メルマガ登録LINE登録

「遺言書」で投資信託をどう扱う?実践的な書き方とポイントを解説

「遺言書で投資信託をどう扱う?」実践的な書き方とポイントを解説

人生100年時代とはいえ、ある程度の年齢になったら終活も考えないとね。

そうなのよ、終活と言えば遺言書よね。

そうよ、ところで投資信託とかの書き方は知ってる?

そうね。投資信託も含めないとね。その前にそもそも遺言書の書き方を勉強しないと!

このように資産を保有した状態で、ある程度の年齢に差し掛かかると、相続についても考えなければいけません。いや年齢は関係ないのかもしれません。

資産を保持するということは、もし自分がいなくなったときに、その資産を誰にどのように相続するかを前もって決めてないといけません。

その大きな役割を果たすのが「遺言書」になります。とても大事なことですね。もし遺言書がない状態で、残された家族のことを想像してみてください。

ひょっとすると仲の良い家族でも争いの種になるかもしれません。そこで本記事では遺言書の書き方と、投資信託を持っている場合はどのように遺言書に記入するのかをわかりやすく解説いたします。

自ら遺言書を作成する際のポイントや、相続についてのポイントもご紹介します。

この記事をお読みいただくことで、大切な資産を守り、安心して将来を見据える準備が整いますよ。まだ早いなと思う方も、一度目を通すことをおすすめいたします!

こちらの記事がおすすめの方
  • 投資信託を所有している方
  • 遺言書の作成を検討中の方
  • 相続計画に関心をお持ちの方

相続の検討は、資産を保有している方の責任とも言えます。

ではまず、遺言書の重要性について解説していきます。

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

遺言書を理解する:相続計画の第一歩

遺言書を理解する:相続計画の第一歩

遺言書は、故人の意思を示す重要な文書です。

これにより、故人が亡くなった後に残された財産をどのように扱い、誰に渡すかが明確になります。

遺言書では、資産の相続人と相続の方法が書かれており、故人の最終的な意志が尊重されることを保証します。このセクションでは、遺言書の基本とその重要性を解説します。

遺言書の重要性

遺言書の重要性

遺言書は、ある意味あなたの意志を後世に伝える大切な手段です。遺言書によって、愛する人々への思いやりと願いが形になります。

例えば、50歳の企業家であるAさんは、遺言書を使って、彼の事業への情熱と家族への愛を表現しました。

彼の遺言には、大切な会社への株式の配分、子供たちの学びのための基金、地域社会への寄付など、彼の心からの願いが込められていました。

もし遺言書がなければ、財産は自動的に法定相続人に渡ることになりますが、これはだいたい本人の望み通りにはいかないものです。

たとえば、ある方は特定の慈善団体への寄付を心に決めていましたが、遺言書を残さなかったため、その思いはかないませんでした。

遺言書があれば、法的なもめごとを避けることができ、故人の意志に沿った財産の分け方ができます。これは、家族間の不和を防ぎ、亡くなった人の意思を尊重するためにも重要です。

言い換えれば、遺言書は、あなたの心を伝え、大切な人々を守るための重要な方法です。これは、単なる法的な書類ではなく、あなたの人生の物語と価値を後世に伝えるための大切な資産なのです。

相続計画での投資信託の活用法

相続計画での投資信託の活用法

では、資産に投資信託があった場合を解説します。相続計画において投資信託は、資産の成長と保全、そして税効率の向上に役立つ重要なツールです。

例えば、リタイアした医師の方は、彼の投資信託を利用して、家族への資産移転をスムーズかつ効率的に行いました。投資信託を通じて、彼は子供たちの教育基金を設立し、相続税の負担を軽減しました。

