メルマガ登録LINE登録

投資信託がどんどん下がる!?理由と対策をプロが解説

タイトル

え!うそ、私の投資信託が数週間で10%落ちたなんて…。どんどん下がっちゃうのかな?どうすればいいのか不安だよ。

投資信託が減っていくのを見ると、慌てちゃうんじゃ…。パニックにならず、どうすれば冷静にいられるの?

プライベートバンカーの私が見てきた経験を踏まえて、どんどん下がる投資信託の対応方法を紹介するよ。心配しないで!この記事を読むことで安心できるはずだから。

この記事でわかること
  • 投資信託の価値が下がる理由と、それに対する冷静な対応方法。
  • 投資信託の価値減少時に役立つ、具体的な市場分析と適切な判断方法。
  • 純資産総額の重要性と、大きい投資信託の選び方。

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

投資信託の価値減少に直面したときの対応

投資信託の価値減少に直面したときの対応

え!うそ、私の投資信託がわずか数週間で10%落ちたなんて…。これからどうすればいいのか不安だよ。

投資信託の価値が下がると、確かに心配になるよね。でも、大事なのは冷静になること。市場は常に変動するもので、特に投資信託は短期的に価値が下がることもしばしばあるんだ。

私のクライアントである岡田さんのケースを見てみよう。

彼の投資信託はある時、一週間で12%下落したんだ。彼は最初、とても不安に感じ、悲しみさえ覚えた。しかし、彼は市場全体の動きを理解するために時間をかけ、結果としてその後の市場回復により、元の額より40%のリターンを達成したんだ。

投資信託がどんどん下がると怖かったり、慌てたりしてしまうよね。そんな時のために対処法などを知っておこう。

 パニックに陥らずに冷静に対応する方法

 パニックに陥らずに冷静に対応する方法

投資が減っていくのを見ると、慌てちゃうんじゃ…。パニックにならず、どうすれば冷静にいられるの?

心配しなくていいよ、パニックになる必要はないんだ。投資信託が一時的に下がるのは、投資の一部。

例えば、私のもう一人のクライアント、中村さんは、彼女の投資信託が一時的に20%減少したとき、恐怖を感じたって。みんな同じだよね。

でも彼女は、冷静になって自分の投資戦略を見直し、冷静に市場の分析を進めた結果、その年の終わりには30%の利益を実現したんだ。

 下がった情報を正確に分析して適切な判断を下す

 下がった情報を正確に分析して適切な判断を下す

投資信託の価値が下がり続けるとき、情報を分析していくことで判断がしっかりできるよ。不安にならないよう見ていこう!

ここが一番のチャレンジだよ。どんどん下がる投資信託の情報を冷静に分析して適切な判断を下すことが重要なんだ。

たとえば、私のクライアントである鈴木さんは、彼の投資信託が一ヶ月で18%下落した時、かなり焦ってしまって売ろうかとも考えたんだ。でも彼は市場のトレンドをじっくり分析した結果、投資信託を持ち続けることでお金を減らさずに済んだんだよ。

市場が回復した時には、彼の投資信託は元の価値よりも35%高くなっていたんだ。すごいでしょ?これが投資信託のおもしろい所だとも言えるね。

 投資信託がどんどん下がる時の心構え

 投資信託がどんどん下がる時の心構え

ええっ、一週間で私の投資信託が5%も下落した!どうすればいいの?どんどん下がっていくんじゃないの?

大丈夫、大丈夫。投資信託が下がるのは時には起こること。大事なのは、一時的な下落に焦らず冷静を保つことなんだ。

シンガポールでプライベートバンカーをしていた時、私のクライアントである山田さんのこんな話があってね。

彼女は、自分の投資信託が一週間で7%下がった時、すごく不安になってたんだ。でもね、冷静になって、長期的な視点で考えることにしたの。その結果、一年後には15%の利益を得ていて、とても喜んでたよ。

これから投資信託でどんどん下がることに直面したら、まずは深呼吸して。その後、現在の市場状況や自分の投資戦略を冷静に見直してみよう。もし不安なら、プロに相談するのも一つの手だよ。

投資信託の下落時、どう冷静に対応すべきか

投資信託の下落時、どう冷静に対応すべきか

あれ?私の投資信託、なんでこんなに下がってる!?どうしよう、どうしたらいいのか、わからないよ!

