メルマガ登録LINE登録

評判の次世代ハイテク株への投資! GSフューチャー・テクノロジーリーダーズ

評判の次世代ハイテク株への投資! GSフューチャー・テクノロジーリーダーズ

みなさん、こんにちは!今回は、投資家の間で評判になっているゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント(GSAM)が運用する投資信託、「GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズ」に焦点を当ててみましょう。

じつは、銀行で相談したことがあって、気になっていたけど。

長期的な成長を目指す投資家の間では、評判になっている投資信託のひとつです。

長期目線なんですね。なるほど!

このファンドは、2022年12月20日に設定され、現在の純資産総額は1,000億円を超えています。

さあ、これからプライベートバンクを持つ私の得意分野です。「GSフューチャー・テクノロジーリーダーズ」の投資戦略、市場の反応、そして投資家のリスクと運用成績の詳細を解説していきましょう。

この記事でわかること
  • 投資対象と運用戦略
  • 投資のリスクと特徴
  • 投資成績と市場の反応、運用成績と口コミ
  • GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズへの投資はおすすめか
  • 投資を始める際のアドバイス

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズの全貌

GSフューチャー・テクノロジーリーダーズ

2020年のハイテク株ブームの中で特に注目されたこのファンドは、「テクノロジーの活用または発展によって恩恵を受ける、将来のリーダーとなる企業への投資」という目標を掲げています。

投資対象と運用戦略

組入上位銘柄

投資の対象は、海外だけですか?

投資の対象は、日本を含む世界中の株式です。

情報技術(IT)、通信・メディア、ヘルスケア・ライフサイエンス、エネルギー・環境、製造業などです。運用はGSAMのグローバル・テクノロジー・チームが担当し、約80名の経験豊富なポートフォリオ・マネージャーおよびアナリストが、世界6地域にわたるテクノロジー関連企業の調査・分析を行っています。

GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズの魅力と注意点

投資信託の特徴

むずかしそうですね…。

簡単に分けると、4つのパターンです。

  • Aコース(限定為替ヘッジ)
  • Bコース(為替ヘッジなし)
  • Cコース(毎月決算・分配条件提示型・限定為替ヘッジ)
  • Dコース(毎月決算・分配条件提示型・為替ヘッジなし)

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントのような経験豊富な運用チームが世界中の多様な企業に投資し、投資家は次世代の技術革新を牽引する企業を応援できます。
テクノロジー株は、景気変動や規制の変更が株価に大きな影響を与える可能性があるため、価格の変動が大きい場合があります。

魅力と注意点
  • 専門家による運用
    ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントのグローバル・テクノロジー・チームによって運用されています。このチームには世界6地域で約80名の経験豊富なポートフォリオ・マネージャーやアナリストが所属し、テクノロジー関連企業の調査・分析に優れているのです。
  • 分散投資
    リスクを抑えるために複数の銘柄に分散投資を行っています。投資家自身が複数の銘柄を選定するのは難しいですが、ファンドを利用することで、少額の投資からでも分散投資の恩恵を受けられる商品です。
  • 将来性の高いテクノロジー関連企業への投資
    テクノロジーの活用または発展によって恩恵を受けることが予想される、将来性の高い企業に焦点を当てています。これらの企業は今後も成長が期待される分野であるため、投資の魅力が高いと言えるでしょう。
  • 少額からの投資可能
    積立やNISAでの取り扱いも設定されているため、少額からでも投資を始めることが可能です。これにより、投資のハードルが低くなり、多くの人が投資のチャンスを得られます。

NISAでチャレンジしてもいいかな。

投資家自身が直接株式や債券を選定するよりも、このようなプロフェッショナルの手に委ねる方が、効率的で安心な資産運用が期待できます。

投資リスク

投資を検討する際は、これらの魅力とリスクをバランスよく理解し、自己の投資目的やリスク許容度に照らし合わせた上で慎重に判断することが求められます。

ドルが下がると損するよってことなのか?

米国のみが対象ではないので、リスクは分散されています。

値動きのリスク
ファンドの基準価額は、株式や債券などの価格変動に影響されるため、値下がりするリスクがあるのです。

手数料のリスク
ファンド運用には運用手数料や信託報酬などの手数料がかかり、これらの手数料が運用成績に影響を及ぼし、悪化する可能性もあります。

投資対象と運用戦略

テクノロジー投資信託

このファンドの運用戦略は、テクノロジー業界の動的な性質と高い成長ポテンシャルを捉えることを目的としています。ただし、、高いボラティリティと特有のセクターリスクを伴うため、投資家はそのリスクを理解し、自己のリスク許容度に合致した投資決定をする必要があります。

投資対象

投資ジャンル

GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズは、日本を含む世界中の株式市場に焦点を当てるものです。特に、テクノロジーの活用や発展により恩恵を受け、将来のリーダーになると見込まれる企業への投資を目指しています。

どのような業界などに、投資しているのですか?