このような信託は、資産の多様化とリスク管理にも大きなメリットをもたらします。市場の変動に強い資産構築が可能となり、長期的な安定を目指せます。

また別の方の場合、彼女の投資信託は、株式と債券のバランスを取りながら、経済的な不確実性の中でも資産の価値を守りました。

また、投資信託は特定の受益者への資産分配を容易にし、故人の詳細な意向に沿った資産配分を実現します。

お孫さんたちのための教育資金を投資信託で設定し、彼らの将来の学費を確実にサポートした例もあります。このように資産管理と相続計画は、投資信託を賢く活用し、より良い選択ができるのです。

長期的な安定と愛する家族への思いやりと表現しても良いでしょう。

つづいて、遺言書の種類と法的枠組みについて解説していきます。

遺言書の種類と法的枠組み

遺言書の種類と法的枠組み

遺言書は、故人の願いや意思を反映させるための法的文書です。有効な遺言書を作成するには、特定の法的基準に沿った書き方が求められます。遺言書には3種類あります。

  • 公正証書遺言・・・公正証書として作成する
  • 自筆証書遺言・・・すべて自分で作成する
  • 秘密証書遺言・・・内容を秘密にしておきたい

3種類ある遺言書のうち、公正証書遺言は公証人が関与して作成するため間違いがありません。また、公証人役場で長期間保管してくれるので、紛失や破棄、改ざんされる恐れもなく色々な面で安心できます。

さらに他の遺言と比べ、相続発生後に裁判所で検認手続きをする必要もありません。

デメリットとしては費用がかかることが挙げられますが、内容の不備により遺言が無効になったり、紛失や破棄されるリスクを考えれば、公正証書で作成しておく価値は十分あると言えます。

では、自筆証書遺言と公正証書遺言について解説していきます。

手書きの遺言書

手書きの遺言書

手書きの遺言書、またの名を自筆証書遺言は、遺言者が自ら手書きで全文を記述する遺言の形態です。

このタイプの遺言書は、日本の民法において明確に規定されており、合法的な遺言として認められています。

重要なのは、遺言者が遺言の全文、日付、そして署名を自筆で行うことです。これにより、文書の真正性と遺言者の意思が確認されます。しかし、手書きの遺言書には注意もあります。

法的な要件を満たさない場合、遺言の効力を失うリスクが高まります。

例えば、日付の記載がない、署名が不完全である、あるいは文書が第三者によって書かれた場合、遺言は無効となる可能性があるのです。

また、遺言の内容が曖昧または矛盾していると、解釈の問題が生じ、法的な紛争につながることもあります。

法的な観点から、手書きの遺言書を作成する際には、明確かつ具体的な表現を用いることが推奨されます。資産の特定、受益者の明確な指名、そして具体的な指示が必要です。

さらに、遺言の内容が複雑である場合や、大きな資産が関わる場合には、専門家の助言を求めることが賢明です。より遺言の効力を確実にし、未来の争いを予防することにつながります。

