メルマガ登録LINE登録

【プロ直伝!】貯金3億円の資産運用|完全ガイド

貯金3億円あるけど、どう運用すればいいの?

投資って怖くない?

資金をどう成長させたら良いか、知識がない方は見当もつかないと思います。

貯金3億円を達成したら、どう運用すればいいのかな?って思いますよね。この記事では、プライベートバンカーの私が、あなたの大切な資産を上手に増やすためのコツを分かりやすく教えます!

この記事を読んでわかること
  • 資産運用の重要性の理解できる
  • 正しい投資手法を知れる
  • リスクとリターンを学べる
  • 3億円の資産運用のシミュレーションを知る
  • 専門家に聞く選択肢ができる

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

貯金3億円を運用するためのおすすめの投資先は?

貯金3億円を運用するための方法

貯金3億円を運用する際には、以下の4つの方法が有効な手段となります。資産運用って、ちょっと不安ですよね。でも、安心してください!一緒に安全で賢い運用方法を探っていきましょう。

株式投資

株式投資

株式投資は、企業の株式を購入し、その企業の業績に連動した利益を得る方法です。これには配当金や株価上昇による売却益も含まれます。

年間の利回りは企業の業績や経済状況によって変動しますが、一般的には4~6%程度になることが多いです。株式投資はリスクが高いものの、高いリターンを期待できるため、適度なリスクを取りながら資産を増やす方法の一つです。

投資信託

投資信託

投資信託は、投資家から集めた資金をプロの運用会社が株式や債券などに投資し、運用結果を投資家に還元する商品です。様々なリスクとリターンのバランスから選べるため、自分に合った投資が可能でしょう。

分散投資が容易であり、リスクを抑えつつ資産を増やすことができます。分散投資の重要性を理解し、自身のライフスタイルやリスク許容度に合った投資を選ぶことが大切です。

不動産投資

不動産投資

不動産投資は、物件を購入し、賃料収入や物件価格の上昇による売却益を得る方法です。私のお客様で3億円の貯金がある方は、全国の収益物件から投資に最適な物件を選べています。

不動産投資の利点は、安定したキャッシュフローを得られることや、物件価格の上昇によるキャピタルゲインを期待できる点にあります。物件の空室率が高くなり、収益が下がってしまった投資家もいるので注意が必要です。

3億円の資産運用シミュレーション

資産運用シミュレーション

あなたは3億円の資産をどのように運用しますか?それぞれのライフスタイルや性格、貯金額によって、将来の資産は大きく異なります。私がプライベートバンカーとして経験した中で、特に効果的だった運用方法を紹介します。

今回は貯金3億円を、利回り1%、3%、5%、10%に区切り、シミュレーション結果をしました。

これらの計算は年1回の複利計算に基づいており、運用によるコストや税金は含まれていません。

利回り1%の場合
  • 1年後: 約3億3,000万円
  • 3年後: 約3億9,270万円
  • 5年後: 約4億1,530万円
  • 10年後: 約3億3,000万円
  • 20年後: 約3億6,000万円
利回り3%の場合
  • 1年後: 約3億9,000万円
  • 3年後: 約4億2,727万円
  • 5年後: 約4億7,185万円
  • 10年後: 約4億4,386万円
  • 20年後: 約5億4,183万円
利回り5%の場合
  • 1年後: 約3億1,500万円
  • 3年後: 約3億4,576万円
  • 5年後: 約3億8,153万円
  • 10年後: 約4億9,487万円
  • 20年後:約7億9,663万円
利回り10%の場合
  • 1年後: 約3億3,000万円
  • 3年後: 約3億9,930万円
  • 5年後: 約4億8,153万円
  • 10年後: 約7億9,487万円
  • 20年後: 約20億6,377万円

利回りが高いほど資産の増加率も高くなるんだね!

利回りが高い投資はリスクも高いため、リスクとリターンを考えた投資戦略を立てましょう。

貯金3億円を運用する際の注意点

貯金3億円を運用する際の注意点

貯金3億円は、コツを抑えることでぐっと現実味を帯びます。プライベートバンカーとして仕事をしていると、さまざまなトラブルに遭遇する投資家を目にします。実は、私の知人が3億円の資産運用で成功したんです。その経験をもとに、役立つアドバイスをします!

