メルマガ登録LINE登録

クラウドクレジットってやばい?初心者が知るべきリスク

クラウドクレジットってやばい?初心者も知るべきリスクとは?

クラウドクレジットに興味はあるけど、リスクが心配…。資産を守りながら、効果的に投資する方法はあるの?

投資って難しそう…クラウドクレジットって何?初心者でも始めやすい投資方法なの?

プライベートバンカーの私が見てきた経験を踏まえて、クラウドクレジットのリアルな話をしていくね。これを読めば、リスクと魅力を理解できるはずだよ。

この記事でわかること
  • クラウドクレジットの基本概念と特徴:クラウドクレジットが何であるか、その主な特徴や目的、成長国への投資の意義や高利回りの可能性についての理解。
  • 分散投資の重要性と効果的なリスク管理:クラウドクレジットにおける分散投資のメリットとその実践方法、リスク管理のテクニックについての詳細な情報。
  • 社会的インパクトと持続可能な投資への寄与:クラウドクレジットがどのように社会的インパクト投資に貢献しており、投資を通じてSDGsや地域社会へのプラスの影響をどのようにもたらしているかについての知識。

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

クラウドクレジット運用状況と分散投資の重要性

クラウドクレジット運用状況と分散投資の重要性

クラウドクレジットって聞いたことある?まずは概要を紹介するね。

ここではクラウドクレジットについて説明し、運用状況などをプライベートバンカーの私の知見を踏まえて紹介するね。

クラウドクレジットのプラットフォームの目的は、様々な国の人や事業者へのローンに投資し、投資家の資産形成と世界の成長をつなぐ​​こと。その他の特徴として以下が挙げられるよ。

特徴
  • 対象となるローン:海外の人や事業者を対象としたローンを取り扱っている​​。
  • 投資特徴:国、セクター、通貨など様々な特徴を持った海外ローンに分散投資が可能​​。
  • 利回りの特徴:高い利回りが期待でき、資産を複利で増やす新しい機会を提供​​。
  • 投資のしやすさ:1万円からの小額投資が可能で、投資初心者から大口投資家や法人投資家まで幅広い層が対象

他にも、ソーシャルレンディングの一環で、最大12.5%の高利回りが期待できる投資方法が特徴的。ただし、リスクもあるから、安易に飛び込まないでね。私の知り合いが実際に体験した話によると実際に投資していて、約5.6%の成績を保っていたんだ。

運用状況の具体的なデータと仕組み

運用状況の具体的なデータと仕組み

クラウドクレジットの実際の運用状況ってどんな感じなの?

2023年4月のクラウドクレジットの運用状況を見てみると、出資金残高は21万3337円で、出資中のファンド数は5本。分散スコアは2.1。つまり、この金額を5つのファンドに分けて投資していて、その分散具合がスコアで示されているんだね。

シンプルな仕組みが魅力のクラウドクレジット。例えば、パン屋に資金を貸し出して、新しい設備から利益が出れば、その利息が私たちに分配されるんだ。

お金が直接、小さなビジネスの成長を支えることになるんだね。

分散投資の重要性

分散投資の重要性

プライベートバンカーとしての僕の専門的な見解ではね、クラウドクレジットでの分散投資は、リスク管理の核心を成しているんだ。

シンガポールでプライベートバンキングをしている私の経験から言うと、分散投資は投資リスクを大幅に軽減する。例えばね、金利10%のファンドに投資したとして、そのファンドが元本割れを起こした場合、全ての資産をその一つのファンドに集中していると、大きなダメージを受ける可能性があるんだ。

でも、実際に私のクライアントであるAさんは、多様なファンドに分散投資していてね。一部のファンドで損失が出たとしても、他のファンドの利益でカバーすることができた。これが分散投資の力なんだ。

分散投資のおかげで投資しても安心できるんだね。

ただ、「総崩れリスク」も忘れちゃいけない。リーマンショックのような大きな経済危機時には、分散投資していても損失を避けられないことがあるんだ。だから、ソーシャルレンディングに投資する際は、このリスクも考慮に入れておく必要があるよ。

クラウドクレジットの特徴

クラウドクレジットの特徴

クラウドクレジットってどんな特徴があるのかな?成長国への投資って、どういう意味?

