メルマガ登録LINE登録

【初心者必見】新NISA対応ネット証券比較 どこがおすすめ?

【初心者必見】新NISA対応ネット証券比較 どこがおすすめ?

新NISAを始めたいけど、投資に不安もあるし、どの証券会社にしたらいいかもわからない…

新NISAの口座をどこにするかって本当に迷うわよね。なにを基準に選べばいいの?選び方がイマイチわからない…

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?新NISAを始めてみたいんだけど、どこで口座開設しようかな〜って悩んでいるあなた。

証券会社を決めるのは、手数料、取り扱い銘柄、使いやすさ、ポイント制度、これらを1つ1つ比較して考えないといけません。正直、結構大変ですよね。

でも大丈夫!こちらの記事では、主要ネット証券4社をバッチリ比べて、どこがあなたにピッタリかをわかりやすく解説しちゃいます。

取り扱い銘柄、手数料、お得なポイント制度…これら全部を比較して、あなたが安心して投資デビューできるようにナビします。

私たちの経験談やちょっとしたエピソードも交えて、投資って難しくないよ、ということを伝えたいと思っています。

この記事を読めば、あなたがどの証券会社を選べばいいか見えてきて、投資の世界に一歩踏み出せるはずですよ!

この記事はこんな方にピッタリ
  • 「新NISAを始めたいけど、口座開設するにはどの証券会社がいいの?」って悩んでる方
  • 「証券会社選びで後悔したくない!」と考えている方
  • 「投資って気になるけど、何から始めたらいいかわからない…」という孤独な方
  • 「投資しながらお得もゲットしたい!」と思っている方

下記の記事は前回、中村さんが教えてくれた新NISAについての基本的な情報だよ。まだの方はこちらから読んでもいいかもですね。

それではまず始めに、新NISAの基本と始める前に知っておきたいことについて説明していきますね。

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

新NISAの基本と始める前に知っておきたいこと

新NISAの基本と始める前に知っておきたいこと

「新NISAがまだ何もわからない」という人にも安心です。基本からわかりやすく解説していきますね!

新NISAの基本情報

新NISAの基本情報

新NISAは、2024年から始まった投資をもっと身近に感じられるように作られた制度なんです。

新NISAは、昔のNISAと比べてより使いやすくなっているんですよ。この新NISAのいいところは、投資して得た利益(例えば、株を売った時の儲けや配当金)に税金がかからないこと。つまり、もらえるお金が増えるってわけですね。

へええ!税金がかからないって、ものすごいメリットよね。新NISAますます気になるわ!

新NISAには「積立NISA」と「一般NISA」の2種類があって、自分のスタイルに合わせて選べるんです。積立NISAは、年間120万円まで投資できて、長期的にコツコツ資産を増やしたい人向け。

一方、一般NISAはもう少し自由度が高くて、年間240万円まで投資ができます。

積立か一般、自分で希望できるのね!

新NISAのメリットは、やっぱり税金0円で利益が手に入ること。これって、特に投資を始めたばかりの人にとって、超お得な話ですよね。

ということで新NISAは、少しのお金からでもリスクを抑えつつ、賢く投資を始められる制度ということですね。

つづいては、投資を始める前の注意点について解説していきます。

投資を始める前の注意点

投資を始める前の注意点

投資を始める前に、ちょっとした注意点を押さえておくと、後で「あれ、こんなはずじゃ…」ってなるのを避けられますよ。まず、投資って、お金を増やすチャンスがある一方で、リスクも伴うってこと。

絶対に利益が出るわけじゃないし、時には投資した金額より減ってしまうこともあります。だから、生活費や緊急時に必要なお金を、投資に回さないようにしましょうね。

税金がかからないからって、投資し過ぎちゃったら大変だね。

安心して生活できる範囲で、投資を考えるのが賢い選択です。次に、自分が何に投資しているのか、その商品がどんな性質を持っているのかをしっかり理解すること。

難しそうと思うかもしれませんが、自分のお金を預けるわけですから、そこはしっかり把握しておくことが大切ですね。わからないことがあれば、専門家に相談するのもいいですよ。

最後に、長期的な目線で考えること。特に新NISAは、長期的な資産形成を目指す制度ですから、短期間で大きなリターンを期待するよりも、コツコツと資産を増やしていく心構えが必要です。

新NISAって、長期でする投資の制度なのね。

市場は日々変動するので、一時的な価格の変動に一喜一憂せず、じっくりと時間をかけて投資を続けることが、結果的に大きなリターンにつながりますよ。

これらのポイントに注意しておけば、投資の世界に踏み出す準備はバッチリ。自分に合った方法で、賢く投資を始めてみましょう!

