メルマガ登録LINE登録

FXの基本レバレッジとは?取引のポイントやメリット・デメリットを紹介

FXの基本レバレッジとは?取引のポイントやメリットデメリットを紹介

レバレッジについて教えて!

レバレッジっていうのは、実際に金を借りてるわけじゃないんですけど、借りていると考えると理解しやすいでしょう!

FX取引の世界では、レバレッジとは何かという基本的な理解が必要です。
本記事では、レバレッジの概念から計算方法、メリット・デメリット、そして賢い利用のポイントまで解説していきます。

この記事を読んでわかること
  • FX取引のレバレッジは、少額の投資で大きな取引を可能にする
  • FX取引では、リスク管理が非常に重要
  • レバレッジを大きくすると、為替レートの変動で大きな損益が発生する恐れがあるため、予想と反対の動きには注意が必要
  • 「ポジション」とは、まだ売買が確定していない取引のこと
  • ロスカットは、あらかじめ設定した損失限度を超えた場合に取引を自動で終了させる安全装置

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

FXの基本 レバレッジとは

FXの基本 レバレッジとは

資金が4万円だけなのに、どうして25倍もの金額で取引できるんですか?

4万円しか持っていないけれどFX取引できるのは、特定の手段を用いた借入金と考えればいいのです!

FX取引で重要な役割を果たすのが「レバレッジ」です。これは投資家が自己の持ち金以上の額で取引できるシステムのことをいいます。

概念

レバレッジの概念

レバレッジをうまく活用することで、少ない資金でも大きな利益を目指せますが、リスク管理が不可欠です。

そもそもレバレッジとは危険なこと?

危険ではないよ。レバレッジは保有している現金の何倍まで取引するかという概念じゃよ!

なんでそんなに大きな取引ができるの?

レバレッジって、要はあなたのお財布にあるお金よりも多くを使って大きな商売ができちゃう魔法のようなシステム。ただし、この魔法、使い方を間違えると大変なことになるんです。

レバレッジは剣のようなもので、使い方を間違えると自分を傷つけることもあります。大きなチャンスがある側面を理解しつつ、リスク管理することが大切です。

計算方法について

レバレッジの計算方法

FXって難しそう…でもレバレッジを上手に使えば、私のような小さな投資でも大きな夢を追いかけられるのかな?

もちろん追いかけられるよ!
レバレッジを上手に使うためにも計算方法を知っておこう。

たとえば、10万円の保証金を用いて100万円分の外貨を売買する時のレバレッジも算出できます。

具体的には、売買金額(100万円)を保証金(10万円)で割ることで、10倍のレバレッジが適用されていることが分かり、取引におけるリスクの規模を把握できるのです。

リスクを過度に取ってしまい、失敗した場合の後悔は大きいものです!

ある日、友達がレバレッジを使ってみたら、思ってたよりもリスク高くてビックリしたって話してくれたんです。そんな時、彼はどうしたと思いますか?

彼は「投資戦略を見直すきっかけになった」としばらく反省していました。

レバレッジのメリット

レバレッジをかけるメリット

レバレッジをかける事で勝率はあがるの?

レバレッジを知らない人にとってはむしろデメリットになります。

以降でそれぞれ見ていきましょう。

少ない資金で大きな取引ができる

少ない資金で大きな取引ができる

例えば500円しか口座になくても30万円の取引ができるの?

簡単にいえばそうだよ!

プライベートバンカーの私から見ても、レバレッジは刃物と同じ。使い方を一つ間違えば、自分を傷つけることになるんです。だから、ここで紹介するリスク管理のポイントをしっかり実践してください。

リスクを適切に管理しながらレバレッジを活用することが、FX取引で成功するための秘訣です。

利益のチャンスを広げられる

利益のチャンスを広げられる

ある時から、少ない資金で大きな利益を求めるためにレバレッジを使った取引に踏み切りました。

その結果、資金の活用効率は劇的に向上しました。10万円の保証金で、3倍ではなく20倍のレバレッジを使うと、外国為替のレートが少しでも変動すると、収益が7倍に増加する経験をしました。

大きな利益を得られた時は、かなり嬉しいもんだよ!

これは同じ量の資本で、より大きな取引量を持つことができるレバレッジの力を如実に示しています。

レバレッジを多く使えば使うほどいいの?

損失が発生した場合に保証金が足りなくなる可能性があるので、初心者は慎重に調整することが重要です。

大きな収益を期待できる可能性がある一方で、リスクもまた増大します。そのため、適切なリスク管理とバランスの取れたアプローチをしましょう。

レバレッジのデメリット

レバレッジをかけるデメリット

レバレッジのメリットがある一方で、デメリットも理解する必要があります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

レバレッジが大きい場合

レバレッジが大きいほど損失が大きくなる

レバレッジのデメリットは、レバレッジが大きい場合に大きな損失を被るリスクがあることです。

損失が起こるケースを教えて!

レバレッジを活用して大きな取引を行うことは相応のリスクが伴います。たとえば、わずか1円の投資で、1万円分の取引ができるような状況を想像してみましょう。

  • もしドルを100円で購入して、その価値が110円に上がれば、100ドルを売って11,000円得られ、結果として1,000円の利益が入ります。

上記から、レバレッジは少ない資金から大きな利益を得る可能性があるとわかります。しかし、為替レートが予想と反対の方向に動くと、同じくらい大きな損失を被る恐れもあるので、慎重に利用する必要があるのです。

予想が外れた場合、損失を被る可能性がある

予想が外れた場合、損失を被る可能性がある

レバレッジをかけて借金することもある?

