メルマガ登録LINE登録

米国債大暴落!!リーマンショック級の衝撃とは!?

米国債大暴落! リーマンショック級の衝撃とは?

なんか最近、米国籍が大暴落したってニュースで見たんだけど、そんなに大変なことなのかな?

え!?私そんなニュースすら知らないよ…

皆さん米国籍が大暴落したことは本当に凄く大変なことなんですよ!?必ず関心を持たないといけないことですよ!

ええ!?そんなに大変なことなんですか?

必ずって…詳しく教えて欲しいです!

分かりました!それでは今回は米国籍が大暴落していることについて話をしていきましょう!

みなさん、こんにちは!私はプライベートバンカーとして長年、様々な投資市場を見てきました。

今日は特に注目すべき、米国債が歴史的な大暴落を経験した現象について、私なりの分析をお話ししようと思います。この動きは、リーマンショックに匹敵するほどの衝撃を金融市場に与えました。

では、一体何が起こったのか、なぜこんなにも大きな動きがあったのか、そしてこれから私たち個人投資家はどのように対応していけば良いのか、私の視点からお話ししていきたいと思います!!

この記事で分かること
  • いま米国債で何が起こっているのか
  • 米国債大暴落の原因
  • 歴史的暴落が及ぼす影響
  • 対策と将来の見通し

著者プロフィール

Nakaiメイン画像

中村 健

SPJ編集長 資産運用の専門家

シンガポールに長年住んでおり、海外のプライベートバンクを活用した富裕層が行う資産運用、資産防衛に精通している。

世界各国の複数のプライベートバンカーと定期的にミーティングをして最先端の情報や資産運用ノウハウを入手することで、十分な資産所得(リタイアメントインカム)を確保して、悠々自適に暮らしている。

様々な国を旅してきおり、訪れた国は45ヵ国を越える。

【Facebook(Meta)】 https://www.facebook.com/profile.php?id=61554559108726

【Instagram】 https://www.instagram.com/spj.ken/

【X】 https://twitter.com/spj951

目次

いま米国債で何が起こっているのか

いま米国債で何が起こっているのか

みなさんが日々のニュースで耳にする「米国債大暴落」という言葉。一体何が起こったのでしょうか?そして、その影響はどれほどのものだったのでしょう?

米国債は、世界中の投資家にとって「安全な投資先」と長年見なされてきました。しかし、今回の暴落でその信頼が大きく揺らぎました。まず、米国債とは何か、簡単に説明しますね。

米国債とは、アメリカ政府が資金を調達するために発行する借金の証です。投資家はこの債券を買うことで、アメリカ政府から将来的に利息を受け取る権利を持つことになります。

長年にわたり、これらは「リスクが低い」とされ、退職後の資金など、安定した投資を求める人々に選ばれてきました。

そうだよね。アメリカが倒れることは考えづらいしリスクは低いよね

しかし、2023年10月頃から2024年に入ってからの数ヶ月間で、米国債の価格は急落しました。

この債券の暴落は、1981年に10年物利回りが16%近くになった時よりもひどく、利回りを急騰させている債券市場の売りは、過去の最も極端な市場のメルトダウンを凌駕し始めています。

ブルームバーグによると、満期が10年以上の国債の損失は2020年3月以降46%に達し、30年債は53%も急落したんだ。

これらの損失は、ドットコムバブル崩壊後に49%、2008年の余波で57%という、最近の歴史上最悪の暴落時に見られた株式市場の損失に匹敵するんだよ!

すいません…ちょっと付いていけません。まずメルトダウンとブルームバーグって何ですか?

お!分からないところは遠慮無くどんどん聞いてね!ここで言うメルトダウンっていうのは世界中の投資家達が混乱し大規模な売りが発生した結果、株価や価格が急激に下落するってことです。ブルームバーグは世界的に有名な金融データやニュースを提供する企業のことだね!

そういうことか!過去最大のメルトダウンを凌駕するなんて…

要するに米国籍の価値が半分近くになってしまったってことですね…

そういうことです!もう本当に目も当てられない事態ですよね…

この事態に、私の周りのプライベートバンカーの友人たちも大きな衝撃を受けています。実は、ある友人は大規模な顧客ポートフォリオの一部として米国債を推奨していました。

彼は、投資家たちが安心して資産を増やせるよう日々努力してきたのに、この暴落で多くの顧客に説明を求められ、夜も眠れない日々を過ごしています。

「私たちが信じてきた安全資産が、こんなにも脆いものだったなんて…」と彼は悲しみ、今後の投資戦略に大きな疑問を持っています。

うう…最悪な状況だ…

そんなことが起こっていたなんて…

まずは今回何が起こったのかについてご理解頂けたようですね!資本主義の現代でこの事象は全世界が注目すべき事象と言えますね!

米国債大暴落の原因

米国債大暴落の原因

経済って、色んな要素が絡み合って、予想もつかない動きを見せることがありますよね。今回の米国債の話もまさにそれ。まず、「FRB」って言葉、聞いたことありますか?