私の友人も、最近新NISAを始めましたが、はじめは少し心配していたけど、そのシンプルさと非課税のメリットに驚いていましたよ。実際に始めてみると、「こんなに簡単に始められるなんて!」と喜んでいました。

つづいてのセクションでは、証券会社選びのポイントについて解説していきます。

証券会社選びのポイント

証券会社選びのポイント

こちらのセクションでは、証券会社選びのポイントについて解説していきます。各証券会社の取り扱い銘柄と手数料などに注目しましょう。

取り扱い銘柄

取り扱い銘柄

証券会社を選ぶ時、まず気にしないといけないのが「取り扱い銘柄」ですね。これ、意外と大事なポイントなんです。

なぜかって?自分が投資したいと思っている商品が、その証券会社で扱ってなかったら話にならないからですね。

たとえば、あなたが特定の投資信託に興味があるとします。でも、選んだ証券会社ではその投資信託を扱っていない…なんてことになったら、せっかくの投資チャンスを逃してしまいます。

まずは、投資したい銘柄を取り扱っているかをチェックするのね!

だから、どの証券会社にするか決める前に、自分が興味を持っている銘柄や商品がしっかりと取り扱われているかをチェックするのが大切ですよ。

そして、特に新NISAを利用して長期投資を考えている方は、積立投資に適した銘柄が充実しているかも確認しておきましょう。

積立投資は、毎月少額からでもコツコツと資産を増やしていく方法なので、長期的な視点で銘柄を選ぶ必要があるんです。

以上をふまえて、証券会社選びで後悔しないためにも、自分が投資したい銘柄がしっかりと取り扱われているかを事前に確認しておきましょうね。

この「取り扱い銘柄」をチェックするのは、当たり前のようですが、ぜったいに外せないポイントですよ。

手数料とポイント制度

手数料とポイント制度

証券会社を選ぶとき、もうひとつ忘れちゃいけないのが「手数料」と「ポイント制度」です。

この2つ、各社によって大差ないように思えるかもしれませんが、長い目で見たときには、あなたの投資成果に思った以上に影響してきます。

まず、手数料について。投資をするとき、証券会社に支払う手数料がありますよね。株式の売買はもちろん、投資信託を買うときも、場合によっては手数料がかかることがあります。

これが高ければ高いほど、あなたの手元に残る利益は少なくなるわけです。だから、証券会社を選ぶときは、手数料がいくらかかるのか、しっかりとチェックしておきましょう。

私はぜったいに、1円でも手数料が安いところを選ぶわよ!

特に、頻繁に取引をする予定があるなら、手数料の低い証券会社を選ぶと、長期的に見てお得ですよ。

次に、ポイント制度の話。最近の証券会社って、取引をするとポイントが貯まるところが多いんですよね。このポイント、ただのおまけみたいに思えるかもしれませんが、意外と侮れません。

貯まったポイントで手数料を支払ったり、他のサービスと交換できたりするので、賢く使えば、実質的に手数料を節約できる場合があります。

また、証券会社によっては、ポイントの貯まりやすさや使い道が異なるので、自分の生活スタイルや投資スタイルに合ったポイント制度を提供している証券会社を選ぶといいですね。

たしかにポイ活も、最近ではとてもお得な場合もあるよね。

手数料を抑えつつ、ポイントでお得に取引できる証券会社を選ぶと、投資の利益を少しでも大きくできます。投資を始める前に、ぜひこれらの点もチェックしてみてくださいね。

実際私のクライアントさんに聞いてみると、証券会社選びのポイントは、その人によってちがうなとよく思いますよ。クライアントさんによっては手数料に注目する人、またはアプリの使いやすさにこだわる人、と気にするポイントはそれぞれです。

あなたの場合は、どんなポイントを優先したいか考えてみてね。ここまでで、新NISAについて理解できてきたと思います。

次のセクションでは、この記事のメインである主要ネット証券4社の比較をしていきましょう。

主要ネット証券4社の比較

主要ネット証券4社の比較

このセクションではSBI証券、楽天証券、マネックス証券、auカブコム証券の4社を比較していきます。

各社の特徴とおすすめポイント

各社の特徴とおすすめポイント

証券会社を選ぶとき、各社の特徴とおすすめポイントを知っておくと、自分にぴったりの会社を見つけやすくなります。主要なネット証券4社、それぞれの特徴を見ていきましょう。

