メルマガ登録LINE登録

【体験談】VYMをおススメしない理由は?実際に投資した結果

初心者必見!VYMをおすすめしない理由と投資した結果を分析

VYMって儲かるって聞いたけど、実際どうなの?

投資するのにVYMがおすすめって言われてやってみようと思うけど大丈夫かな?

プライベートバンカーの私が見てきた経験をもとに、VYM投資の隠れた落とし穴とそれに対処する方法や、投資初心者がよく抱く疑問に答えるよ。

今回はVYM(Vanguard High Dividend Yield ETF)への投資に潜むリスクと実際の投資結果を徹底分析。

VYMは高配当で魅力的な投資先ですが、その背後にあるリスクと市場の変動性を理解することが、賢い投資決定の鍵になるから確認していってね。

この記事でわかること
  • VYMの基本情報: 2006年設立の高配当ETFで、年平均3.28%の配当利回りと低い経費率を提供。
  • 高配当ETFのリスクと対処法: 高い配当利回りにもかかわらず市場変動に依存し、株価成長が限定的なため、配当収入と株価の成長のバランスが重要。
  • 分散投資の重要性: VYMだけに依存せず、成長株や国際株への分散投資を推奨。また、SBI VYMのような投資信託の利用で投資の手間を削減。

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

VYM投資の隠れた落とし穴とは?基本と共に解説

VYM投資の隠れた落とし穴とは?

VYM(Vanguard High Dividend Yield ETF)は、2006年に設立された米国の高配当株式に投資するETF。

VYM投資って歴史が長いから安心できそう!

初心者こそ、VYMの魅力と潜在的なリスクを理解することは重要。まずは基本情報から確認しよう。

VYM投資のユニークな点は、その安定した配当収入と低経費率。これらは市場の変動により影響を受けることを理解することが重要なんだ。

次にVYMの基本情報を簡潔にまとめ、それに伴う一般的な疑問に答えるよ。

VYMの基本情報とその魅力

VYMの基本情報とその魅力

VYMについての基本情報は以下の通り。

基本情報
  • 設立年: 2006年
  • 目的: 米国の高配当株式への投資
  • 組入銘柄数: 約460社
  • 主な業種: 金融、生活必需品、ヘルスケア
  • 配当利回り: 年平均3.28%
  • 経費率: 年率0.06%(非常に低い)
  • 株価動向: 一時的な変動あり、2021年以降はほぼ成長していない
  • 配当金: 毎年増加傾向、2023年の配当金は約30万円前後

高配当で安定した収入が見込めるVYMは、長期的な資産形成に適しているんだね。

設立年や配当利回りの良さから一見してよさそうに見えますよね。次はプライベートバンカーとしてよくある質問に答えるよ。

VYM投資に関する一般的な疑問と回答

VYM投資に関する一般的な疑問と回答

2006年設立の投資先として安心できるのか、落とし穴は無いのか、プライベートバンカーの視点からVYM投資について応えます

疑問点と回答
  • Q1: 高配当ETFの株価成長が少ない理由は?
    • VYMのような高配当ETFは、株価の急成長よりも安定した配当支払いに重点を置いているからだよ。
  • Q2: 高い配当利回りにもかかわらず投資をためらう理由は?
    • 高い配当利回りは魅力的だけど、全体的な資産価値の大幅な増加を求める場合は、株価の成長ポテンシャルも考慮する必要があるんだ。
  • Q3: 低い経費率の意味とは?
    • 低い経費率は、長期的に見た時に投資家が負担するコストが少ないということ。つまり、長期投資においてはコスト効率が良いということだね。

このように、VYMは高配当と安定性を提供する一方で、株価の大きな成長は期待しにくい点を理解することが重要。

私の知人の例では、年に4回配当金が支給され、現在の配当金は1万4000円ほどで、株価の値上がりが期待しづらいって感じだようだよ

知らないことも多かったけど、これでVYMに投資するか考えやすくなったよ!