投資って「騙される」っていう漠然とした不安があるんだよね…

これから貯金をする方が安心して資産運用ができるよう、注意点を4つのポイントにまとめました。

海外投資も組み入れる

海外投資のメリット

海外投資は分散投資の一環であり、日本経済が悪化した場合にも海外投資の利益で損失を補填することが可能です。私のお客様は以前経済が悪化した際、通貨分散により難を逃れていました。

ただし、海外投資はカントリーリスクや情報収集の難しさがあります。私たちのようなプロフェッショナルの意見を参考にしながら慎重に進めることが重要です。

悪質な詐欺案件に注意する

悪質な詐欺案件に注意

例えば「元本保証で高利回り」と謳う詐欺案件など、条件が良すぎる投資には注意が必要です。

金融商品取引業の登録を受けていない業者からの勧誘には特に警戒が必要で、金融庁の公開している名簿で業者が登録を受けているかを確認することが大切です。

リスクとリターンのバランスを理解する

リスクとリターンのバランスを理解する

投資にはリスクが伴いますが、リスクを取ることでリターンを得られるケースもあります。リスクとリターンのバランスを理解し、自身のリスク許容度に合わせた投資を行いましょう。

ハイリスク・ハイリターンの商品を選ぶ場合は、ローリスクの金融商品と組み合わせることで全体のリスクを抑えられます。

40歳で資産3億円!?元会社員が解説する長期投資のすすめ

10年で3億円を貯金するコツとは?

私は43歳の元公務員です。40歳で早期退職し、現在は妻と2人の子供と一緒に暮らしています。

結婚してて、子供が2人もいるの?

養育費や生活費など、独身の方と比較すると大きな費用がかかるでしょう。お金のやりくりをぜひ聞きたいですね。

経済的自立をするまでに、公務員としての給料や投資で得た資金がありました。ポイントは、太陽光発電事業だと思います。

30歳で200万円の資本があり、40歳で資産を3億円に成長させました。期間はわずか10年ということになりますね。

太陽光発電事業に限らず、不動産や不動産や商品販売など、手広くやらせてもらいました。一定のルールはもちろんあり、短期取引ではなく長期投資に焦点を当てていた点が成功の近道になったのだと思います。

空き家のDIYプロジェクトも出がけており、書籍も出版しているんだよね。

資産運用のノウハウは、そのものが資産になります。本に限らず、SNSで発信する方もたくさんいますね。

インタビュー時点で、だいちさんの純資産は約3億1000万円を超えていました。

3億1000万円の内約は「現金」「株式」「債権」の3つです。

すごすぎる!本買わなきゃ…!

市場状況に応じた資産再配分対し、柔軟なアプローチが取るのがコツみたいですね。

【貯金3億円で叶う!】資産運用のみで生活するテクニックを紹介

資産運用のみで生活するテクニック

私の友人の中には貯金3億円で資産運用のみで生活している方が数多くいます。ここでは、プライベートバンカーの私が見てきた、数々の成功例と失敗例から、あなたに最適な運用方法を教えます。

仕事を通して培った知識や友人からの情報から、資産運用のみで生活するテクニックを編み出しました。今回は、初心者でも理解できるようチャレンジしやすいもののみを厳選しています。

FIRE

FIRE

FIREは、資産運用を通じて早期に経済的な自立を達成し、早期退職を目指す手法です。この手法を実現している投資家は、優れた資産運用の知識を持っている方がほとんどです。

誰しも自分の好きなことをして過ごし、時間を自由に使いたい願望がありますよね?実現のための目安として「4%ルール」があり、これは生活費を投資元本の4%以内に抑えることができれば、資産を減らさずに暮らしていけるという考え方です。

積立投資

積立投資

積立投資は、定期的に一定金額を投資する手法です。積立投資で高額貯金を目指している方は、投資のタイミングを分散し、リスクを軽減しています。

貯金3億円を達成するには、多少リスクのある投資法も実践しなければなりません。しかし、積立投資は経済が大きく傾いても、他の投資の損出をカバーし、損出を緩和することが可能です。

貯金3億円を達成するには、綿密な作戦が必要なんだね!

リスクの高い投資とリスクの低い積立投資。このバランスを見極めることが成功の近道となるでしょう。

個人型確定拠出年金(iDeCo)

個人型確定拠出年金

iDeCoは、毎月一定額を積み立て、60歳以降に年金や一時金として受け取る私的年金制度です。この制度のメリットは、運用益が非課税であり、年間の掛金が所得控除の対象になる点です。つまり、年金を自分で積み立てて、老後の備えをするための仕組みですね。他の投資と組み合わせることで、効率的な資産運用が可能となるでしょう。

私たちって年金もらえるのかな?不安だなー

iDeCoは60歳まで引き出せないのがポイントです。60歳からの豊かな生活のために、少しづつ積み立てておくのも良いかもしてませんね。

まとめ

まとめ

この記事では、貯金3億円という大きな資産を賢く運用するための方法を、プライベートバンカーの視点から詳しく解説しました。3億円あれば、資産運用を計画的に行うことで、資産を増やせます。安定した未来を築けるよう、リスクを回避し、ライフスタイルに合った投資をすることで老後も安心して過ごせます。

貯金3億円があれば老後は安心だね!

決して無理をせず、ライフスタイルに合った投資をしましょう。

目次