公正証書遺言

公証人遺言書

公正証書遺言書は、遺言を法的に強固なものにするための選択肢です。この形態の遺言書は、公証人の立ち会いのもとで作成され、遺言の内容が公証人によって公証されます。

これにより、遺言書の真正性と法的な有効性が確実になり、遺言の実行における紛争や遅延を大幅に減少できるのです。

公正証書遺言書の作成過程では、遺言者が公証人に対して遺言の内容を口頭で伝え、公証人がそれを文書化します。

このプロセスには、証人が必要とされることが多く、証人の存在は遺言の信憑性をさらに高める役割を果たします。

また、公正証書遺言書は公証人によって保管されるため、紛失や改ざんのリスクが低減され、遺言書の安全性が高まります。

ある方のケースでは、彼の複雑な資産状況を考慮して、公正証書遺言書の作成を選択しました。

これにより、彼の遺言に関する不明確さや解釈の問題を未然に防ぎ、彼の資産が彼の意志に沿ってスムーズに分配されることを確実にしました。

しかし、公正証書遺言書の作成には時間と費用がかかります。公証人の料金や証人の手配なども関わってくるため、手書きの遺言書よりもコストが高くなりがちです。

しかし公正証書遺言書は、その法的な確実性と安全性から、特に資産規模が大きい場合や家族間の複雑な事情がある場合に適した選択肢となります。

複雑な家族事情があるなどすれば、公正証書遺言書がおすすめです。

投資信託の基礎知識

投資信託の基礎知識

遺言書における投資信託の取り扱いは、相続のポイントとも言えます。このセクションでは、遺言書における投資信託の基本的な理解とその重要性を掘り下げます。

投資信託のタイプを理解する

投資信託のタイプを理解する

投資信託にはさまざまなタイプがあり、それぞれ遺言書での資産配分が異なります。株式、債券、不動産投資など、各投資信託はリスクとリターンのプロファイルが異なるからです。

例えば、リスクを低く抑えたい場合、債券や定期預金型の投資信託が適しているかもしれません。逆に、長期的な資産成長を目指す場合は、株式や成長志向の投資信託が良い選択肢です。

あるケースでは、彼女の遺言書で株式中心の投資信託を選択し、長期的な資産増加を目指しました。彼女の戦略は、リスクを受け入れることで将来的な高いリターンを狙ったものでした。

一方で、別の方は安定を重視し、債券やマネーマーケットファンドに投資しました。これにより、彼の資産は市場の変動から保護され、より安定した収益を生み出しました。

投資信託のタイプを理解し、遺言書に組み込むことで、相続人に対する資産の分配方法を細かくコントロールができます。

また、税務上の利点も考慮することで、相続人への税負担を軽減することにもつながります。

したがって、遺言書での投資信託の選択は、単に資産の配分だけでなく、相続全体の戦略を形成する上で重要な要素となるのです。つづいて、投資信託の相続への影響を見ていきましょう。

相続への影響

相続への影響

日本では、遺言書に投資信託を組み込む方法は、いくつかの法律と金融のルールによって決まっています。投資信託についてもう一度詳しく説明しましょう。

まず、投資信託とは、お金を集めて、それを株や不動産などに投資して利益を出す仕組みのことです。

日本には「投資信託及び投資法人に関する法律」というものがあり、これが投資信託のルールを決めています。

この法律には、投資信託の会社がどのようにお金を運用するか、またどうやって利益を分配するかなどが書かれています。

次に、信託というのは、ある人が自分の資産を信頼できる人や会社に預け、その資産を管理してもらうことです。

これに関しても、日本には「信託法」と「信託ビジネス法」という法律があり、信託のやり方や信託会社のルールを定めています。

遺言書での投資信託の扱い方は、このような法律に従って行われるのです。うまく使えば、亡くなった人の資産を相続人にスムーズに渡すことができ、税金の負担も軽くすることが可能となります。

大切なのは、遺言書で誰がその資産を受け取るか(受益者)をはっきりさせることです。これにより、故人の意志に沿った資産の分配が実現します。

また、投資信託は、資産の成長を助けることもできます。これは、相続人が市場の変動に左右されずに安定した利益を得ることにもつながります。

特に、長期間にわたる投資を考えている場合に有効な手段です。

遺言書に投資信託を組み込むことは、亡くなった方の資産を効率的に、かつ税金を少なくして相続人に渡す方法です。

ではつづいて、投資信託を遺言書に組み入れるときの書き方を紹介しましょう。

投資信託を遺言書に組み入れる

投資信託を遺言書に組み入れる

これまで紹介したように、遺言書に投資信託を組み入れることで、相続計画がより効果的に行えることを理解していただけたと思います。このセクションでは、実際の遺言書の書き方の文例をご紹介します。

遺言書の文例パターン1:基本形の遺言書

こちらは、遺言書の基本の形です。

                   遺言書

 遺言者[氏名]は、次のとおり遺言する。

一 遺言者は次の不動産を[続柄][氏名][(生年月日+””生””)]に相続させる。
    所在 [登記事項証明書の土地の所在情報]
    地目 宅地
    地積 175.79㎡