投資対象となる主な分野は、以下の通りです。

  • 情報技術(IT)
  • 通信・メディア
  • ヘルスケア・ライフサイエンス
  • エネルギー・環境
  • 製造業

運用戦略

運用チーム

GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズは、将来のリーダーになる可能性が高い企業を厳選します。長期的に成長が期待される世界中のテクノロジー関連企業に分散投資することで長期的なリターンを追求していきましょう。

運用戦略のポイント
  • ボトムアップ型の銘柄選択
    GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズは、個別銘柄の分析を重視し、事業内容、成長性、競争力などを徹底的に分析して、将来のリーダーになる可能性が高い企業を厳選しているものです。
  • グローバル分散投資
    このファンドは、世界中のテクノロジー関連企業に投資することでリスクを分散します。投資先は約25の国・地域にまたがり、約200銘柄に及んでいるのです。
  • 長期的な投資
    テクノロジー関連企業は長期的に成長が期待される分野であり、短期的な値動きに惑わされず長期的なリターンを追求しています。

テクノロジー関連企業は、景気変動や規制の変化などの影響を受けやすいため、投資の際はこれらのリスクを十分に理解した上で行う必要があることを覚えておいてください。

変動が激しいと、危険なのでは?

リスク軽減のために分母を増やしているので、長期タイプの商品でしょう。

投資リスク

4つのリスク

この商品には4つのリスクがあります。値動きリスク、為替リスク、信用リスク、セクターリスクです。

4つのリスク
  • 値動きのリスク
    ファンドの基準価額は株式や債券などの価格変動の影響を受けるため、値下がりリスクが存在します。経済状況、政治的イベント、天災など様々な外部要因によって価格が変動し、投資価値が減少する可能性のことです。
  • 為替リスク
    日本を含む世界の株式に投資するため、為替変動が運用成績に影響を及ぼす可能性があるのです。為替レートの変動が投資のリターンに影響を与え、特に外国通貨での投資では、通貨価値の変動が投資成績に直接影響します。
  • 信用リスク
    投資対象企業の財務状況が悪化すると、元本割れのリスクが生じます。債券やクレジット商品に投資する際に発生するリスクで、発行者が金融債務を履行できない、つまり利息や元本の支払いを怠るリスクです。企業の財務状況が悪化した場合に特に発生しやすく、投資家が損失を被ることになります。
  • セクターリスク
    テクノロジー関連企業は景気変動や規制の変化に敏感であるため、セクターリスクが高いと言えるでしょう。そのセクターが直面する規制変更、技術革新の遅れ、消費者嗜好の変化などにより影響を受けます。セクター特有の問題が全体のパフォーマンスに大きな影響を及ぼす可能性は多いです。

投資のリスクと特徴

運用パターン

このファンドは、テクノロジー関連企業の成長を捉える可能性を持っていますが、景気変動や規制の変化などの影響を受けやすいため注意が必要です。主な特徴は、世界のテクノロジー関連企業への投資、GSAMの運用、そして1,000億円を超える純資産総額などが挙げられます。

初心者には難しいかも?

運用はGSAMチームまかせですので、プロ投資家と同じ運用です。

購入するときの確認ポイント

投資のポイント

投資信託には運用費用や信託報酬がかかります。これらの費用が高い場合、実際のリターンが低下する可能性があります。

3つのポイント
  • 投資期間
    長期的な投資を推奨します。テクノロジー関連企業は長期的に成長が期待されるため、短期的な値動きに惑わされずに長期的なリターンを追求することが大切です。
  • 期待するリターン
    投資期間が短い場合や大きなリターンを期待する場合、リスクが高まる可能性があります。
  • リスク許容度
    リスクの高い投資はリスク許容度が低い場合には避けるべきです。

投資にはリスクがつきものです。自己責任ですね。

これらのリスクを十分に理解した上で、ご自身の投資目的やリスク許容度に合っているかどうかを判断することが大切です。

投資成績と市場の反応

投資リスクの理解

GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズは、2022年12月20日に設定された新しいファンドであり、そのため長期的な運用成績はまだ確認できません。しかし、設定から約1年間の基準価額の推移を見ると、初期の100円から約25%上昇して125円になっており、この期間の東証株価指数(TOPIX)の上昇率約15%を上回る好成績を示しています。

投資成績の概要とリスク

投資成績

一番人気のある、GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズBコース(為替ヘッジなし)の場合を見ていきましょう。2023年12月17日(日)現在の基準価額が16,695円で、前日比+3.36%の増加となりました。市場は、日経平均株価が-240.10円、NYダウが+512.30ドルと、それぞれ下落しました。