ここでは、プライベートバンカーの私がクラウドクレジットが成長国への投資について具体的な数字を使って紹介していくね。実例も見ていこう。

クラウドクレジットの特徴を理解することは、賢い投資の第一歩。実は私自身、プライベートバンカーとしてこの分野で色々な経験をしてきたんだ。

成長国への投資が中心で、これは単なる資産運用以上の意味を持っているんだよ。たとえば、私のクライアントの田中さんは、成長国のファンドに投資して、予想以上のリターンを得たことがあるんだ。高利回りのリターンが期待できるファンドが多く、最低投資額も1万円から始められるから、初心者にもとても優しいんだ。詳細を見ていこう。

成長国への投資と高利回り

成長国への投資と高利回り

クラウドクレジットの大きな特徴は、成長国のファンドに焦点を当てていること。これは、ただの資産運用じゃなくて、成長国を支援する意味合いも持ってるんだ。

クラウドクレジットは成長国に貢献しているんだね。初心者が投資するのはどうなのかな?

クラウドクレジットは高利回りのリターンが期待できるファンドが多くて、最低投資額が1万円からなので、初心者にも始めやすいんだよ。実はね、プライベートバンカーとして私が運用してみたところ、平均して5.6%のリターンがあったんだ。

株やFXと違って価格変動のリスクが少ないのが、この方法の魅力だよ。こうやってみると、クラウドクレジットがやばいとは思えないんじゃないかな。

幅広いファンドの選択肢と分散投資

幅広いファンドの選択肢と分散投資

クラウドクレジットには、毎月様々なファンドが販売されていて、投資家には選択肢が豊富にあるんだ。

僕のプライベートバンキングの経験から言うと、この分散投資がリスクを軽減する鍵。そして、利益だけじゃなく、社会的インパクトにも貢献している。

例えば、電気がない村に電気を届けたり、新しい雇用を生み出したりしているんだ。クラウドクレジットは、経済的リターンと社会的リターンを両立させる素晴らしい手段なんだよ。

クラウドクレジットの社会的インパクト

クラウドクレジットの社会的インパクト

クラウドクレジットって聞くと、何か怖い感じがするかも…実は社会にいいこともしてるって本当?

クラウドクレジットは、社会的インパクト投資に力を入れているんだ。これって、世界中の社会課題解決に貢献しているってことだよ。地域社会への貢献などについて詳しく説明していくね。

具体的には、クラウドクレジットが投資を通じてお金を流すことで、投資先の国や地域では電気供給や新しい雇用機会が生まれることがあるんだ。つまり、私たちのお金が社会的な変革に貢献しているってわけさ。

これは、クラウドクレジットが貧困層の人々や発展途上国のコミュニティに対して持続可能な変化をもたらす一翼を担っていると言えるんだ。「やばそう」、「怖いな」と思わずに、クラウドクレジットの社会的インパクトに注目してみてほしいかな。

地域社会への貢献

地域社会への貢献

クラウドクレジットは、社会的インパクト投資に力を入れてて凄いね。他にも社会貢献に関わってるの?

そうだね、世界中の社会課題解決に貢献しているよ。シンガポールのプライベートバンクで見てきた多くのケースから見れば、投資先の国や地域にお金が流れて、電気供給や新しい雇用機会が生まれることがあったね。

クラウドクレジットが地域社会への貢献
  • 新しいビジネスの育成: クラウドクレジットの投資によって、新しいビジネスが地域社会で成長し、起業家たちにチャンスを提供している。
  • 雇用の増加: 投資によって生まれた新しいビジネスは、地域社会に雇用機会を提供し、失業率の低下に貢献している。
  • 地域経済へのプラス: クラウドクレジットの投資が地域経済を刺激し、地域内での経済活動を増加させている。これは地域社会にとってプラスの影響をもたらしている

という例があるね。私の知り合いが実際に体験した話によると、クラウドクレジットは新しいチャンスを生み出していると実感していると言っていたよ。

SDGsへの貢献

SDGsへの貢献

クラウドクレジットは、持続可能な開発目標(SDGs)への貢献も忘れてはいけないポイントだ。SDGsは、世界的な課題を解決し、より良い未来を築くための国際的な目標だよ。

クラウドクレジットは、投資を通じてSDGsの達成に寄与している。投資先の国や地域の生活や暮らしを改善することで、経済的なリターンと社会的なリターンの両立を目指しているんだ。これが、クラウドクレジットが世界の持続可能な未来を支えている一環なんだ。

だから、クラウドクレジットの投資は、私たちが持続可能な社会を築く一助となっているんだ。

クラウドクレジットは怖いことはないし、むしろ社会への貢献につながっているってことを覚えておくね!

