メルマガ登録LINE登録

貯金1億円をどう資産運用する?利回りをシミュレーションしてみた

1億円という大きな金額をどのように運用すればよいのか、迷っていませんか? 今回は、その疑問を解消するために、資産運用の基本的な考え方から、1億円の資産運用におけるリスクとリターンについて詳しく解説します。

貯金が1億円あったら、働かなくても生活できるかな?

正しく資産運用することで、1億円の資産をさらに増やせます。

プライベートバンカーとしての知見を活かし、1億円の資産運用のシミュレーションを行いました。運用方法ごとのリターンとリスクを具体的に見ていきましょう。

この記事でわかること
  • 資産が増える適切な運用が学べる
  • 複数の投資先に分散することでリスクを軽減できる
  • 税金対策など、幅広いリスクヘッジが学べる
  • プロによる運用支援のノウハウが学べる
  • 定期的な収入を得る知識がつく

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

【貯金1億円】おすすめの資産運用方法は?

私は今までプライベートバンカーとして、お客様にさまざまな資産運用方法を提案してきました。基本的な方法4つについて解説します。

債券投資

債券投資は、政府や企業が資金調達のために発行する証券に投資する方法です。債券は発行者から定期的に利息を受け取ることができ、満期になれば元本が返済されます。

債券投資の魅力は、比較的安定した収入が見込める点にあります。株式投資と比べて価格変動のリスクが低いため、リスクを抑えつつ安定した運用をしたい投資家におすすめしています。

ただし、インフレや金利上昇時には債券価格に悪影響を与えるため、注意が必要です。国内債券と海外債券の両方に分散投資することで、通貨リスクや国別リスクに対処することが推奨されます。

株式投資

株式投資は、企業の成長に投資することで、配当や株価の上昇から利益を得る方法です。株式投資の利点は、高いリターンが期待できることと、株主として企業の成長に直接関与できる点です。

しかし、株式市場は価格変動が激しく、投資した企業の業績が悪化すると大きな損失を被る可能性があります。そのため、リスクを理解し、分散投資を行うことが重要です。長期的な視点で投資を行い、市場の短期的な変動に惑わされないようアドバイスしています。

投資信託

投資信託は、多くの投資家から資金を集め、その資金をプロのファンドマネージャーが様々な金融商品に投資する方法です。投資信託のメリットは、少額から多様な資産に分散投資ができることと、専門家による運用が受けられる点です。

また、投資信託はリスクとリターンのバランスが取りやすく、比較的取り組みやすい投資方法のため、初心者に推奨しています。

ただし、運用成績はファンドマネージャーのスキルに依存するため、ファンド選びが重要となります。

運用手数料などのコストも考慮する必要があるね!

不動産投資

不動産投資は、不動産を所有し運用・売却することで利益を得る投資方法です。不動産投資の魅力は、入居者さえ確保できれば長期的に安定した収入を得られることです。例えば、東京などの不動産価値が上がり続ける地域に投資をした資産家は、価値の上昇に比例して多くの資産を得ています。

1億円あれば東京の不動産購入も夢じゃない!

また、不動産投資には、低リスクの商品を中心とした構成も提案できます。年3%の利回りで運用したお客様は、複利運用を活用し、30年後には2億4000万円まで資産が増えました。

これらの投資方法は、リスクとリターン、自身の資産状況や目標、投資に対する理解度などにより、適切なバランスで組み合わせることが重要です。

1億円を「利回り2%」で資産運用すると?

今回は、東証上場株式の平均的な配当利回りを「2%」とし、1億円を運用した場合のシミュレーションを行いました。このシミュレーションは複利計算で行われ、1万円未満は四捨五入されています。また、これらの数値は税引前のものです。

配当利回りを「2%」の場合
  • 運用期間20年: 合計1億4860万円、うち運用益部分は4860万円
  • 運用期間30年: 合計1億8114万円、うち運用益部分は8114万円

これらの数値はあくまでシミュレーションであり、実際の運用結果は市場環境や選択する銘柄によって変動する可能性があります。また、税金や手数料などのコストも考慮する必要がある点に注意が必要です。

1億円を30年運用すると、8000円以上の利益が出るの?

これはあくまでマイナスが出なかった場合の結果です。慎重に資産運用することで、大きな利益を得ることができます。

25歳からはじめる!プライベートバンカーによる早期資産運用のすすめ

ここでは、学生の頃から投資を勉強し、25歳から資産運用を開始した友人のAさんのケースを紹介します。

学生の頃から投資に興味があったので、25歳から資産運用をスタートしました!

投資は早くスタートすればするほど、大きなリターンを得ることが叶います。20代からはもちろん、投資の知識がある方は、子供のために「ジュニアNISA」で資産を作っている方もいます。

Aさんはこのまま資産運用を続ければ、定年までに年率15-20%の安定したリターンが目指せます。月額約10万円の節約をすれば、2億円の資産形成が叶うでしょう。高リスク・高リターンの投資方法ではなく、現実的な目標の設定と一貫した投資が大事です。

彼女は、「一貫した年間約5%のパフォーマンス」と「定期的な月間貯蓄」で1億円の資産を達成することが可能であると提案します。

資産形成のための主要原則
  • 早くからお金を貯め始めること
  • 長期間にわたってお金を貯め続けること
  • 早期に投資を始めること
  • 長期にわたってそれらの投資を維持すること

高いリターンはすぐに高額な利益を得られますが、その分リスクも高くなります。1億円達成のポイントは早期に投資をスタートし、長期的な視点をブレることなく維持することが大切です。

20代の頃は経験に投資することも重要ですよね

長期的な目標を持つことで、経験にかけるお金と貯金のバランスが見えてくるはずです。

1億円の資産運用のリスク管理の方法

1億円の資産運用におけるリスク管理の方法には、以下のようなポイントが挙げられます。

1億円もの高額な資産を持っていたら、ついリスクの高い美味しい話に飛びついちゃいそうだね…!