びっくりしたかもしれないけど、大丈夫。投資信託の価値が下がることは、時にはよくあることなんだよ。ここで大事なのは、長期的な目線を持つこと。

私がシンガポールでプライベートバンカーとして経験したことから言うとね、市場は常に波があるもの。でも、冷静に長期的な視点を持って対応すれば、一時的な下落も乗り越えられるんだ。

例えば、私のクライアントである佐藤さんは、昨年の市場の暴落で10%の損失を見た時、すごく不安だったんだけど、冷静に長期投資の視点を持ち続けたんだよ。長い目で見るべきだって落ち着いて考ることにしたのさ。

結果として、市場が回復するにつれて、彼女の投資も徐々に元通りになり、さらにプラスに転じたんだ。最初は心配だったけど、後で「長期的に見れば良かったんだ」と喜んでいたよ。

 分散投資でリスクをうまく管理しよう

 分散投資でリスクをうまく管理しよう

下がっても安心できそう!投資信託を使うのがワクワクしてきたよ!ところで、分散投資って、実際どうやるの?興味があるな。

分散投資は、投資のリスクをうまく分散する方法なんだよ。プライベートバンカーとしての僕の経験ではね、資産を色々な投資先に広げることで、一つの市場の下落が全体に与える影響を減らせるんだ。

たとえば、私のクライアントである田中さんは、株式、債券、不動産投資信託に分散して投資しているんだけど、去年の株式市場が20%下落した時も、他の資産の安定性が全体の損失を抑えてくれたんだよ。

最初は、株式の大きな下落に田中さんも怖れを感じていたけど、分散投資の効果で心配は少しずつ軽減されたんだ。

時間が経つにつれて、彼女の投資ポートフォリオは安定したリターンを達成し、最終的にはすっかり安心していたよ。

分散投資は、市場の上下動に動じず、長期的な安定を目指す戦略なんだ。

 投資信託の実態: 放置しても増えるのは本当か?

 投資信託の実態: 放置しても増えるのは本当か?

投資信託って放置しておくだけで増えるって本当?どんどん下がっていくんじゃないかって不安になっちゃうよ。

これは初心者からよく聞かれる質問だよね。さて、この疑問に応えるため、投資信託の実態を見てみよう。

私がシンガポールでプライベートバンカーとして経験したことから言うと、投資信託は多くの人から集めた資金をプロのファンドマネージャーが株や債券に投資する仕組みだよ。長期的に見ると、市場全体の成長に伴い資産が増える可能性が高いんだ。

でも、短期的には市場の変動により価値が下がることもあるから、長期的な視点での運用が重要なんだよ。怖がらずにじっくり構える姿勢が大切さ。このことを知っておくと、安心できるでしょ?

純資産総額の変動要因と投資戦略

純資産総額の変動要因と投資戦略

シンガポールでのプライベートバンキングの経験から見て、投資信託の変動についてわかりやすく紹介するよ。これで仕組みがわかって安心できるはず!

私がシンガポールでプライベートバンカーとして経験したケースを見るとね、1969年から2019年の50年間で、外国株式を運用する投資信託が100万円から3000万円以上に増えた例があるんだ。

これはね、市場の成長と人々の豊かになりたいっていう願望が反映された結果なんだよ。クライアントの中には、この成果を見て喜びでいっぱいになる人もいたよ。

日本の株や債券も同じで、長期にわたってじっくり投資すれば、ちゃんと資産が増える傾向があるんだ。それを見て、私もワクワクしてたね。

投資信託を始めない理由は?下がるから?

投資信託を始めない理由は?下がるから?

そうなんだ!すごい!でも、なんでみんな投資信託を始めないのかな?やってみる方がぜったい得だよね?

