メルマガ登録LINE登録

副業から社長業へ!個人M&Aで実現するサラリーマン起業について解説します!

副業から社長業へ

サラリーマン生活に不安を感じたことはありませんか?定年後の生活や年金の問題、これからの人生について不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?

そんな中、今回はサラリーマンのみなさんに一つの可能性をご紹介します。

終身雇用制度が失われ、いつリストラされてもおかしくない世の中だからね。サラリーマンが安泰だったのは昔の話だよね。

だからといって自分で商売をするのは、資金がいるしリスクも高いわ。

そこで今回は、個人M&Aでサラリーマンが起業する方法について解説するよ。

わずかな資金で自分の会社を手に入れ、オーナー社長になることで資本家としての新たな可能性が開けます。社会的な問題として、老後の不安が増えています。

サラリーマンが資本家になることでの解決策を探ってみましょう。サラリーマン起業の方法やメリット、そして注意点について詳しく解説します。一緒に新たな未来を考えてみましょう。

本記事を読んでわかること
  • サラリーマン起業の方法がわかる
  • 個人M&Aについて理解が深まる
  • オーナー社長のメリットと注意点がわかる

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

サラリーマンの不安材料

サラリーマンの不安材料

まずはサラリーマンの不安材料について考えてみましょう。現代社会では、定年後の生活が不安視されることが増えています。長生きが当たり前の時代において、老後の資金が足りないという問題も深刻です。

実際、過去には老後2000万円不足といった社会問題も話題になりました。サラリーマンの主な不安材料は主に以下の3つです。

サラリーマンの主な不安
  • 老後の資金不足による不安
  • 定年後の生活に対する不安
  • 老後2000万円不足問題に対する不安

老後の資金不足による不安

老後の資金不足による不安

人生100年時代と呼ばれる現代社会において、老後の資金不足による不安は多くの人が抱える問題です。

長生きすることが良いことばかりじゃないなんて、悲しい時代よね。

資産運用のプロの私のもとへは、老後の不安から相談に来る人が多いんだ。

平均寿命が延びる一方で、年金制度は縮小傾向にあります。そのため、老後の生活費をどのように確保していくか不安を感じる人が多いですね。老後の資金不足が深刻化するのは、さまざまな要因が影響しています。

長寿化や少子高齢化が進行する中、老後の生活費用をまかなうための年金だけでは不十分なケースが増えています。

医療技術の進歩により、老後生活が延びたことで生活期間が延び、その分の費用が必要になっているんですね。

定年後の生活に対する不安

定年後の生活に対する不安

定年後の生活に対する不安は、現代社会のさまざまな要因によって引き起こされています。以前は、定年後には年金や貯蓄、さらには子供たちのサポートがあれば安定した生活が送れると考えられていました。

しかし、現在ではそのような状況が変化しています。経済の不安定化やインフレーションの影響が不安感を増幅させています。退職後も生活費の増加や資産の価値低下によって、十分な資金が必要になります。

定年後のライフスタイルや趣味にかかる費用も考慮しなければなりません。また、仕事から離れることで社会とのつながりや自己価値観が低下するという心理的な要因もあります。

定年後の生活において、精神的な充実や満足感を得るためには、新たな趣味や社会活動などを見つける必要がありますね。


老後2000万円不足問題に対する不安

老後2000万円不足問題

長寿化や経済の不安定化が進む中で、多くの人々が老後生活を送るための資金が不足している状況です。

老後に2000万円が必要って言われた時にはあせったわ。

若いころから資産運用を考えないとダメだね。

人生100年時代といわれるように、定年後の生活が長くなっているからね。老後の生活を豊かにしようと思ったら、しっかりとした資産運用が大事だよ。

老後2000万円不足問題の背景には、長い人生設計が求められるという社会の変化があります。以前は、定年後の生活に必要な資金は相対的に少なく、年金や貯蓄で十分にまかなえると考えられていました。

しかし、長寿化により定年後の生活が延び、その分の資金が必要となっています。さらに、経済の不安定化や低金利の影響も不足問題を深刻化させています。

運用益が低下し、資産の価値が下落する中で、老後に必要な資金を確保することが難しくなっています。

特に、長期間にわたる資金運用が求められる老後生活においては、このような経済状況が深刻な影響を与えています。

起業は解決策?

起業は解決策?