FRBって、アメリカの中央銀行システムのことで、正式には「連邦準備制度」といいます。これが何をするところかっていうと、ざっくり言うとアメリカのお金の流れをコントロールしてるんです。

経済の調子を見ながら金利を上げたり下げたりして、国の経済を安定させたり、成長させたりしているわけ。私の友達で、経済にめっちゃ詳しい人がいるんですけど、このFRBの動きを日々チェックしてるんですよ。

だって、これが変わるだけで、私たちの生活にも影響が出るから。

FRBは覚えておいて方が良いかもね!

「え、FRBの金利操作で私たちの生活にどう影響あるの?」って思うかもしれないですけど、例えば、金利が上がるとローンの利息も上がっちゃうんですよね。

だから、家を買うときとかにも、結構大きな影響があるんです。だから、こういうニュースはちょっと目を光らせておくといいかもしれないですね。

うっ知らなかった…覚えておこう!

コロナショックの話、ちょっと身近に感じますよね。まるでドラマみたいな展開だったんです。私たちの世界で、あの大変動が起きた時、FRBがとった行動って本当に大胆だったんですよ。

彼らは経済を支えるために、史上未曽有の低金利政策を打ち出し、市場にはまるでお金の雨が降ったかのように、たくさんのお金を供給したんです。

当初は、この策が功を奏して、経済はゆっくりとですが、回復の兆しを見せ始めたんですね。

確かそうだったよね。コロナ後、アメリカ経済は順調に回復したイメージだったわ

でも、物語にはいつも予期せぬ展開があります。経済が動き出すと、「インフレ」という新たな敵が現れたんです。物価がどんどん上がり始めてしまって。そこでFRBは、逆の手を打ち始めました。

金利を上げることによって、インフレを抑えようとしたわけです。

金利が上がると、債券の世界では新しく発行されるものの利回りが上がるんですが、その反面で、既に市場に出ている債券の価値が下がってしまうんですよ。

まさにこれが、今回の米国債価格の大暴落へとつながったんです。

そして、世界が不安定な時、みんなが普通に「安全だ」と思っていた米国債が、なんと価格が下がってしまったんです。これは、市場にとっても大きなショックでした。

すいません…嚙み砕いて言うとどういうことですか…?

つまり今まで皆がコツコツと投資してきた米国債よりも、良い米国債が出てきたことによって、今まで持っていた物の資産価値が半減してしまったってことですね!

なるほど!今まで頑張って積み上げてきたものが…

こんなこと、普段の生活で考えることもないかもしれないですけど、実は私たちの投資やお金の管理にも、大きな影響を与えるんですよ。

私がプライベートバンカーとしてみなさんに伝えたいのは、投資って面白いけど、市場の変動にはいつも注意が必要だってこと。

特に、今回みたいに普段は「安全」とされる資産でさえも、大きく価値が変動することがあるから、リスク管理は本当に大切です。友達と話していても、こんな珍しいケースはなかなか出てこないんですよ。

だから、投資をする時は、いつも一歩引いて、全体を見るように心がけてくださいね。

今回のことの全体像が掴めてきました!

複雑な要因が絡みあって、まさしくいま反動が来てるんですね…

そうですね。今回の事象を読み解いていくことには苦労しましたが皆さんもご理解してくれたようで良かったです。皆さんも是非、経済を見る力を養って投資に活かしていきましょうね!

歴史的暴落が及ぼす影響

米国債の歴史的暴落が及ぼす影響

米国債の歴史的な暴落が起こった時、私の周りでは本当に色々な話が飛び交っていました。

日々クライアントや友人たちと接している中で、この事態が私たちにどんなことを教えているのか、一緒に考えてみるのはとても興味深いですよね。

知識がある人は常に色々考えてるんだな

まず、直接的に影響を受けたのは投資家たち。私のクライアントの中にも、「安全資産」として米国債をポートフォリオの大部分に組み込んでいた人がいました。

暴落のニュースが流れた時、その反応は本当に様々でした。一部の人は冷静に次の手を考えましたが、多くの人はやっぱり不安になりました。「こんなはずじゃなかった」という声、よく聞きました。

評価額が一夜にして大きく下がると、直接的な損失につながるわけですから、そのショックは想像以上です。

私もショックで冷静にいられなさそうだわ

米国債の価値が大きく下がるというのは、それだけで世界経済に大きな影響を与えます。

米国債は世界中の多くの国や機関にとって重要な投資対象ですから、暴落が続くとアメリカ経済への信頼が揺らぎ、それが世界経済全体の成長を止める可能性もあります。

友人たちの中には、この暴落をきっかけにして世界経済の見通しを悲観的に見始めた金融アナリストもいました。

長期的な見方は金利の動向や各国の政策によって変わってくるでしょうが、今は不確実性が増しています。

なるほど…世界経済にまで影響が波及する恐れがあるんですね…

では、私たち個人投資家にとってはどういう意味があるのでしょうか。まず、投資におけるリスク管理の大切さを再確認することですね。

安全資産でも市場の変動によってリスクが伴うことを理解して、ポートフォリオを多様化することが重要ですよ!