FX取引では、口座の維持率が一定水準を下回ると、保有しているポジションが自動的に閉じられる「ロスカット」という仕組みがあります。

そのため、大きな損失を防ぎ、借金のリスクを減らせます。ですが予期せぬ問題によって、思わぬ借金を抱える可能性もあるのです。

例えば大きなニュースがあった際の市場の急激な動きは予測が難しく、予想と反対に動くこともあるんじゃよ。

ある時、友達がレバレッジを使って大成功した話があるんです。でも逆に、別の友達は大失敗して、その後の投資戦略を大きく見直すことになりました。

損失を抑えるための「損切り」や「ロスカット」の設定は欠かせません。レバレッジをかける際はリスク管理の重要性を学び、適切な市場分析を行いましょう。

取引のポイント

レバレッジをかけた取引のポイント

レバレッジをかける際に気を付けたいことを説明していきます。

証拠金は余裕を持って

証拠金は余裕を持って入金する

FXを始めようと思ってるんだけど、どのくらい資金が必要?

FXの証拠金は業者によって変わります。

FX取引において証拠金は、取引の「安全マージン」とも言えるのです。

過去に証拠金をギリギリで入金した結果、小さな市場の変動で追加証拠金の要求を受けた経験があります。そうなると取引ができなくなります。

始めからたくさんの金額を入金し過ぎても、取引がうまくいかなかった場合に損失がでるので心配ですよね!余裕を持った証拠金は、取引戦略を長期的に維持するうえで重要です。

自分に合った証拠金を設定して、市場の予期せぬ動きにも柔軟に対応できるようにしましょう。

高いレバレッジでの取引は避ける

高いレバレッジでの取引は避ける

レバレッジが高ければいいというわけではないの?

高ければいいわけではないよ!僕は初めてFX取引を行った際、高いレバレッジにひかれて、大きな利益を夢見ました。しかし市場が予想と逆方向に動き、結果的に大損をしたのです。

高いレバレッジでは、少しの市場の変動で大きな損失が生じる可能性があり、経験が浅い初心者にはリスクが大きいです。また損益が大きくなることで精神的なストレスも増え、冷静な判断が難しくなります。

特に初心者は、市場の動きに慣れるためにも、無理なく対応できる低いレバレッジから始め、徐々にレバレッジを高めていくことをおすすめします。

ポジションの持ちすぎに注意する

ポジションの持ちすぎに注意する

FX取引において「ポジション」とは、トレーダーが市場で新規に注文を出し、注文が約定した後、まだ決済していない取引のことをいいます。

具体的には、ある通貨ペアに対して「買い(ロング)」または「売り(ショート)」のいずれかの注文を出し、それを約定することでポジションが成立します。

失敗例として市場の小さな動きに反応しては頻繁に売買を繰り返し、気づけば多数のポジションを抱える状態になることがあります。

初心者は、自分を大きなリスクに晒していることに気づかないことが多いです。

多くのポジションを持つことは、それだけ多くのチャンスを捉えられると思いがちですが、同時に管理が難しくなり、市場の急変に対応できなくなる可能性があります。

大きな市場の動きで予期せぬ損失を出したことがありますので、自分がしっかりと管理できる範囲内でポジションを持つことが大事じゃよ。ポジションの数よりも、その質が重要であることを認識しておきましょう。

プライベートバンカーによるFXの教え

プライベートバンカーによるFXの教え

FX取引で大損する人もいるのでしょうか?ここでは、投資初心者の方の疑問に回答していきます。

プライベートバンカーとしての経験を伝えていくよ!

ロスカットの仕組みとは?

ロスカットの仕組みとは?

ロスカットって何?

取引の損失が設定した限度額に達した際に、自動的にポジションを閉じる安全装置のようなものをロスカットといいます。

市場が急変し、予想とは反対の方向に動いた時、ロスカット機能が作動し、さらなる損失拡大を防いでくれるのです。

この仕組みがなければ、私の資金はもっと大きな打撃を受けていたでしょう。ロスカットは、予期せぬ市場の変動からトレーダーを守るために重要な機能です。

適切に設定することで、リスク管理に大きく貢献してくれます。

まとめ

まとめ

FX取引において、レバレッジの効果的な活用は、トレーダーにとって重要です。レバレッジを使うことで、少ない資金から大きな取引を展開でき、利益のチャンスを広げられます。その反面でリスクも伴います。

高いレバレッジは大きな損失につながる可能性があるため、リスク管理が極めて重要になります。証拠金の適切な管理、レバレッジの慎重な選択、そしてポジションの管理が、FX取引で成功するための鍵です。

FX取引を始める際には、これらのポイントをしっかりと押さえ、賢く取引を進めていきましょう。

この記事を読んでわかること
  • レバレッジの計算は、売買金額を保証金で割ることで簡単に算出できる
  • レバレッジを利用した取引を行う際は、余裕をもって証拠金を設定しよう
  • ポジションを持ち過ぎることには注意が必要です
  • 初心者は市場の動きに慣れるために、低めのレバレッジから始めることをおすすめします
  • ロスカット機能は、予期せぬ市場の変動から損失を拡大することを防いでくれる
目次