メルマガ登録LINE登録

アライアンス・バーンスタインが評判悪い!その理由を解説

本日は、「アライアンス・バーンスタイン」について、 内容や評判などについてみていきましょう!

「アライアンス・バーンスタイン」のことは知っているかな?

言葉だけなら聞いたことがありますよ!

それじゃあ、詳しくみていこうか。

この記事でわかること
  • アライアンス・バーンスタインについて
  • バランス レバレッジの役割
  • ケーススタディ: 実際の投資家の声
  • 不評の理由①: パフォーマンスとリスク
  • 不評の理由②: 経営とコミュニケーション

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

アライアンス・バーンスタインとは?

アライアンス・バーンスタインは、米国の企業の中でも特に成長の可能性が高いと考えられる銘柄を厳選して投資を行うアクティブファンドで、長期的にS&P500よりも高い、安定したリターンをたたき出していると評価されています。

ただし、毎月分配金により収益を得るため、複利効果を得て効率的に資産運用するタイプのファンドではなく、老後資金などの将来的な資産形成としての運用には不向きとの意見もあります。(アクティブファンドについて)

  • アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース:基準価額は11,548円で、純資産総額は21,397.9億円です。直近の収益分配金は200円で、1年間のリターンは+30.60%です。
  • アライアンス・バーンスタイン・ハイ・イールド・オープン:純資産総額は120億円で、直近の収益分配金は20円です。1年間のリターンは+13.66%です。

投資界隈の現状とトレンド

  • DX/ニューノーマル時代における証券業界の将来展望

    COVID-19環境下で出社や対面営業が制限される中、オンライン証券各社が口座数を大幅に伸ばすなど、デジタル化の重要性が従来以上に高まりを見せています。

    少子高齢化と人生100年時代に向けての対応、証券離れが進む顧客のリテンションおよび取り込み対策、オンライン証券を中心に進む委託手数料無料化の流れ、2021年に複数の金融機関が損失を被ったアルケゴス・ショックに見られる内在リスクへの対応、サステナビリティへの関心の高まりなど、証券業界を取り巻く事業環境には難所が多いのも事実です。
  • IPOの新潮流

    2022年は世界的な金融緩和の反動のほか、ウクライナ情勢の地政学リスクや急速な円安の進行、海外機関投資家の資金供給量の減少など、特に新興企業株への投資抑制が目立ちました。
  • 世界のインフラ市場に係る展望

    インフラの建設と使用による炭素排出量は世界全体の70%を占めており、インフラ企業はこの責任を受けとめ、脱炭素に向けて行動に移し始めています。
  • 自動車業界の振り返りと今後の展望

    自動車の所有形態が多様化し、かつコロナ禍で自動車保有の選好が高まるなか、サブスクリプションサービスは今後も注目するに値するでしょう。
IPO(新規公開株)の新潮流について
  • 国際情勢の影響
    昨今の国際情勢の中で、2023年以降のIPO株式市場はいかに変化して、成長していくのかという観点が重要です。
  • 公開価格の設定
    新規株式公開(IPO)の公開価格や上場日程を決めるルールが変わり、公開価格を柔軟に設定できるようになりました。これにより、新興企業が資金を調達しやすい環境が整備され、市場活性化につながっています。
  • スタートアップの特徴
    2021年に上場したスタートアップの特徴として、デジタルトランスフォーメーション(DX)に関連した事業を手掛ける企業の新規上場が目立っています。

IPOの公開価格とは?

公開価格とは、新規に株式を公開する際、つまりIPO(Initial Public Offering)や公募のときに、投資家が株式を購入する際の価格を指します。

これは、特定の株主のみが保有していた会社の株式を、不特定多数の投資家が自由に売買できるよう新たに公開する会社の株の公募・売り出し価格(=発行価格)のことを指します。

具体的には、企業がIPOを行う際には、証券会社を通じて株式を一般投資家に売却し、資金調達を行います。このとき、投資家が購入する株式の価格が公開価格となります。

公開価格は、新規で投資家に公開される株式の発行価格のことを指します。なお、公開価格は企業と証券会社が決定します。その決定には、投資家が提示した申し込み株式数や希望株価を参考にします。

公開価格とは、新規で投資家に公開される株式の発行価格のことです。上場後最初に取引が成立した値段(初値)が公開価格より高ければ、IPO株を所有する投資家は含み益を出していることになります。

一方、初値が公開価格より低ければ、投資家は含み損を抱えます。

アライアンスバーンに投資した人の声

実際に投資した人たちの声をまとめてみました。いろいろデメリットがあるようですね。。

不評の理由①: パフォーマンスとリスク

さらに深掘りして、見ていきましょう!

不評の理由②: 経営とコミュニケーション

為替ヘッジなしの利点と危険性
  • 為替ヘッジなしは為替相場の影響を受けるため、円高の場合基準価額の値下がりの要因となります。
  • 為替ヘッジなしは、債券自体の価格変動よりも為替変動の影響が大きくなってしまい、価格変動リスク(標準偏差)が株式などより小さい、債券投資のメリットを損ねてしまう面もあります

これらの情報は投資の意思決定に役立てることができます。

メリット・デメリットと投資時の注意点

投資には様々なメリットとデメリットがあります。また、投資を始める際には注意点もあります。以下にそれぞれ詳しく説明します。

メリット
  1. 効率的な資産形成:投資は、銀行預金のような低金利ではなく、より高いリターンを期待できるため、効率的な資産形成が可能です。
  2. 金銭以外のリターン:株式投資では、株主優待として商品券や自社商品などが得られることもあります。
  3. リスクとリターンの選択:投資対象は多岐にわたり、自分のリスク許容度に応じて投資先を選ぶことができます。
デメリット
  1. 元本割れのリスク:投資は元本保証がないため、投資した金額を下回る可能性があります。
  2. 短期間での大きな利益は難しい:投資は基本的に長期的な視点で行うものであり、短期間で大きな利益を得ることは難しいです。
  3. 勉強が必要:投資は知識が必要な分野であり、適切な投資を行うためには一定の学習が必要です。

投資時の注意点

  • 余剰資金で始める:投資はリスクを伴うため、生活費や緊急時の資金など、必要な資金を投資に回さないようにしましょう。
  • 分散投資を心がける:一つの投資先に集中するのではなく、複数の投資先に分散して投資することでリスクを軽減できます。

これらの情報は投資の意思決定に役立てることができます。

まとめ

米国成長株投信の評判が一部で悪いとされる理由
  1. 運用成績: 直近では、成長株にとって向かい風の投資環境となっており、インデックスファンドを下回る運用成績となっています。これは一部の投資家から不満の声が上がっています。
  2. 毎月分配型の評判: DコースやCコースのような毎月分配型の投資信託は、積立投資には不向きとされています。これは、運用益から分配金が支払われた場合に税金がかかったり、NISA口座(非課税口座)を使う場合に貴重な非課税枠を効率良く利用できなかったりするためです。
  3. 手数料: 一部の投資家は、高い手数料を支払って投資すべきアクティブファンドとは言えないとの意見を持っています。

これらの理由から、一部の投資家からはアライアンス・バーンスタイン米国成長株投信の評判が悪いとされています。

ただし、投資にはリスクが伴いますので、自身の投資目標やリスク許容度に合わせて慎重に選択することが重要です。

目次