投資成績は、前日比で+3.36%と、市場全体よりも高い上昇となり、主な投資対象であるテクノロジー関連銘柄が、市場全体よりも高いパフォーマンスを示したことによると考えられます。

2023年12月は、景気後退の影響もあり現在は下落しました。

気候変動のリスクが大きそう。

テクノロジーには、戦争のリスクもあるわ。

GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズは、テクノロジー関連企業の成長を捉える可能性を持っていますが、これらの企業は景気変動や規制の変化の影響を受けやすく、投資にはリスクが伴うのです。そのため、投資を検討する際はリスクを十分に理解し、自身の投資目的やリスク許容度に合わせて慎重に判断することが重要でしょう。

市場の反応と投資家の意見

テクノロジー関連企業

市場からは、テクノロジー関連企業の成長期待が高まり、GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズへの投資意欲も上がっているのです。

上昇銘柄
  • マイクロソフト(MSFT):+5.51%
  • アップル(AAPL):+4.67%
  • アマゾン・ドット・コム(AMZN):+3.71%

純資産総額は順調に増加し、2023年12月13日時点で1,000億円を超える規模に成長しています。

投資家の意見は分かれており、一部は手数料の高さに対して懸念を示していますが、同時に将来的な成長を期待する声もあるでしょう。また、投資家からのポジティブな口コミとしては、テクノロジー関連企業の成長への期待、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの運用実績への信頼、少額からの投資可能性の魅力などが挙げられます。

ゴールドマンサックスが運用しているっていうのがスゴイ!

歴史もあるし信頼できそうだ。有名なゴールドマンサックス。

GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズが向いている人

投資家タイプ

株式市場の値動きに影響されやすいため、株式市場のリスクを受け入れることができる投資家に最適です。GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズを選ぶ際には、以下のような要素を比較検討することが重要です。

この商品は、どんな人に向いているのですか?

以下の特徴を持つ投資家に、特に適しています。

この商品が向いている投資家
  • テクノロジー関連企業の成長に期待する投資家
  • 長期的な投資視点を持つ投資家
  • リスクを十分に理解し、受け入れられる投資家

GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズへの投資は、主にテクノロジー関連企業の成長に期待する投資家におすすめされます。しかし、投資の際には個々の投資スタイルとリスク許容度を考慮する必要があるのです。

4つのコースの比較

4つの投資コース

GSフューチャー・テクノロジーリーダーズには4つのコースがあります。それぞれのコースの違いを見ていきましょう。

nextWINがよさそうね。

これは、一番人気のコースです。

種類
  • Aコース(限定為替ヘッジ)
    主要投資対象: 世界の株式市場、特にテクノロジー関連銘柄
    特徴
    為替ヘッジが適用され、為替リスクから保護されています。テクノロジー関連企業に焦点を当てて投資します。
  • Bコース(為替ヘッジなし)(愛称:nextWIN)
    主要投資対象: 世界の株式市場、特にテクノロジー関連銘柄
  • 特徴
    為替ヘッジがなく、為替リスクを受ける可能性があります。テクノロジー分野に投資し、将来のリーダーと期待される企業の株式にフォーカスします。
  • Cコース(毎月決算・分配条件提示型・限定為替ヘッジ)
    主要投資対象: 世界の株式市場、特にテクノロジー関連銘柄
    特徴
    毎月決算型であり、為替ヘッジが適用されたコースです。分配条件が提示されます。
  • Dコース(毎月決算・分配条件提示型・為替ヘッジなし)
    主要投資対象: 世界の株式市場、特にテクノロジー関連銘柄
    特徴
    毎月決算型であり、為替ヘッジがないコースです。分配条件が提示されます。

中村からのアドバイス

アドバイス

この商品について、アドバイスをまとめましょう。

投資家は、グローバル分散投資、ボトムアップ型の銘柄選択、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの運用実績などのファンドの特徴を考慮し、自身の投資戦略に合致するかを検討すべきです。また、リスクを伴う投資であることを認識し、損失を受け入れる覚悟が必要となります。

投資は個々の目的やリスク許容度に応じて行うべきであり、そのためには十分な情報収集と慎重な検討が求められるのです。

投資にリスクはつきものです。よく検討してみます。

まとめ

投資のポイント

GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズは、将来性のあるハイテク企業への投資を目指す革新的なファンドであり、世界中のテクノロジー関連企業に投資することでグローバル分散投資を実現しています。

このファンドは、テクノロジー関連企業の成長に期待する投資家に特に適しており、以下の点を考慮して投資を検討することが重要です

目次