資産を減らさないよう、しっかりとしたリスク管理をすることが成功の鍵だと言えるでしょう。

適切なリスクマネジメントを行う

リスクマネジメントは、資産運用における重要な要素で、投資のリターンを最大化し、リスクの最小化を目指します。

まず私は投資家にアドバイスする際に、自身のリスク許容度を理解することからスタートします。損失に対する自身の耐性が可視化でき、リスクに備えることができるからです。

次に、投資ポートフォリオのリスクを評価し、それが自身のリスク許容度と一致するかを確認します。これには、投資の分散、リスクの高い投資からの適切な分離、そして市場の動向を常に監視することが含まれます。

また、ヘッジファンドなどの投資手段を利用して価格変動リスクを抑えることも一つの方法です。

資産を分散する

資産を分散することは、リスクを管理するための基本的な戦略です。これは、全ての資産を一つの投資に集中させるのではなく、複数の異なる投資に分散させることを意味します。

これにより、一部の投資が悪いパフォーマンスを示した場合でも、他の投資がそれを補います。株式、債券、不動産、現金、外貨預金など、さまざまなクラスに分散させる方法が一般的です。

インフレリスクに備える

インフレは、物価が継続的に上昇する現象であり、これによりお金の価値が下がります。インフレが進行すると、現金や預金の実質的な価値が減少してしまうでしょう。

インフレリスクに対抗するには、堅実な資産運用が必要です。早めに施策を行った投資家は、インフレが進行しても価値を保ちつつ、価値が上昇する可能性のある資産にさらに投資をしています。これには、株式、不動産、またはインフレに連動する債券などが含まれます。

【儲け話に要注意!】実際にあった投資トラブルを紹介

1億円の高額資産を持っていると、怪しい儲け話などをされるケースがあります。今回はプライベートバンカーに寄せられた投資トラブルについて、具体的に解説します。

【マンション投資】専業主婦Aさんのケース

専業主婦のAさんは実家が資産家で、亡くなった両親から1億円の相続を受けました。友人である女性から「マンション投資は儲かる」と業者を紹介され、埼玉県にマンションを購入しました。しかし、駅から遠く古い物件だったため入居者がおらず家賃収入を得られない状況が続きました。トイレやお風呂を修繕しましたが、いまだに回収はできていません。

マンション投資には3つの主要なリスクがあります。一つ目は、賃料が得られない「空室リスク」。二つ目は、物件価格が下落してしまうために起こる失敗。三つ目は、想定外の出費です。

市場環境が悪さや物件の老朽化していると、物件価格がぐんと下がります。Aさんのように修繕費用や管理費など、予想外の出費が発生してしまうかもしれません。

これらのリスクを避けるためには、信頼できる不動産管理会社をパートナーにすることが大切です。物件の売却に備え、価値をなるべく維持できる知識も必要でしょう。

マンション投資は、お金に限らず、幅広い不動産の知識が必要です。投資を始める前に十分な勉強をしましょう。

【ヘッジファンド】会社員Bさんのケース

会社員のBさんは貯金が趣味で、40代を目前に1億円の貯金に成功しました。株や投資を行い資産運用の知識もあったため、1億円をヘッジファンドに投資することにしました。Bさんの失敗の原因は、1億円をすべてヘッジファンドに投資してしまった点にあります。家族が病気になり、多額の治療費が必要になりましたが、一般的な株や投資のように広く売買されているものではないため、すぐに現金化することができませんでした。

ヘッジファンドは、高いリターンが期待できますが、リスクも高い投資手段です。近年はヘッジファンドのリターン低下を危惧する動きもあり、ヘッジファンド採用の動きは縮小傾向にあります。そのため、投資資金を必要な時に引き出せないリスクも格段にアップしました。

【リスクゼロをうたう投資案件】会社員Cさんのケース

会社員のCさんは投資の経験がなく、相続を受けた1億円を定期預金に貯金しようと考えていました。投資に興味はありましたが、リスクが怖く手を出すことができません。しかし、大学時代からの友人から「リスクがない投資がある」と紹介され、3000万を投資アドバイザーに任せることになりました。しかし、3000万円を振り込んだ途端、アドバイザーと連絡が取れなくなります。友人とも連絡が取れず、3000万円の大金を一瞬にして失ってしまいました。

「リスクゼロ」と謳う投資案件には注意が必要です。投資には必ずリスクが伴います。「リスクがなく(低く)、リターンが高い」という投資案件は、現実的には存在しません。このような投資案件には、詐欺や違法なスキームの可能性があるため、十分な調査と慎重な判断が必要です。

これらのリスクを避けるためには、自分で情報を収集し、理解できる範囲内で投資を行うことが重要です。また、専門家の意見を求めることも有効です。

まとめ

資産運用とは、手持ちの資産を効率的に増やす方法です。預貯金や株式、債券、投資信託などの金融商品を利用して、資産を増やすことが目的です。1億円という大きな金額を運用する場合、その運用方法によって得られるリターンやリスクは大きく変わります。

1億円を賢く運用すれば、10年後、20年後にもっと大きな資産を得ることができるね!

また、1億円の資産運用にはリスクが伴います。投資の話が舞い込みやすくなる一方で、正しい知識を持っていないと、勧められた商品をよくわからないまま買ってしまい、損をすることもあるでしょう。資産運用を始める前には、しっかりとリスクを理解し、自分に合った運用方法を選ぶことが大切です。

大きな額の資産を持っていると、怪しい儲け話に乗ってしまい多額の損出を出してしまう方もいます。資産運用の正しい知識を勉強することが大切です。

目次