投資初心者が見落としがちなVYMのリスク

投資初心者が見落としがちなVYMのリスク

VYMへの投資は、初心者にとって非常に魅力的に思えますが、いくつかの重要なリスクがあるよ。

特に、高配当の罠には注意が必要。プライベートバンカーとして多くの投資家を見てきたけど、高配当のETFに飛びつくのは危険かな

メリットの裏に潜むリスクをしっかり理解しておくことが大事なんだね。

高配当の罠とは?

高配当の罠とは?

プライベートバンカーの私が見てきた中で、VYMへの投資で最も注意すべきは、高配当の罠ですね。VYMは魅力的な高配当利回りを提供しているけれど、いくつか具体的な点を理解しておく必要があるよ。

ポイント
  • 配当利回り: 確かにVYMは高い配当利回りを提供する。例えば、2023年の配当金は約30万円前後だった。
  • 市場の変動: ただし、この配当は市場の変動に大きく依存している。市場が不安定なときは配当金額も減少する可能性があるんだ。
  • 税引後の手取り: 配当金額は税引後の手取り額として受け取れるが、市場の変動によって変わることを覚えておいてほしい。

高配当という魅力だけでなく、しっかりと罠を見極める必要があるね。

長期的リスクへの対処方法

長期的リスクへの対処方法

配当金を考える他にも、長期的なリスクにはどう対処するの?

分散投資が重要な鍵になるよ

不安を払しょくするには、リスクに対するしっかりした対処が必要だから、ポイントを3つ見ていこう。

ポイント
  • 分散投資の重要性: VYMだけでなく、他の資産クラスにも投資することでリスクを分散できる。
  • 具体的な例: たとえば、VYMに加えて成長株や国際株にも少し投資することで、一つの市場やセクターの下落リスクを減らすことができるんだ。
  • SBI VYMの活用: さらに、SBI VYMのような投資信託も考慮するといい。これはVYMに連動しており、分配金を自動再投資してくれるから、再投資の手間を省けるね。

シンガポールのプライベートバンクでの経験から見ても、VYM投資においては高配当の魅力に目を奪われたらだめだね。市場の変動や税金、そして分散投資の重要性を理解しておくことが大切だよ。

VYMに投資した具体例(知人の例)

VYMに投資した具体例

投資初心者にとって、実際の投資事例は学びの大きな源です。ここでは、VYMへの実際の投資について、私や私の知人がVYMに投資した時の具体的な体験談を挙げ、その結果と学びについて深堀りしてみましょう。

VYMへの投資は、一見すると魅力的だよね。高配当は、安定した収入が欲しいと大きなメリットに感じるわ。

実際の投資結果は、市場の動向や経済状況に左右されるため、期待と異なる場合もあるよ。

私の知人の話によるとある投資家は、VYMに894株、770万円を投資したんだ。この投資家の目的は、安定した配当収入と資産の長期的な成長。でも、投資結果は予想とは異なるものだったという例を紹介しするね。

実際の配当実績とその分析

実際の配当実績とその分析

私や私の知人がVYMに投資した時の具体的な体験談によると、894株770万円分を運用した結果、2023年9月に受け取った配当金は約30万円前後だったよ。

VYMに投資してドキドキすることもあったみたいだね。一時的にはたくさんもらえる感じで嬉しそうだったかな。

これは年率で3.28%の配当利回りを意味しており、安定した高配当を提供しているけど、株価成長は限定的って言えるよね。シンガポールのプライベートバンクでの経験から見ても、VYMは思ったより儲からないとも感じるよ。

投資資産価値の変動とその影響

投資資産価値の変動とその影響

VYMに投資した資産価値の変化をみると、これだけに投資しないほうがいいのかな。

VYMの株価は一時的な変動があるものの、長期的には成長していないんだよね。知人も「大きな儲けにつながらないから、配当金に頼るだけじゃダメだった」って言ってたよ。

シンガポールのプライベートバンクでの経験から見ても、VYMだけで儲けを考えるんじゃなくて他の成長可能性のある投資オプションも検討することが重要だと言えるよ。

他の投資方法との比較:VYMは本当にお得?