まずは「SBI証券」。SBI証券は、取り扱い銘柄の数が業界トップクラスです。投資信託の選択肢も豊富で、どんな投資スタイルにも合わせやすいのが魅力。

手数料もリーズナブルで、長期投資にも、ちょっとしたトレードにも向いています。

選択肢がたくさんあるの、ポイント高いよね。

また、SBIグループのサービスと連携してポイントが貯まるので、SBIグループの他のサービスを利用している方は、よりメリットが大きくなりますね。

次に「楽天証券」。こちらは楽天ポイントが魅力の1つです。投資で得た利益の他にも、ポイントでさらにお得感が得られます。

アプリの取引画面が使いやすく、初心者から上級者まで満足できる設計になっているのも特徴です。楽天グループのサービスをよく使う人なら、さらに楽天証券の魅力を感じられるはずです。

そして「マネックス証券」は、海外株式の取り扱いが豊富で、世界中の市場にアクセスしやすいのが大きな特徴。国内株だけでなく、グローバルに投資を広げたい方におすすめです。

また、投資情報の提供も充実していて、市場の動向をしっかり把握できます。

グローバルな投資に、向いてるんだね。

最後は「auカブコム証券」。こちらはスマホアプリの使いやすさが特徴で、外出先でもサクサクと取引ができます。auユーザーなら、通信費とのセット割引など、特典も豊富です。

また、特定の条件下で手数料が無料になるキャンペーンも頻繁に行っているので、賢く使えばかなりお得に投資を進められます。このような特徴とおすすめポイントが各社ありますね。

つづいて、各社のポイント制度について見ていきましょう。

独自のポイント制度

独自のポイント制度

証券会社を選ぶ際に、もうひとつ見逃せないのが「独自のポイント制度」です。これ、実はけっこうお得なんですよ。

ポイント制度っていうのは、証券会社が用意している、取引や特定の活動に対してポイントが貯まるシステムのこと。

貯まったポイントは、手数料の支払いに使ったり、他のサービスと交換したりできるんです。つまり、上手く活用すれば、投資のコストを下げることができるってわけですね。

たとえば、「楽天証券」なら、取引をするたびに楽天ポイントが貯まります。楽天のショッピングやサービスをよく使う人にとっては、めちゃくちゃ便利。

投資しながら、日常のお買い物でのお得感も一緒にゲットできるんです。

楽天ポイントは、すごいお得感あるって聞くわよね!

「SBI証券」でも、取引に応じてポイントが貯まるシステムがあります。これらのポイントは、手数料の支払いに使えるので、賢く集めて、実質的にお得な取引にもなりますよ。

ポイント制度は、それぞれの証券会社で特色があるので、自分のライフスタイルや投資スタイルに合わせて選ぶといいですね。

ポイントも各社で微妙にちがうんだね。これも確認しないとね。

投資をもっと楽しく、そしてお得に進めたいなら、このポイント制度をしっかりチェックしておくといいでしょう。ポイントを賢く使って、賢く投資しましょうね。

ある私の知人は、特に「ポイント制度」に注目していました。実際に、彼は楽天証券でポイントをガンガン貯めて、それを使って日常のお買い物をしているようです。

彼いわく、「投資しながら日々の生活も豊かになるのは、もう最高だよ!」って。この感覚、投資を通じて得られるちょっとした幸せかもしれないですね。

各証券会社のまとめとおすすめ

各証券会社のまとめとおすすめ

最後に、あなたにぴったりの証券会社を見つけるためのポイントをまとめます。

総合評価

総合評価

証券会社を選ぶとき、総合的に見てどこがいいのかって、すごく気になりますよね。

取り扱い銘柄、手数料、ポイント制度…これら全部を考慮して、どの証券会社が自分にピッタリかを考えるのはなかなか大変。

まず、SBI証券。取り扱い銘柄の多さと低手数料で、初心者から上級者まで幅広く支持されています。ポイント制度もあるので、SBIグループのサービスをよく使う人には特におすすめです。