私のクライアントである鈴木さんは、クラウドクレジットについて知ったことで投資を決めたって言ってたね。正しい情報を見ていくことが大切だ。

クラウドクレジットの潜在的リスク

クラウドクレジットの潜在的リスク

クラウドクレジットってリスクがあるって聞くと、ちょっと心配になるよね。でも、大丈夫、対策があるから安心して!

クラウドクレジットのリスクについて説明するね。特に、融資先の企業が倒産するリスクや、クラウドクレジット運営会社自体の破綻リスク、それに海外投資の場合の為替リスクについてみんなに知っておいて欲しい。

シンガポールでプライベートバンキングをしている僕も、これらのリスクをきちんと理解して、慎重に投資しているよ。

貸し倒れリスクの実態

貸し倒れリスクの実態

お金を増やすチャンスと同じくらい、失うリスクもあるって聞くけど、具体的にどんなことがあるのかな?

クラウドクレジットで利益を上げるチャンスはあるけど、損をするリスクもあるんだよ。

例えば、私のクライアントのAさんがね、融資先が返済不能になって、残念ながら元本を失ったことがあるんだ。だから、お金をすぐに引き出せないのもデメリットだよ。

でもね、実際の貸し倒れリスクってどれくらいなのか、しっかりと把握しておくことが大事なんだ。

運用会社の安定性と信頼性

運用会社の安定性と信頼性

「運用会社って大丈夫?信頼できるのかな?」って思うかもしれないけど、そんな心配は無用かな。

クラウドクレジットに投資するとき、運用会社の安定性と信頼性ってすごく重要だよね。私の知り合いが実際に体験した話によると、しっかりと監督されていて、多くの投資家から信頼されている運用会社がたくさんあるんだって。他にも安心できる点を紹介するね。

安心できるポイント
  • 大手企業の出資:伊藤忠商事や第一生命など、多くの大手企業が出資しており、これがクラウドクレジットの信用力と安定性を高めている​​​​。
  • 健全な運営体制:伊藤忠や三井住友海上キャピタル、三菱UFJキャピタルなどが出資しており、健全な運営体制が伺える​​。
  • 会社概要と経営状況:クラウドクレジット株式会社は金融業として設立され、伊藤忠商事やフェムトグロースキャピタル、マネックスベンチャーズなどが株主として名を連ねている。このことから事業の将来性が見込まれ、豊富な資金力が投資されており、経営に大きな影響力を持っていることがわかる

クラウドクレジットだけじゃなくて、投資先を選ぶ時は信頼性をちゃんと確認することが大切だとプライベートバンカーの私の経験からも言えるね。

まとめ

まとめ

クラウドクレジットって最初はちょっと怖かったけど、この記事を読んで、リスク管理の仕方が分かって安心したよ。分散投資っていうのがカギなんだね

クラウドクレジットに関心があるけど、不安に思っていても大丈夫。リスクを理解し、適切な戦略を立てれば、安全に投資できるし、社会にも貢献できるんだ。

プライベートバンカーとして、私はその手助けがで来たんじゃないかな。最後にクラウドクレジットについてのまとめだよ。

安心できるポイント
  • リスクとその対策:クラウドクレジットにはリスクがあるが、分散投資などの対策で安心して投資開始可能。
  • 投資の魅力と社会貢献:クラウドクレジットは単なる利益追求以上に、社会貢献や成長国への支援を可能にする。
  • 持続可能な投資の可能性:SDGsへの寄与を含む、社会的・経済的に意義深い持続可能な投資がクラウドクレジットで実現可能。

クラウドクレジットはやばいのかなって思っていた人も、この記事を通して投資について考えるきっかけになったんじゃないかな。これからもしっかり調べて投資先を選んでいこうね。

目次