私のクライアントの中には、この暴落をきっかけにして投資戦略を見直し、より堅実なポートフォリオを目指すようになった人もいるんですよ。

結局のところ、どんな市場の動きも、私たちにとって学びと成長の機会になるんですね!

そうですね。これはリスク管理を改める必要がありますね!

影響は計り知れないけど悲観していても仕方ないわね。これをチャンスに変えなきゃ!

その通りです。今回の事象を自分なりに理解し、次の考えや行動に活かしていくことが重要ですね!!

対策と将来の見通し

対策と将来の見通し

最後に米国債の大暴落を受けて、私たち個人投資家はどのような戦略を取るべきでしょうか。また、専門家たちは市場の将来についてどのような見解を持っているのでしょう。

長年のプライベートバンカーとしての経験から、私なりのアドバイスと専門家の意見を織り交ぜながら、いくつかのポイントをお話ししましょう!!

おお!是非お願いします!

米国債の大暴落を受けて、私たち個人投資家が取るべき戦略について話すと、まず頭に入れておきたいのは、投資って長期戦なんですよ。

市場が日々どう動いても、それに一喜一憂せず、冷静に自分の投資目標を見直して、必要なら調整することが大事。そして、すごく基本的ですけど、分散投資を忘れちゃダメ。

株も債券も不動産も、いろんな種類の資産に手を出して、リスクを分散させるわけです!

本当にそうだな…もし仮に米国債のみに投資していたらって考えるとゾッとしますね

専門家たちと話してみると、市場の不確実性はまだしばらく続くって見てる人が多いんです。でもね、不確実性っていうのは新しいチャンスも生んでくれるんですよ。

価値が下がった資産を安く手に入れて、将来的な成長を見込むことだってできるわけです。そして、金融市場はね、過去を振り返ってみると、結局は回復する力を持ってるんですよね!!

確かに低価格で購入出来るチャンスでもあるのね!!

専門家たちは、インフレ率や中央銀行の政策、世界経済の成長ペースなんかに目を光らせています。

これらが市場の方向性を大きく左右するわけですが、特にFRBの政策は、米国内だけじゃなくて世界経済にも大きな影響を与えちゃうんですからね。

私が長年の経験から学んだのは、市場がどんなに乱れようと、冷静さを保つこと。過度に反応せずに、しっかりとした投資戦略を持っていれば、時間をかけてしっかり資産を成長させることができます。

そして、投資においては教育と情報がとても大事。市場の動きをしっかり学んで、賢い判断を下せるようにしましょう。

FRBの今後の動向からも目が離せないわけね!

また、インフレ率の動向についても、個人投資家は注意深く監視する必要があるんですよ。

インフレが予想よりも長引く場合、実質リターンが低下する可能性があるため、インフレに強い資産クラスへの投資を検討する価値大ありです!

例えば、不動産や一部の株式は、インフレの時期に強いパフォーマンスを示すことがありますね。

こんなところにもチャンスが眠っている可能性があるのね!

長年の経験から学んだ私のアドバイスは、常に冷静を保ち、過度に反応しないことです。市場は周期的に上下しますが、堅実な投資戦略を持っていれば、時間をかけて資産を成長させることができますよ。

最後に、不確実性の高い時期には、プロフェッショナルのアドバイスを求めることも一つの手です。時には、専門家の視点から新たな洞察を得ることが、貴重な資産となり得ますよ!

ここまで不確実な時は1人で考えていても限界がありますもんね!

何とかこの状況からチャンスを見出したいわ!!

その調子です!ピンチはチャンスという言葉を旨にこの大混乱の時代を乗り越えましょう!!

まとめ

米国債の大暴落

さて、私たちがこのブログを通じて掘り下げてきた米国債の大暴落とその背後にある様々な要因、そしてそれが個人投資家にどのような意味を持つのかについて、いかがでしたでしょうか。

私たちが面しているのは、確かに予測不可能で変動の激しい市場ですが、こうした時期こそが、投資家としての自身のスキルを磨き、将来に向けた堅実な戦略を立てる絶好の機会とも言えます!

投資の世界では、不確実性は常に存在します。しかし、それを乗り越え、成長する機会として捉えることができるかどうかが、成功への鍵を握っています。

最後に、投資は自己責任で行うものですが、賢明な情報収集と冷静な判断が、そのリスクを最小限に抑えることにつながります。私たちが今回学んだ教訓を活かし、未来への賢い一歩を踏み出しましょう。

どんな市場環境の中でも、冷静さと学びへの意欲を持って投資に臨むことが、最終的には報われるはずですよ!

ありがとうございました!米国債の大暴落について理解することが出来ました!

この状況をまずは理解したうえで対応していくことが大切ですね!!

米国債の大暴落について分かって頂けたようで良かったです!今回のことは決して見逃すことが出来ないことです。自分の資産形成にプラスに働くように対処していきましょうね!!

目次