他の投資方法との比較:VYMは本当にお得?

投資の世界では、利益の最大化とリスクの最小化を目指すために、異なる投資方法を比較することが非常に重要。

特に、VYMのような特定のETFと他の投資方法との比較は、投資戦略を練る上で役立つよ

ここでは、VYMを他のETFや伝統的な投資方法と比較し、どのような違いがあるのか、そしてどの投資方法が自分の目的に最適かを考えてみましょう。

他のETFとの比較

他のETFとの比較

VYMと他のETFを比べたらどうなのかな?得なのか気になる。

シンガポールのプライベートバンクでの経験から見ても、VYMは他と比較をしっかりしたいところ。VYMは高配当のETFで、株価の値上がりを期待しにくいが、分配金を得られると思った方がいいかな。

一方で、S&P 500のETFは市場の全体的な成長を反映し、株価の成長も期待できる。投資家はこれらの特性を比較して、自分の投資目的に合わせて選ぶべきかな。

伝統的な投資方法との対比

伝統的な投資方法との対比

伝統的な投資方法と比べてVYMはどうかといえば、それぞれメリット・デメリットがありますね

VYMは配当収入の安定性が魅力的だけど、株価の成長は限られてるね。私の知人の話によると、VYMを買うだけじゃなく、「米国で10%の課税がある点を考慮する必要があった」と言っていたよ。

SBI VYMなどの投資信託も選択肢の一つであり、これらは分配金を四半期ごとに支給し、再投資される。シンガポールのプライベートバンクでの経験から見ても、投資家はこれらの特徴を理解し、自分のニーズに合った選択をすべきですね。

まとめ

まとめ

VYM(Vanguard High Dividend Yield ETF)への投資は、その高配当利回りと安定性から多くの投資家に魅力的。いくつかの重要なリスクにも留意する必要があるから、VYM投資のユニークな点をまとめるね。

VYM投資のユニークな点
  • 高配当: 年平均3.28%の配当利回りを提供し、長期的な収入源となる。
  • 低経費率: 年率0.06%の低い経費率を持ち、コスト効率が高い。
  • 市場変動への依存: 配当収入が市場の変動に左右されるリスクがある。
  • 株価成長の限界: 高配当ETFの性質上、株価の大幅な成長を期待しにくい。
  • 分散投資の推奨: VYMのみに依存せず、他の資産クラスへの分散投資が重要。
  • 長期的な資産形成に適合: 安定した配当により、長期的な資産形成に適している。

さらに、賢明な投資戦略として、私や私の知人がVYMに投資した時の具体的な体験談を元にプライベートバンカーの視点から考えると以下の点に注意する必要があるね。

VYMで注意すべきこと
  • 市場変動の影響: VYMの配当収入は市場の変動に影響されるため、経済状況による配当金の変動があり得る。
  • 株価成長の限界: 高配当ETFであるVYMは、株価の急激な成長よりも配当支払いに重点を置いており、株価の大幅な成長は期待しにくい。
  • 分散投資の必要性: VYMに投資する場合は、リスク管理のために成長株や国際株など他の資産クラスへの分散投資が推奨される。

私の知人の例も挙げて伝わったと思うけど、VYM投資は長期的な資産成長と安定した配当収入のバランスを求める投資家にあっていて、市場の変動に左右される配当には注意して欲しいってことだよ。

プライベートバンカーの視点から見ても株価成長の限界を理解し、全体的なポートフォリオの一部として考えることが重要だと感じるよ。

VYM投資は慎重な分析と自分の投資目的やリスク許容度に合わせた適切な取り組みが求められますので、この記事を通して見極めていくようにしてね。

目次