投資の選択肢を広げたい人や、コストを抑えつつ効率的に投資を進めたい人にピッタリ。

楽天証券は、楽天ポイントが魅力。取引のたびにポイントが貯まるので、楽天でのショッピングが多い人にはもってこいです。

使いやすい取引ツールも好評で、投資初心者から簡単にスタートできる環境が整っています。

私は、ポイントで楽天証券かなあ。

マネックス証券は、海外株式の取り扱いに強みがあります。グローバルな投資を考えている人や、多様な投資情報を求める人におすすめ。

手数料もリーズナブルで、海外投資を本格的に始めたい人にはぴったりです。

そして、auカブコム証券。スマホアプリの使い勝手が良く、外出先でも簡単に取引ができます。

auユーザーなら、さらにお得なサービスを利用できるので、auのサービスを普段から使っている人には最適です。

アプリが使いやすいのも、捨てがたいわね。

各社にはそれぞれ強みがあり、自分の投資スタイルや生活スタイルに合った証券会社を選ぶことが大切です。長期的な投資を考えているなら、手数料の低さや取り扱い銘柄の多さを重視。

日常的に使うサービスとの連携やポイント制度を活用してお得に投資したいなら、楽天証券やauカブコム証券がいいかもしれませんね。

結局のところ、総合評価は「どの証券会社が自分にとって使いやすいか」で決まります。自分の投資目的に合った証券会社を選んで、賢く投資生活を楽しんでくださいね。

どのタイプの投資家におすすめか

どのタイプの投資家におすすめか

投資をするとき、自分のスタイルに合った証券会社を選ぶのは、ほんとうに大切なことです。

ここではまだ迷っているあなたのために、各証券会社の特徴を今一度まとめて、どのタイプの投資家におすすめかを見ていきましょう。

最後にもう一度、まとめを見て決断したいわ!

多様な投資をしたい方には、SBI証券がおすすめです。国内株はもちろん、投資信託や外国株式まで幅広い銘柄を取り扱っているため、いろいろな投資を試してみたい方にぴったり。

また、手数料の低さも魅力の1つですから、頻繁に取引をするアクティブな投資家にも向いています。日常的に楽天を利用する方には、楽天証券が最適です。

取引ごとに楽天ポイントが貯まり、さらに楽天市場でのショッピングに使えるので、楽天のサービスを日常的に利用している方にはお得感が大きいです。

また、初心者にも使いやすい取引ツールを提供しているので、投資をこれから始めたい方にもおすすめです。海外株に興味がある方や、情報収集を重視する方には、マネックス証券が向いています。

海外株式の取り扱いが豊富で、世界各国の市場にアクセスしやすいです。また、充実した情報提供サービスがあり、市場の動向をしっかり把握しながら投資したい方にもおすすめです。

モバイルで手軽に投資をしたい方や、auユーザーには、auカブコム証券がおすすめです。使いやすいスマホアプリで、いつでもどこでも簡単に取引ができます。

auユーザーなら、通信費とのセット割引など、特典も豊富にありますので、auのサービスを利用している方には特にお得です。

いろいろな角度から各証券会社をご紹介してきましたが、ある程度各社の特徴は見えてきたと思います。その中で、なんとなくでもご自身に合いそうな証券会社は見えてきたでしょうか。

ふむふむ、どこが自分に合いそうか。だいぶ見えてきたよ。

私も最初に投資を始めた時は、いろいろ戸惑いながらでしたが、結局選んだのはSBI証券でした。

その決め手になったのは、やっぱり取り扱い銘柄の多さ。いろんな投資先から選べるっていうのが、初心者の私にとっては大きな安心材料でしたね。

その選択は、今でも間違っていなかったと心から思っています。それぞれのニーズに合わせた証券会社選びって、投資の成功に直結しますからね。じっくり考えて選んでほしいですね。

まとめ

どのタイプの投資家におすすめか

今回の記事では、「新NISAで証券口座をどこに作る?」っていう超大事な話を、主要なネット証券4社を比べながらガッツリ語ってきました。

証券会社選びは、ちょっと難しそう…と思ってたかもしれないけど、この記事を読んでどの証券会社が自分にピッタリかがわかったはずです!

大切なのは、各証券会社がどんな強みを持っているか、そしてそれがあなたの投資スタイルや日常生活にどうフィットするかってこと。

どの証券会社も、みんなそれぞれに良いところがあるんです。だから、この記事を読んで、自分に合った証券会社が見つかったら嬉しいですね。

新NISAを始めて、証券口座を開設するのは、あなたの資産を増やす第一歩。だから、ぜひこの機会に自分にぴったりの証券会社を見つけて、楽しい投資ライフをスタートさせましょう!

下記の記事は、投資の福利効果について解説したものです。こちらもぜひ読んでみてくださいね!

目次