起業が老後2000万円不足問題の解決策として考えられるかについて詳しく検討します。

起業には多くのリスクとチャレンジが伴うけど、その一方で新たな収入源を生み出す可能性も秘めているね。

でも起業して成功している人は少ない気がするけど。

起業するのはリスクが高くて怖いわ。

そうだね。起業して成功した人の体験談を紹介しながら、サラリーマン起業について解説するね。

起業家の成功と挫折の現実

成功した起業家の例

成功した起業家は、その独自のビジョンやアイデアを実現し、大きな成果を上げます。一方で、多くの起業家はさまざまな困難に直面し、事業の挫折や失敗を経験します。

会社員をしながら夢を追いかけるサラリーマン起業家。近年、その数は増加傾向にあり、多くの人にとって憧れの存在となっています。しかし華やかな成功の裏側には、想像を超える苦労や挫折も存在します。

資産運用のプロとして相談にのっている私の顧客にはサラリーマンから起業して成功した人がいるよ。

大手企業で10年間、営業職として活躍したのち、副業で始めたEC事業が軌道に乗り、独立したAさんの例を紹介するね。

現在は年商1億円を超える企業に成長しているけど、そこにいたるまでの成功のポイントをAさんは以下のようにいっていたよ。

起業成功のポイント
  • 副業で成功体験を積み、リスクを軽減した
  • 独自のノウハウと人脈を生かしビジネス展開した
  • 時代のニーズを捉え、商品開発した

Aさんは、会社員時代に副業としてEC事業を立ち上げたんだ。最初は小さな規模だったけど、試行錯誤を繰り返しながら徐々に売り上げを伸ばしたんだ。

だから独立を決意したそうだよ。副業で成功体験を積んだことで、独立へのリスクを軽減し、スムーズな事業立ち上げを実現できたといっていたよ。

それに大手企業で培った営業経験と人脈を生かせたことが良かったらしい。サラリーマン時代の人脈のおかげで効率的な販路開拓ができたそうだよ。

常に最新のトレンドを調査し、市場に求められる商品を開発し続けたことが成功のポイントだともいっていたね。時代のニーズを先読みする洞察力と、迅速な行動力によって成功したんだね。

しかし、成功した人ばかりではないよ。私の知り合いの例を紹介しよう。

ベンチャー企業で5年間、新規事業立ち上げに携わり、退職後に独立してコンサルティング事業を立ち上げたBさんは1年後に廃業してしまったんだ。失敗の理由をBさんは次のようにいっていたよ。

起業失敗の理由
  • 資金不足と顧客獲得の難しさ
  • 事業計画の甘さ
  • 経験不足

当初計画していた資金よりも多くの資金が必要になり、資金繰りに苦しんだらしい。また顧客獲得に予想以上の時間がかかり、事業運営が困難になったそうだよ。

市場調査や競合分析が不足しており、事業計画が甘かったことも反省していたよ。顧客ニーズや競争環境を正確に把握できていなかったことが、失敗の原因の一つといっていたよ。