これ、実は金融教育が足りないからかもしれないんだ。日本では学校であまり金融のことを教えてくれないし、多くの人が投資の基本を知らないんだよね。

それに、短期で大きな利益を期待する人が多くて、長期投資のメリットが見落とされがちなんだ。

でもね、投資信託って、ちゃんと知識を持って、長期的に考えれば、すごくいい資産増やしの手段になるんだよ。金融教育を広めて、短期的な思考から抜け出すことが大切。

それに、リスク管理のために分散投資などの戦略も大事だね。要は、自分に合った投資信託を選んで、長期的な視野でコツコツと投資することが、資産を増やす秘訣なんだよ。

それを知ったとき、僕は本当に目から鱗、とっても驚いたんだ。

 投資信託の価値がどんどん下がるときの対処法

 投資信託の価値がどんどん下がるときの対処法

うわ、私の投資信託がどんどん下がってる!やっぱり落ち着いていられない…。対処方法とか具体的に教えて欲しいな。

心配しないで。投資信託の価値が下がるのは、時には普通のことなんだ。市場は上下するもので、特に短期間では価値が下がることもよくあるんだよ。

例えば、私のクライアントである佐藤さんの場合、彼女の投資信託は一時的に10%減少したことがあるんだ。最初は本当に不安そうだったけど、一緒に市場の動きを分析して長期的な戦略を立てた結果、最終的には20%の利益を得ることができたんだ。

大切なのは、一時的な下落に動じず、冷静に長期的な視点を持つことなんだよ。

 純資産総額の減少と繰り上げ償還のリスク

 純資産総額の減少と繰り上げ償還のリスク

え、純資産総額が減るとまずいの?理由がわからなくてハラハラしてきたよ。

そうなんだよ。純資産総額が減ると、投資信託にとってはかなりのリスクがあるんだ。具体的に言うとね、純資産総額がある水準を下回っちゃうと、投資信託が急に終わることもある。

これって、投資家にとっては計画外の終了を意味するんだよね。

僕のクライアントの鈴木さんみたいに、突然の繰り上げ償還で計画がダメになった人もいるんだ。彼は本当に困惑して悲しんでたよ。

だからね、投資信託を選ぶ時は、純資産総額をチェックするのがすごく大事なんだ。安定してる投資信託を選べば、こういうリスクを減らせるからね。

シンガポールのプライベートバンクで見てきた多くのケースを踏まえて、特に初心者の人は大きな純資産総額を持つ信頼できる投資信託から始めたらいいよ。

 純資産総額が大きい投資信託のメリット

 純資産総額が大きい投資信託のメリット

純資産総額が大きい投資信託って、何がいいの?難しそうでよくわからないよ。

純資産総額が大きい投資信託は、安定感と信頼性が高いんだよ。

たとえば、「MAXIS Slim米国株式 S&P 500」みたいに、純資産総額が1700億円以上の投資信託は、たくさんの投資家に支持されてるんだ。これって、その投資信託が市場で信頼を築いてるってことだよね。

僕のクライアントの田中さんは、最初は不安だったけど、こんな大きな純資産総額の投資信託に投資して、今では投資の魅力にすっかりハマってるよ。純資産総額が大きい投資信託は、繰り上げ償還のリスクも低くて、安定した運用が期待できるんだ。

私がシンガポールでプライベートバンカーとして経験したことから言うと、長期投資を考えてる人には、純資産総額が大きい投資信託を選ぶのがおすすめだよ。

まとめ

 まとめ

シンガポールでプライベートバンカーとして働いていた経験から言うと、投資信託は長期的な視野で見ることが大切。

市場は常に変動するものだよね!一時的な下落には動じず、冷静に全体の動きを理解するようにして投資信託を利用していくよ!

そうだね。そして、純資産総額が大きい信頼できる投資信託を選ぶことで、安定性を高め、長期的な利益を目指そう。

この記事を読んで、投資信託に対する理解を深め、不安を解消し、より賢い投資家になろう!

目次