると言っても過言ではありません。

それぞれの金融機関の強みを活かし、お客様一人ひとりに合った最適なパートナーを見つけることをお勧めします!

銀行ってどこも同じじゃないんですね!

これは慎重に選ぶ必要がありますね!

そうですね!どの銀行を選ぶかはとても重要になってきますね!しっかりとその銀行の強み弱みを理解したうえで選ぶようにしましょうね!

銀行で相談するメリット

銀行で相談するメリット

さて、銀行での資産運用相談には、いくつかの明確なメリットがあります。私の長年の経験からも、これらのメリットを活かすことで、多くのお客様が資産運用で成功を収めています。

では、そのメリットについて具体的にお話ししましょう!

おお!ぜひよろしくおねがいします!

まず、銀行で資産運用を相談する最大のメリットは、トータルでの資産管理が可能になる点です。

お客様の現在の資産状況、将来設計、そしてライフイベントに至るまで、総合的に考慮し、最適な運用プランをご提案します。これは、証券会社や他の金融機関では得られない、銀行ならではのサービスですね!

たしかにそれは魅力的だな!

次に、ライフプランに合わせた資産運用の提案が受けられることも、大きなメリットです。

例えば、結婚や子どもの教育費、住宅購入、そして退職後の生活設計など、人生の各段階で必要とされる資金計画を、一緒に考えていきます。

このようなパーソナライズされたアドバイスが、お客様から大変感謝されているようですね!

そんなことも出来るのか!

さらに、預金との組み合わせで、より良い金利条件を受けられる可能性があります。特定の投資商品を購入することで、定期預金の金利が優遇されるなど、銀行独自のメリットを享受できることも少なくありません。

このような機会を通じて、お客様の資産をより有効に運用する道を提案しています。

預金も資産運用に組み込んでくれることは銀行ならではかも!

これらは、銀行で資産運用の相談をする主なメリットです!銀行という総合的な金融サービスを提供する場だからこそ出せるサービスもありますね!

さすがお金といえば銀行が連想出来るぐらい精通しているように思えるわね!

自分の人生設計に合わせて相談に乗ってくれることも魅力的だな!

そうですね!このようなメリットを最大限活かせば資産運用を有利に進められるかもしれませんね!

銀行で相談するデメリット

それでは、銀行で資産運用を相談する際のデメリットについても正直にお話ししましょう。どのような選択肢にも表と裏があるように、銀行での資産運用相談も例外ではありません。

私の経験を踏まえて、この点を理解し、賢く運用計画を立てるためのヒントをお伝えします!

やはりデメリットもあるのか…

まず、銀行員の中には、資産運用の専門家ではない方もいます。銀行は多岐にわたるサービスを提供する場であり、全ての銀行員が投資に関する深い知識を有しているわけではありません。

私自身、資産運用のプロフェッショナルとして、常に最新の市場情報を追い、専門的な知識を身につけることに努めていますが、それは私たちプライベートバンカーに求められるスキルです。

資産運用を考える際には、相談相手が本当にその分野の専門家であるかを見極めることが大切です。

ええ!そんなこともあるのか…

そうだった時はショックだな…

次に、時には銀行の商品ラインアップに限りがあることも、デメリットとして挙げられます。

銀行が提携している商品や、自行で開発した商品のみを取り扱うため、市場全体で考えた時に最適な運用商品が見過ごされる可能性があります。

私はお客様に常にベストな選択肢を提供したいと考えていますが、銀行の枠組み内での選択になるため、限定された選択肢から提案することが多いのも事実です。

そういうことか…その銀行に無い商品をわざわざ勧めることなんて絶対にしないもんな。

また、銀行の投資商品には手数料が含まれていることが一般的です。これは、提供するサービスに対する対価として理解できますが、投資成果に直接影響します。

私たちプライベートバンカーは、お客様の資産を増やすことを最優先に考えていますが、手数料の存在は投資の際には必ず考慮すべき点です。

手数料か…お金を増やすために行動してるのに、手数料で減ってしまうことは避けたいな…

さらに、銀行には、特定の時期に売りたい商品があるため、提案が偏る可能性があります。これは、私の友人自身が銀行員として勤務していた時にも感じていたことです。

銀行としての目標達成のために、特定の商品の販売を優先させることがあり、お客様のニーズと完全に一致しない提案がなされる場合もあります。

ええ…そんな…

それはちょっとひどいな…

これらは、銀行で資産運用を相談する際に考慮すべきデメリットです。しかし、これらを理解し、賢く利用することで、銀行での資産運用も非常に有効な手段となり得ます。

重要なのは、自身の目的に合ったサービスを提供してくれるか、そしてそのアドバイスが信頼に足るものであるかを見極めることですね!

うーん…デメリットもしっかりと考慮しないといけませんね…

相談に行ってそのままセールストークに乗ってしまって購入なんてことは避けないとな…

その通りですね!銀行も商売です。銀行の得にならないことを銀行がするはずがないことを、まず念頭に置いて相談に行くべきですね!

まとめ

資産運用を銀行へ相談に行くこと

私たちが今日ご案内した資産運用の世界は、一見すると複雑で取っつきにくいものかもしれません。

しかし、プライベートバンカーとしての長年の経験から言えることは、正しい情報と適切なアドバイスがあれば、資産運用は誰にとっても有益な道となり得るということです。

銀行での資産運用が持つメリットとデメリットを理解し、自分のニーズに合った最適な選択をすることが、資産を守りながら増やしていく鍵です。

これを機に資産運用に対するあなたの理解が深まり、自信を持って一歩を踏み出せることを願っています。そして、その旅の途中で何か不安や疑問が生じた際には、プロフェッショナルの助けを求めることをお忘れなく。

私たちプライベートバンカーは、あなたの財産を守り、そして増やすためのパートナーとして、いつでもお手伝いをいたします。あなたの資産運用が成功へとつながることを心より願っております!

ありがとうございました!銀行へ資産運用の相談にいくことが、どういうことなのか良く分かりました!

銀行に相談に行く時はしっかりとメリット・デメリットを踏まえて行かないといけませんね!

銀行へ資産運用の相談に行くということが、どういうことなのか分かって頂けたようで良かったです!気軽に行くのではなく必ず、適切な知識を持って相談に行くようにしましょうね!

目次