    所在 [登記事項証明書の家屋の所在情報]
    家屋番号 [登記事項証明書の家屋の家屋番号]
    構造 木造瓦葺2階建
    種類 居宅
    床面積 1階 85.29㎡ 2階 33.12㎡

二 遺言者は次の預金を[続柄][氏名][(生年月日+””生””)]に相続させる。
   〇〇銀行〇〇支店 定期預金 口座番号1234567
   〇〇銀行〇〇支店 普通預金 口座番号1234567

三 遺言者は次の有価証券の全てを[続柄][氏名][(生年月日+””生””)]に相続させる。
   〇〇証券〇〇支店 口座番号1234567
   〇〇証券〇〇支店 口座番号1234567

四 遺言者は、本遺言書に記載のない遺言書の有する一切の財産を[続柄][氏名][(生年月日+””生””)]に相続させる。

五 遺言者は、葬儀について次の要領で行われることを希望する。
  ・通夜、告別式を行わず直葬(火葬のみ)とすること。
  ・可能な限り、遺骨は火葬日当日に〇〇寺へ納骨すること。
  ・直葬にかかる費用は、[続柄][氏名][(生年月日+””生””)]の取得する遺産から充てること。

六 遺言者は遺言執行者として次の者を指定する。
    住所 [専門家住所]
    職業 [弁護士などの専門職業]
    氏名 [氏名]
    生年月日 昭和〇年〇月〇日

[作成年月日]

                     住所 [作成者住所](右寄せ)     
                     遺言者 [作成者氏名][実印](右寄せ)

遺言書を作成する際には、一定の法的ガイドラインに従う必要があります。

30代の『遺言書』の基本文例と投資資産の文例8パターンをかんたん解説!

遺言書は、法的に認められた形式で、必要なすべての個人および財産の詳細を含み、受益者を指定する必要があります。遺言書の種類によっては、証人や公証が必要な場合もあります。

曖昧さを避けるために、資産の分配手順を明確に記しましょう。最後に、遺言書が日本の相続法に準拠していることか確認することもおすすめします。専門家への相談も良いでしょう。

遺言書の文例パターン2:財産目録ありの遺言書【おススメ】

では続いて、財産目録ありの遺言書のパターンを見ていきましょう。投資信託などがある場合はこちらになります。

                   遺言書

 遺言者 日本太郎 は、次のとおり遺言する。

1 遺言者は、別紙財産目録第1記載の不動産を 弟 日本次郎(平成〇年10月5日生)に相続させる。

2 遺言者は、別紙財産目録第2 番号1~5記載の預金を母 日本花子(昭和33年3月3日生)に相続させる。

3 遺言者は、別紙財産目録第2 番号6~10記載の預金を弟 日本次郎(平成〇年10月5日生)に相続させる。

4 遺言者は、別紙財産目録第3記載の金融資産及びこれに関連する取引の全てを弟 日本次郎(平成〇年10月5日生)に相続させる。

5 遺言者は、本遺言書に記載のない遺言者の有する財産の全部を母 日本花子(昭和33年3月3日生)に相続させる。

6 遺言者は、葬儀について次の要領で行われることを希望する。
(1)通夜、告別式を行わず直葬(火葬のみ)とすること。
(2)可能な限り、遺骨は火葬日当日に〇〇寺へ納骨すること。
(3)直葬にかかる費用は、母 日本花子(昭和33年3月3日生)の取得する遺産から充てること。

7 遺言者は遺言執行者として次の者を指定する。
   母 日本花子(昭和33年3月3日生)

8 遺言者は、母 日本花子(昭和33年3月3日生)が遺言者より先に死亡した場合には、同人に相続するとしたすべての財産を弟 日本次郎(平成〇年10月5日生)に相続させる。
  また、遺言執行者を弟 日本次郎(平成〇年10月5日生)とする。

9 遺言者は、平成3年1月1日付けで作成した遺言を取り消す。

(付言事項)
 実父 日本大介への死亡通知は、本遺言書開封・確認した日の10年後とする。

令和3年4月3日

                       住所  〇〇県〇〇市〇〇町999-9
                       遺言者 〇〇 〇〇[実印] 

30代の『遺言書』の基本文例と投資資産の文例8パターンをかんたん解説!