経営経験やノウハウが不足しており、さまざまな問題に対応できなかった。経営に関する知識や経験を事前に身につけておくべきだったと反省していたね。

体験談からわかるように、一朝一夕に成功を収めることは難しく、時間と努力が必要不可欠だね。成功者たちは、常に向上心を持って努力を続けているよ。

夢の飲食店経営に潜むリスク

夢の飲食店経営に潜むリスク

飲食店経営は多くの人々の夢であり、魅力的なビジネスの一つです。しかし、その裏にはリスクが存在します。飲食店経営に関わるリスクは主に以下の4つです。

飲食店経営のリスク
  • 競争が激しい
  • 人材確保が難しい
  • 原価管理が大変
  • 衛生管理と規制

飲食業界は競争が激しく、新規参入者や大手チェーン店との競争が厳しいです。地域や業態によっては、集客や収益確保が難しい場合もあります。

シェフやサービススタッフの採用や育成が難しく、人手不足や高い人件費が経営を圧迫する問題があります。また労働環境や労働法に関するトラブルも発生しやすいです。

食材の調達や価格変動、そして原価管理の難しさがあります。食材の品質や価格の変動に対応し、利益を確保するための努力が必要です。

衛生管理や食品安全に関する規制は厳しく、これらに適合するための対策やコストがかかります。適切な衛生管理がなされない場合、リスクが高まるでしょう。

起業に必要なリソース

起業に必要なリソース

起業にはさまざまなリソースが必要です。起業に必要なリソースは以下の4つが考えられます。

起業に必要なリソース
  • 資金
  • 人材
  • じかんと労力
  • ネットワーク

起業には十分な資金が必要です。事業の立ち上げ費用や運営資金、広告宣伝費など、多岐にわたる費用がかかります。またチームメンバーやパートナーとの協力が不可欠です。

起業家自身のスキルや経験も重要ですが、適切な人材の選定や育成が成功につながります。起業は時間と労力がかかる作業です。

アイデアの練り直しや市場調査、営業活動など、さまざまな作業に取り組む必要があります。良好な人脈やビジネスネットワークを築くことも重要です。

顧客やパートナーとのつながりが、ビジネスの成功につながるでしょう。

サラリーマンでもオーナー社長になれる方法

オーナー社長になる方法

人生100年時代といわれていますが、お給料は上がらないし年金減額の不安もあります。このままサラリーマンを続けていても将来に対して不安だと思う人が増えています。

定年が65歳だとしても老後は30年以上あると考えると、サラリーマンでは不安だと思うのも当然でしょう。

サラリーマン起業とは

サラリーマン起業とは

多くのサラリーマンが、将来的なキャリアや収入の安定性に不安を感じる中、起業を考えるケースは少なくありません。サラリーマン起業で自らのアイデアやビジョンを具体化し、自己実現の機会が広がります。

自分のビジョンに向かって働くことで、より充実したキャリアを築けます。起業に成功すれば、収入を大幅に増加できます。

成功すれば、自らのビジネスから得られる収入が、サラリーマン時代の給与を上回る可能性もあります。しかし起業は不確実な未来に対する挑戦であり、安定性を喪失するリスクが伴います。

起業は投資が必要なため、失敗した場合には経済的な損失を被る場合もあります。また、事業が軌道に乗るまでの間は、収入が不安定になるでしょう。

サラリーマン起業には、自己実現や収入増加の可能性がある一方で、安定性の喪失や経済的な不安が伴います。成功するためには、リスクを理解し、事前の準備と計画が欠かせません。

個人M&Aとは

個人M&Aとは

個人M&Aとは、個人が買い手となるM&Aのことです。一般的なM&Aでは、企業が企業を買収しますが、個人M&Aは規模が小さく、数百万円~数千万円程度の案件が中心です。

事業を売却したい個人事業主が増えて最近注目されています。

最近注目されている理由
  • 少子高齢化や事業承継問題の増加により、事業を売却したい個人事業主が増えている
  • 副業や独立への関心の高まりにより、個人による事業買収への意欲が高まっている
  • M&A仲介サービスや情報サイトの充実により、個人でもM&Aが身近なものになっている

事業を継ぐ人が少なくなって、事業を売却せざるを得ない個人事業主が増えているんだね。その一方でサラリーマンが副業や独立に興味を持っている人が増えているんだ。

でもどうやって自分がやってみたい事業を探すの?

M&A仲介サービスや情報サイトがあるんだよ。

個人による事業買収への意欲が高まって、M&A仲介サービスや情報サイトが企業相手中心から個人向けのサービスも多く手掛けるようになり、個人事業主でも手軽に情報収集や案件探しができるようになったんだ。

専門知識や経験がなくても、こうしたサービスを活用してスムーズに事業売却や買収を進められるんだ。今後は、個人事業主によるM&Aがさらに活発化すると予想されるよ。

小さな会社のオーナー社長になる魅力とは

オーナー社長になる魅力

会社のオーナーになることで、サラリーマンとしての枠を超えた新たな可能性が広がります。

オーナー社長になる魅力
  • 経営者としての経験を積める
  • 事業の多角化を実現できる
  • 資産形成・節税対策できる
  • 社会貢献できる

個人M&Aでは、買収した企業の経営に直接関わります。これは実際に経営者として経験を積む貴重な機会です。経営戦略の立案、財務管理、人材育成など、さまざまな経営スキルを身につけられますね。

また既存の事業とは異なる業種の企業を買収することで、事業の多角化を実現できます。これは、経営リスクを分散し、収益の安定化につながるでしょう。

サラリーマンと違い資産形成や節税対策にも有効になるでしょう。そして事業を継続することで、雇用維持や地域経済活性化に貢献できます。

オーナー社長のメリット

オーナー社長のメリット

サラリーマンがオーナー社長になるメリットは多岐にわたりますが、大きくは以下の3つです。

オーナー社長になるメリット
  • 給料やビジョンを自ら決められる
  • 大きな収益を得られる可能性がある
  • 節税対策ができる

オーナー社長とサラリーマンとの大きな違いは自分の人生を自らの手でコントロールできることですね。上司や会社の方針に従う必要がないからね。

給料やビジョンを自ら決められる

給料やビジョンを自分で決められる

オーナー社長の魅力は、給料やビジョンを自ら決められるという点にあります。サラリーマンとは異なり、自分で働く価値を見いだし、それに応じた報酬を得られます。

自分のビジョンやアイデアを具体化し、自己実現の機会を提供します。自らのビジョンに向かって働くことで、より充実したキャリアを築けるでしょう。

成功すれば、自らのビジネスから得られる収入が、従来のサラリーマン時代の給与を上回る可能性もあります。自らの能力やスキルを生かし、新たな挑戦に取り組むことで自己成長する機会が提供されるでしょう。

新しいことに挑戦することで、自分の可能性を広げられます。オーナー社長には収入の増加や自己成長の機会をもたらす魅力があります。

自らのビジョンを追求し、自分の人生をより豊かにするための手段として、多くの人々にとって魅力的な選択肢となっています。

大きな収益を得られる可能性

大きな収益を得られる可能性

オーナー社長は、自らの経営能力や事業展開の戦略によって、事業を成功させられます。成功すれば、会社の売上や利益が増加し、それに伴ってオーナー社長の収益も増加するでしょう。

成功した事業から得られる利益は、オーナー社長にとっての収益です。また、事業が安定し、利益を生み出すようになれば、株主としての配当収入も期待できます。

これらの収益は、オーナー社長の財政的な安定や豊かさに貢献します。

会社の成功によって大きな収益を得られる可能性があるから、会社が成長すればするほど、自身の報酬も増加するんだ。

プライベートバンカーである私の顧客Cさんは、大手企業の役員だったけど、定年後の生活を心配されて相談に来られたんだ。Cさんは年齢的に新しい仕事を始めるより、同業の会社を経営したいと考えていたんだ。

そこで同業の企業を買う、個人M&Aを提案したんだよ。

先に起業で成功したAさんの話をしたけど、Aさんは副業で事業の経験を積んでいたからね。それに対してCさんは経営の経験はないから、一から起業するのは難しいと考えたんだ。

Cさんは経営の経験を積みながら、老後の生活資金を確保できる社長業に可能性と魅力を感じたと言っていたよ。

節税対策ができる

節税対策ができる

サラリーマンと違い、オーナー社長は事業費や経費を計上することで、税金を節約できます。また、配当所得の税率が低い場合や事業利益の再投資によって税金を軽減することも可能です。

主な節税メリット
  • 事業費の償却
  • 配当所得の税率優遇
  • 事業利益の再投資

オーナー社長は、事業を運営する上で必要な経費を事業費として計上できます。これには、事業用の設備や機材の購入費用、事業拡大のための広告宣伝費などが含まれます。

これらの経費は税務上認められるため、事業収入から差し引かれることで課税対象額が減少し、税金を節約できます。またオーナー社長は、自らの会社に出資し、配当を受け取れます。

一部の国や地域では、配当所得に対する税率が他の所得に比べて低い場合があります。そのため、配当所得を受け取ることで、より低い税率で税金を支払えます。

そしてオーナー社長は、事業で得た利益を再投資できます。新たな事業の立ち上げや設備の更新、従業員の教育や研修など、事業の拡大や成長に必要な投資を行うことで、課税対象額を減らし、税金を節約できます。

まとめ

まとめ

サラリーマンが個人M&Aでオーナー社長になることについて、さまざまな視点から考察してきました。サラリーマンの給与収入だけでは老後の生活に不安を感じる人が増えています。

個人M&Aで会社を買いオーナー社長になることは、新たな収入源を得るための魅力的なチャンスと言えます。起業は成功すれば大きな収益を得られますが、その一方で失敗すれば多大なリスクを伴います。

しかし、リスクを適切に管理し、事業を展開することで、オーナー社長としての生活を実現できるでしょう。

リスクを適切に管理し、事業を成功させるためには、計画性や努力が欠かせませんが、その先には豊かな未来が待っています。

目次