1 .信託の目的

 遣言者の妻である山田花子の安定した生活の支援を目的とする。

2 .信託財産

 信託財産目録記載の預貯金を信託財産として管理運用を行うものとする。

3 .受託者

 住所  東京都 〇〇〇〇〇〇〇〇

 遣言者との関係 遺言者の長女

 田中愛子

4 .信託期間

 山田花子の死亡もしくは信託財産の消域まで。

5 .受益者

 山田花子(昭和〇年〇月〇日生)

6 .管理方法

 受託者は、信託に必要な名義変更を行う。

 受託者は、信託財産の保存、管理運用に必要な処置を行う。

7 .信託の計算

 受託者は毎年12月31日現在の信託財産の内容を受益者に報告する。

8 .給付方法

 受託者は、信託効力発生日の属する月の翌月から、毎月、信託財産から生活費として必要 と認められる金額の現金を受益者に手渡し、銀行振込みが必要な支払いについては送金手続きを行う。

9. 信託終了時の財産の帰属

 信託終了時に残余している信託財産は次の割合で田中愛子及び山田一郎に帰属させる。

田中愛子  4分の3 、山田一郎  4分の1

10. 信託の報酬

受託者には報酬は支給しない。

遺言で作ることができる「遺言信託」の概要と具体例

遺言書に投資信託を組み込む際、明確で具体的な表現が求められます。具体的には、どの投資信託かを明記し、その信託の名前、管理会社、そして信託資産の詳細を示します。

受益者も遺言書内ではっきり指名し、具体的な資産配分の指示を含めることが重要です。遺言書は、地域の法的要件に従って作成され、必要に応じて証人や公証人の関与が必要です。

複雑な場合は、法律専門家や金融アドバイザーの助言を受け、遺言の法的有効性を確保し、故人の意志に沿った相続を実現させましょう。

曖昧な表現を避けることが絶対条件です。

法律および税務上の考慮事項

法律および税務上の考慮事項

遺言書にとって、法律および税務上の考慮事項は重要です。このセクションでは、遺言書を作る際に知っておくべき法的要件や税金の影響について詳しく説明します。

投資信託による相続税の乗り越え

投資信託による相続税の乗り越え

日本での相続税対策について、投資信託を遺言書に入れるのは賢い方法の1つとされています。

そうすることで、大事な財産がしっかりと故人の意思通りに分けられるようになり、相続税の負担も少しは減らせるかもしれません。

しかし、日本の法律や税金のことをきちんと理解することが前提となります。困ったときには、専門家を頼りあなたの状況に合ったアドバイスをもらいましょう。

専門家のアドバイスの価値

専門家のアドバイスの価値

専門家のアドバイスの価値は、特に遺言書や投資信託のような複雑な金融計画において非常に大きなものと言えます。

たとえばファイナンシャルプランナーは、これらの領域の専門知識を持ち、個々の事例に基づいて最適なアドバイスを提供します。

彼らは、法的な要件、税務上の最適な戦略、そして個々の財務目標に合わせた計画立案において重要な役割を果たします。

専門家に相談できれば、遺言書や投資信託の管理がより効率的な相続へとつながるでしょう。

ここはプロの力を借りるところです。

まとめ

まとめ

この記事では、遺言書に投資信託をどう組み入れるか、その書き方、そしてそれが相続計画にどう影響するかを解説してきました。

この記事で紹介してきたこと

  • 遺言書を書く際の法的なルール
  • 投資信託の明確な記載について
  • 受益者の指名方法について

また、遺言書の効果的な使い方や、法律専門家への相談も大切です。

法的に有効な遺言書の作成は、資産をスムーズに次世代に引き継ぐため、そして税の負担を軽減するために、あなたの大切な最後の役目になります。

下記の記事で、投資信託にさらに詳しく!

目次